Top > 「カロウシ・ノー・リモース」
HTML convert time to 0.005 sec.


「カロウシ・ノー・リモース」

Last-modified: 2017-05-10 (水) 18:28:30

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3
◆実況付◆#1#2#3
note版◆#1

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

ネオサイタマ、ニトベ・ステーション付近、地下シャッター商店街。
浮浪者から無雑作にボロ布を奪い、赤黒の死神から逃走を図るニンジャあり。彼の名はエッジウォーカーサツガイにジツを授けられたニンジャである。
それを追うのは無論、サツガイの手がかりを求めるニンジャスレイヤー……しかし彼は極めて奇妙な体験をした。確かにこの手でエッジウォーカーの心臓を貫いたのに、そのイクサを目撃していた市民が黒装束を身に纏い、サツガイの残り香を発しながら逃げ去ったのだ。

 

そして追走劇の末、二人のニンジャは電車内にて再びカラテを交わす。しかしエッジウォーカーは謎めいたジツでニンジャスレイヤーを翻弄する!このままではジリー・プアー(徐々に不利)!
その時……。

 

「押すな!」「ヤメロ!」「遅れますよ!」
「ヌウッ!」
ガゴンプシュー……

 

瞬く間に混雑率が閾値を超え、今や「忍耐装置」と化した車内。極限状況下での壮絶なイクサが幕を開ける!


解説 Edit

舞台は再びネオサイタマに戻り、ニンジャスレイヤーとニンジャのイクサが描かれるシンプルな短編エピソード。
鉄道駅で追われるニンジャ追うニンジャという構図は「ゼロ・トレラント・サンスイ」を思わせる。だが今回のイクサの舞台は電車外ではなく電車内、それも満員電車の中である。
「顧みぬカロウシ」の危機に晒されるネオサイタマのサラリマンを満載した電車は、ニンジャスレイヤーをいかなる結末へと導くのか?



マスラダにコメント経験はない。ゆえに彼はこの格納装置をこれまで知らずに来た。