Top > ゼロスーツサムス
HTML convert time to 0.020 sec.


ゼロスーツサムス

Last-modified: 2017-07-08 (土) 16:57:37

目次 Edit

開く

ゼロスーツサムスについて Edit

screen-4.jpg

パワードスーツを脱いだサムス・アラン。パワードスーツが無い(ゼロ)からゼロスーツサムスである。
原作であるメトロイドシリーズでは、好成績でクリアした際に見られる御褒美的な存在で、基本的に操作出来ない。
またその時はショートパンツや水着の様な服をパワードスーツのインナーとして着ていた。
しかし2004年発売の「メトロイド ゼロミッション」にて青いボディスーツ姿で登場。
以降の作品ではこの時に登場した髪型と姿で統一される様になった。
ちなみにゼロスーツサムスとはスマブラで初めてつけられた名称である。
原典では登場していない呼び名だが、メトロイドシリーズの開発スタッフはゼロスーツサムスという呼び名を使っている。
 
スマブラの場合、前作Xでは特定の条件でサムスから変身する事で現れるファイターだった。
スーツが無いから機動力アップという原作的には絶対在り得ない設定によりスピードキャラとなっている。
そしてスマブラは常にスピードキャラの方が有利である為サムスよりゼロスーツサムスの方が強く、
隠しコマンドで最初からゼロスーツサムスにして戦う者も多かった。
この時代では後述する武装を持っていなかったが、最弱クラスとされたサムスとの差は大きく開いていた。
 
今作forでは変身の概念がオミットされた事で1人のファイターとして独立した。
前作の時点でサムスを超える強キャラ下位レベルの強さを持っていたが、
今作では何故か「生身だと弱いから」という、前作の状況を完全に忘れているのがバレバレな理由により、
ジェットブーツというスマブラオリジナル武装を与えられる事となった。
前作では心もとなかった火力まで強化されほぼ全ての面で非常に優秀な性能を手に入れており、その強さは脅威の一言。
 
さらにVer.1.0.4以降しばらく弱体化も施されず、Ver.1.1.1の攻めゲー化が追い風となった結果、シークやロゼチコと並ぶ厨キャラになってしまった。
加えて本家サムスがさらに弱体化したことも重なり、
パワードスーツを脱いだ方が圧倒的に強いという逆転現象はさらに悪化した
しかし幾ら超性能とは言え、シークやロゼチコ同様そこまでお手軽ではない為、初心者は逆に振り回されてしまうだろう。
またそれ以降は弱体化が続き、Ver.1.1.5でサムスの強化が行われた為、多少はマシになった。
但し根本の部分が碌に下がっていない為、結局現在は強上位クラスになっている。
 
原典では作品ごとに微妙に顔のデザインが違うサムス。
前作など作品によってはかなりアクが強い顔になっているのだが、本作では日本人にも親しみ易いすっきりとしたデザインになっている。
 
声優はアレジア・グレイドルが担当(但しXの使い回しだが)。
何故かOther Mでのキャストは採用されなかった。

キャラタイプ Edit

軽量級/スピードタイプ/タイマン向け Edit

  • タイマンの場合
  • 乱闘の場合

ステータス Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★★★★★★☆☆S
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★★★★☆☆S
地上スピード地上での全体的な機動力★★★★★★★★★☆S+
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★★★★☆☆S
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★★★★★★☆S+
リーチ技が届く距離★★★★★★★☆☆☆A+
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★☆☆☆A+
ジャンプジャンプの合計高度★★★★★★★★☆☆S
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★☆☆☆☆☆☆☆☆E
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★★★☆☆☆☆☆B
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★★★★★★★★★S++

カラーバリエーション Edit

  • (水)ノーマル
  • (青)メトロイドプライム2
  • (赤)初代メトロイド レオタード姿
  • (黒)スーパーメトロイド ビキニ姿
  • (緑)
  • (白)
  • (橙)メトロイド ゼロミッション ショートパンツ
  • (青)メトロイドフュージョン ショートパンツ

