Top > プリン
HTML convert time to 0.041 sec.


プリン

Last-modified: 2017-11-20 (月) 19:57:21

目次 Edit

開く

プリンについて Edit

screen-7.jpg

ポケットモンスターシリーズの第1作目「ポケットモンスター赤・緑」から登場。
高さ0.5m、重さ5.5kg。全国図鑑ナンバー039のふうせんポケモン。
第5作目の続編「ポケットモンスターブラック2・ホワイト2」まではノーマルだったが、
第6作目「ポケットモンスターX・Y」からはノーマル・フェアリータイプに変更された。
丸い体とつぶらな瞳が特徴で、聴いた者を眠らせる子守唄と、眠気も吹っ飛ぶ強烈なビンタが得意技。
かつてはピカチュウ、ピッピと共にアイドルトリオと呼ばれていた。
アニメでは旅の行く先々で歌を披露するが、誰もが歌の途中で眠ってしまう為、
その度に怒っては眠った人の顔にマイク形のマジックペンで落書きをして去っていくという、
ストーリーと直接絡む事の無い、良くも悪くもアイドル的なポケモンである。
ちなみに夢は「皆の前で最後まで歌を歌う事」である。プリンの特性上叶う事は無いだろう。
特性「ふみん」や「やるき」のポケモンすらアニメ補正で眠るかもしれないし
 
地味にスマブラ皆勤賞であり、常に隠しキャラで通してきたが、WiiU版で遂に隠しキャラでは無くなった。
ちなみに初代で参戦出来た理由は「カービィを流用出来るから」と「やられ役っぽいから」である。切ない…
やられ役っぽいというだけあって、スマブラにおけるコンセプトは「弱い」「やられ役」であり、
その影響で全作品を通して最軽量な上、シールドブレイクで即死するという独自の欠点が与えられている。
その為、基本的にはコンセプト通りの最弱クラスの性能となっている
(初代のタイマンでは基準ステージの構造の関係で中堅だったりするが)。

しかし公式最弱の座をピチューに譲っていたDXのみ、強キャラ中位というかなりの強さを持っていた。
その理由は異常な空中制動による、他のキャラには到底真似出来ないヒット&アウェイ能力にあり、
少なくとも同じ風船族にして初代におけるコンパチ元であるカービィなど足元にも及ばない空中戦闘力を持っていた。
但し軽過ぎるという欠点は決して無視出来るものでは無く、
実力の無い人が触ると瞬殺される危険性を孕む、ピーキーを地で行くキャラなのは変わっていなかった。
 
Xと今作におけるプリンの「他のキャラには真似出来ない決定的な強み」は恐らく、
圧倒的な空中制動から繰り出される、超必殺技としては破格のねむる唯1つであると思われる。
超必殺技がここまで実用的というのは鬼畜極まりないが、その分外した時の死亡フラグ度も随一。
よってどちらが先に絶望を捻じ込まれるかを楽しむ生粋のスリルマニアか、
とにかくでかい1発が大好きな超必殺技マニア…の中では比較的現実も見ている人。
あるいは他のキャラを使った方が明らかに楽で安定するという事実を認め、
それでも尚プリンをどうしても使いたいという生粋のプリンマニアにお勧め出来るだろう。
もっと言うなら、良くも悪くも普通な人の肌にはあまり合わないと思われる。
 
声優はかないみかが担当(但しXの使い回しだが)。
海外版ではJigglypuffという名前になり、声優はRachael Lillisが担当。
鳴き声の採用箇所の関係で「ジグリー!」と鳴く様になっている。

主な代表作 Edit

赤文字はこのページのファイターの初登場作品。

  • ポケットモンスター 赤・緑(1996年2月27日)
  • ポケモン+ノブナガの野望(2012年3月17日)
  • ポケットモンスター X・Y(2013年10月12日)

出現条件 Edit

  • WiiU版
    はじめから出現
    • 今まで隠しキャラ一筋だったのだが、これにより遂に基本キャラとなった。
  • 3DS版
    対戦回数120回以上
    装備アイテム30個以上

概要 Edit

プリンを一言で表すなら「空中戦の申し子」。
異常な空中制動による高速突撃と高速離脱を繰り返すプリンの空中殺法は脅威の一言。
中距離から一瞬で飛び込んで来る為、相手は復帰阻止回避にもかなりの神経を使う事になる。
更に一部の技で自らのコンセプトを真っ向から否定する高めの威力と判定もある為、
相手のキャラと対策次第では四方八方から蹴りを叩き込み、運んでそのままあの世逝きなんて芸当も可能。
但し体があまりにも軽い為、生半可な腕では一瞬でこちらがあの世逝きにされるだろう。
ただ実戦的な防御力は意外にも高く、大きなミス(大技を喰らう)さえしなければ中々死ななかったりする。
 
上記の通りピーキーの体現者だが、同じピーキーを地で行くリトル・マックと違い甘えは許されない。
蝶の様に舞い蜂の様に刺し、ここぞという時に怒涛の攻めに切り替え、華麗かつ過激に戦うのが本懐であり、
攻める意思の無い、ガン逃げやガン待ちでしか勝てない弱者にはあまりにも荷の重いキャラである。
 
