Top > スマブラ個人小説 > アイリスの小説 > アイリスの過去の日記 その3


スマブラ個人小説/アイリスの小説/アイリスの過去の日記 その3

Last-modified: 2009-10-06 (火) 17:08:41

さあ、ここはどこなんでしょうか?by,リンク Edit

ここはわたしの過去のぐだぐだ日記です。
もう説明しなくてもわかりますよね。
では、どうぞ。

目次です。

1ページ目はここだってピチュ!by,ピチュー
2ページ目はこちらプリ!by,プリン

2009 9/1の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今日から9月ですね。がんばりまーす!

さて…今日の話題。
remove―リムーヴ―のことについてです。
キャラが決まりません。でも、それよりやばいことが…。
リンクの演じるキャラと、後々に出てくるゼルダが演じるキャラ…。

犬猿の仲なんです。

…これは…どうやってごまかせば?無理ですね。はい。
マジで仲が悪いんですよね。なんというか…目を合わせるたびに喧嘩をする?みたいな感じで。
あんまりよろしくないです。まずい\(^o^)/ナンテコッタイ

そして、まだまだいます。あまりよろしくない設定のやつ。

でも、これはネタばれにつながるので、また今度。

今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/2の日記 Edit

どうも、アイリスです。
さて…早速話します。

remove―リムーヴ―…どうしましょう?今、一生懸命頑張っています。
来月くらいから書き始められたらいいな…と思っています。

…さて!今のところ、出演が決まっているキャラの名前を書くぜ!
ネス、リンク、ピーチ、カービィ、ピカチュウ、リュカ…。
ここまでが、今のところのキャラ紹介で書いてあるやつです。

こっからはまだキャラ紹介には書いてないけど、出演することになっているキャラです!
ゼルダ、アイク、ピチュー、プリン、ポポ、ナナ、マスター、ロボット…。

こんなもんですね。まだまだ増えますが。

…もう今日は時間がないので、これで日記は終わりです!
では!

9/3の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今日はなすこと!

今日、委員会の会議がありました。ちなみに、わたしは放送委員会です。
そろそろ運動会が近いので、アナウンスをする人を決めました。
…とは言っても、応援団以外は全員やるのですが…。
で、わたしは午後の3種目と、リレーのアナウンスをやることになりました。
つまり、二つ分のアナウンスをやるのです。3種目とリレーで。
で、チームは、3種目のほうはCチーム、リレーのほうはDチームとなりました。
CDチーム…。(ぇえ
とりあえず…かまないことが目標です。がんばります。

…あと、今日の朝の会話。
アイリス「あ~…絵のネタが浮かばない!相棒よ!何かリクエストはある?!」
親友(無断で相棒と呼んでいる)「…そんなこと言われても…。」
アイリス「…あ、じゃあさ、聖のウエディングドレス姿でいいんじゃない?
親友「え…。まあ、いいんじゃない?」

マテ、今日の自分。
何故に聖のウエディングドレス姿だし。そして、なぜ親友も肯定する。

…で、描いたよ!描きましたともさ!
それを親友その2に見せた時の反応。
「これ、完璧女の子だよね…。」
ですよね~。

さらに、この絵をファックスさんに見せた時の反応。
アイリス「どーお?」
ファックスさん「…まあ、いいんじゃない?」
アイリス「…あのね、実はこいつ、男なんだよ?」
ファックスさん「…え…。」

まあ、そりゃあそんな反応になるわな。

実は…このウエディングドレス、下書きをしたんですよね。デザインの。
これを、同じ放送委員会の人に見せた時の反応。
「…あんた、何描いてんの?」
うん、そう言われること、予想はしていた。

今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/4の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今日の話。

親友二人が運動会の応援リーダーだったので、応援を聞きました。
…あ、ちなみに、わたしの学校は…1学年3組で、1組は赤組、2組は黄組、3組は青組になっています。
で、わたしは1組で、赤組です。
…それで、その応援の仕方↓

