Top > イフリート
HTML convert time to 0.008 sec.


イフリート

Last-modified: 2017-07-10 (月) 19:29:21

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【イフリート】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「ロマンを感じぬか!人は死ぬのだ。社会の庇護の下で肥え太り、実在の脅威から目を背ける者ども!その愚かな営みを耐え忍ぶこと幾星霜……これこそが真実よ!」


人物 Edit

  • キョート・リパブリック元老院が推進する「オペレイション・マジックモンキー」なる計画の実行を担う軍人めいたニンジャ。
    • 自ら実動部隊の指揮を執る他、研究施設においても研究者達に指示を下す立場にある。
  • 国家に対する忠誠心は極めて高く、狂信的とも言える域にある。加えて、とある事件以降は一度の失敗も許されぬ極限状況に置かれており、部下共々デスパレートな覚悟をもって任務に臨んでいる。
  • 任務に際しては冷酷非情。元老院の命とあれば部下はおろか自身の身を捨てることさえ厭わない。
    • 過酷な環境下に置かれすぎた弊害か、はたまた元々内に秘めていたのかは不明であるが、戦争を「ロマン」と捉えて戦火の拡大を望む、燃えるような戦争賛美を掲げる過激な性格を見せている。

外見 Edit

  • 外見描写は明らかにされていない。
  • カトン・ジツ使用時には目が白く発光する。
...

元ネタ・考察 Edit

  • ご存じの方も多かろう、ランプの魔神で有名なアラビアの精霊(もしくは悪霊)・ジンに用いられる階級名の一つがイフリート(Ifrit,Efreetなど英語表記は実際様々で一定しない)である。
    • ゲームなど多くの創作作品で炎を司る存在として扱われるが、これは元を辿ると原作者=サンも影響を受けた作品の一つに挙げる古典TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の独自設定に由来するものであり、恐らく彼のネーミングもここから来ているのであろう。

ワザ・ジツ Edit

  • 下記の通り大火力のジツを有するが、近接カラテのワザマエも相当なもの。
  • 現場指揮官としての能力も高く、致命的なカラテ攻防の最中にも油断ならぬ状況判断で戦局を見渡し、IRC通信を介して部下達に的確な命令を下す。

カトン・ジツ Edit

  • イグナイトを想起させる、自然発火能力めいたカトン・ジツの使い手。
  • 腕をかざす、横薙ぎに払う、あるいは対象を睨みつけるなどの動作によって発動し、中空に爆炎を生じさせる。
    • ジツの力を振り絞る際には「カラテ・サイン」なるものを結ぶ場面も見られた。
  • その火力は実際絶大であり、一薙ぎで大型の橋の半分を消し飛ばし、モータル相手なら一瞬で消し炭にしてしまう。
    • 他にも、炎で相手を拘束する。巨大な火球を形成する。炎を凝縮させ炎の足場や灼熱の矢、炎で出来た義手を生み出す。大量の蜻蛉めいた炎塊を作り弾幕の様に放つ。放った炎塊を途中で爆発させるなど、戦闘だけに留まらない非常に幅広い応用力を有する。作中に出てきた多彩なカトン・ジツの中でもトップクラスの性能を持つと言えるだろう。
    • また、金属物の溶接のような繊細な作業を触れずして行えるほどの精密性も有しているようだ。
  • ワンインチ攻防においては、カトンの爆発力でパンチの速度と威力を増す「カトン・フック」も使用している。

ストーリー中での活躍 Edit

『シバラク!シバラク!』イフリートは砕けんばかりに歯を食いしばり、ネタバレ回避を懇願した!

一言コメント

「今この時が……コメントの転換だ」