プリン唯一の強みは上述した通り、「ねむるによるワンチャン」。
特に鈍足短リーチキャラに対するプレッシャーは凄まじいものがある。
またそれを逆手に取り、敢えてねむるを半封印状態にする事で相手の意識を囚われの状態にする事も可能。
逆に長リーチ、特に武器判定も兼ね備える剣士へのプレッシャーはほぼゼロと思っておいた方が良い。
 
ちなみにVer.1.1.6現在ではMii剣術タイプと共に最弱キャラとされている。
逆にプリンと同レベルにされている剣術Miiって…
但しあくまでキャラランクでの話であり、ガチ1on1の固定ステージである終点で考えると、
DXと今作でのカービィや、DXでのクッパの様な「全キャラに対して弱い」という訳では無い。
但し現Ver.では多くの弱キャラが強化される中、プリンだけは(コンセプトのせいか)一切変更無しだった為、
現状で明確に有利と言えるのは、単純なキャラ性能で考えた場合でのダイアグラム最弱である(または一番終点に向いてない)カービィのみとなっている。
プリン自身も終点との相性は悪い方だが、空中性能のおかげで着地狩りに対しては抵抗力はある(スピード系はキツイ)。
空中制動と一部の強判定により、一部の弱キャラ相手なら少なくとも対等に戦えるだけの強さは確保出来ている。
逆に言うと底辺争いより上を目指した瞬間、キャラランク最下層という現実が襲い掛かって来る事になるのだ。
中堅以上を相手取るならその現実と戦わざるを得なくなるので覚悟しよう。

キャラタイプ Edit

超軽量級/テクニック・トリッキータイプ/タイマン向け Edit

あまりに軽過ぎる上、多数の敵を次々に沈める能力に乏しい為、乱戦は正直苦手。
一応空中制動を活かしてヒット&アウェイが出来るので、脱出も叶わずにボコボコ…という事は少ないが、
タイマンの図式が少しでも狂うと事故死の危険が一気に跳ね上がる
タイマンではその空中制動と一部の強判定技により、そう易々と捉えられる事は無い。
しかし軽過ぎるが故に少ないミスであの世逝きとなる為、常に細心の注意を払わなければ死は免れないだろう。

ステータス Edit

火力単発ダメージと基礎DPS★★★☆☆☆☆☆☆☆D
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★★☆☆☆☆A
地上スピード地上での全体的な機動力★☆☆☆☆☆☆☆☆☆F
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★★★★★☆S+
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★★☆☆☆☆☆☆C
リーチ技が届く距離★☆☆☆☆☆☆☆☆☆F
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★☆☆☆☆☆☆☆D
ジャンプジャンプの合計高度★★★★★★★★★★S++
重さ純粋な吹っ飛び耐性★☆☆☆☆☆☆☆☆☆F
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★★★★★★☆☆S
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★★★★★★★☆☆S

良くも悪くも驚く程尖っているのが特徴。
性能の殆どが非常に低い為、圧倒的な空中制動で補う必要がある。
意外にも単発ダメージとはたくの判定は結構なものがあるので、この3つを駆使して上手く立ち回りたい。
ただしいくら空中スピードがあってもほとんどのキャラのダッシュ(ヘタすると歩きにさえも)に負けるため追い詰めることは苦手。
ちなみに重さはFとなっているが、実際はプリンの為だけにF-を設けたい位に低い。
 
尚、ジャンプが全キャラ中唯一のS++な事からも分かる通り、ジャンプだけで見れば正に最強。
しかし復帰に使える技が一切無い為、空中ジャンプを復帰以外に使うと復帰力が一気に落ちてしまうので注意。
戻る事だけを考えて動けば、一部のキャラが相手でも無い限り最強クラスの復帰力を発揮出来る。
自身の重さも考えれば、追い詰められている時は素直になるべきである事が分かるだろう。

使いやすさ/使いこなしやすさ Edit

使いやすさ★☆☆☆☆

コンセプト通り最弱クラスの1人であり、初心者にとっては荷が重いでは済まされない
圧倒的な空中制動に加え、単発の威力とはたくの判定も中々なのだが、それ以外が全体的に低性能な上、
一番の強みである空中制動も慣れていないとまともな調整が出来ない為、
その点をどうにかしないと自分の思った位置に行けないままあっさり倒されてしまう。
空中制動に慣れれば何とかなってくるが、異常な軽さがあるので結局油断出来ない。

使いこなしやすさ★☆☆☆☆

空中制動1本で食っているだけに、それ以外の面を補う為の腕と知識、
そして常に死のリスクを背負う覚悟が必要になる。
単発の威力はあるので、戦う意志と精密操作を揃えればかなりの力を発揮出来る。
しかしミスの許容数が極めて少ない上、判定以外に安全を確保する手段が皆無な為、
長リーチや強判定持ち、つまりこちらの安全を真っ向から消し去れるキャラが来ると極めて厳しい。
特にカービィプリン殺しの代名詞である剣士系や、空中戦に乗ってくれないリトル・マックが来ると絶望的。
剣士系かリトル・マックが来たら一挙手一投足に細心の注意を払うべし。