親友二人「フレー!フレー!あ・か・ぐ・み!!フレーフレー赤組!フレーフレー赤組!ワアアアァァァ(ここに手拍子が入る)…オー!」
こんな感じです。

で、そのあとの会話↓
親友1「…あ!そうだ!あのさ、陸上やった時の応援の仕方やってみよう!○○(アイリスが通っている学校名)!チャチャッチャチャッチャ!(手拍子)○○!チャチャッチャチャッチャ!○○!チャチャチャ!○○!チャチャチャ!○○№1!ヒュー!!」
アイリス「おっ、それ面白いかもね!www」
親友2「ボクは陸上の時にいなかったからわかんないけども…。」
アイリス「わたしもいなかったよ!」
親友1「でも…最後のヒュー!は、オー!にしようか…。」
アイリス「ま、それぞれ個人の好みでいいんじゃない?」

…こんな感じです。この陸上の時の応援の仕方は、今度赤組団長と話してみるそうで。
がんばってください。

…今日の日記はこんなもんです。
では!

9/5の日記 Edit

どうも、アイリスです。
…さて!今日のお話。

今日はスポ教の日~。あっははのは~♪
というわけで、今月は跳び箱です。
で、いきなり…

コーチ「なあ○○(アイリスの本名)飛び込み前転、できるか?」

言われました。そのあとの会話↓
アイリス「え。…まあ、やれって言われればやりますけど…。成功するかは保証しませんよ?」
コーチ「じゃあ…やって。」
アイリス「え゛。…まあ、やりますけど…。」
コーチ「おーい!みんな!○○(アイリスの本名)がすごいもん見せてくれるってさ!!」
アイリス「え゛ぇ゛?!この空気の中でやんの?!」

…で、やりましたよ!やりましたともさ!
一応成功しましたよ!!大変でしたよ!だから俺は師匠じゃねえって。

…と、あと話すことは…。
…なんか…また、元ネタがわたしの創作の小説が書きたくなってきt((
でも、まだその元ネタのほうが全くできていないので、その話はまた今度。

…今日の日記はこれで終わりです!
では!

~PS~
…あっはっはっ☆さっき、地雷バトン踏んだ☆
やります。あ、あと、強制って書いてあるけど、やんなくってもいいですよ。
わたしが勝手にやりたいから、と言ってやるバトンなんでね。

《変換バトン》
――――
※このバトンは強制です。見た人全員やりましょう!
※パソコンの辞書機能がどれだけ優秀なのかを試すバトンです。
※書かれている文章を「一度だけ」変換して、下に書いてください。
※カッコの中は読み仮名です。カッコの中の言葉を入力してください。


1,神は死んだ(かみはしんだ)
→神は死んだ
…普通なんですが…。

2,十一時二十八分九秒(じゅういちじにじゅうはっぷんきゅうびょう)
→十一時二十八分九秒
また普通。このパソコン。普通だな…。

3,君も鏡見に来たの?(きみもかがみみにきたの)
→君も鏡見に来たの?
何でとことん普通なの…ッ!

4,分かったろ離婚は日本の文化だ(わかったろりこんはにほんのぶんかだ)
→わかったロリコンは日本の文化だ
え゛?!マジっすか?!www

5,ラーメン紫陽花亭(らーめんあじさいてい)
→ラーメンアジサイてい
ん?!んん?!

6,豚角煮丼(ぶたかくにどん)
→ブ高くにどん
あれ?あれれれれ??

7,見猿言わ猿聞か猿(みざるいわざるきかざる)
→見ざる言わざる聞かざる
猿がいない…。

8,ノリノリで恋したい(のりのりでこいしたい)
→のりのりで恋したい
ノリノリが変換されない!

9,ホリエモン大好き(ほりえもんだいすき)
→ホリエモン大好き
うはww普通に変換されたww

10,ジミヘン(じみへん)
→地味編
んん?!それはどんな編なのですか?!

11,浅香唯(あさかゆい)
→朝霞油井
なんじゃこりゃww

12,二往復(におうふく)
→に往復
うは、おしい。

13,福袋買った(ふくぶくろかった)
→福袋勝った
何に勝ったんだよwww

14,怪盗ルパン(かいとうるぱん)
→怪盗ルパン
このパソコン、とことん普通だ。

15,委託内容(いたくないよう)
→痛くないよう
痛くないよう、わーん。

16,結婚・・・したい(けっこん・・・したい)
→結婚…したい
このパソコン、ほんと普通。

17,彼女のですます口調(かのじょのですますくちょう)
→彼女のですます口調
ほんとに普通。

18,4年2組(よねんにくみ)
→四年二組
もうほんと普通。

19,岡山県玉野市田井(おかやまけんたまのしたい)
→岡山県玉野市体
合っている…と思ったら違ってた。

20,黒うさぎちゃん(くろうさぎちゃん)
→クロウサギちゃん
何故に黒がカタカナ。

…よし!終わった!このパソコン、意外と普通ですねwww
今度こそ今日の日記は終わりです!
では!

