Top > Parousia


Parousia

Last-modified: 2018-11-24 (土) 01:46:50

Parousia
image.jpg

DIFFICULTYEasyNormalHard
LEVEL4810
NOTES303501938
BPM158
TIME2:11
COMPOSERxi
BOOKCytus selection Vol.2
 

BMSのイベント、BOF2011の個人戦ポイントランキング部門の第3位楽曲。
ver.1.5で追加されたCytusからの移植曲。CytusではChapter4に収録されている。

Parousiaには複数の意味があり、"最後の審判におけるキリストの再来(=The second comming)"、プラトン哲学におけるイデアの臨在(現存)がある。

なお曲名の読み方は「パルーシア」「パルージア」など。作曲者のxiは「パルーシア」と読んでいる。

 

ポイント

  • 全難易度共通
    左から右、右から左へと様々な階段が折り重なる特徴を持つ。
    無料曲で階段を多用したものといえばNine point eightLa Promesse等が挙がるが、同じテンポの上のタップで進行するこれらの楽曲と違い、この楽曲は左右横断に加えタップ&スライド、速度の違いもある。階段の終わりと次の階段の始まりのときにどこに指を置くべきかを常に意識して攻略しないと瞬く間に混乱状態に陥る。それゆえに攻略難易度は非常に高い。
  • Hard
    ver.1.5で登場したLV10ボス譜面の一つ。上述した階段に加えトリル絶え間なく降り注ぎ非常に密度が高い。特にサビの部分では一時も休まらない。
    今でこそ難易度はANiMARun Lads Runに劣るが、Deemoでもトップクラスの精密な動作と切り返しを要求される。かつてPure Whiteと並び称されたDeemo最強の全体難譜面の名は伊達ではなく、生半可な実力ではまず門前払いを食らう。
    • 序盤から、タップとスライドの発狂がある。スライドをする片方の指が離れないよう意識してタップしよう。
    • サビ部分では、スライド地帯とスライド地帯の中間にあるタップ地帯はタップが非常に細かく、ミスを誘発しやすい。
    • サビ後半、ここが最大の難所。ただでさえ細かいタップが更に細かくなり、非常に取得難易度が高くなっている。内容は、
      [左からスライド]→[2点押し3回]→[左からスライド+右タップ]→[2点押し2回]→[左からスライド]→[2点押し7回]→[1タップ]→[2点押し1回]→[2点押し3回]→[左からスライド+終わりと同時に右タップ]→[右スライド+終わりと同時に左タップ]
      となる。これらを約5秒の中で全て行わなければならないのが難所たる所以。如何せん仕事量が多く、指を慣れさせないと次の動作に間違いなく追いつかなくなる。
    • 全体を通してとにかくスライドが多い為、スライドの端までしっかり意識することが大切。また、スライドの形も要所要所にタップを挟んでいたり横にずれていたりと複雑なものがあるので、予め各スライドをどちらの指で取るかを決めておかないと切り替えしなどへの対応が難しくなる。
    • 指の使い分けは、下記リンクのプレイ動画を参考にしてみるといいだろう。
 

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • 個人差はある前提だけど、出た当初より、LV10の中じゃかなり簡単になった方かなと
  • 全体難と言われているが人によっては数回やればFCはあっさり取れるかもしれない。それよりもxi氏の残りの2曲のLv10が…
  • 個人差ありそうだけど俺的にはpureWhiteよりこっちの方が10
  • CytusでMM出たけどこれフルコンはできない・・・
  • 個人差だと思うけど純白の数倍難しい。全然fcできない
  • やっぱり難しいな。
  • 購入して2日目で93%行けたけどそれから全く伸びない
  • Lv.xi期待
  • ようやっと92%まできた…
  • かなり個人差ありそう

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照