頭維

Last-modified: 2022-05-09 (月) 00:06:38

頭維(とうい)とは、経絡秘孔の一つである。

概要

北斗の拳

人体に708個あるといわれる経絡秘孔のうちの一つで、左右のこめかみにあるという。この頭維を突くのが北斗残悔拳であり、原作コミックスではスペードにとどめを刺す際に使われた。

北斗の険

pondo氏作「北斗の険 其の1」 (元動画は削除済み) において、ジード一味が村を襲った際、ケンシロウは檻の鉄格子を破壊するために使った。鉄格子を破壊した後、「これは、七百八ある経絡秘孔のうち頭維と言ってな。」と説明した。どうやらケンシロウは自身の怪力ではなく、鉄格子の秘孔を突いて檻を破ったらしい。

北斗の険 其の2では本来のタイミングとしてスペードを倒す際に使用したが、繰り出したのは北斗残悔拳ではなく北斗「貴方は同じ事を繰り返すでしょう」だった。しかも、ケンシロウは秘孔の位置を忘れたのか、スペードの頭を何度も突いており、しかも死ぬまでの時間を間違えている、スペードが奥義の効果で死亡してから本来の技名を言うなど、ケンシロウは全体的に忘れていたようである。

関連項目