9/6の日記 Edit

どうも、アイリスです。
もう今日は時間がないので、ちゃっちゃと日記を終わらせます。

最近、別の裏キャラさん達とわたしの裏キャラのそよちゃn…ゲフンゲフン、戦義が仲良くなっていますね。
「アイリス、だれがそよちゃんだって?それと、私が誰と仲良くなろうと勝手じゃないか!」(by,戦義
…つっこみ入った。戦義って…彼?彼女?…まあ、どっちでもいいや。
まあとにかく、これからもわたしと戦義、両方とも仲良くお願いしますね~!

…今日の日記は少し早いけどここまで!
では!

9/7の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今日もまた時間がないので、早めに!

今日あった出来事!↓

アイリス「組み体操…か…。うぐ…つらいですぜ…。」(←5人タワーの一番下
同じグループの女の子「乗りづらい…。」
アイリス「(でも…わたしが我慢しなきゃあな…。)」
同じグループのおんn(ry「Σあッ?!」(落ちる
ドーン!
アイリス「ッ!!」(同じグループの人が、足の上に落ちてきた
同じグループn(ry「…あッ!○○(アイリスの本名)ちゃん、大丈夫?!」
アイリス「いや…平気っす。」

…こんなことや…。

アイリス「(…平気かな…。)次は、給食委員会からのお知らせです。」(放送中
給食委員「7日。今日のこんだては、~~~~~~~…です。今日のおかずは、韓国料理のプルコギです。プルは、焼く(だったかな?)、コギは、ゴキブリΣあっ?!
アイリス「(馬鹿あん!)」

こんなことがありました。
大変でした。

今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/8の日記 Edit

どうも、アイリスです。
さて、お話。

個人小説投票会がまた始まるようで…。当然!わたしは参加します!
ジャンルはギャグで、聞き手はイミフ?わたしの日記、参照でっす♪

…ハイ、ふざけました。でも、ジャンルはギャグ…これは本当です。
で、内容は、簡単に言うと…パロディーです。とはいっても、皆さんがよく知っているお話のパロですが。

…あ、この話は、今日の日記の本題じゃありません。
次のところからです。こっから、だいぶシリアスムードになるので注意。

…最近、わたしと同じ地区の女の子が、差別を受けているらしいです。というか、受けています。
その女の子、確かにわたしも少し苦手ですが、ものすごく嫌いってわけじゃあないし、おもしろい子だと思います。
それで、その子が差別を受けている理由は、その子の性格なんですね…。
何というか…人が嫌がることをするのをやめてって言っているのに、やめてくれなかったり、口調が少しきつかったり、自分の思いどおりにいかないと嫌がったり…。
…その性格を嫌う気持ちは、わたしにだってわかります。でも、差別するのはどうなのでしょうか?
あんまりよくないですよね?
差別をされて、嬉しいわけがないですよね?
わたしも、一時期、ある子を差別していた時期があって、でも、わたしがその子を差別していた理由は、「みんなそうやっているから。」でした。
でも、ある時にその子と友達が話していて、その時に、その子は、クラスのみんなを元気づけたり、笑わせたりしていた、ということを知りました。
そのことを知って、わたしは、その子を差別していた自分が恥ずかしくなりました。みんなのために、何かをやってみようと思っているその子を差別していた、と思うと、今でも泣けてきます。
その時から、わたしは、差別をやめてほしい。そう、思えるようになってきました。
だから、今回の女の子の差別もやめてほしい。わたしは、そう思っています。
でも、思っているだけでは意味がないですよね…。だから、今度、その女の子を差別している人を見たら、ただ差別をやめろ、じゃあなくって、「何で差別をしているのか?」とか、「その女の子に、『こういうところを直した方がいい。』と、具体的に言ったのか?」とか、「差別する以外に解決方法はなかったのか?」とか…いろいろ聞いてみます。がんばります!

