Top > クラウド
HTML convert time to 0.023 sec.


クラウド

Last-modified: 2017-08-19 (土) 03:48:26

目次 Edit

開く

クラウドについて Edit

screen-1.jpg

ファイナルファンタジー擦らのゲスト参戦。
SQUARE ENIXのキャラ、プレイステーションシリーズが主要プラットフォームの作品、
FF7は任天堂ハードからプレイステーションに移行した最初のFFシリーズ、
当時の任天堂据え置きハードであるニンテンドウ64の敗北を決定付けたタイトルの1つ。
そんな因縁塗れのタイトルの主人公が、かつてニンテンドウ64を支えたタイトルの続編に参戦する。
正に時の流れを感じさせる話であり、それ故にこの参戦にはほぼ全てのユーザーに激震が走った。
ある意味当たり前だが、プレイステーションがメインであるキャラのゲスト参戦はこれが初である
(ちなみにFFシリーズの外伝やキングダムハーツシリーズで見れば任天堂とも関わってはいる)。
 
フルネームは「クラウド・ストライフ」で、日本語訳にすると「闘争の雲」。
雲は雨の前触れとされる為、兆しの意味として捉えた場合、意訳としては「闘争の兆し」になる。
年齢はFF7の時点で21歳で、何でも屋を経営していた。
元ソルジャークラス1stを自称していたが、実は唯の一般神羅兵でしか無い。

当初は「興味ないね」という台詞をよく口にしており、冷ややかな性格と取られていた。
だがそれは過去に人体改造実験を受けた際に形成された記憶と人格によるものであり、本来は根暗の部類である
(一応クールな性格は本物ではあるが、彼のクールさは決して強さを伴っていないのが特徴)。
物語後半では己の弱さと向き合い、偽りのクラウドから脱却した事で性格がガラリと変わっている。

前述の実験の成果として驚異的な戦闘能力を会得しており、またバイクを初めとする運転技術も非常に高い。
反面精神面の弱さが目立ち、その点を突かれたり利用される場面も幾らかあった
(クラウドが唯の一般兵士止まりだったのはこの精神面の弱さが原因である)。
何でもそつなくこなせる様に見えて、実は食材の種類も分からないレベルで料理が出来ない。
またかなり乗り物酔いをし易い体質で、自分が運転していない乗り物に乗ると周囲に心配されるレベルで酔う。
 
スマブラにおいてはあらゆるルールにおいて厨キャラ認定される程の「全知全能型」
キャラランクは当然最上位クラスである。
どんなシーンでも圧倒的な力を見せ付けるその姿は強中位以下にとっては畏怖の対象
(流石に64ピカチュウとXメタナイトの2大絶対神とまでは行かないが)。
しかも投げ以外はどれも強力且つ癖が無い為、お手軽強キャラの面まで持っている。
強いて言うなら
絶対的なスピードと押し付け性能で反撃すらさせないソニック
未だに残る即死コンボや反則そのもののカウンターなどで破壊の限りを尽くすベヨネッタ
この2人よりは突き抜けた部分が無いと言える
比較にこの2人を出さなければならない点と、キャラランクの点から見れば気休めにもならないが)。
 
以前はこの強さ故に初心者から上級者までクラウド使いが大勢居たが、
対策が進んだ今では強キャラが相手だと少し齧っただけでは勝つのが難しくなっている。
その最たる原因はクラウドが強い理由そのものにある。
クラウドは圧倒的な基本性能を持ち、それ故にあらゆるルールで強いのだが、
実は圧倒的な基本性能「しか持っていない」という点があったりする。
つまりソニックやベヨネッタの様な「専用の押し付け要素」特有の強みを持っていないという事である。
そしてソニックやベヨネッタなどと違い、欠点と呼べる欠点が幾つか設けられている点もある。
つまり実力差を無視する能力が並の強キャラ程度しか無いのである。
 
声優はキングダムハーツ以降、10年以上演じ続けている櫻井孝宏が担当。
余談だが、実はFF7で女装を披露している。『通称:クラウドちゃん』
一部のファンからはカラーチェンジとしてクラウドちゃんが実装されなかった事を残念がられているとか。

