Top > ガンボーグ
HTML convert time to 0.013 sec.


ガンボーグ

Last-modified: 2008-01-02 (水) 16:34:34

種族別:ガンボーグ Edit

ガン=カタは拳銃を総合的に使用する格闘技(以下略)

ガンボーグの小攻略集。

ガンボーグダメージ一覧.txt(下はEUCエンコード版)



ガンボーグ全般 Edit

ガンボーグの格闘は通常格闘以外は(たぶん)共通。通常格闘は(たぶん)2種類。

格闘:リボルバーガンマン  Edit

通常格闘
右パンチ→左パンチの2段攻撃。2段目のパンチはふっとばし力が高い。
ステップ格闘
キック。ふっとばし力が高い。
着地格闘
足払い→キックの2段攻撃。
ジャンプ格闘
振り下ろすパンチ。下降しながらなので着地が早い。

格闘:ビームガンナー  Edit

通常格闘
右パンチ→左パンチ→足払い→飛び蹴りの4段攻撃。4段目の飛び蹴りはふっとばし力が高い。
ステップ格闘
キック。ふっとばし力が高い。
着地格闘
足払い→キックの2段攻撃。
ジャンプ格闘
振り下ろすパンチ。下降しながらなので着地が早い。

#013:ビリー Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ガンボーグパートナーロングレンジタイプ基本型/+5-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
A25020024243段エアジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
はやうち(20-29)リズム&ブルース-2ちょうけんじゅう(1)-

コタローのパートナー。ベースはリボルバーガンマン。性格等はこちら

格闘もリボルバーガンマンと共通。

2ちょうけんじゅうの遠距離誘導性能がやや高いような。

しかし最大の変更点はHPだろう。+50はガルダ並みという驚異的な増強。HP増加が+10刻みのガルダ及びアヌビスウイングならまだ分かるが、

ビリー及びリボルバーガンマンは+5刻みとLV11のリボルバーガンマンに相当し、金リボルバーガンマンを使う意味が無くなる…

気になるグラサンの向こう側は、バースト時に拝むことが出来る。

ステップ射撃が、リボルバーガンマンが4連発ずつなのに対し、ビリーは途切れ目無く連発することが可能。

名前が通販で有名な人と同じだが、関係はないワンモアセッ!

#021:リボルバーガンマン Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ガンボーグ弱ボーグロングレンジタイプ基本型/+5
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D25015024243段エアジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
はやうち(20)パンチキック-2ちょうけんじゅう(1)-

初めてBOXを開いたときに持っているガチャボーグ。

連ジのガンキャノン相当?