…なんか…つらつらと長文を書いてしまって、申し訳ないです。
でも、ここに書いてみんなに見てもらうことで、少し…いや、かなり勇気がもらえます。
文章がおかしくっても、わたしが思った通りに書いた文なんで、気にしないでください…。

…こんな締めくくり方でいいのか?今日の日記?
まあ、とにかく、今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/9の日記 Edit

どうも、アイリスです。
まず…昨日の日記の件についてのコメント、ありがとうございました。
昨日の日記を見てくれた人にも感謝です。
…あれ?目からさんみいったいが…。(ぇえ
本当に勇気づけられました!

…さて、今日のお話!
remove―リムーヴ―が進みません。すみません。
役割が…決まらないんですよお!(おま

それだけじゃあなくって、ほかの小説も全然進んでいませんね。
ネタが…思いつきません。本当に…。
こんなネタしか…↓

戦義「なあ、お前。最近、アイリスってやつが小説を更新してないらしいぞ。」
アイリス「え?!マジ?!てかアイリスってだれ?!」
戦義「貴様だろう。」
アイリス「わたしだったのか。」

…ハイ、すみません。

何か…話すことがもう無くなってきたような…。(ぇえ?!

というわけで、今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/10の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今みくかんを聞いてます。(ぇ

さて、日記!
ほんとに最近ネタがないです…。
というわけで、今日のネタ↓(ぇ

アイリス「…なぁ戦義。」
戦義「何だよ。」
アイリス「わたし達って、一つの体に二つの人格が宿っているの?それとも、実は表と裏とで人格が分裂しています~。的な設定なの?」(ぇ
戦義「…たぶん後者。」(ぇえ
アイリス「…じゃあ…結局別人?」
戦義「そういうわけじゃあない。ただ単に、一つの存在が二つに分かれただけだ。」
アイリス「…余計によくわからんぞ。」
戦義「ああ、ほんとだな。」
アイリス「…まさかお前、意外と馬鹿?
戦義「あ゛ぁ゛?!」
アイリス「スミマセンデシタ。」

…お粗末さまでした。とりあえず、アイリスと戦義はこんな関係です。同じようで違う。
頭脳は、アイリスと戦義は結局同じ体の人なので、同じくらいだっていうのは内緒。それぞれ考え方が違うだけ。

…今日の日記はこれで終わりです。
では!

~PS~
アイリス「そいえば…アイリスってやつは頭脳も運動も微妙らしい。」
戦義「ほ~う。」
アイリス「アイリスは…わたしだよ。それとお前もだ、戦義。」
戦義「あ゛ぁ゛?!」
アイリス「何カスミマセンデシタ。」
お粗末さまでした!!

9/11の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今日はsupercell(スーパーセル)を聞いてます。(ぉ

…さて、今日あった話を会話ふうに。
ちなみに、場面は、今日わたしの隣の席の人が休んだので、隣の席の人のお便りを届けてくれる人にお便りを渡すために、隣のクラスへ行った…という感じです。(複雑!
では、会話↓

アイリス「(よっし!とどけ終わった!)ただいm…。」
クラスの皆「………。(黙ってこちらを見ている)」
アイリス「…え?あれ?…はい?」
先生「…席につかないと終われないよ…。」
アイリス「…え?…あ、そういうこと…そういうことなのね…。(ならわざわざこちらを見なくっても…。びっくりしたじゃん…。)」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アイリス「…こんなことがあった。戦義。」
戦義「…お前が席につかなかっただけの話だろ、馬鹿者。」
アイリス「でも!わざわざこっち見なくってもいいじゃん!わたし緊張すると死にかけるんだよ!」
戦義「…まあ確かに、わざわざこっちを見なくってもいいっていうのには一理ある。でも、死にかけるは大げさだろう。」
アイリス「…というか、いつまでこの会話続くの?」
戦義「…そろそろいいだろ、やめても。」
アイリス「…だな。」

…あ、そうだ。多分これから、日記には思いついたネタを書くと思います。↑みたいなのを。でも日記もやりますよ?
今日の日記はこれで終わりです!
では!