長所/短所 Edit

長所

  • あらゆる機動力が非常に高い
  • 一部の技のリーチが長い
  • ワイヤーとフリップジャンプにより復帰力が極めて高い

短所

  • 全体的に技のダメージが小さめ
  • 体がかなり軽く、吹っ飛び易い

前作から及びアップデートによる変更点 Edit

前作から


  • 最後の切りふだが「パワードスーツ装着」から「スターシップ」に変わり、サムスに変身しなくなった。これにより、完全に別のファイターとなった。
  • 前作でゼロスーツサムスを選んだ場合、投擲アイテムであるパワードスーツの残骸がゼロスーツサムスの周辺に散らばった状態で対戦が開始したが、今作ではそれは無くなった。
  • 空中ジャンプと多くのワザの動作中に、ジェットブーツからジェットを噴射するようになった。
  • 多くのワザの性能が変更された。
  • 弱攻撃の2段目のふっとばしベクトルが横から上になってヒットした相手が浮くようになったため、3段目がシールドで割り込まれにくくなった。
  • ダッシュ攻撃が、飛び蹴りからジェットを噴射する勢いを利用しての飛び膝蹴りになった。
  • 横強攻撃の転倒補正が無くなった。
  • 上強攻撃が相殺しても相殺モーションに移行せず出し切るようになった。
  • 下強攻撃使用時に前進するようになった。
  • 横スマッシュ攻撃がプラズマウィップを横に薙ぎ払うものから、前進しつつ2回蹴るワザになった。
  • 空中掴みでの空中ワイヤーが追加された。
  • 横必殺ワザのプラズマウィップの最大ヒット数が2から5に増えた。威力が最大19%から最大10%に減り、隙が増えた。
  • 上必殺ワザがプラズマウィップを上に伸ばす攻撃とワイヤー復帰を兼ねた「プラズマワイヤー」から、上昇しながら蹴りを放つ「ブーストキック」になった。 上への復帰距離は前作の方が長かったが、崖掴みで無力化されなくなったので、前作よりも復帰阻止されにくくなった。
  • 下必殺ワザ「フリップジャンプ」
    • 跳躍距離が増した。前作では1秒近く続いていたキックの攻撃判定の持続は一瞬だけになり、メテオは先端だけになった。キックが対戦相手またはアイテムに当たった場合は、蹴りつけた反動で上に跳躍するようになった。
      軌道を制御できるようになったことも合わせて、さまざまな応用が利くようになったが、使いこなすのが難しくなった。
    • 跳躍中にキックを出さずにキャラクターまたはアイテムに触れた場合は、踏みつけるようにして攻撃をしてから跳躍するようになった(味方なら跳躍のみ)。これにより、跳躍中に相手やアイテムで踏み台ジャンプすることはできなくなった。
    • フリップジャンプ中に壁に接したときにする、壁と反対方向への新しいフリップジャンプは自動ではしなくなり、ジャンプ入力が必要になった。

Ver.1.0.4

  • 上スマッシュ攻撃攻撃の判定の発生が遅くなった。
  • 通常必殺ワザ
    • 後隙が増えた。
    • 地上にいる相手にヒットしたときのベクトルが低くなり、相手を真横に吹っ飛ばすようになった。
  • 空中回避の着地隙が増え、他のファイターと同じになった。