主な代表作 Edit

  • ファイナルファンタジーVII(1997年)
  • ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII(2004年)
  • キングダムハーツ チェイン オブ メモリーズ(2004年)

赤文字はこのページのファイターの初登場作品を表している

概要 Edit

一言で言うと「デメリットほぼ無しでスピードを筆頭に様々な長所が追加されたアイク」である。
アイクは発生が全体的に遅く隙も大きいが、絶大な攻撃力と持続に加え、剣士特有の利点もあるキャラである。
一方クラウドは高めの攻撃力に加え、目に見えて分かるほど素早い。
更に必殺技の強化、疑似最後の切りふだ、使いやすいメテオまで所持している。
その代わり復帰力は致命的に低く、横ベクトルの吹っ飛ばしと復帰阻止にとても弱い。
 
唯一の欠点である復帰力だが、クラウド以外の剣士キャラは復帰力が低め〜並なのに対し、クラウドは唯一の「低い」である。
また重さこそ充分あるものの、実は中量級と中重量級の間位な為、パワータイプの大技を喰らうとかなり厳しい。
但しリミットブレイクにより復帰力が超強化される為、リミットブレイクを保持する事で耐久力を爆発的に高められる。
必殺ワザを牽制として使えなくなる欠点はあるが、基本性能とリミットブレイクによるスピードアップでどうにでもなる。
 
クラウドには「リミットゲージ」という固有のゲージがあり、
リトル・マックのKOゲージと同じく攻撃の命中と被弾で溜まっていく他、下必殺ワザでも溜める事が出来る。
ゲージが最大になるとリミットブレイク状態になり、
落下含むスピードが上昇し、ゲージ全使用と引き換えに必殺ワザが1度だけ超強化される。
ちなみにKOゲージと違い、攻撃を受けてもリミットブレイクが強制解除される事は無い。
 
「擬似最後の切りふだの威力低下と引き換えに利便性が超強化されたKOゲージを搭載した超強化型アイク+超強化型リトル・マック」
クラウドの性能をまとめるとこんな感じであると言えよう。
その凄まじいまでの強さとお手軽さは「使えば勝てる」の悪評が定着する程である。
但し上記にもある通り、厨キャラにも関わらず一定のPSが求められる面がある為、
真性の「使えば勝てる」とは意味が違う点には注意したい(甘えが異常なのは否定しようの無い事実ではあるが)。

キャラタイプ Edit

中重量級/バランス・パワー・スピードタイプ/両刀 Edit

素の復帰力が低い以外に欠点と呼んで良い欠点が無い。
パワー・スピード共に高レベルな上、剣士なのでリーチ・範囲・判定も抜群で、しかも使い難い技も無い。
当然初心者だとまともに動かせないという事も全然無い。
しかも重さも充分ある為、ライン確保さえ怠らなければ死の危険は非常に遠い。
 
但し復帰力の明らかな低さや、厨キャラにしては比較的脆い点のフォローは意外と求められるので注意。
また「ベーシックなキャラをベーシックなままトコトン強くしました」なキャラであり、
「根本的にぶっ壊れている技を搭載しました」なキャラでは無い為、
ただ壊れ技をブンブン振り回せば良い訳では無く、厨キャラにしては工夫とプレイングが必要になる。

ステータス Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★★★★★★★☆S+
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★★★★★★S++
地上スピード地上での全体的な機動力★★★★★★★★☆☆S
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★★☆☆☆☆A
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★☆☆☆☆☆☆C
リーチ技が届く距離★★★★★★★★★☆S+
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★★★☆S+
ジャンプジャンプの合計高度★★★☆☆☆☆☆☆☆D
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★★★★★☆☆☆☆A
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★★★★★★☆☆S
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★★☆☆☆☆☆☆☆D