9/13の日記 Edit

どうも、アイリスです。
今、すごい大雨が降っています。でも、チョコを食べながら日記を書きます。(ぇえ

では本題。
リムーヴ、進んでません。すみません。
あと役が決まってないキャラが5人もいます。どしよ…。
ハイドラ、ピクノウズ、フューチャー、スラッシュ、モルフォ…。役決めづらい奴ばっか!(ぇえ

ふう…チョコうまかったです。(食べ終わった?!
クランキーチョコっていいよね!(ぇえ

…今、親と兄が出かけました。まあ、わたしが行かないって言ったんだけどね!(おま

…シリアス…書きたいです…。(ぇえ

でも、個人小説投票会に出すのはモロギャグなんです!(ええええええ?!
多分、メインは剣士キャラ系になるかと…。

さて、今日の代理達によるネタ↓
アイリス「…そいえば戦義。」
戦義「なんだ。」
アイリス「スポ教から家へ帰る途中で、青虫を見たんだけども…。」
戦義「?!?!うわあああああああああぁぁぁぁぁ!!!虫の話はするなあああああああぁぁぁぁぁ!!」
アイリス「…あれ?戦義?虫、苦手?わたしも毛虫とかは苦手だけど、蝶々とかはきれいじゃない?蝶々も帰り道で見たけど。
戦義「うわああぁぁああぁぁああぁぁああぁぁ!!」
アイリス「(…わたしの裏だからか…?ここまで極端に虫嫌いなのは?いやいや…それはおかしいだろう…。わたしは蝶々平気なのに、戦義は蝶々さえも苦手…。何で?)…あ、ガだ。
戦義「?!?!?!うわああああああぁぁぁ!!こっちくんなあああぁぁぁぁ!!」
アイリス「(面白い。)」(ぇえ?!

…お粗末さんでした。戦義は、虫が異様なほど苦手なようです。何故か。
理由は、「何であんな変に動き回るものをアイリスは平気で触れるんだあいつの頭脳が知れんそれになんかガサガサいうし地面を這いまわってたりするし知らぬ間に空を飛んでいたりするしうわああああああ!!」だそうです。(理由になってねえ。そして読みづらい。「。」や「、」を打て

…今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/13の日記 Edit

どうも、アイリスです。
では、今日のお話。

…皆さん、今日は何の日か知っていますか?
実は…。

今日はマリオさんのお誕生日なんです!!

…ウィキペディアに載っていました。…なんですか?その目は?本当なんですって!
あとついでに、わたしのオリキャラのロラウの誕生日でもある。(ぇえ

…まあとにかく!
マリオ!お誕生日おめでとう!!

で、今日の会話(少しリムーヴのネタばれあり!)↓
戦義「…なあ、アイリス。」
アイリス「何?」
戦義「remove―リムーヴ―に、アイリスというキャラが出てるって本当か?」(ぇえ?!
アイリス「本当だよ。後、元は出る予定がなかった戦義も出るよ。」
戦義「…そのアイリスと、ここの小説を書いているアイリスって別人なのか?」
アイリス「ああ、そうだ。わたしはただの『アイリス』だけど、リムーヴのアイリスはむちゃ長い本名があって、『アイリス=A=シアク』っていうんだ。」
戦義「…そんな長くないじゃないか。」
アイリス「いいや、これは、『アイリス=アルコバレーノ=シエルアーク』っていうのを略した名前だ。で、その略したのをさらに略したのが『アイリス』ってわけさ。」
戦義「…そうか。…あのさ、アイリス。そのリムーヴの方のアイリスの本名の意味、どれも虹っていう意味じゃないか?」
アイリス「そうだが。」
戦義「…そうか…。」

お粗末さまでした。リムーヴにアイリスっていう名前のキャラが出てるのは本当!戦義も出るのも本当!
これで今日の日記は終わりです!
では!

~PS~
アイリス「…あ、そうだ戦義。」
戦義「何だ。」
アイリス「お前が、今書いている裏小説を終わらせたら、お前の特設ページを作ってやる。」
戦義「マジか?!?!あんな狭いスペースで小説を書かなくっても良くなるのか?!」
アイリス「ああ。だから頑張れ。
戦義「わかった!!」

…お粗末さまでした。

9/14の日記 Edit

『君は心に空を持ってて、僕は心に星を持ってる。』
どうも、アイリスです。
…え?最初のセリフ?なんとなくです。(ぇえ
これから、日記の最初には何となく思いついた言葉を書きますね。