Ver.1.1.4


  • 体重が僅かに減少した。(81→80)
  • 上必殺ワザのふっ飛ばし力が下がり、最終段の角度が若干横寄りになった。

Ver.1.1.5


  • 通常空中攻撃
    • ダメージが2%減少した。
    • リアクション影響値が上がった。
    • リアクション付加値が下がった。
    • 攻撃範囲が狭くなった。
  • 上空中攻撃
    • ダメージが1.5%減少した。
    • リアクション影響値が上がった。
  • つかみ全種のつかみ判定の持続時間が4F短くなった。
  • 後投げ
    • ダメージが2%増加した。
    • リアクション影響値が上がった。
    • リアクション付加値が上がった。
  • 下投げ
    • ダメージが2%減少した。
    • リアクション影響値が上がった。
    • リアクション付加値が下がった。
  • 横必殺ワザ1
    • 全段ヒット時のダメージが2.1%増加した。0.8%×4+6%(9.2%)→1.2%×4+6.5%(11.3%)
    • 連続ヒットしやすくなった。

入場 Edit

スターシップから降りて登場。
スターフォックス勢と似ている。

必殺技 Edit

通常必殺ワザ パラライザー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%F×

相手をスタンさせる。溜める事で射程とスタン時間が延びる。
スタンさせたら横スマなどを決めよう。

横必殺ワザ プラズマウィップ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
0.8%×4→6%F246%

非常に長いリーチの電磁鞭を前に伸ばす。牽制の他、ワイヤー復帰にもなる。

上必殺ワザ ブーストキック  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→1.3%×6→4%F115%

上寄りの斜め上に連続ヒットする跳び蹴りを放ち、最後に回し蹴りで吹っ飛ばす。
とんでもない威力を誇る凶悪なフィニッシュ技で、自身の軽快さや優れた空Aと合わせる事で狂った事になる。
 
目立つ害悪が多過ぎるせいで分かり難いが、
この技は開発が「スピードキャラとコンボキャラに上への空中フィニッシュ技を与えなければ
即死コンボの問題はそもそも発生しない」という事実に最後の最後まで気付かなかったという、
つまり開発の無能さを証明してしまっている技の1つだったりする
(同類にメタナイトがいる。ちなみにベヨネッタは最早そういう次元ですら無い)。
Ver.1.1.4で威力が若干落ちたが、準フィニッシュ技にすら落ちていなかった辺りに
開発の「現状の根本的な問題に対処する気は無い。やってもその場凌ぎのみ」という意思が見て取れる。

下必殺ワザ フリップジャンプ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8〜14%F121%

前に向かって大きく宙返りし、追加入力で蹴りを繰り出す。
追加入力無しの踏み付けには埋めとメテオの効果がある。
壁で出すと三角飛びをする為、復帰に使って三角飛びになり落下という事も。
 
復帰力と着地拒否を異常なまでに強化する害悪そのものな技
ゼロサムが弱キャラなら逃げた所で無駄となるのだが、残念ながらゼロサムは強キャラも強キャラであり、
相手が鈍足の場合、性能差で先行を取ってガン逃げするだけで勝負が決してしまう。

最後の切りふだ スターシップ Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
17%102%

スターシップに乗り込み標準をつけレーザーを発射する。避けられやすい。

カスタマイズ必殺技 Edit

N2
N3
横2
横3
上2
上3
下2
下3

弱、強攻撃 Edit

弱攻撃 レベルチョップ~ガンフック~エルボースマッシュ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
1.5%→1.5%→3%1F F F300%以上

マックと同じく発生1Fという狂った性能。

横強攻撃 スピンキック  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6〜7%F239%

前に回し蹴り。出は早め。

上強攻撃 ヘッドスタンドキック  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5〜7%F164%

逆立ちをし足を開いた後挟むように閉じる。相殺しても出しきる。

下強攻撃 グラウンドスイープ Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6〜8%F220%

かがんで足元を蹴る。リーチが長い。

スマッシュ攻撃 Edit

横スマッシュ攻撃 ジェットブーツキック Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→11%(最大溜めで1.4倍)F145%

移動しながら二連蹴り。二回目はジェットシューズの炎で飛ばす。

上スマッシュ攻撃 ショッカーストリング Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→0.8%×5→3%(最大溜めで1.4倍)F175%