カラーバリエーション Edit

purin-color1.JPGpurin-color2.JPG
すれちがい伝説における色の区分けは全て

  • ノーマル
  • ハイビスカス
  • 『ファイアレッド・リーフグリーン』の女主人公の帽子
  • たんぱんこぞうの麦わら帽子
  • スリープカービィの帽子
  • スマブラ64・DXを意識したリボン
  • 『X・Y』のポケモンセンターのナースの帽子
  • 『X・Y』の女主人公(セレナ)の帽子

長所/短所 Edit

長所

  • 空中制動が異常な為、空中での機動力と戦闘力が高い
  • 異常な空中制動と空中5回ジャンプにより、向かうも逃げるも自由自在
  • 通常ワザの隙が小さい
  • はたくの判定と持続が異常
  • 横の復帰力と復帰距離が極めて強い
  • 非常に実用的な超必殺技を持つ(代償が全て外した時のリスクに行ってしまっているが)

短所

  • 地上での機動力が非常に低い
  • 実戦における現実的な運用上、フィニッシュに使える技が少ない
  • リーチが非常に短く、比較的マシな横スマッシュですらかなり短い(空中では空中制動で補える)
  • 地上ワザの発生が、リーチが非常に短い割にやや遅め
  • リーチが非常に短い、有効な多段技が事実上一つしかない為、ガードされた後の反確を非常に貰いやすい
  • 飛び道具が無い
  • 重さが異常に軽く、空中での機動力を活かせないと瞬殺される
  • 上への復帰技が無い(=縦の最小復帰距離がゼロ)
  • 単発ダメージこそ中々だがDPSが低く、肝心な投げの性能も全体的にとても悪い
  • はたく以外の必殺ワザがルールや相手の腕を問わずかなり使い難い
  • シールドブレイクすると真上に遥か高く吹っ飛ぶ
    天井が無ければ即撃墜、天井があっても長時間天井に縛り付けられる
  • 広いステージでは最後のきりふだがかなり使い難い

前作から及びアップデートによる変更点 Edit

前作から


  • キャラデザイン:初代ポケモンの目が大きめのデザインだったものが、FRLG以降の目が少し小さくなったデザインになり、表情が豊かになった。
  • 弱攻撃:リーチが長くなった。
  • 通常空中攻撃:吹っ飛ばしが上昇した。
  • 前空中攻撃
    • ダメージが12%⇒9%に減少した。
    • 吹っ飛ばしが大幅に低下した。
  • 後空中攻撃
    • 吹っ飛ばしが上昇した。
    • 攻撃判定がプリンが足を伸ばす前から発生していたのが、プリンが足を伸ばすと同時に発生するようになった。
      • これにより打点が若干高くなった。
  • つかみ攻撃:額の膨らみを振り回して打撃するものから、掴んでいない方の手ではたくものになった。
  • 通常必殺ワザ:吹っ飛ばしが低下した。
  • 横必殺ワザ(空中):移動距離が大幅に短くなった。
  • 下必殺ワザ
    • 吹っ飛ばしが上昇した。
    • 攻撃範囲が若干広くなった。
  • 最後の切りふだ:最大サイズが拡大した。
    • 通常サイズのステージを占めるほどの大きさになった。

Ver.1.0.4後


  • 通常必殺ワザ1:空中で右向きに転がっているときに、スティックを左に倒したまま着地すると、減速無しで方向転換ができるようになるバグが起きなくなった。

Ver.1.0.6後


  • 通常必殺ワザ1:空中で使用した場合、着地して地上を転がっているときでも攻撃判定が空中のもの(吹っ飛ばし角度が真上)のままになるようになった。

Edit

弱攻撃 ひだりたたき→みぎたたき  Edit

purin-a1.JPGpurin-a2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
3%→3%5F打撃300%以上

左右の手で叩く2連続攻撃。攻撃力はどちらも同じ。
見た目よりも若干リーチが長い。2段目は横強よりリーチがあり、プリン1匹分は届く。
かなり使い勝手の良い牽制技で、相手の反応が遅れれば連携も狙える。
但し発生は一見早そうだが、他キャラと比べるとやや遅めなので過信は禁物。

ダッシュ攻撃 ダイビング Edit

purin-da.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
8〜12%5F打撃↗︎160%

頭から飛び込む。
5Fという強力な発生、かなり長い持続、フィニッシュ技になる程の威力を兼ね備えた凶悪な技。
しかも相殺モーションが無い為、相殺した場合、相手に一方的に相殺モーションを行わせる事が出来る。
更に相殺が出始めで起こった場合、カス当たりのヒットが確定するなど、ぶつかり合いでの強さは圧巻。
そして飛び道具を掻き消す効果もあるなど、あらゆる面が極めて優秀な、プリンの地上戦における生命線。
はっきり言ってしまえば、プリンだからギリギリ許されている様な技であると言える。

