Top > 照月

照月

Last-modified: 2017-03-11 (土) 15:20:53
No.222
秋月型防空駆逐艦、二番艦の照月よ。秋月姉さん同様、どうぞよろしくお願いします。照月(てるづき)秋月型 2番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久20火力16 / 49
装甲9 / 26雷装16 / 49
回避47 / 83対空70 / 103
搭載0対潜27 / 63
速力高速索敵9 / 29
射程9 / 49
最大消費量
燃料20弾薬25
装備
10cm高角砲+高射装置
61cm四連装(酸素)魚雷
25mm連装機銃
装備不可
改造チャート
照月照月改(Lv40)
図鑑説明
秋月型防空駆逐艦二番艦、照月よ。
秋月姉と第61駆逐隊を編成しました。ソロモンの激戦では、比叡さんや霧島さんと共に戦ったのよ!
え?ドラム缶による鼠輸送?ああ、あれは…あれはね…。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:小松未可子、イラストレーター:しずまよしのり(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2015年8月10日のアップデートで新規に実装。夏イベント:期間限定海域【反撃!第二次SN作戦】のE7海域クリア報酬。
    • 通常海域でのドロップや建造では入手不可のため、通常は新規/追加入手の手段が無い。
    • 16年春イベントにてE-2の道中ドロップが報告されている。夏で惜しくも入手出来なかった人ぜひ入手しよう。
      • 確率はそれ相応に低い部類と考えられるが、密かにドロップ制限が緩く強運が重なれば2隻ダブリ可能。
    • 17年冬イベントのE-3でも道中ドロップの報告があり。複数入手も可能な模様。
  • 改造レベルおよび改造前後の初期装備は秋月と完全に一致。対空カットインの特例等も秋月と全く同一。ステータスもほぼ変わらないので、運用方法はほぼ同一で構わない。
  • 当初は秋月とは異なり2番艦に置いても10cm高角砲+高射装置の改修が行えなかったが、2015年9月7日のアップデートで10cm高角砲+高射装置の改修が行えるようになった。
    • また、秋月が2番艦のときに改修可能な他の装備についても、照月による改修が行える模様。
  • ちなみに絵師曰く…ということらしい。他にしずま氏が書いた2といえば……
  • しずま氏が担当する艦では恒例となった何とは言わないけどにおいて、姉とは異なる仕様となっていることが示唆されている。
  • 両脇の長10cm砲ちゃんは銃弾を葉巻のようにくわえてウインクしている。中破すると1体が本体からもげて落ちてしまう。

小ネタ Edit

  • 艦名の由来は「照り輝く月」。
    • 2015年9月の期間限定ボイスで「照月って季節はいつ…なの?」と言っているが、そのとおり照月は一般名詞であって季語ではない。
      だが断りを入れない限り「月」自体は秋を示唆する単語である。ここに着目し詠まれた歌がある。

      水濃面尓(みのおもに) 照月な見を(てるつきなみを) 可曾ふ連ハ(かそふれば) 今夜曾秋能(こよひそあきの) も那可成介る(もなかなりける) 源順(みなもとのしたごう)(『拾遺和歌集』より)

  • 「水面に照り輝く美しい月を見て、あれっ今夜は何月だったかなと数えてみたら、名月で知られる秋の真っ最中(=中秋)だったよ。道理で」という意味である。
  • 1939年(昭和14年)度(マル4計画)の第105号艦として誕生した。
    当初は鳳翔を中心とした第七航空戦隊を編成する予定だったが、戦争勃発により白紙となっている。
  • 建造したのは三菱長崎造船所。現時点では唯一の長崎生まれの駆逐艦娘である*2
  • ……であったのだが、2016年春イベントで神風が実装されたことにより、唯一ではなくなった。
  • 秋月型駆逐艦が、そのシルエットからアメリカ軍に夕張と誤認された事は秋月の項でも触れたが、このとき目撃されていたのはこの子だったと言われている。
    • 最初に目撃した彼女の名前をとり、アメリカ軍はしばらくの間秋月型を「TERATSUKI class」として分類していた。
  • 火力自慢の艦娘で定評のある三菱長崎造船所の建造だが、残念ながら照月は火力自慢というわけではない。ただし誤差レベルではあるが、改造すると姉よりちょっとだけ火力は高くなる。
  • 秋月型は、軽巡洋艦の代役として戦隊旗艦を務める機会が多かった(秋月の項目も参照)。
    照月もまた、その最期の戦いで第二水雷戦隊旗艦を務めたほか、第三次ソロモン海戦後に最新鋭軽巡が登場するまでの代役として第十戦隊旗艦を代行したこともあった。
  • 改の時報では長波を「さん付け」にしている。長波とは、二水戦旗艦の座をやり取りした間柄である。
略歴

