Top > リボーの族長が勝手にやったことだ…


リボーの族長が勝手にやったことだ…

Last-modified: 2016-08-11 (木) 15:09:02

この項目が作られたのもリボーの族長が勝手にやったことだ…

概要 Edit

ウシマイ氏のバグイアーエムブレム聖戦の系譜において、
あらゆる出来事がだいたいリボーの族長のせいだということを表した一言。
バグ流行語大賞2014で3位になった。
「セリリボーの族長」となっているが、初出はpart10。

デューとラケシスの会話で、デューが盗んだはずの剣をセリリボーの族長のせいにして罪をなすりつけた。
しかし、セリリボーの族長なんて聞いたことないので多分嘘なのだろう。

 

part15では本来の「リボーの族長」表記で初登場。

クロード神父がブラギのいのりで判明した真実をシグルドに話す際に、
すべての責任をリボーの族長に無理矢理押しつける陰謀論を展開した。 ← やはりそうでしたか!
真実を覆い隠すために、信仰を悪用したによってリボーの族長は犠牲となったのだ・・・

 

part26では、北方の隠れ里「ティルナノグ」にシャナン王子の解放軍が結成され、日に日に力をつけてきた。

もちろんリボーの族長が勝手にやったことだ…
どちらかというと悪行の噂がこれまで多かったリボーの族長だが、
もし本当なら人材育成も手がけていることになる。

 

なお、元は第一章でのアイラとキュアンの会話におけるアイラのセリフ

確かに父も兄も立派な武人だ
無抵抗の街をおそうことなど
ぜったいに許さない
ダーナの一件は
リボーの族長が勝手にやったことだ・・・

だと思われる。
通常の聖戦の系譜におけるリボーの族長は、友好都市ダーナの市民を虐殺し、本編開始時点のグランベル王国軍とイザークの戦争を起こすきっかけを作った人物である。
リボーの族長自身はイザーク王に制裁されて既に殺されているため、本編には一切登場しないが、本編の事件の大元に関わったことを考えれば、本当に全てリボーの族長が起こした事件と言えるかもしれない。
因みにトラキア776の登場人物ガルザスは、そのリボーの族長の息子である。
 
何でもリボーの族長のせいにできる汎用性の高さから、
「○○もリボーの族長が勝手にやったことだ…」という形でよくコメントされ、
それに対して「やはりそうでしたか!」と返答するのが定番となっている。

【ゆっくり実況】息抜きにチートバグ Edit

黒猫道氏の【ゆっくり実況】息抜きにチートバグ28で再現された。
ミデェールとエーディンの会話でミデェールが発言している。

関連項目 Edit

やはりそうでしたか!
リボー序 章?
これ ダークライの しわざです。
ボロスのせいなんだってさ。?
よくもわしを、だましおったな~っ!!