強攻撃 Edit

横強攻撃 まわしげり  Edit

purin-sa.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
10%7F打撃↗︎200%

短い足で頑張って回し蹴りをする。
シフト可能だが、足が短過ぎるので殆ど無意味…どころか、下シフトだと更にリーチが短くなってしまう。
強攻撃としては発生・連発力共に充分だが、色々な意味で弱攻撃の方が良い。

上強攻撃 うしろあしげり Edit

purin-ua.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
8〜9%9F打撃133%

脚を後ろから上に向かって振り上げ相手を蹴り上げる。
攻撃判定は後ろから真上までであり、前には届かない。
それでもプリンの攻撃としては比較的広範囲であり、発生・連発力共に優秀。
…と言いたいが、発生は他キャラと比べると比較的遅め。
最大の特長はその威力で、攻撃の性質が低威力タイプにも関わらず、
何と弱めのスマッシュ並という常識外れの破壊力を持つ。
総じてプリンの技としては優秀な部類なので上手く使いこなしたい。

下強攻撃 あしばらい  Edit

purin-dwa.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
10%10F打撃258%

しゃがんだ状態から差し込む様な蹴りを繰り出す。
リーチこそ横強よりは長めだが、強攻撃の中では最も出が遅い。
比較的低めの姿勢を維持したまま攻撃出来るので、高打点キャラの出鼻挫き程度は出来るかもしれない。
ただしカービィやクラウドの下強ほどの低姿勢ではないので注意。

スマッシュ攻撃 Edit

横スマッシュ とびこみげり Edit

purin-ssm.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
15〜21%/12〜15%16F打撃↗︎111%

一瞬体を縮めた後、跳び込みつつ前蹴りを繰り出す。
プリンの地上技としてはリーチのある方だが、それでも踏み込み型とは思えない程短い。
威力は充分だが、発生・突進速度共に遅いので状況を選ばないと当たらない
(威力や特性などを全て無視した単純な発生だけで比べれば、横スマとしては中間位ではあるが)。
更にガードに特別弱い方の踏み込み型な上、最軽量なのでリスク回避が叶わなかった時の被害も最大級。
余程の事が無い限りは「完全な大技」として扱うべきである。
 
ちなみに同じ「ガードに特別弱い方の踏み込み型」を持つカービィ、フォックスと比較した場合、
ガードされた時の技単体としてのリスクは小さい順にフォックス>>>プリン>カービィである。
しかしプリンの場合はそれ以前の問題が多い為、総合的なリスクは最大だと言える(カービィと僅差だが)。

上スマッシュ ずつき  Edit

purin-usm.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
前:12〜16%
後:14〜19%
16F打撃134%

体を少し沈めてから頭突きをする。範囲は広いもののリーチはやっぱり短く、発生も比較的遅め。
威力は前がかなり弱く、後ろが充分というレベル。後ろだけ強いという性質上、迎撃専用であると言える。
ちなみに他の頭突き系と違い、頭が無敵では無い(単に他の頭突き系がかなり優遇されているだけだが)。

下スマッシュ りょうあしげり Edit

purin-dwsm.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
11〜15%14F打撃260%

足を左右に伸ばす蹴り。
判定が前後同時に出るが、リーチと持続は非常に短い。
最大の利点はベクトルが0度という点。要するに「完全な真横」に飛ばせるという事である。
重力に逆らう要素が何も無い為、喰らった相手は地上なら滑って行き、空中では重力によって斜め下に飛ぶ。
遠くから復帰して来た相手、あるいは横の復帰力が低い相手には低%でも致命傷になる事もある。

空中攻撃 Edit

ニュートラル空中攻撃 プリンキック  Edit

purin-ana.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
6〜11%6F打撃↗︎159%

キャラ名+キックという名前の技ではほぼ共通となる、お馴染みの足を突き出すモーションの蹴り。
持続と範囲は抜群だがリーチが短いのと、出始めが最も強く、以降は威力が落ちるのも共通。
発生も充分であり、プリンの空中制動と併せる事で牽制、飛び込み、置きと何にでも使える。

前空中攻撃 まえげり  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
6〜9%8F打撃197%

ドロップキックを繰り出す。威力の変移については空Nと同様。
攻撃力は空Nより低いが脚を伸ばすのでリーチで勝る。つまりコンボや運び用。
但し喰らい判定も伸びている為、自ら攻撃する時に使うのが基本。置きは空Nの仕事である。

後空中攻撃 うしろげり  Edit

purin-aba.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
13%12F打撃↗︎110%

後ろ回し蹴りを繰り出す。
プリンの空Aとしては威力・リーチ共に最高で隙も小さいが、発生と持続は悪い。
出た瞬間の根元は横スマ並という狂った威力を誇るが、相手の突破力が低くないと命中させるのは困難。

上空中攻撃 なぎはらい  Edit

purin-aua.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
9%9F打撃159%

頭上を手で薙ぎ払う。
リーチは短いが、薙ぎ払う分範囲が広く、また持続も長め。
ジャンプの上昇速度が遅い為、追撃はこの技の性能以前の問題として向かない。
上空から来る相手への迎撃としては充分。

