Top > 「エヴァー・フェルト・チーティド」
HTML convert time to 0.072 sec.


「エヴァー・フェルト・チーティド」

Last-modified: 2016-07-04 (月) 22:47:16

◆本エピソードは物理書籍版「ネオサイタマ炎上#3」に独占収録◆しよう◆

togetterまとめ Edit

アニメイシヨン◆:第18話

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

漠然とした人生に意味を見いだせなくなっていた大学生・ナラキ。そんな彼には、ある一筋の光明が見えていた。
年代物のカフェの扉が今日も開く。
「アイエ……あ、マナメ=サン。いたんですね。ドーモ」「ドーモ、ナラキ=サン」

 

彼の目的はカウンターで思想書を読みふける女・マナメだ。その胸は豊満であった。
何でも企業闘争に興味があり、反体制的学生運動に参加しているという黒髪の美女。
彼女に憧れにも似た淡い恋心を抱いたナラキは足しげくカフェに通っていた。
会話の切り口を見つける為、付け焼刃で興味もなかった反体制デモの勉強までしていたのだ。

 

彼女と繋がりが欲しかっただけのナラキだが、参加した大きなデモ行進を見て、少しずつだが自分の人生の方向性が見えてくる。
自分の様な人間が沢山いる。社会や漠然とした人生に不満を持っているのは自分だけではない。マイノリティではないのだ。
そう興味を持ち始めたナラキに、謎めいた長髪男が話しかけてくるのであった。
そしてナラキは知るはずもない、このデモに隠された「本意」が影で動きだしていた…。

 

一方その頃、反体制武力闘争組織「イッキ・ウチコワシ」の本性を垣間見たニンジャスレイヤーことフジキド・ケンジは、記憶を無くし「アムニジア」を名乗って彼らに協力するゲンドーソー・センセイの忘れ形見・ユカノを案じていた。
奴らの洗脳なのか、本心なのか。確かめるべく、ニンジャスレイヤーは今一度彼女の元へ向かう事を決意する…!


解説 Edit

革命!武力!行使!アンタイセイと言えばあいつ等の登場だ!
何故こんな事に?正義とは?正しき道とは何なのか?ナラキはマナメに「今まで騙されていたのか?」
恋に悩む多感な青年をこれ以上悩ませるんじゃない!ピュアラブ・アンタイセイデモ・暴動ストーリー!Wasshoi!
物理書籍版第1部エピソード人気投票では17位にランクインした。



コメント欄な