Top > 【カラーストーン採掘場】
HTML convert time to 0.004 sec.


【カラーストーン採掘場】

Last-modified: 2017-10-13 (金) 11:02:45

DQ7 Edit

【ウッドパルナ地方】にあるダンジョン。
【ウッドパルナ】から南東に少し歩くとある。過去・現代双方に存在。

過去 Edit

【パトリック】の依頼により、彼の父【ハンク】の傷を治すために必要な【緑色の宝玉】
【マチルダ】に探してもらうために立ち入ることになる。
ゲームが始まって初めての本格的なダンジョンなので、フィールドと大差ない雑魚しか出ないとは言っても、
【やくそう】などの準備をしっかりしておこう。
流石にレベル1程度で突っ込むと下層で登場する【ちゅうまじゅう】などの相手がかなり辛いので、できれば少々レベル上げをしてから挑みたい所。
 
入ってすぐの場所でマチルダと再会するが、彼女は依頼を拒否。また一緒に戦えると期待していたプレイヤーはがっかりしたことだろう。
仕方なく、主人公たち自身で緑色の宝玉を探すことになる。
先にはくっつけると割れて消滅する【カラーストーン】を利用したパズルを解かないと先に進めない場所があり、
なかなか難しいのだが、PS版ではこれよりも前に【謎の神殿】を乗り越えてきているはずなので、詰まる事は無いだろう。
 
最下層の地下6階に緑のカラーストーンがあり、これを調べるとマチルダが再度現れ、緑色の宝玉と【木の人形】が手に入る。
だがマチルダは再びどこかに去っていってしまう。もう彼女が一緒に戦ってくれることは残念ながら無く、
それどころかこの後の【東の塔】では衝撃の事実が明かされることに。

現代 Edit

現代でもほぼそのまま残っている。
ウッドパルナにて、ここで石版を拾ったという話を聞いて訪れる事になる。
現代ではモンスターはいなくなっているが、地下6階(緑色の宝玉があった場所)からモンスターが出てくるようになる。
出現モンスターも少し強くなっており、中でもハンクのサポートが無い状態での【ねこまどう】3匹組は思ったより負担が大きいので油断は禁物。
海上を除けば現代で最初にモンスターに遭遇する場所となるだろう。
相変わらずカラーストーンパズルがあり、しかもカラーストーンの配置が変わってパズルの解き方も変わっているが、
要領は同じなので苦労はしないだろう。
 
なお、採掘が進んだのか、現代では過去にはなかった地下7階が新たにできている。
ここは中央から4方向に伸びている通路がそれぞれカラーストーンで塞がれており、
このうちの1方向に目当ての【ふしぎな石版赤】(エンゴウ地方用)が転がっている。
この蓋になっているカラーストーンを割るには中央に置いてあるストーンを使うのだが、
1個しか無いので、一度に1方向しか開通させられない。
全方向を探索するには何度も階段を上り下りしてストーンを復活させないといけないので、
パズルとは違った意味で面倒くさい。ちなみに正解は北側。
 

DQ11(3DS版) Edit

【冒険の書の世界】の1つとして登場。
通常モンスターとのエンカウントが発生する世界であり【わらいぶくろ】のシンボルが跳ね回っている。
確率は低いが【メタルスライム】も出現するので序盤の稼ぎにもってこいである。
 
当初は【カラーストーン危機一髪】を受注して、魔物(【スマイルロック】【ばくだん岩】【メガザルロック】)に変わってしまったカラーストーンを戻すことから始まる。
なお、カラーストーンが変化した岩系モンスターは3種とも自爆を使い、ドロップアイテムは通常枠が【まほうの小ビン】、レア枠が【まほうのせいすい】に統一されている。
魔物の親玉【クイーンマチルダ】を倒せばクリアしてもとのカラーストーンに戻せる。
カラーストーンの配置と仕掛けはほぼ7と同様で、地下1階と5階以降にはモンスターが出現する。
 
最下層の6階は当初は進めず、【キーファよ ライラを救え】で訪れることになる。
ここを訪れていた【キーファ】を救い出すために訪れるのだが、
この時は7には無かった紫や黒のカラーストーンをはじめ、大量のカラーストーンにキーファが埋もれている。
これらは全て【オジャマロ】の仕業で、仕掛けを解いてキーファを救出したところでバトルになる。
倒してクリアするとカラーストーンは元通りになる。

【お騒がせリサイタル】進行中の【ガライの町】【フォンデュ】及び転生モンスターの【モッツァレーラ】を倒しそこねた場合はここで戦う事ができる。