Top > ARISTO V300 ''VERTEX EDITION'' (JZS161)
HTML convert time to 0.017 sec.


ARISTO V300 ''VERTEX EDITION'' (JZS161)

Last-modified: 2017-10-17 (火) 17:23:08

基本スペック Edit

駆動形式[FR]/ミッション[4速]
初期馬力[280ps]/カーナンバー:29-97
マキシ3〜車種称号【駆逐艦】
toyota_12.jpg

全長:4,805mm
全幅:1,800mm
全高:1,435mm
最高速度:350km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】(タクシー仕様)【マスタータクシー】
ワンメイクバトル【アリストキング】+【★テツオR★予備軍】(タクシー仕様)【優良個人タクシー】
エンジン形式バトル【直6選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説の〜アリスト/タクシー】
期間限定首都一TA・2【俺の〜アリスト/タクシー】
車種限定バトル【最速個タク選手権】

備考:4速車の中では旋回性能が一番良く、
旋回中の挙動も安定しており、比較的扱い易い。
これまで悪かった加速性能も大幅に改善された。加速性能はトップクラス。

 

車体面積が大きいが故に擦り抜けが難しく、
且つバチコン(ロケット)にも注意する必要があるが、
対接触性能はかなり強く、ブーストもなかなか強いので、
対戦ではそれなりに活躍できる。


選択可能カラー Edit

(左から)

カラー名マキシ3〜色称号
シルバーメタリック【銀色の/白銀の】
ホワイトパールクリスタルシャイン(タクシー仕様共通)【純白の/雪色の】
ブラック【黒い/漆黒の】
ボルドーマイカ【褐色の/柿渋の】
ダークグリーンマイカ【緑の/深森の】
ダークブルーマイカ【群青の/藍色の】

toyota_12_color.png


個人タクシー仕様 Edit

c05Sankou.png

出現方法:TOYOTA-ARISTOでシフトを
『111 222 3333333 444 555 6666666』(三三七拍子)
'
若しくは
ターミナルスクラッチ シート7枚目景品(フルチューン)

通常仕様と異なる点 Edit

  • 初期カラーが専用色1種類のみ、白地に青いストライプ。
  • 白地部分は追加カラーで変更可能。ストライプの色は変わらない。
  • 屋根に丸い行灯(あんどん)がつく。
  • ナンバープレートが緑地の白字(事業用)になる。
  • カード内容確認画面で車名の後に『(個タク仕様)』と表記が出る。
  • 車高が通常仕様より3cm低い。※2009/06/24 3DX未来研通信第29回参照。
  • 基本性能は通常仕様と同一。見た目で選んで下さい。

追加カラー Edit

1回目ゴールド21回目シルバー
2回目レッド22回目パールホワイト
3回目オレンジ23回目ブラックメタリック
4回目ペールブルー24回目ワインレッドメタリック
5回目パープルシルバーメタリック25回目ダークグリーン2
6回目ガンメタル26回目ダークブルーメタリック
7回目ダークパープル27回目ブロンズメタリック
8回目ダークパープル2メタリック28回目ダークオレンジ2メタリック
9回目ダークピンクメタリック29回目ペールグリーン2メタリック
10回目ライトパープルメタリック30回目ピンク2
11回目ダークレッドメタリック31回目ブルーメタリック
12回目グリーン3メタリック32回目ダークグリーンメタリック
13回目イエロー33回目ライトレッドメタリック
14回目ベージュメタリック34回目オリーブメタリック
15回目ピンクメタリック35回目ダークブルー2
16回目ライトブルーメタリック36回目スカイブルー
17回目ダークオレンジメタリック37回目ダークブロンズメタリック
18回目ライトブラウンメタリック38回目ライトイエローメタリック
19回目ブルーグリーンメタリック39回目ライトイエロー2
20回目ライムグリーンメタリック40回目ミントグリーン

エアロパーツセット Edit

A:テツオRはコレ。ファブレス製のエアロに似てる。フロントは純正バンパーにハーフエアロが付く。
エアロ自体はシンプルにまとまっているが、窓枠やバンパーを取り囲む金ピカのモールのせいで
やたらと派手に見える。
IMG_0463.JPG

B:フロントバンパーの開口部が目立つドリ車仕様。
pop_toyota_31B.jpg
pop_toyota_32BR.jpg

C:ディーラーオプション。テツオはコレ。グリルがTRD製のエアログリルになる
pop_toyota_33C.jpg
pop_toyota_34CR.jpg

D:エアロBに比べるとあまりゴツくないが、全体的にサメのようなイメージに。
リアバンパーのマフラーがやや強調され、ウィングは2段になる。
JZS161%20エアロd%20前.jpg
IMG_0449_0.JPG

E:CARUS RED LABEL製エアロ。低マウントのウィング付き。
JZS161_aeroE_F_R.jpg
JZS161_aeroE_R_R.jpg

F:RIDOX製のエアロにカナードやディフューザーなどモディファイが施されたようなエアロ。
アリストエアロF.jpg

G:FINAL KONNEXION製エアロに似ている。
IMG_0194.JPG

H:326power製のモノに似ている。後部はダックテール風のウイングがつき、
マフラーは2×2の4本出しになる。
アリスト%20エアロH.jpg

ダクト付きボンネット Edit

A:ボンネット中央に大きめのダクト。Velisideのダクトが大きくなったようにも見える。
アリストボンネットA.jpg

B:K-BREAK製のようにハイとローの間にプレスラインが成形される。
ダクトの大きさはAとあまり変わらないが、開口部にカーボン調のルーバーがプラスされる。
アリストボンネットB.jpg