秋月と照月 Edit

  • 図鑑にあるように一番艦秋月と第六十一駆逐隊を編成したが、この2隻が一緒の艦隊で戦ったことは一度もない。
    照月の初陣となった南太平洋海戦時、秋月は第四水雷戦隊旗艦として別行動中に損傷。
    秋月が修理のため日本本土に引き上げた間に、照月は秋月から村雨を経由して四水戦旗艦を引き継いだ朝雲などと共に第三次ソロモン海戦に参加(後述)。
    そして秋月が修理を終えて戦線復帰する前に、照月はガダルカナル島沖でその短い生涯を終えてしまったのである。
    秋月の時報で涼月(未実装)や初月は登場するのに照月に一切触れられていないのは、お互いすれ違いに終わったこの艦歴のためと思われる。
    • 損傷した秋月は帰国の途上、11月1日から2日にかけてトラック島に立ち寄っており、南太平洋海戦から帰還した照月も9日に出撃(第三次ソロモン海戦)するまでトラック島に待機していた。
      この時が、照月と秋月が間近にいられた唯一の機会と思われる。
    • 照月は秋月と共に、本籍は佐世保鎮守府であった。
    • 初代はろくに顔を合わせることもなかった秋月と照月だったが、まるでその無念を晴らすかのように戦後二代続けて同型艦の長女と次女という関係を貫くことになる(後述)。

第3次ソロモン海戦 Edit

  • 照月は第十戦隊として海戦に参加。
    第一夜戦では駆逐艦「カッシング」(USS Cushing, DD-376)を主砲で破壊、重巡洋艦「サンフランシスコ」 (USS San Francisco, CA-38)を含む7隻に160発を発射した。このとき敵味方をシルエットのみで判別していたという。
  • 第一夜戦終了後、操舵不能の致命傷を追った比叡の護衛をするべく、照月は雪風他駆逐艦4隻とともに比叡の元に集められた。
    夜が明けると、比叡と護衛の駆逐艦は再び波状攻撃を受け、護衛の駆逐艦たちも抵抗を見せるが、その甲斐も虚しく、比叡の損傷を食い止めることは出来なかった。
    この間照月は三千発もの砲弾を発射、砲身は真っ赤に焼け、石鹸水を浸したボロ布を砲身内に突き込み射撃不能になるのを防ぎながらの射撃だったという。
    やがて機関室全滅の報(詳しくは比叡の項で)により比叡の放棄が決定したため、照月他4隻の護衛の駆逐艦は安全のため比叡の元から退避することになった。これが照月が見た比叡の最期である。

  • 比叡亡き後の第二夜戦では朝雲とともに霧島の後方警戒に廻り、霧島と戦艦「サウスダコタ」(USS South Dakota, BB-57)との殴り合い砲撃戦にも参加する。
    その後、戦艦「ワシントン」 (USS Washington, BB-56) の砲撃により霧島が落伍した後も、照月は朝雲と共に瀕死の霧島を最後まで護衛していたが、霧島にて総員退去が出たため、照月は霧島乗員の救助を始める。
    しかし接舷に手間取ったため乗組員の大半は朝雲が救助。照月もようやく近づいたものの、もはや霧島は沈没直前であり、一緒に海中に引きずり込まれる危険性があったため接舷を断念せざるを得なかった。
    その後霧島は沈没し、照月は洋上に浮かぶ生存者の救助に当たった。
    • 接舷まであと数十メートルに迫った時、霧島から「照月さがれ!照月さがれ!」という絶叫が響いた。
      照月がとっさに後進一杯をかけ接舷を取り止めた次の瞬間、霧島はがくりと傾くと、そのまま海中へ滑るように沈んでいった。
      霧島の乗員たちはもはや艦の生命が一刻を争う状態なのを悟り、声を限りに叫んで照月を近寄らせなかったのだった。

  • 結果的に2隻の金剛型戦艦の最期を見届けることとなってしまった。
    • 節分ボイスでおにぃ鬼役が比叡と霧島と聞いてびっくりしているのは、いずれも最期を見届けた相手というのも関係あるのかもしれない。
  • 上記一連の海戦で照月は魚雷を発射しておらず、ほぼすべてが自慢の長10cm砲による戦果である。カッシングを撃破した際は、4基8門という数の暴力で完全に圧倒している。