下空中攻撃 かいてんげり Edit

purin-adwa.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
1.5%*8→2%7F打撃↗︎300%以上

錐揉み回転しつつ、下に向かって両足でのドリルキックを放つ。
モーションはカービィと同じだが、発生は早いが単発で使うべき性能という分かり易い差別化がされている。
相手が低%なら追撃も狙えるが、プリンの空中攻撃中最も着地隙が大きい点には注意。

必殺ワザ Edit

通常必殺ワザ ころがる  Edit

purin-nb1.JPGpurin-nb2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
6〜14%F打撃275%

ボタン押しっ放しでチャージを始め、離すと転がりながら突撃する。
最大チャージまでが早い上、最大でかなりの速度と威力で突撃出来る
(例えるならソニックのダッシュ以上のスピードで飛んで来る横スマと言った所)が、
チャージしないと攻撃判定が出ない上に突撃速度が酷く遅くなる。
空中でも出せる。その場合は落下しながら突撃する。
はたくの暴発だとまずチャージ無しで出してしまうのでそのまま落下しお陀仏に。要注意。
当たるとプリンが回転したまま軽く跳ね上がり、着地するか攻撃されるまで崖つかまり含め何も出来なくなる。
但しシールドは貫通するのでガードされても無防備に、という事は無い。
突進中に反対方向を入力する事でブレーキをかけた後反転する。突撃再開まで攻撃判定が消滅するので注意。
空中だとブレーキのみになる上、攻撃判定も消滅する。着地出来れば反対方向に突撃を再開する。
威力が速度に依存する為、上り坂だと威力が減少し下り坂だと威力が上昇する。
攻撃判定はプリンより小さいものがプリンの中心にある為、判定としては異常なまでに弱い。
…はずなのだが、最大チャージレベルの速度だと何故か飛び道具や弱い判定の攻撃と相殺・相打ちする。
 
いくら最大チャージまでが早いとは言え、それでも溜めの時点でバレバレという困った技だが、
その速度と威力故に弱キャラ相手ならそうそう捕らえられず、軽々しい迎撃もさせない。
また乱闘では弱い相手がいるならステージ次第で凶悪なポイントゲッターになる。
但し上記の通り、飛び道具相手には良くて相殺、つまり簡単に止められてしまうので相手は選ぶ様に。

横必殺ワザ はたく  Edit

purin-sb.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
11%F打撃181%

横にスライドしながら手で叩く、プリンの生命線の1つ。
攻撃方向と空中での移動方向を上下に若干シフト出来る。
異常な真空判定を持つスマブラ屈指の詐欺判定技であり、プリンの技としては抜群のリーチを誇る。
またそれ故に判定が異常に強く、しかも持続まで長いので打ち合いや回避読み、置きとしても圧倒的。
またシールドダメージが恐ろしい程に高く、はたく1発でシールドを7割近く削れる。
空中攻撃と混ぜて緩急を付けるなどして読まれ難くするのが基本。
ただ出始めをガードされるとほぼ確実に投げ返される…が、
敢えてガードさせて約5秒間シールドを使い物にならなくさせるという考え方も可能。
但し掴まれた瞬間からシールド封印時間が経過し始めるのでそう簡単な話では無いが。
 
ちなみに横に動くので復帰に使えるかと思いきや、硬直による落下を考えると縦方向としてはマイナス。
そしてプリンの復帰は横特化なので、実は復帰技としては全く使えない。
但しその異常な判定故に復帰阻止を無理矢理追い返せるので復帰中に出番が来ない訳では無い。
復帰中に使うなら上入力が入ってうたうが暴発しない様、細心の注意を払おう。

上必殺ワザ うたう  Edit

purin-ub.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
F×

プリンの十八番、歌う。自身の周囲に音符と音波を出し、音符に触れた相手を眠らせる(音波は唯の演出)。
眠らせる時間は相手の蓄積ダメージに比例する。また眠らされた方はレバガチャで時間を短縮出来る。
音符は「プ」「プリ」「ン」の声に合わせて3回出るが、地上の相手にしか効果が無い。
一応攻撃判定なのでカウンターは可能(ダメージはゼロなのでカウンターダメージは最小値)。
 
一度眠らせられれば空中制動を活かしたSJねむるを決められるが、
モーションが凄まじく長い上、空中の相手には無力なので外した時のリスクが洒落にならない。
こちらに攻撃が届く前に音符が相手の喰らい判定に接触してくれれば返り討ちも在り得るが、
それが起こる相手は恐らく、リーチが最弱のWii Fitとプリン、そして突破力が最弱のカービィ位しかいない。
桜井氏曰く「ほぼ挑発」との事だが、正にその通りである。無理矢理使うなら上記の相手が限度であろう。
 
但しこれは地上で使った時の話。
崖つかまり中に相手が崖際に来た場合、崖離し→即空Jうたうで隙を大幅に減らしつつうたうを狙える。
崖際の相手にしか通じないが、超必殺技の大チャンスをこれ程の低リスクで得られるなら十二分である。
 