特殊性能 Edit

  • 三角飛び
  • リミットゲージ

カラーバリエーション Edit

※奇数カラーが『ファイナルファンタジー察戞偶数カラーが『ファイナルファンタジー アドベントチルドレン』の衣装。

  • (黒/)ノーマル(FF7)
  • (黒)ノーマル(FF7AC)
  • (黒/)ザックス・フェア/ソルジャークラス2nd
  • (黒/)ソルジャークラス3rd(クライシス コア)
  • (赤)ソルジャークラス2nd
  • (黒/)星痕症候群
  • (黒)ザックス・フェア/ソルジャークラス1st
  • (紫)星痕症候群+女装時のカラー

長所と短所 Edit

長所 Edit

  • リミットブレイクにより機動力が上がる他、必殺ワザをブレイク解除と引き換えに超強化出来る
  • 剣士特有の長リーチ・広範囲・武器判定を併せ持つ
  • 一部の技を除き攻撃の隙が少ない
  • リミットブレイク無しでも動きが全体的に速い
  • 相手のショートジャンプに制限を掛けられる飛び道具が使える
  • スピードと技の性能上、追撃と着地狩りが得意

短所 Edit

  • 技の出がやや遅め
  • 通常状態では復帰力がかなり低い
  • 投げが威力、ダメージ、発展性のどれにも優れていない

アップデートによる変更点 Edit

Ver1.1.5


  • 地上緊急回避(前・後)の無敵時間が2F減少した。
  • 上空中攻撃のダメージが1%減少した。
  • 横スマッシュ攻撃3段目のリアクション影響値が低下した。
  • 下スマッシュ攻撃2段目のリアクション影響値が低下した。
  • 下必殺ワザ「リミットチャージ」の溜め時間が0.42秒増加した。
  • リミットブレイク版横必殺ワザ「凶斬り」のリアクション影響値が低下した。
  • リミットブレイク版下必殺ワザ「画竜点睛」空中版のリアクション影響値が低下した。

弱・強攻撃 Edit

弱攻撃 ???~???~??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→2%→4%4F F F300%以上

横蹴り、回し蹴り、斬り下ろしの3段攻撃。3段目で前進する。
出は少々遅めだが、強引さに優れるので捻じ込みやすい。
但し強引さはファルコンやアイクの様な異常レベルとまでは行かないので過信しない様に。

横強攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
11%9F169%

少し踏み込みつつの袈裟斬り。
剣士特有の優秀なリーチと範囲を持つが、範囲は流石にFE剣士よりは狭め。

上強攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8%6F176%

後ろから前に剣を振る。横の範囲は狭いが、判定は前後に出る。
対空、お手玉、追撃の起点、回り込みと使い勝手は抜群。

下強攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6〜7%7F206%

スライディングする。
姿勢が非常に低くなる、足が常に無敵、移動距離が長い、長持続、シールド貫通、隙が小さいと極めて優秀。
また打点が低いのでシールド漏れさせ易い上、何故かガードクラッシュ率まで高い。
その性能上反確耐性も抜群だが、遠くから出してガードされると流石に投げ返される。

スマッシュ攻撃 Edit

横スマッシュ攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→2〜3%→13%(最大溜めで1.4倍)19F100%

一拍置いてからの高速3連斬。
剣士特有の長リーチと武器判定に加え、圧倒的な威力、回り込みを無理矢理潰す程の範囲、
多段故の長持続により、横スマの中ではトップクラスに優秀。
但し発生が若干遅く、クラウドのスマッシュでは唯一隙が明らかに大きいので多用は禁物。

上スマッシュ攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8〜13%(最大溜めで1.4倍)15F122%

剣を上に振り上げる。
威力はクラウドにしては低い(あくまで「クラウドにしては」)が、リーチと判定は流石と言った所。
隙も小さくはないものの、そこまで大きくもない。
一応後ろにも判定はあるが、狙って当てるのは至難の技。

下スマッシュ攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→14%(最大溜めで1.4倍)8F129%

しゃがみつつ前を剣の柄で突き、次に後ろを剣で突く。
相手を後ろに飛ばすガノンドロフの下スマの同類で、待ち用の技としては非常に強力。
威力、リーチ、判定は大技レベルなのに、発生がたった8Fで隙も小さいと総合性能はかなり異常。