…さて、今日の話。
今日は委員会の日だったですよ~。へっへへのへ~。(ぇ
で、運動会で言う言葉を決めました。
で、わたしが任されたのは…3年生の徒競走と、1年生の玉入れと、5,6年生のリレーです。
よくよく考えてみると、5,6年生のリレーって…

運動会最後の競技ですね。(ぇえ

…かみそうでしゅ。あ、かんだ。(ぉぃ
ちなみにわたしは、ほとんどの確率でプログラムナンバーっていうセリフをかみます。困ったもんだ。(ちょ

さて、今日のネタ↓
アイリス「なぁ戦義。これ読める?『藍海松茶色』」
戦義「無理です。」
アイリス「これ、『あいみるちゃいろ』って読むんだ。」(実際にある色です。
戦義「へ~え。じゃあ私からも。『空五倍子色』」
アイリス「…わかんない…。」
戦義「これは、『うつぶしいろ』って読む。」(実際にある色ですよ。
アイリス「むむ…じゃあこれは?『熨斗目花色』」
戦義「…わからん…。」
アイリス「これは、『のしめはないろ』だ。」(だから実際にあるってば!
戦義「じゃあお前、これ読めてる?『空気』」
アイリス「読めてません。ごめんなさい。」

お粗末さまでした。色ってたくさんありますね!面白い!
これで今日の日記を終わります。
では!

9/15の日記 Edit

『嘘だらけの夢を僕らは見るの。嘘だらけの夢が僕らの支え。』
どうも、アイリスです。
今日の言葉は、ドラスティックサイクルという曲からとりました~。いい曲だとわたしは思います。

さて、今日話したいこと。
昨日の話です。実話。
役は、隣の隣のクラスの先生→クレイジー  友1→リュカ  友2→ネス
アイリスはアイリスです。

ネス「今日不審者が出たらしいね。」
クレイジー「だったら早く帰れよ。それに、最近は男の子も狙われやすいらしいから。」
アイリス「…ロリコン?」
クレイジー「ちょww」
リュカ「…アイリス…。」

…なんですか?その目は?実話は実話ですよ!!本当に言いましたよ!

というわけで、今日のネタ↓(ぇ
戦義「馬鹿か、貴様は。」
アイリス「…だって…。」
戦義「大体、小学生がロリコンなんて言葉、発していいわけないだろう!」
アイリス「…サーセン。…そういえば…話かえるけども、今日、わたしが「あっ!」って言っただけなのに、男子が馬鹿にしてきたんだよね。」
戦義「それで?」
アイリス「それで、その馬鹿にしてきた男子を、あえて何も言わずにネズミの死骸を見るような目でずっと見てたら謝ってくれた。」
戦義「…そうか。」

お粗末さまでした。
今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/16の日記 Edit

『君は、僕にとって、親友と言えるほどの友達ではない。でも、君がいなきゃ僕は生きていけないし、僕がいなきゃ、君は生きていけない。』
どうも、アイリスです。
さて…はなすことがないぞ。(ぇえ?!
リムーヴも進んでいないし、ほかにやりたいことたくさんあるし…。
小説の更新はあともう少しお待ちを…。

…では、今日のネタ↓
アイリス「戦義~。わたしの親友から聞いたんだけども、ソヨギって言う名前の毒草があるってさ。」
戦義「…それは私に対する挑戦状か?よし、その喧嘩買った。
アイリス「まあ、待てよ。まだ話は終わっちゃいない。そのソヨギっていう毒草、食べたら高熱出して3分で死ぬってさ。」
戦義「よし、言いたいことは分かった。では、あと3分で貴様を海の藻屑に変えてやろう。」
アイリス「ごめんなさい。」

お粗末さまでした。
これで今日の日記は終わりです。
では!

