Top > 何があかんのですか
HTML convert time to 0.016 sec.


何があかんのですか

Last-modified: 2017-05-17 (水) 20:52:53

元中日ドラゴンズ・川上憲伸*1の発言のこと。


概要 Edit

2006年5月9日の対日本ハムファイターズ戦で、中日の先発・川上が9回2失点と好投しながら打線のムエンゴにより勝ち投手になれなかったことから、怒りを露にして吐き捨てた台詞の一部から。

 

プロ野球板などでは「○回○失点の何があかんのですか」と改変されて使われることが多い。


記事 Edit

川上、味方攻撃陣に怒り…中日
◆日本ハム3x−2中日(9日・札幌ドーム)
川上は悔しさを通り越して、薄ら笑いを浮かべながら「9回を2失点で何があかんのですか」と吐き捨てた。
 
2、7回以外は1人の走者も出さず、許したのは3安打だけ。
それだけに7回に浴びた同点本塁打が悔やまれるが
「僕のことなんかどうでもいい。反省なんかしていない」。怒りは援護のなかった攻撃陣に向いていた。

(2006年05月09日22時48分 スポーツ報知)


参考コピペ Edit

落合監督時代のコピペ。

ドラゴンズ基準(7回投げきるのは最低条件)
0封  勝つためには当然
1失点 負けても文句言えない
2失点 当然負け。勝ったら野手陣に感謝
3失点 二軍行けゴミ。勝ったら野手陣に土下座
4失点 戦力外。勝っても馬鹿試合

改変版もある。

2017年版ドラゴンズ基準(完投するのは最低条件)
途中降板   問題外
0封     勝つためには当然。0点で抑えてくれた守備陣に感謝
1失点    戦力外。勝っても馬鹿試合
0安打    戦力外。おまえが打たなきゃ誰が打つ
0打点    二軍行けゴミ。勝ったら野手陣に感謝
1打点以上  勝つためには当然。出塁してくれた野手に感謝
1本塁打以上 勝つためには当然。ただしだいたい1点しか入らない


関連項目 Edit



Tag: 中日 報道機関





*1 2015年オフに中日を退団。その後は右肩を手術、リハビリを続けながら現役復帰を模索していたが、2017年3月19日に引退を表明した。