ダッシュ攻撃 Edit

ダッシュ攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8〜11%9F175%

片手で剣の背を支えつつ、剣先を下にして滑り込みながら剣を振り上げる。
判定、威力、持続がかなり強く、発生も充分。そこにクラウド自身のスピードが加わるのでとても信頼出来る。
また剣を振り上げる前なら崖つかまり中の相手にも当てられる。
隙は普通だが判定が強い(喰らい判定が後ろにある)だけあって反確耐性は高め。
ただ隙が普通なだけに、ガードに思いっ切りめり込むと流石に投げ返される。

空中攻撃 Edit

通常空中攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
8%5FF219%

円を描くように剣を振り回す。威力はあまりないが、攻撃範囲は広く牽制にも使える。

前空中攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
13〜14%18FF141%

剣を振り下ろす。マリオやドンキー、ヨッシーと同類のメテオワザだが、それらと比べると出が早く、かなり当てやすい。
これによって復帰阻止にきた相手をメテオで追い討ちをかけることができる。
ミュウツーの空下と同じく、高蓄積ならメテオでなくても撃墜できる。

後空中攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
13%11FF153%

後ろに剣を振る。
発生が早く、着地隙も少ない。だが範囲は狭いため、狙って当てるには練習が必要。

上空中攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
9〜14%7FF132%

剣を横に持ち突き上げる。吹っ飛ばしが強く、発生も早い。

下空中攻撃 ??? Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
8〜15%FF149%

剣を下に突く。技の出始めにメテオ判定があり、攻撃判定も長く持続する。
空前にも言えるが、クラウドは復帰力が低いのでメテオを狙うときは要注意。
半端な着地狩りを返り討ちにできるが、読まれると当然隙を突かれるので注意。
リミットブレイク中ならややリスクが減る。
高いジャンプから出して着地すると着地隙がない。弱に繋げたりできる。

つかみ Edit

クラウドの投げは追撃が難しい。

つかみ Edit

発生F
7F

ダッシュつかみ Edit

発生F
10F

振り向きつかみ Edit

発生F
11F

つかみ打撃 ??? Edit

ダメージ属性
3%

ひざ蹴り。

前投げ ??? Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→3%投げ300%以上

両足で蹴り飛ばす。

後投げ ??? Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
3%×2投げ299%

後ろに向き蹴り飛ばす。

上投げ ??? Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
2%×2→4%投げ214%

二回蹴って上に打ち上げる。

下投げ ??? Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
7%投げ217%

地面に叩きつける。
低蓄積の場合は横B、横強が入ることがある。

起き上がり・ガケのぼり Edit

あおむけ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

うつぶせ Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

ガケのぼり Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
8%↗︎×

しりもち Edit

ダメージベクトル吹っ飛ばし
5%↗︎×

必殺ワザ Edit

( )内はリミットブレイク時

通常必殺ワザ 破晄撃 Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6〜8%(8%→2%×4→3%)18F(16F)300%以上(146%)

光の飛び道具を放つ。リーチは結構長い。
剣士キャラにはありがたい飛び道具なので、お世話になる場面は多いだろう。
なお空中でも撃てるが、地上で撃ったほうが威力が高くなる。
実は空中NBからスティック横で横に少し移動することができる。復帰距離伸ばしに有効。
リミットブレイク時は光の色が緑から青になり、連続ヒットし相手を大きくふっとばす。

通常時もリミットブレイク時も反射できるため、反射技持ちのファイターに使うときは気を付けよう。

今作では地面から振り上げて発射しているが、原作FF7では上から振り下ろしながら発射している。

横必殺ワザ 凶斬り Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→3%×3→6%(5%×2→3%×2→10%)10F192%(100%)

マルスやルキナの横必殺ワザ2のイージーコンビネーションのようなワザ。
一発目を相手にあてると追加入力で連続して攻撃し、凶の字を書いていく。
マルスやルキナの物と違い、何にもあたらなければ二発目以降は出ない。
威力・リーチともに優秀ではあるが、隙が大きいのでガードされると反撃をもらいやすい。途中で入力を止める等で対応しよう。
発生自体は速いので、うまく差し込んでいきたい。
なお攻撃判定は「凶」の字あたりにしか無いため、密着状態だと当たらない事がある。
また、空中で出すと落下速度が一気に低下するので、対落下狩りのタイミングずらしにも使える。