照月の最期 Edit

  • 1942年12月11日、第二水雷戦隊司令官・田中頼三少将の旗艦となっていた照月は、ガダルカナル島への第四次輸送作戦(経緯はドラム缶(輸送用)参照)のため出撃した。
    ルンガ沖夜戦(詳細は長波及び高波の項目参照)では勝利を収めたものの、ドラム缶輸送作戦自体は失敗続きで難航しており、見かねた連合艦隊司令部は最新鋭の防空駆逐艦を増強したのだ。
    ところが、同日23時、照月は発射主を見つけられないまま魚雷艇によるものと見られる魚雷2本を受け航行不能に陥り、大火災が発生してしまう。
    艦長である折田常雄中佐は、消火が追いつかないことと追撃の危険性などから照月は絶望と判断し、翌日1時15分総員退去を決定し、自沈のため機関兵に注水弁開放を命令した。
    乗組員の退去が完了し放棄された照月は、そのまま2時40分に沈没、これが秋月型初の喪失となった。
    尚、二水戦司令部は長波に、その他乗員もによる救助やボートでの脱出が行われており、沈没による直接の犠牲者は出ていないとされる。
    • 田中頼三司令官は戦後、長波の慰霊祭に参列した折、沈没する照月から移乗する際に爪竿で頭をしたたかに叩かれて「まごまごするな」と怒声を浴びせられた話を長波の元乗組員に語り、「長波におればいいものを、内地からきた照月には何かうまい食い物があるのだろう、と思ったのが失敗だった」と苦笑したという。
    • 自沈命令により注水弁を全開した機関兵の証言が残っている。
      弁から機械室内に海水がどっと流れ込み始め、まだ健在だった発電機がスパークして花火のように火花を室内一面に咲かせた。
      いつもは薄暗い機械室内とは思えぬような、夢のようにあでやかな最期だったという。
  • 就役日数は104日であり、2015年8月実装艦では大鳳と並び2番目に短い。*3
  • 秋月が照月と殆ど接点が無かったことは上記で述べたが、一方照月はというと、すぐ下の妹である涼月の就役を待たずして没してしまったため、唯一面識がある姉妹が秋月だけなのである
    • ……の、はずなのだが、秋季期間限定ボイスではなんと8番艦冬月の名を口にしている。

秋月と照月 戦後編 Edit

  • 戦後、自衛隊の護衛艦に2度に渡って名が引き継がれている。
    ともに「あきづき型」の「二番艦」であるため、海上自衛隊は意識して命名したのであろう。
    • 二代目は初代あきづき型護衛艦二番艦、てるづき(DD-162)。
      あきづきと同様、米国域外調達(詳しくは秋月の項で)により建造されたため、[USS Teruzuki (DD-961)]として就役後、日本に編入された。あきづきと2隻だけのグループだった。127mm単装速射砲3基3門、76佻∩速射砲2基4門で計7門という砲火力に加え、53cm4連装長魚雷発射管一基、短魚雷落射機一基、Mk.108対潜ロケット発射機一基、ヘッジホッグ二基、爆雷投射機二基という充実した対水上・対潜戦闘武装を誇っており、これは域外調達という絶好の好機を生かすべく、予算が許す限りの大型化を目論んだことによるもの。結果上記の武装を実現し、当時最大の基準排水量2,350tに達した。対潜護衛艦「あやなみ」型と対空護衛艦「むらさめ」型の長所を併せ持つ汎用護衛艦として、初代護衛艦隊旗艦を務めた。1993年退役。
      • なおこの初代てるづき、海自では「出る」護衛艦として有名だった。
        1963年の夜間に東京湾で艦尾から貨物船に衝突された際に、艦尾の寝台で就寝中だった5名が圧死した事故があり、それ以来艦尾の当該寝台で乗務員が寝ていると、圧死した乗務員の霊が出てきたそうである。
    • 三代目は二代目あきづき型護衛艦二番艦、てるづき(DD-116)。
      生まれは初代と同じ三菱長崎。秋月型駆逐艦の姉妹だった「ふゆづき(冬月)*4」「すずつき(涼月)」も姉妹に加わった。
      • 尚、この二代目あきづき型護衛艦の艦名は、秋月型駆逐艦と同じく防空を強く意識した艦*5であることから、秋月型の艦名を踏襲したとされる(なおあきづき型に直接関係はしていないが、2004年の護衛艦隊再編前は防空を主任務とするDDG(ミサイル護衛艦)は全て第6○護衛隊に属していた。これは艦とDDG部隊の性格から、日本初の防空駆逐艦である秋月型に肖ってスコードロンナンバーを統一したことによる。そのため例えば、当時護衛艦あたごは第63護衛隊であった)。
  • 2015年8月現在、「きりしま」と同じ部隊に属する「てるづき」の主な任務は、BMD任務中*6のきりしまを僚艦防空することである*7
    初代照月が護衛、救助することが出来なかった霧島を、生まれ変わった「てるづき」が今度こそ守りぬく。
    「きりしま」同様「広報の横須賀」こと横須賀基地の所属故に一番艦の「あきづき」よりメディア出演が多いのも特徴。
    余談だが、かの有名なOPテーマの音楽PVにて、「きりしま」の横にチラ見してるのが「てるづき」である。
    更に余談だが、「きりしま」「てるづき」は俗称母港交換組と呼ばれ、両艦共に二番艦なので司令部は佐世保だが母港はみなさんおなじみ横須賀である。ちなみに「こんごう」「あきづき」も同じである(一般公開等では第一護衛隊群ですよね?と聞かれることが多いようだ)。