格闘はパワードガンマンと共通。

はやうちは、Bボタンを一回押すごとに1発の弾丸を発射する。当然弾幕を張るには連射が必要。

また、背後の敵に対して「振り向きによる硬直」を発生させずにBショットを打てる(Bショットそのものの硬直はあるので注意)。

背面撃ちの方が通常のBショットよりも連射性能が高い。スティックを手前に倒しながらBボタンを連打するとガトリングばりの連射が可能。

後退しながらBショットで牽制できるのは間合い調整時に非常に便利。

そんな性能の為、背後をとられた状態で左右に移動しながら連射するとカクカク動いてちょっと面白い。弾切れ時も連射すると同じ動きをする。

リロードが非常に早く威力も悪くはないのだが、弾速が遅いため相手が動き回っていると中々当たらないことも多い。

あくまで援護、牽制用に弾幕を張るつもりで使った方が精神衛生上も良い。主力はやはり2ちょうけんじゅうだ。

2ちょうけんじゅうは砲弾型の弾が二発、山なりの軌道で飛んでいく。

高威力、速い弾速、高い誘導性能を併せ持つ優秀な武器。ヒットすれば相手を吹き飛ばしダウンさせる事ができる。

弾数は一発だがリロードが結構早いためガンガン使っていける。が、使用前後の隙がやや大きい事に注意。 相方との連携時に味方の援護をするのにオススメ。

こちらから仕掛ける場合は連射の利くはやうちで弾幕を張り、近寄ってきた敵に確実に当てていこう。

空中ダッシュやステップで近づき、敵の格闘を誘ってカウンター気味に撃つのもオススメ。

リボルバーガンマンは格闘の範囲がやや小さいので、敵の格闘をステップでかわした時の反撃に活躍する。敵が吹っ飛ぶため距離を取りたい時にも便利。

ステップ後の硬直がほとんど無く、短い間隔で連続してステップできる。

相手の攻撃のホーミングを振り切り易いため、地上に居て遮蔽物を利用した方が空中に居るより回避率が上がる場合も多い。

空中ダッシュ中に比べて、はやうちを連射し易いため攻撃力も上がる。基本的には地上に居る方が強いボーグと言えるだろう。

しかし、斜面や段差など不安定な路面でステップ中にはやうちを使うとステップが中断されてしまう事があり危険。特に斜面の多いマンホールやかせんじきで注意が必要になる。

また、イナリ山やマナの家のベッドの上など、ちょっとした凸凹にも弱い。こういった地形で戦う時や敵の攻撃が激しい時は素直に空中に逃げた方が安全だろう。

役割が被っているバトルガールとの大雑把な違いは、

Bショットの弾数リボルバーガンマン>バトルガール
Bショットのリロードリボルバーガンマン>バトルガール
X攻撃の威力バトルガール>リボルバーガンマン
X攻撃の隙の無さリボルバーガンマン>バトルガール
格闘の隙の無さバトルガール>リボルバーガンマン
機動力バトルガール>リボルバーガンマン
防御力リボルバーガンマン>バトルガール
コストリボルバーガンマン>バトルガール

初心者は無理に格闘主体のボーグを使うよりも、彼ら(彼女ら)射撃主体のボーグを中心としたフォースの方が良いだろう。

ボーグネームコンテストで名前が決まった(と思われる)ボーグの一体。

#022:パワードガンマン Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ガンボーグ並ボーグロングレンジタイプ早熟型/+5
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D35020024243段エアジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ダブルショット(20)パンチキック-パワードショット(1)パワードロングショット

格闘はリボルバーガンマンと共通。

リボルバーとの違いは、

  • HPの増加(+50)
  • 成長型が早熟に
  • X攻撃の性能の変化
  • 一度に撃つBショットの弾数が2倍に!
  • ステップのモーションの変化
  • 振り向き撃ちのモーションの変更

    リボルバーガンマンは後ろの相手に対しそのままショットを撃てるが、パワードガンマンは完全に振り返ってからショットを撃つ)
  • 銃を取り出すモーションの追加

ダブルショットはリボルバーガンマンと違い、空中ダッシュやステップを使うとその最中はBショットが撃てなくなる。

また、振り向き打ちと銃を取り出すモーションの追加で速射性がダウンしている。

弾幕が張りにくくなっているが、歩きながらのショットなら撃ち続けられるので危険が少ないときはなるべく歩くようにするといい。

使い勝手はやや悪くなっているが攻撃力の上昇が凄まじいので上手く使えば強力な武器になる。

パワードショットはいわゆるショットガン。

大型ボーグに対して全弾当てたときの威力は非常に高いが、逆に小型ボーグには全弾当たりづらくなるのでやや苦手。

パワードショットは射程が本当に短い。無理に接近して使おうとすると危険が大きいので迎撃用として使用すると良い。

どうしても当てに行きたい場合はダブルショットを使いながら接近>格闘一発の後や空中格闘から撃ち込むと大きなダメージを奪える。

パワードロングショットは二発の弾が山なりに飛んで行き敵の目前で拡散する武器だ。

近距離ではパワードショットとほぼ同じ効果があるため常にチャージしておくと便利。

相手が小さいとヒット数を稼げず、ダウンを奪えない事もあるため注意。

ホーミング性能が低く、遠くから撃つと中々当たらない。リボルバーガンマンの2ちょうけんじゅうのように遠距離から使うには不向き。

しかし3ヒットもすればダメージは2ちょうけんじゅうを超える大威力を持つため中距離以内で隙を見てガンガン使いたい。

リボルバーガンマンほどではないがステップの後隙が少ない。

しかしステップ時にダブルショットが撃てないためリボルバーガンマンほど地上に張り付くメリットがない。

歩きながら弾幕を張りたい時以外は空中を飛び回る方が回避面においては有利か。

機動性も耐久力もさほど高くないので、基本はあまり接近せずに中距離をキープしつつダブルショットをバラ撒き…

スキを見てパワードショットorパワードロングショットで大ダメージを狙う戦法が安全。

耐久力と攻撃力は大幅に上回っているが、全体的な使い勝手ではリボルバーガンマンに一歩譲る。

100コスト分の価値を見出せるかはコマンダー次第と言える・・・かな?。本領を発揮するのは動きが遅いボーグとの戦闘だろう。

成長が早いので飽きっぽいコマンダーには向いてるかも。

#023:ワイヤーガンナー Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ガンボーグ弱ボーグサポートタイプ基本型/+5
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D27022033253段エアジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
アサルトショット(20)パンチキックワイヤーシュートワイヤーセット(4)-