9/18の日記 Edit

『もし、コバルトブルーのお茶があったら、どんな味がするのかな?飲んでみたいね!!』
どうも、アイリスです。
今日あった出来事を書きますよっと!↓
アイリス「今は運動会の準備の真っ最中…のはずなのに…なんで放送委員会はここまで暇なの?!」
放送委員1「うん、ここももはや音楽を聴くだけの場となっているからね。本当は音楽を流す練習の場なのにね。」
担当の先生「お~い、誰か暇な人、体育器具庫にこのぐらいの箱ないか見てきて!」
放送委員2「じゃあ俺が行くよ。」
アイリス「わたしも暇だから行くよ。」

~で、器具庫~
放送委員2「…お?これじゃね?」
アイリス「とりあえず持って行こう。」

~グラウンド~
先生「違うよ。もっと…こんぐらいの…。」
放送委員2「…もしかしたら…あれかな?」
アイリス「かもね…。とりあえず持ってこようか。」

~持ってくるところ省略~

~グラウンド~
先生「違う。」
アイリス「ウソぉ?!」
放送委員2「…それっぽいのを探してこよう。」

~器具庫~
放送委員2「それっぽいの…。これしかないな…。」
アイリス「持っていこう。」

~グラウンド~
先生「そう!これ!」
アイリス「やっと当たった!!」
先生「じゃあ、これをあと10数個持ってきて。
アイリス「じゅ、10数個?!」
放送委員2「…持ってこようか…。」
アイリス「…うん…。」

長かったですね。これで終わりです。実話です。
結局あの箱(というか、いすだった)8個しかなかったという。
今日のネタは行数がないのでなしです!
これで今日の日記は終わり!
では!

9/19の日記 Edit

『他人のためなら何でもできるものなの?』
どうも、アイリスです。
今日、何気に運動会でした。(おま
わたしは赤組です。
で、早速ですが順位は…。

最下位でした!

3位です…。まあ、おもしろかったからよかったですがね。
…あ、あと、アナウンスは意外と成功しましたよ。同じチームの人が協力してくださったので。
つまり人任せ。(最悪じゃねえか

…さて!ここからシリアスのターン!苦手な人は見なくてもいいですよ。

...

…ハイ、終わりです。ほんとに…今でも泣けるわ!(ぇえ
…あ、文章が意味不明でも何とか解読してください。いつもそうなんで。
では、シリアスの後は代理二人のネタのターンDA☆ZE☆(ぉぃ
アイリス「…そういえば…今日、こんな話を先生から聞いた。」
戦義「ほう、どんな話だ?」
アイリス「先生にいきなり「早く帰らないとゴキ○リに轢かれるよ。」っていわれたかr「うわああああああああああああああああああああああああああああああ!!」(戦義)
アイリス「…五月蝿い、続き言うぞ。まあ、そう言われたからどうしてか聞いたら、「夏休みの時に、ゴ○ブリが廊下に転がっていた。」って言われた。あと、先生もゴキブ○を10匹ぐらいやっつけたらしい。」
戦義「?!うわああああぁぁぁぁぁ?!?!貴様、わざわざそんなことを私に言わなくってもいいじゃないか…ッ!!」
アイリス「いや、どんな反応をするかな…と思って。」
戦義「(このドSめ…。)」

…実話ですよ。本当ですってば!
これで今日の日記は終わりです。さて!連休に入るぜ!だから、更新をできるだけする!これが目標。
それでは!次の更新で!

9/20の日記 Edit

『君が夏の日の太陽なら、僕はヒマワリ。でも、その関係は長くは続かないんだ。』
どうも、アイリスです。
さて、お話。
昨日の運動会のことです。
実は、昨日の運動会の順位で修学旅行で行くところが変わるという噂があったようです。
確か、1位がディ○ニーランド、2位がディズ○ーシー、3位がせんこーじというお寺で座禅だそうです。
まあ当然この噂は嘘ですがwww(そりゃそうだ

さて、今日のネタ↓
アイリス「今日の2階寒いな。」(2階にパソコンがある
戦義「それは貴様が2階の窓を開けっ放しにしているからだろう。」
アイリス「温まるものないかな。…あ、そうだ。」
戦義「何だ?」
アイリス「人の血ってさ、あったかいらしいね。」
戦義「…え?」
アイリス「それってホントかな?」(何か装備。そして戦義のほうを見る
戦義「え?!ええぇぇええぇぇええぇぇええぇぇ?!?!?!;;;」

…そのあとどうなったかは各自のご想像で。
どうやらアイリスはSらしいです。友達にも言われました。(じゃあそうだろ
今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/21の日記 Edit

『同じものはもう見飽きた。同じ音はもう聞き飽きた。なら、変えてしまおう。ものも、音も。』
どうも、アイリスです。
さて、日記。
先ほどまでいとこが家に遊びに来ていました。
それだけです。(ちょ
それと、銀色連休の投票、裏小説&-仲間-スマブラの生活が一番多いようです。がんばらなくては!