ちなみに相手が軽傷以下だと当たっても即起きられるので無意味だが、ねむるのフィニッシュ%を考えると、
そもそも軽傷以下の相手に出す事自体が判断ミスでしか無いので気にする必要は無い。
 
ちなみにスマブラにおいて上Bは復帰技となっているのが大前提だが、
プリンだけは例外で復帰には全く使えないので、場外で暴発させる事だけは無い様にしたい。

下必殺ワザ ねむる Edit

purin-dwb1.JPGpurin-dwb2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
20%F打撃60%

その場で眠り出し、ノーリアクション攻撃以外の攻撃を受けるか、4秒経過で目覚める。
一見攻撃には見えないが、入力後1Fで長時間の無敵が発生し、2Fで体の中心に超威力の判定が発生する
当てると相手をホームランバットのSEと共に強烈に吹っ飛ばし、更に相手をお花状態にする。
 
プリンの軽さで4秒も操作不能というのは極めてハイリスクだが、
超必殺技と呼ぶに相応しい超絶的な吹っ飛ばしを誇るので極めてハイリターン。
前作までは判定の小ささ故にロマン技だったが、判定が大きくなった今作では完全な実用技になっている。
更に無敵と判定の発生Fから理不尽な割り込みも可能と、超必殺技の中では最高峰の使い勝手を誇る。
ただ本体がプリンである事は変わらない為、強キャラ相手だと性能差によりロマン技になるまで当て難くなる。
逆に言うと体が大きい・スピードやワザの発生が遅い・リーチが短い・判定が弱い、
言わば潜り込み易く、打ち勝ち易く、密着し易いキャラが相手なら、使い勝手がボーナスステージの如く跳ね上がる。
 
と、この様に超必殺技としてはあまりに実用的な技であるねむるだが、実は落とし穴がある。
今作ではスターフィニッシュが100%発生から確率で発生に変更された為、
スターフィニッシュが発生しない確率分だけ、撃墜してもほぼ反確となるのである。
プリンの軽さから考えて、これがどれだけ手痛い事かは想像に難くないだろう
(ちなみに乱闘では撃墜した相手以外に殴られる為、スターフィニッシュがどうだろうと関係が無い)。
使うなら

  • 致命ダメージを負う前に決める。あるいは致命ダメージを負っていない時だけ狙う
  • 出来るだけフィニッシュ%ギリギリで決める(復活までの時間稼ぎ)
  • 出来るだけ復活台から離れた位置で決める

などの工夫は欲しい所。
但しプリンの軽さから考えると、相手先堕ちの両者1スト減は実の所そんなに悪い話では無かったりするのだが。
 
ちなみに前作Xのステージであったシャドーモセス島でのスネークの通信会話によると、
眠る瞬間にプリンの中心から物凄いエネルギーが出ているらしい。
まさか原作での体力全快という凄まじい生命エネルギーを攻撃に転化しているのだろうか。

カスタマイズ必殺技 Edit

通常必殺ワザ2 ころがりつづける Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
1〜7%F打撃↗︎300%以上

連続ヒットするようになったころがる。ふっとばし力は無くなった。
突進距離が上がっているので暴れ性能は上がっている。

通常必殺ワザ3 もうれつにころがる  Edit

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
12%〜23%F打撃↗︎165%

威力が高くなった代わりに溜めに3倍近くの時間がかかり、移動距離も短縮、方向転換もできない。
小回りがきかなくなっているが、ふっとばし力はパワーファイターのスマッシュ並み。
シールドを貫通する効果があるが、あまり決まらない。

横必殺ワザ2 よこへはたく  Edit

purin-sb-2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
7%F打撃228%

通常の物と違い横方向に飛ばす。
また、スライド移動距離が非常に短くなっている。
空中で出すと一瞬その場で停止する。

横必殺ワザ3 たくさんはたく  Edit

purin-sb-3.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
1%*4→5%F打撃228%

連続攻撃になったはたく。
スライド距離が伸びているので、復帰補助や滞空時間延長に使いやすい。

上必殺ワザ2 ハイパーボイス  Edit

purin-ub-2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
4%→4%→5〜6%F打撃↗︎170%

攻撃力のある声で歌う。
最初の当たり判定の発生が少し遅くなっている。
3回目の判定が一番強く、範囲も広い。
範囲攻撃でありながら発生が遅いので使い勝手はいいとは言えない。

上必殺ワザ3 せをむけるうた  Edit

purin-ub-3.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
0.5%*2→0.5%*2→1%*2F×

ヒットした相手を強制的に方向転換させる。
有効範囲は広くなっているが、モーションが倍近く長くなっている。
入力ミスからの事故を誘う技かもしれないが、出が非常に遅いので使いどころに悩む。

下必殺ワザ2 とんでねむる  Edit

purin-dwb-2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
ねむる:15%
ジャンプ:10%
F打撃116%

ジャンプしながらねむる。
ねむるを当てた時の威力は下がっているが、ジャンプにも攻撃判定がある。
それ以外には特に追加効果は無い。ジャンプ自体のふっとばし力も言うほど高くなく、
ねむるの威力を下げてまでこちらを優先する意味は薄い。

