Top > バロール
HTML convert time to 0.005 sec.


バロール

Last-modified: 2016-09-09 (金) 10:46:28

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【バロール】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「アクマ!」


人物 Edit

  • ガンダルヴァの主催する神前闘技に参加した代理闘士のニンジャ。
  • 雇い主は「セッタイ・アイズル」を通じて闇社会でのマーケティングを企図するどこかの企業だが、社名は不明。実際安いスーツ姿の闇サラリマンが彼を伴って来ていた。
  • 「シシシ……」と歯を鳴らして笑うのが癖のようだ。
  • 「ファック&サヨナラ」ならぬ「サヨナラファック(首を絞めながら前後すること)」を好む。

外見 Edit

  • ニンジャ装束は赤紫。
  • 人相の描写は無いが、本人は「醜い」と思っており、或る種のコンプレックスがあるようだ。
  • 体格は痩せ型。しかし…。

元ネタ・考察 Edit

  • 「バロール(Balor)」とは、ケルト神話に登場する魔神。見ただけで相手を殺す邪眼・魔眼を持つという。
    • 下記の第三の目はここから取られたのだろう。
  • また、『D&D』に登場するデーモンの中には、バロールという種族が存在している。
    • 後述のジツは、ここからの出典であると思われる。

ワザ・ジツ Edit

アクマ変身 Edit

  • 青銅色の皮膚を持つアクマめいた姿に変身するジツ。
  • 上半身は漫画『北斗の拳』のケンシロウめいてニンジャ装束が破れるほどバンプアップし、体格が数段大きくなる。頭には二本の角、額には第三の目が生じる。
    • 作中描写より、変身により戦闘能力が大幅に上昇していることは疑いない。頭部の角を用いた荒々しく残虐なカラテスタイルをとる。シャウト「アクマ!」
  • 類似の変身を行うカコデモンはアクマニンジャ・クランのニンジャソウル憑依者。おそらくバロールも同様だろう。
    • バロールのジツに関して、カコデモンの際に説明された「強い光が弱点となる」というアクマ変身の特性については言及がなかった。バロールは午前中の屋外での変身を披露しているが、カコデモンのケースでも昼の日差し程度ならば問題無いとの注釈が付されているので特に矛盾は生じない。ニンジャは日光で蒸発するフィクションのオバケとは違うのだ。

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレはオヤメニナッテ」「ヨイデワ・ナイカ!」

一言コメント

「何も知らないんです!こ、この編集野郎が、ヘッズ=サンが勝手に見境なくコメントして格納したんでしょッ!私知らない!」