Top > Chi-Nu
HTML convert time to 0.012 sec.


Chi-Nu

Last-modified: 2017-05-17 (水) 17:45:12

日本 RankII 中戦車 Chi-Nu / 三式中戦車 チヌ Edit

chi-nu.jpg

概要 Edit

1.65で実装された大日本帝国陸軍の中戦車。
日本軍お待ちかねの、ついに対戦車用途に75mm砲を装備した中戦車である。
が、元々がフランスのシュナイダー社開発の野戦砲で、対戦車砲として作られたものでは無い為貫通力は低め。
足回りが良くなったわけでも貫通力が優れているわけでも、傾斜装甲で装甲が頼りになるわけでもないがBRは3.3とT-34M4シャーマンなどと同格である。計画名称チヌ。採用名称は三式中戦車。

車両情報(v1.65) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)14000
車両購入費(SL)55000
乗員訓練費(SL)16000
エキスパート化(SL)55000
エース化(GE)320
エース化無料(RP)250000
バックアップ(GE)20
護符(GE)860

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.3 / 3.3 / 3.3
RP倍率1.3
SL倍率0.8 / 1.3 / 1.4
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)6.2⇒8.6 / 6.2⇒7.3
俯角/仰角(°)-10/15
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
7.8⇒6.0
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 25 / 20
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 25 / 25
重量(t)18.8
エンジン出力(hp)372⇒458 / 212⇒240
2,000rpm
最高速度(km/h)43 / 39
最大登坂能力(°)40⇒43 / 40⇒41
視界(%)88
乗員数(人)5

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲75mm Type 3 cannon55
機銃7.7mm Type 97 machine gun3000

弾薬*1 Edit

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
Type 1 APHEAPHE6.667.84668979383716151
Type 94 HEHE6.0810.055211

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両Chi-He
派生車両
次車両Chi-To
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

対戦車用途に75mm砲を装備しており、47mm砲と比べると初速は多少遅くなったものの貫通力は上昇しており、炸薬量も3倍近くまで増量されており、貫通後の威力は圧倒的にこちらが高い。
正面装甲はチヘ同様50mmである。

 

【火力】
何と言っても同格として現れるT-34M4シャーマンなどの正面装甲を、角度が付いていなければなんとか貫徹可能という事が大きい。
貫徹後の威力も合わさり一撃での撃破も可能となっているが、距離が離れるか角度がつくと手も足も出せず一方的に殴られるだけとなるのでしっかりと確認しよう。
初速も47mm砲に比べると劣るものの、動目標への攻撃も十分可能なレベルの初速である。

 

【装甲】
正面装甲はチヘ同様50mmである。
BRの上がる前ですら頼りにならなかった装甲であるが、BRが上がり75mmを超える砲を持つ戦車が多くなる為、本車ではより一層頼りにならない装甲である。紙装甲である。
砲塔も装備する砲にあわせて相応に大きなものとなっているため被弾面積が増え、端の方への被弾でも75mm級の砲弾であれば砲塔後部の弾薬まで破片が到達し誘爆するという事も多くなる。
今まで以上に隠れる時はしっかりと隠れよう。

 

【機動性】
エンジン出力も多少増加しているものの重量も増加している為相変わらずの機動性である。
やはり動き回る戦いは中々に難しいだろう。
幸い格上相手以外であれば貫通に困ることは以前ほど多くないため、あまり動き回らず細々とした物陰からの攻撃という手段も取れなくはないのが救いではある。

 

史実 Edit

三式中戦車チヌは日本陸軍が量産配備できた戦車としては最後に作られた中戦車である。

格納

小ネタ Edit

◆主砲について
本車に搭載されている砲は上記の通り野砲を転用した物なのだが、改修の時間が足りなかったため縄を引いて撃発する方式のままになっている、そのせいで狙いをつける砲手と紐を引く撃発手(無線手が兼任することもあった)が別という変則的な形となり、動目標への射撃なども困難だったと言われているが、実際には同じく縄を引いて射撃する一式砲戦車が移動中のトラックを撃破していることを考えるとこの話も怪しいモノである。

◆実は最新式戦車
本来チヘの後継はチト、チリの順番*2なのだが、チト、チリが一向に完成しないためチヘの武装強化案がチヌとして採用されることになった経緯がある。

 

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算
*2 陸軍の戦車の呼称はイロハ順であり、チハ、チニ、チホ、チヘ、チト、チリ、チヌという順番になる通り、本来は四式中戦車、五式中戦車がチヌより先になる。残念ながらチチ車は無い