下必殺ワザ3 めざめアタック  Edit

purin-dwb-3-1.JPGpurin-dwb-3-2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
15%F↗︎84%

いったん眠り、目覚めた瞬間に爆発する。
目覚めるまでの時間は通常のねむるの半分程度。
爆発の範囲はそこそこあり、眠っている間は自分を中心に押し出し効果が発生する。
ふっとばし力も中々あるが、爆発の瞬間に5%の反動ダメージを受ける。
そもそも爆発の発生が遅い上にプリンが最軽量級なのを考えると採用は非常に厳しいところであろう。

その他の攻撃 Edit

つかみ Edit

ダメージ発生F
-%F

リーチ自体は短めだが、空中戦ばかり警戒する相手の意表をつけば決まる事が多い。

つかみ攻撃 つかみパンチ Edit

ダメージ発生F
3.1%F

つかみ攻撃としてはダメージが高い。
空中戦一辺倒になりがちなので、ワンパターン相殺対策にいくらか入れておきたい。

前投げ バンパー  Edit

purin-ft.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
5%→5%F打撃300%以上

体を膨らませた勢いで、掴んでいた相手を前に飛ばす。
膨らんだ瞬間は体全体に攻撃判定が出るので、混戦の中ではこれを使うといい。

後投げ ブレーンバスター  Edit

purin-bt.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
10%F300%以上

バックドロップの要領で背後の地面に叩きつけて飛ばす。
ほぼ真横に飛ばすので、場外への投げ出しから追撃が決まりやすい。

上投げ たつまきなげ  Edit

purin-ut.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
10%F283%

回転しながら上に放り投げる。
プリンの投げとしては唯一サドンデスで撃墜に使える。
但しサドンデス以外での撃墜は全く望めないので、空中戦に持ち込む時以外には使えない。

下投げ ぐりぐり  Edit

purin-dwt.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
4%→6%F打撃300%以上

相手を下敷きにして頭をぐりぐり押し付けた後、上に飛ばす。
拘束時間が長いので、乱闘だと妨害を受けやすい。
上投げより低い程度に上に飛ばすので追撃しやすい。

起き上がり攻撃(仰向け) Edit

purin-oki1.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
7%F打撃↗︎300%以上

回転しながら前、後ろと蹴る。

起き上がり攻撃(うつ伏せ) Edit

purin-oki2.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
7%F打撃↗︎300%以上

回転しながら前、後ろと蹴る。

起き上がり攻撃(転倒) Edit

purin-oki3.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
5%F打撃↗︎×

回転しながら前後を蹴る。

崖登り攻撃 Edit

purin-oki4.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
6%F打撃↗︎×

くるりと回転しながら崖を登り、その勢いのまま蹴る。

最後の切りふだ 大きくなる  Edit

purin-kiri.JPG

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛び
17%F85%

その名の通り、大きくなる。
終点の足場を全て埋めるほどに巨大化するため、ステージによっては回避不能となる。
この巨大化自体の押し出しに加え、縮小中は攻撃判定が発生する。
自分の体で相手の復帰を阻止してしまう等、使い方が色々ある面白い切りふだ。
広いステージの場合、あまり意味が無くなってしまう。
ちなみに全てのやみの王に当たってしまうと中断される。

復帰 Edit

  • 空中ジャンプ
    プリンは横の復帰力が極めて高く、高度がある状態なら余裕綽々で復帰出来る。
    しかし上への復帰技が無い為、空中ジャンプを使った所で高度を奪われると詰んでしまう。
    また復帰技が無い=縦の最小復帰距離がゼロである点も忘れてはならない。
    復帰の際はひたすら戻る事だけを考えるべきであり、逆に墜としてやろうと考えるのは無謀の極みである。
    但し戻る際に絶対攻撃しないというのは復帰ルートを1つ潰しているのとほぼ同義である。
    高度が充分あるなら、復帰の安定性を劇的に上げられるはたくがお勧めだ。高度が充分あるならだが。

苦手な相手について Edit

やはり何と言っても鈍足・短リーチ・遠距離適正(スピード、飛び道具、反射の総合)無しの3点が辛い。
ここで判定まで弱ければカービィと並ぶ事になるのだが、有難い事に判定は無事だった。
…が、代わりに常軌を逸した軽さを始めとした数々の弱点が数え役満になっており、
それ故にカービィとはまた違った意味で極めて厳しい状況にある。
比較すると、プリンは単発ダメージと反確性能では上だが、DPSと反確耐性で劣る(いずれも僅かな差でしかないが)。
 
良くも悪くもカービィに近い事と、前述した弱点を併せて考えると、
プリンの苦手なキャラは「カービィの苦手なキャラから、判定が理由であるキャラを削除したもの」となり、
そこへ死に繋がるシールド削りに特化したキャラが入る事となる(結果的にはカービィとほぼ同じになる)。
空中戦メインなのでカービィやピカチュウなどとと違い背の低さを活かし難いのも難点。
またピーキーを地で行く為、超えられてはならない部分(この場合空中戦闘力)を超えられると地獄確定。
また相手によっては眠るや空中攻撃による運びで低%〜中%程度で倒せることも多いが、逆に高%になると眠るにつながるコンボができなくなったり、運びが不可になるうえ、投げバーストもないため相手が重傷だと逆に倒しにくくなるキャラとも言える(一応DAがあるがさすがに読まれてると当たらない)。
故に他の弱キャラ以上に短期決戦が必須と言える。
 