プラズマウィップを上で回転させる。リーチが長い。

下スマッシュ攻撃 スラントパラライザー Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6〜8%(最大溜めで1.4倍)F224%

地面に向けてパラライザーを撃つ。前にしか判定は出ない。相手は痺れるので追撃を。

空中攻撃 Edit

通常空中攻撃 ウィップガード Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
10%FF234%

ムチで左右を攻撃。

前空中攻撃 トワイスキック Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→7%FF187%

前に二段蹴り。当てやすく下投げからの連携に。

後空中攻撃 ソバット Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
10〜12%FF137%

後ろ蹴り。フィニッシュに。足の先端の方が吹っ飛ばしが強い。

上空中攻撃 エアキック Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
8%FF179%

上にサマーソルトキック。吹っ飛ばしは低下した。

下空中攻撃 スラッシュダイブ Edit

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
5〜6%→5.5%FF206%

空中で止まり急降下蹴りをする。途中で止まれず崖の外で出すと落下確実。
他キャラと同様にメテオ効果がついているが、出始めだけでは無く、急降下している間はずっとメテオ判定がつく。

その他の攻撃 Edit

ダッシュ攻撃 ジャンピング二―パット Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5〜8%F300%以上

ダッシュしながらひざ蹴り。かなり移動距離が長く相手の近くで当てると後ろに移動する。

つかみ Edit

発生F
F

投げはリーチが長いが隙が大きい。

ダッシュつかみ Edit

発生F
F

振り向きつかみ Edit

発生F
F

つかみ打撃 つかみ二―パット Edit

ダメージ属性
2%

ひざ蹴り。

前投げ スタンガン Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→7%投げ300%以上

前に飛ばす。

後投げ キックスル― Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→6%投げ300%以上

後ろ蹴りを当て飛ばす。

上投げ ホールドサマーソルトキック Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→8%投げ237%

真上に蹴りあげる。

下投げ 二―スタンプ Edit

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→5%投げ300%以上

地面に這わせてかかと落とし。そこから空中前など狙おう。

立ち回り Edit

ブラスターやプラズマウィップなど長いリーチで牽制しながら戦う。

連携 Edit

(パラライザー→)下投げ→空中前

空中上→空中上→空中上→上B
決まると即落しということもある連携。

とどめ Edit

横スマッシュ・空中前・空中後ろ・上B・下B
スマッシュを狙う時は相手が痺れてる時に当てる。上Bは外すと隙だらけだが吹っ飛ばしが強い。

復帰 Edit

(横B)→ジャンプ→上B
ジャンプ→横B
ワイヤー復帰

苦手な相手について Edit

アプデで弱体化したとはいえ基本的な性能はそのままなのでタイマンにおいては苦手な相手はほぼなし。
中堅上位以下の相手ならば一部を除き油断しなければ負けることは少ないだろう。
強いて言えば打点の高さと、ジャンプ力の高さのせいで空中技を地上の相手に当てるのがやや難しいので、
地上に張り付いていることで真価を発揮するファイターがやや苦手だが、
ゼロサム自体地上戦はできるほうなのでそれほど気にしなくてよい。

