Top > ヘッジホッグ
HTML convert time to 0.004 sec.


ヘッジホッグ

Last-modified: 2017-07-17 (月) 00:15:37

◆忍◆ ニンジャ名鑑#186 【ヘッジホッグ】 ◆殺◆
ザイバツニンジャ。頭部および脊髄に沿ってバイオ無線LANアンテナを何十本も生やしており、周囲のUNIXサーバーやUNIX直結者のニューロンなどを遠隔ハッキングする。
小動物めいて直接カラテ能力には乏しく、もっぱら支援役に回る。

登場エピソード Edit

 

「ネオサイタマの死神に遭遇しなかったのは幸運だったな」


人物 Edit

  • ポータル・ジツによるネオサイタマ侵攻に参加したザイバツ・ニンジャの一人。アデプト位階に昇格して間もないとのことで、比較的若手のニンジャと思われる。
  • サイクロプスフォビアとは「ユウジョウ!」を交わす仲。
  • サイクロプスの蛮行をニヤつきながら傍観している辺りから、彼の性質もおおむね察することができる。

外見 Edit

  • 身長2m超のサイクロプスの半分ほどの背丈と、非常に小柄。
  • 黒いニンジャ装束を着用している。
  • 頭部と背中には違法サイバネ手術によりインプラントされた何十本ものバイオ無線LANアンテナ群を備える。
    • 普段は体内に収納されているが、自らの両こめかみに第二間接まで指を押し込むことでウニめいて展開される。コワイ!
  • 眼もサイバーアイに置換されている模様。サーモセンサを搭載している。

元ネタ・考察 Edit

  • ヘッジホッグ(Hedgehog)は針鼠の意。無数のバイオ無線LANアンテナを生やした彼の姿に由来するニンジャネームであろう。

ワザ・ジツ Edit

  • バイオ無線LANアンテナを用いたハッキングを得意とする。
    • イクサにおいては後衛に徹し、周辺に存在する固定火器などのIRC制御装置をハッキングして攻撃を行う他、無線IRC通信によって味方の連携攻撃を高度にサポートし、司令塔めいた役割を果たす。
  • カラテは不得手なようだが、小柄な体格も手伝ってか、動作は俊敏である。

ストーリー中での活躍 Edit

((フォビア=サン、グラディエーター=サン、緊急事態だ!ネオサイタマの死神が出現し、ネタバレ中!))

一言コメント

コメント欄な