リミットブレイク時は一回の入力で凶の字を最後まで書き、ふっとばす。ふっとばし力は結構大きい。

余談だが「凶」の書き順は作品によって異なるが、今作は最も本来の書き順に準じている。

上必殺ワザ クライムハザード Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
3%→4%×3(6%→7%→4%×2)7F300%以上(300%以上)

斬り上げつつ上昇し、追加入力で急降下攻撃を出す。
技が終了、あるいは発動時の位置まで降りない限り崖つかまりが出来ない為、発動位置に気を付けないと取られ易い。
リミットブレイク時は上昇力が大きくアップしすぐ崖捕まりができる。一応最初の一撃で撃墜できるようにはなっている(更に当てればカメラがズームアップする)が、外すとその上昇力ゆえ急降下入力しても対処されるため、このワザでのフィニッシュはあまりオススメしない。
また、リミットブレイクでパワーアップするのは上昇時のみ。
原作FF7ではダッシュで相手を突いた後に、ジャンプしながら斬り上げている。

下必殺ワザ リミットチャージ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
F

リミットゲージを自力でためる。普段はリミットゲージのたまり具合は見えないが、この時は見ることができる。
一度ワザを入力するとチャージを初め、横入力かシールドでチャージをキャンセルできる。
復帰力が低いクラウドにとってはリミットブレイク必殺技で相手をさっさと片付けたり、上必殺ワザの復帰力を確保する事が重要になる。
隙を見つけたらこまめにチャージしておくといいだろう。

下必殺ワザ(リミットブレイク時) 画竜点睛 Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1%16F68%(地上版)

自分の周りに竜巻を起こし、相手を大きくふっとばす。
当たるとリトル・マックと同じようにズームアップする。
ダメージこそ1%だがふっ飛ばし力が非常に強く、70%近くになると撃墜可能になる。だがリトルマックのK.O.アッパーカットと違い、ガードは可能。
なお、前後に当たる技だが後ろ側は若干吹っ飛ばし力が落ちる。
原作FF7では竜巻を敵に飛ばして攻撃している。

最後の切りふだ 超究武神覇斬 Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
50%26%

マルスの必殺の一撃発動時の突進と、アイクの大天空を合わせたもの。
参戦映像ではアイクの技を貰いましたと言わんばかりであったが。

基本的な動かし方 Edit

立ち回り Edit

  • タイマン
    唯一の欠点である復帰力をどうするか。
    相手が自分と同じ厨キャラ、あるいは流石に舐めプまでは出来ない強キャラが相手でも無い限り、
    ここさえクリアしてしまえば勝利がほぼ確定するのでとにかくここがポイント。
     
    中堅以下が相手ならリミットブレイクを維持しながら戦うだけで良い。
    後は厨性能が勝手に勝利をもたらすだろう(流石に根元をガードされる様な愚は冒さない事)。
    勿論自分が重傷になるまではB技で一気に追い詰めても構わない。
    要するに復帰力確保の必要が出て来るまでは好きにして良いという事である。
     
    厨〜強キャラが相手の場合、B技をどう使っていくかと、リミットゲージの蓄積時間をどう稼ぐかがポイント。
    序盤〜中盤はラインを確保しつつガンガン攻め立て、終盤はリミットブレイクを維持しつつ丁寧に動く。
    但しリミットブレイクにはスピードアップとプレッシャー効果がある為、
    最初から最後までブレイク温存を主体に立ち回っても何も問題は無いが、そこは相手の性質に合わせたい所。
     
    要するに戦い方云々よりも無駄なブレイク解除を抑えられるかどうかが重要になると言えるだろう。
  • 乱闘
    パワー・リーチ・判定により、何もかもを奪い尽くす事が出来る。
    また密集地帯にリミット技を叩き込めば勝利が更に加速する。
    しかし不意打ちや他のキャラを餌にした釣りに引っ掛かるとかなり危険。
    いくら重さが充分とは言え、復帰力が低いので即死も充分在り得るからだ。
    要するに「俺の後ろに立つな」を出来るだけキープ出来るかが重要になると言えるだろう。