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • ねんがんの スケベボディを てにいれたぞ! ていうか ちょうかわいい! -- 2017-03-01 (水) 00:16:05
  • この子、あがのん、秋津洲、鹿島さんがきたのにヒトミなし。うーん。いいもん。照月かわいいからいいもん。 -- 2017-03-01 (水) 12:59:12
  • 光作戦にて邂逅。夜戦開始の口上が素敵です -- 2017-03-01 (水) 19:46:10
  • 苦労して照月ちゃんを手に入れたので、照月ちゃんの胸元の高射装置を毎日触らせてもらいます。 -- 2017-03-02 (木) 01:16:57
  • 必死でヒトミ掘りしてる最中にLで来たからその時は眼中になかったけど、冷静になって喜びこみ上げて来ました。けどヒトミ掘り失敗してたら素直に喜べなかっただろうな。 -- 2017-03-02 (木) 01:24:08
    • 両方掘れておめでとう。俺はヒトミは何十回やっても無理で諦めて、気分転換に離島に行ったら4回で照月が掘れた。結局ヒトミは出なかった。 -- 2017-03-22 (水) 10:48:05 New
  • 俺は丙提督になったからボスS勝利は問題なく取れてたと思う… -- ガシャン? 2017-03-02 (木) 17:46:56
  • ガシャンとコモン艦の連続でめっちゃイライラしてる時に来てくれて嬉しかった 着任してまだそんなに経ってないのに、秋イベの秋月・初月と合わせてもう秋月型が揃うとはなあ -- 2017-03-03 (金) 22:41:49
  • 「撃ち方、はじめ」の言い方がかわいい -- 2017-03-05 (日) 04:33:55
  • 潜水艦は伊型の168,58,19,8以外の子はやってこなかったけど、この子と時津風たちがやってきたのですべてよしです。これからよろしくお願いします。 -- エペック? 2017-03-06 (月) 21:14:55
  • アイテム発見「 あり!ですね、うん!」虫発見「蟻!ですね、うん!」 -- 2017-03-09 (木) 19:49:09
    • ???「サンダー!!!」 -- 2017-03-10 (金) 19:08:10
    • アリきたりなジョークはよせよ -- 2017-03-24 (金) 05:19:19 New
  • 冬イベのゲージ破壊時の編成固定任務で来てくれた・・・夏イベは爆死したからほんとありがたかった -- 2017-03-11 (土) 14:38:11
  • 普段の立ち絵がエロ過ぎて中破したら二重の意味で残念に感じる -- 2017-03-13 (月) 19:11:19
  • 先週の土曜日に護衛艦「てるづき」がアデン湾に向け出港した。第27次海賊対処行動水上部隊として赴くので、「撃ち方ぁ、始め!」の状態にはならないとは思うが。立派に任務を果たして欲しいな -- 2017-03-15 (水) 10:07:55
  • キングストン弁は海水を冷却水として取り込む所に着いてるから、基本的には開きっぱなしなんですよね。つまり照月のも戦闘中だろうと(ry -- 2017-03-21 (火) 04:13:38
  • 最後までE-3で掘り続けたけど、スケベボディ手に入らなんだ;: -- 2017-03-22 (水) 08:07:03 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 CVやイラストレーター加筆時はそれぞれCV・イラストレーターに出典を記載
*2 そもそも、睦月型以降の駆逐艦では、秋月型の5隻しか長崎では建造していない。
*3 最短は92日の高波
*4 初代は「ふゆき」と読むことに注意。
*5 他の汎用護衛艦以上、イージス艦以下。
*6 ミサイル防衛任務。イージスシステムを用いて弾道ミサイルを迎撃する。
*7 現在の海自イージス艦の搭載するバージョンのイージスシステムではBMDと防空を両方こなすことが難しく、イージス艦がBMD任務を行う際に疎かになる艦隊防空を担当するのがあきづき型なのである。