特に苦手なのは以下のキャラ達。前述の通りカービィとほぼ同じだが、度合いと対策は別物なので注意。

ソニック、ピカチュウ、フォックス、ゲッコウガ、リトル・マック、ディディー、シーク、ゼロスーツサムス
デデデ、クッパ、リザードン、ガノンドロフ、キャプテン・ファルコン、ドンキーコング
トゥーンリンク、ダックハント、ロボット、むらびと、パックマン、ロックマン
リンク、サムス、ルフレ
マルス、アイク、ルキナ、シュルク、ロイ、クラウド、カムイ
ヨッシー、ワリオ
ルカリオ
マリオ、ルイージ、ドクターマリオ
ネス、リュカ、ミュウツー
リュウ
ゼルダ

対策 Edit

プリンのリーチの短さを突く意味でも、ねむる拒否の意味でも、まずプリンの体に触れない事を徹底したい所。
出来て当たり前の剣士系はともかく、自分が短リーチや低回転率の場合、とにかくプリンの軌道に注意しよう。
確かに空中制動は圧倒的だが、ヨッシーの様な出鱈目の体現者にまでは達していない為、
全力で突っ込んで来た時にどういう軌道になるのかを意識すればかなり違ってくる。
また風船族故に1回のジャンプ高度がかなり低いのも軌道が読み易くなるので有難い。
 
空中戦を拒否し地上戦を徹底…と言いたい所だが、プリンにはDAという極悪技があるので単純には行かない。
こちらも剣士ならDAごと粉砕出来るが、そうで無いなら自分の技の性質を良く考えてから挑みたい。
特にインファイターの場合、弱を起点としたコンボがあるので地上ですら不利になる事も
(明確にそうなると言えるキャラはカービィ位しかいないが)。
プリンは基本性能だけで言えば一部の弱キャラ以外の全員に負けている為、
相手にペースを握られなければ性能差で押し切れる事も多い。
 
ねむるやDA以外で注意すべきはやはりはたくの存在。
狂った判定で強キャラすら返り討ちにし、凄まじいシールドダメージで迂闊なガードを死に変える為、
とにかくプリンの真正面を避け、上や下から攻撃を叩き込んで行こう。

演出 Edit

入場 Edit

モンスターボールから登場

アピール Edit

Edit

一回転しながら「プリプリ〜」。

Edit

高速回転した後、片手を上げてポーズ。

Edit

空気が抜けてぺちゃんこになる。
至近距離ではほんの少しだけ押し出し効果があるらしい。

フィナーレ Edit

勝利BGM Edit

「赤・緑」のメインテーマの1フレーズ。

ポーズ1 Edit

体をゆらした後、飛び上がる。

ポーズ2 Edit

2回ジャンプしてこちらを向く。

ポーズ3 Edit

眠っているプリンが目を覚まし、その後すぐ眠るの繰り返し。

敗北演出 Edit

訳がわからず、首をかしげる。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • プリつよ -- ゆう33? 2017-05-23 (火) 14:55:24
  • 前にパワーがあるってコメントがあったようですけど、タイマンではDPSが肝心だということを考えると・・・ -- 2017-07-08 (土) 21:04:44
  • 最近やっと勝率55%になったけどそれでもまだ深夜勢には勝てない。 -- 2017-08-18 (金) 02:45:49
  • 剣士系とマックはほぼ詰み。リーチ差で仕掛けづらい上に全く眠れない。マックは復帰阻止ができればワンチャンだけどアーマーのせいで迂闊に仕掛けられない。 -- 2017-08-18 (金) 02:49:40
  • ベヨネッタとかの復帰力高いキャラ相手だと運んでも戻ってくる・・・つらい。でも眠る当てたときのの快感は異常。 -- 2017-08-19 (土) 18:22:05
  • プリン使いがいることが不思議 -- 2017-08-25 (金) 13:22:30
  • 釣り行動に乗ってくれない相手となると大体のキャラが厳しくなるな、裏回りは上から、ガード解除眠るの範囲に入らない、これを徹底してできる中上級者には苦戦を強いられる -- 2017-11-07 (火) 23:26:34
  • 苦手な相手にゲムヲがいないのなんでだ -- 2017-11-20 (月) 20:47:07 New
  • ↑単に追記する人がいないか、実は特に苦手な相手じゃないか(プリン程の弱キャラだと並の苦手程度じゃ載らないかも)。ゲムヲがプリンにとって特に苦手だと自信を持って言えるなら自分で追記した方が早いぞ -- 2017-11-20 (月) 22:45:41 New
  • 自分で追記するー。ちなみにゲムヲプリンは上スマの関係でプリン完全詰みね -- 2017-11-20 (月) 22:46:30 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White