C:セルシオのボンネットAに似た、エアアウトレットのギザギザが複数つくタイプ。URASのエロボン(汎用ダクト)に似たダクトが付く
アリストボンネットC.jpg

D:中央に4連ルーバーが左右に小さなダクトが付く。
アリストボンネットD_0.jpg

カーボンボンネット ダクト付2:形状はDと同じ。
中央部分がカーボンになるが、他のカーボンボンネットと違い、ステッカーを貼ることができる。
アリスト カーボンボンネット(ダクト付2).jpg

カーボンボンネット ダクト付3:中央に大きくダクトが開く。
カーボン調ではあるが、他のカーボンボンネットと違い、下地の色に塗り分けられる。 VARIS製に追加ダクトが入ったような感じにも見える
アリストボンネットE.jpg

車種専用ウィング Edit

A:小ぶりのダックテール。
pop_toyota_35WingA.jpg

B:インプレッサやランエボのような大きなリアスポイラーで、中央が少しくぼんだ形状をしている。
アリスト車種別ウイングB.jpg

C:オールカーボン調のウイング。コチラもカーボンボンネット3と同様下地の色に塗り分けられる。
アリスト車種別ウイングC.jpg

エアロミラー Edit

ガナドール・スーパーミラータイプのエアロミラー。
アリストエアロミラー.jpg

カーボントランク Edit

カローラ等と同様、ナンバー上のキー差込口がある部分だけ下地が残る。
アリストカーボントランク.jpg

ワークスステッカー Edit

TRDのステッカーが斜めに貼り付けられる。(写真は個タク仕様)

この画像は画像掲載ガイドラインに違反しています。
早急に画像掲載ガイドラインに準拠する画像への差し替えご協力お願いします。

s_アリストver個タク_ワークスステッカー_アップフロント_Re.jpg
s_アリストver個タク_ワークスステッカー_アップリア_Re.jpg

サイドステッカー Edit

タクシーだとサイドのnamcoの文字にモロ被りしてしまう…
aristosidesticker.jpg

雑記 Edit

  • 実車は4速ATのみ。しかしチューニングベースとしての素性の高さから、80スープラ用の
    6速MTを移植するケースも少なくない。(漫画 ジゴロ次五郎に16アリストが登場してるがそのアリストには80スープラの機械式サイドブレーキとゲドラグ製6速MTが移植されており、VIPの皮被った狼と呼ばれてる。ジャンクションプロデュースエアロに真っ赤なボディである為真紅のアリストとも呼ばれてる)
  • 実車では80スープラと同じ2JZ系エンジンが搭載されており、かつては「国産最速セダン」「セダンのスープラ」
    と持て囃されてきた。
  • 北米ではレクサス GSとして販売されていた。
    しかし、3Lの2JZ-GE搭載車と、セルシオに搭載されている4Lの1UZ-FE搭載車(後期型は4.3Lの3UZ-FEに変更)の2本立てであり、ツインターボ搭載のグレードは存在しないがグランツーリスモシリーズではなぜか架空のツインターボ仕様が収録されてた。セルシオ同様、日本でもアリストのエンブレムをレクサス GS300(400、430)のエンブレムに変更するカスタムが流行った。
  • ドレスアップでホイールを純正以外のものに変更すると、セルシオと同様に大幅にインチアップ
    (タイヤ扁平率が極端に下がる)される。
  • メーターは3DX+までJZS143,147系で用いられた黒地に白文字のタイプだったが、4からは実車と同じく
    白地に黒文字のタイプとなった。
  • 営業エリアは横浜になってるが、横浜の個人タクシーにこのカラーは存在しない。そもそも、「横浜」という
    区分自体がない。また、緑ナンバーでひらがな「と」は存在しない。(緑ナンバーは『あ〜え』や
    『か〜こ』と決まっているため)
  • 「アリスト」とは英語で「貴族」や「上流階級」などを表す。VIP系セダンと呼ばれるのはこのためである。
  • そのフロントマスクのデザイン(特に4つ目ライト)や高級車という事など、メルセデスベンツの
    CLKに似ている所がある。
    故にPS2の「首都高バトル0」では、外観は実際にレースで活躍したメルセデスの「CLK55」に無理やり
    似せたエアロ で、BOSSの一人である「ブラッド・ハウンド」の愛車として登場した。
    (このブラッド・ハウンドのアリストは、CLK55に張られていたD2というステッカーを B2 として
    貼ったり、トヨタのエンブレムをベンツのようにボンネットに飾るなど、ネタ要素満載の車だった。因みに首都高バトル01では雨の日にブラッドハウンドとバトルすると血の雨が降る
    D2とは当時ドイツの複合企業「Mannesmann AG」のグループ企業である
    「Mannesmann Mobilfunk GmbH & Co KG」が展開していた通信サービスの名称。
    当時DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦していたベンツのスポンサーであった。
    参考
    IMG_0462.JPG