ガンボーグ唯一のサポートタイプ。

運動性能はボマー系と同等で、空中ステップが軽快。

格闘はビームガンナーと共通。

アサルトショットは弾数、リロード共に高性能で威力も十分。縦の射角が広く、真上にも真下にも攻撃可能。

Bを一回押すと5発連射するが、ステップ、ジャンプ、空中ステップなどをすることで連射を中断できる。

これを利用して敵の頭上付近を連続空中ステップしながらBを連打しショットをばら撒き、

敵がひるんだorステップした所を空中格闘で叩き、すぐ着地して地上での格闘コンボに繋ぐのがオススメ。

着地後すぐB→着地格闘2段

着地後一瞬待ってB→通常格闘4段

着地後ステップしてB→ステップ格闘

と割とバリエーションにも富んでいる。

空中格闘はガールボーグと同じように着地後すぐジャンプして連続で出すこともできる。

溜めモーションがあるので実に重たいパンチを叩き込んでいる気分になれて良い。

特にガンボーグは攻めが単調になりがちなので格闘は積極的に狙っていったほうが楽しい。

正直危険と言えば危険。

威力は控えめだがかっこいいので良し。

通格4段目のドロップキックは敵を一気にぶっ飛ばす。爽快痛快。

ワイヤーセットで空中にワイヤーの片端を置くことができる。

その後ワイヤーシュートでもう一方の端を相手に装着すると、強制的に相手を最初にワイヤーをセットした地点まで引き寄せられる。

対人戦では、究極砲の射線上や、ICBMの爆心地から逃げようとしている相手をワイヤーにくっつけて引き戻すという、いやらしい行為ができます。

ワイヤーシュートの追尾性能は高く、ウィザードボーグのスペル並みに曲がるため結構当たる。

多少の攻撃力もあるので、セットしないでカラ撃ちしてしまっても落ち込むことはない。(当たれば)

カラ撃ちした場合はビーム光を纏わない=視認しにくく避けにくい…というメリットもあるにはある。

それでも高次周になるとワイヤーシュートをかわされることも少なくないので注意。

さらにワイヤー応用編。

特定の状況で設置されたワイヤーには、くっつけられた相手を短時間拘束する効果がある。

  • ワイヤーの設置位置を挟んで障害物がある場合

    ワイヤーシュートの当たった相手は障害物にひっかかって動けなくなる。時間の経過で、ワイヤー自体が外れて拘束は解ける。

    やりかたは(1)障害物(看板やポスト等)の片方に設置→(2)障害物の裏に回りこんで設置。が基本となる。
  • ステージ端/角にワイヤーを設置した場合

    中型以上のサイズのボーグが引っかかって動けなくなる。一箇所の設置で効果がある。
  • ジャンプ後/吹っ飛ばされた後、着地した瞬間にワイヤーを設置した場合

    モーションの関係で通常より低い位置にワイヤーが設置される。場所を選ばずに敵ボーグの拘束を狙える。
  • バステトウィッチ/セクメトウィッチに小さくされた場合

    コンビ集より。……無理に狙わなくてもいいです。

ともかく発動時間は短いものの拘束力が強いので積極的に狙っていっていい。

ワイヤー引っかけで移動不可能にしたらアサルトショットで蜂の巣にしてやれ!

ただ、拘束してからの追い打ちがワイヤーガンナー単体では弱いかも。サポートボーグの名は伊達じゃない。

実際のところはストーリー、対人戦ともに、これ一機だけでワイヤーを使うような状況は限られていると思う。

サポートタイプとして、仲間と協力しての邪悪なワイヤープレイが本領だろう。

隣りに味方がいる時にはメットになった気分で支援すると、意外な強さを発揮する……かもしれない。

#include(): Limit exceeded: タイムボマー

#include(): Limit exceeded: リモコンボマー

#include(): Limit exceeded: ガトリングガンナー

#include(): Limit exceeded: ビームガンナー