  • クラウド
    パワー・リーチ・判定が勝っており、全体的に高性能であるため苦手な相手である。
    また下強がスライディングなためこちらの大半の攻撃をかわしつつ攻撃されてしまうので注意が必要。
    復帰妨害はしやすいがメテオされる危険性もあるので注意。
    特に崖近くで叩き落とされると、ワイヤーも出来ず上Bがそれなりしか上昇しないので一瞬で詰む事も。
  • ピカチュウ
    チビキャラなため攻撃が当てにくい。スピードもあるため着地狩りされやすい。
    リーチはこちらのが上だが判定は互角〜こちらがやや不利なため打ち合いでも決して有利とは言えない。
  • ルカリオ
    通常時はそこまで苦労する相手ではないが、重傷のときだとかなり危険な相手となる。波導弾最大溜めはこちらの攻撃ほぼ全てに判定勝ちするためこちらがフィニッシュ圏内にいるとき、技が出しにくい。
    ゼロサムの攻撃力では早期撃墜も厳しく、復帰妨害もしにくいので要注意。
  • 番外編:リトルマック
    ゼロサムのつかみは出が遅いチェーンタイプなためマックに有効な崖待ちがしにくいためやや面倒くさい(あくまでメンドイだけで不利ではない)空中にさっさと打ち上げないとKOでの理不尽負けが襲ってくるので序盤の判断をミスらないように。
  • 番外編:カービィ、ゲーム&ウォッチ
    しゃがみ姿勢が全キャラ中最低な為、しゃがまれるとこちらの下入力無しの攻撃の大半が躱されてしまう。
     
    ゲムヲは強判定、超復帰力、吸収技持ちとこちらのペースにし難いが、クラウドやカービィと違い、
    低姿勢のまま攻撃出来る技が無い為、リーチの外から攻めれば問題は無い。
    殴り合いも圧倒的なスピード差で充分勝てる…が、パワーと吹っ飛び耐性から見た相対的な耐久力では不利なので油断しない様に。
    また前述の通り復帰力がかなりぶっ飛んでいる為、復帰距離を奪ってという考えは最初から捨てる様に。
     
    カービィは性能こそ最低クラスで、単純な殴り合いなら勝てなければ恥だが、
    しゃがみ、下強、上スマホールド〜出始め、着地時など、低姿勢になる場面が随所にあるのが問題。
    迂闊に攻めても何とでもなるのがゼロサムだが、カービィ相手だとそこまで好き放題は通じないだろう。
    また崖際で前投げや空下を絡めたコンボを喰らうと低%でも死ぬ可能性がある為、そこにも注意したい。
    但しこれらは全てカービィが地上にいる時の話であり、空中でのカービィの回避力はむしろ劣悪な部類。
    そしてカービィを始めとした鈍足短リーチキャラはワイヤーに極端に弱い(読まれるとしゃがんで躱されるが)。
    つまり投げてから即死コンボを決めてしまえばそれで終わりである。
    カービィはその軽さ故にコンボ耐性が高いと思われがちだが、実は全然そんな事は無いので充分決められる。
    今作は投げからのコンボ耐性が全キャラ共通でほぼ無いので、カービィも勿論普通に投げからのコンボを受けてしまうからだ。
    最もそれを知っているカービィ使いはマック並に地上に張り付こうとするのでそう簡単には行かないが…
    また調子にのって無理に空上を狙うとストーンを喰らうので注意
    (ゼロサムのスピードで間に合わない時点で完全に読み負けてるだけなのだが)。
    勿論すいこみを決められてコピーされた時にも注意しておく必要がある。
    総じて「最も楽勝であると同時に、弱キャラの中では最も迂闊な事が出来ない」相手であると言える。
    自分が圧倒的な性能に甘えていないかのテストだと思っておこう。

対策 Edit

アピール Edit

  • 上 「Is that all?」
    「それだけなの?」という意味。
  • 横 「Try me.」
    「私を信じて」という意味だが、この場合は「私を試してみなさい(=かかって来い)」という意味。
  • 下 「You are mine.」
    直訳すると「あなたは私のもの」だが、正しい解釈は「こっちのものだ」。
    そしてこの場合は正しい解釈の方であり、「こちらの勝ちだ」という意味になる。

特殊性能 Edit

  • しゃがみ歩き
  • ワイヤー復帰
  • 三角飛び

その他 Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ゼロスーツ強い -- 2014-12-08 (月) 19:53:27
  • 初心者は早すぎて使いにくいかも -- 2016-04-19 (火) 11:13:21
  • 防御上げてスピード下げてくれないかな... -- 1P? 2016-06-25 (土) 10:24:17
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White