コンボ・連携 Edit

  • 空中Nから 弱 下スマ ダッシュA
  • 下強から 空中上

フィニッシュ Edit

  • 空N以外の空中攻撃
  • 各種スマッシュ
  • リミットブレイク時の必殺ワザ(上B除く)
  • ダッシュ攻撃

復帰 Edit

  • (NB横移動)空中ジャンプ→上B
    クラウドは上B後すぐ崖つかまりにならない為、崖付近で下スマ待ちされる可能性も。
    また追加入力の急降下も、開始時辺りまで落ちないと崖つかまり可能にならないので注意。

サドンデス Edit

相手に飛び道具が無いなら突破力の差で極めて有利となる。
問題はフィニッシュ可能な飛び道具持ちと、クラウド以上のリーチ持ち。
クラウドの飛び道具は牽制としては優秀だが、強力な飛び道具や弾幕に立ち向かえる程では無い。
またクラウド以上のリーチ持ちには発生の微妙さもあって一気に困難となる。
この場合は最早慎重に動いて隙を突く以外に方法は無い。
クラウドの性能なら困難とまでは行かないのが救いか。

苦手な相手について Edit

はっきり言うと「苦手な相手はゼロ」。
復帰力以外のほぼ全てにおいて超性能である為、自分が不利になる事はまず無い。
強いて言うなら、同じ『使えば勝てる』キャラ且つ復帰阻止に優れたソニックとは対等という位か。
また復帰技がファイナルカッター系なので、通常時だと即死の可能性が高い押し出し持ちにも注意したい。
 
また自身が大幅に有利とは言え、空中での運びが得意なワリオ相手に迂闊な行動をすると戻れない位置まで運ばれる事も。
更にカービィの即死コンボが決まり易い為、最序盤に限りカービィにも注意(それ以降は異常なPS差でも無い限り確実に詰ませられるが)。

対クラウド Edit

攻撃性能が軒並み異常な上、破晄撃の牽制や凶斬りの大ダメージなどB技も優秀。
懐に潜れれば反撃出来る可能性はあるが、クラウドのリーチと範囲を考えると非常に厳しい。
恐らくこちらもクラウドやソニックといった、使えば勝てる系を使うが最も確実且つ手っ取り早いだろう。
 
数少ない明確な対策としては、とにかくラインを奪う事が重要になる。
復帰力が低いという唯一の欠点は場外に出ない限り全くの無意味である為、ラインを奪えないとどうしようも無い。
またクライムハザードは崖つかまりの点で欠点がある為、そこを取れれば優位に立てる可能性は充分ある。

演出 Edit

入場 Edit

上から下りてきて剣を構え入場。

アピール Edit

上アピール Edit

「興味ないね」といい、剣を回しながらファイター選択画面の時のポーズ。

横アピール Edit

魔法を唱える時のポーズ

下アピール Edit

剣に寄りかかりふぅと言い休む

フィナーレ Edit

勝利BGM Edit

FF7の戦闘勝利時の音楽。
固有のBGMがループする。
例えばマリオなら、初代マリオのゴールBGM(アレンジ)の後、ファイター共通のBGMが流れるが、クラウドに関しては全く流れない。

ポーズ1 Edit

「ついてないな」と言い戦闘勝利時の行動をした後、カメラに顔を向ける。この時カメラはクラウドの正面から斜め後ろに動いている。

ポーズ2 Edit

画面奥からダッシュしてきて剣を振りながら「お前に俺は倒せない」と言い、剣を構える。

ポーズ3 Edit

「悪く思うな」と言い、戦闘勝利時の行動をする。カメラはクラウドの正面を捉えている。

敗北ポーズ Edit

余談 Edit

クラウドのみ、シンプル及びオールスターをクリアすると、「Congratulations!」の文字がファイナルファンタジーの文字の仕様になる。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White