さて、ネタです。まずは戦義の生死を確認してください。(昨日の日記の続き)↓
アイリス「…冗談に決まってるだろ。本気で受け取るな。」
戦義「だって、あんなマジな顔して斧をこっちに向けられたら本気だとだれでも思うだろうッ!!馬鹿者ッ!!」
アイリス「全く…戦ちゃん、いくら元軍隊だからって、緊張しなくってもいいのに。」
戦義「戦ちゃんって呼ぶなッ!!それと、何気ネタばれッ!!」
アイリス「え?でもこのネタばれ、リムーヴでも今ここにいる代理の戦義でもなくって、オリカビの戦義だろう?」
戦義「私だって元軍隊だッ!!自己紹介にもあっただろう?!」
アイリス「ああ、打ち消しでね。絵とか載せれるようになればいいのにね。そうすればすぐにわかるよ。」
戦義「ああ。腰に銃付けてるしな。」(ぇ
アイリス「それに…………………だからね。」
戦義「…貴様、今のセリフ、リムーヴのネタばれになるから伏せたな?」
アイリス「ばれたか。というか、リムーヴのアイリスと戦義と、わたし達って、見た目は一緒なのに、別人何だよね。ややこしい。」
戦義「だな。」

終わりです。どうやら戦義は無事のようで。
これで今日の日記は終わりです。
では!

9/22の日記 Edit

『僕は、神様だか誰だか知らないけど、そういう奴が勝手に作ったこの世界が…大嫌いだから。』
どうも、アイリスです。
↑のセリフは、リムーヴの敵キャラが言う予定のセリフです。(ぇえ
さて、日記。
でも書くことがない。(ちょ
小説…更新しなきゃあ!がんばります!
さて、今日のネタ↓
アイリス「…最近、全然更新してないな。」
戦義「ちゃんとやれよ。」
アイリス「更新していないのはお前もだろ。」
戦義「確かにそうだがな。」
アイリス「それに、アンケート、裏を更新してほしいっていうのが一番多いんだぜ。早くしろよ。」
戦義「…一応がんばる。」
アイリス「はやく更新しないとシチューの具にするぞ。」
戦義「えげつない脅しはやめろ。冗談に聞こえない。」

終わりです。最近アイリスは恐ろしいことばっかり言ってますね。
でも多分冗談です。多分ね。(ぇえ

今日の日記はこれで終わりです。
では!

9/23の日記 Edit

『なに僕を気安く触っているんですか?その汚い腕を溶かしますよ?』
どうも、アイリスです。
今日で銀色連休は終わりですね。なので、今日、更新をがんばります。でも、わたしの休みは運動会の分があって明日までなんだ。(ぇえ
さて日記。
今日は、おばあちゃんの家に行きました。だから日記を書く時間が遅くなったんだ!(ぉぃ
でも一応楽しかったですよ。シャボン玉飛ばしたり。
でも書く内容はこれぐらいです。

今日のネタ↓
アイリス「戦義、はよう小説を更新せんかい。」
戦義「…よくわからんことを言うな。お前だって更新しなきゃいかんだろ?」
アイリス「まあ確かにな。それよりも、今日、おばあちゃんの家に行った時にいとこのお母さん(つまり、アイリスのお母さんのお姉さん)に、ス○ップの中居さんのあの本を貸してもらったから家で見た。」
戦義「…どうだったんだ?」
アイリス「…絵が下手でした。カタツムリとか、シマウマとか。」
戦義「…そうか。」

終わりです。本当ですよ!
これで日記を終わります。
では!

9/24の日記 Edit

『おかしいおかしいおかしいおかしい…君はおかしいよ。』
どうも、アイリスです。
今日ははなすことが特にないので、わたしのポケモン(パール)の手持ちの紹介でも…。
まず最初のポケモンはポッチャマにしました。
で、今はエンペルトです。名前はアクアです。

次はレギュラーポケモンの紹介です。
まずはパチリスのパッチーです。…あ?誰ですか?ネーミングセンスないとか言ったのは?
強いですよ!パッチー。57レベルくらいだったかな?(ぇえ
とにかくかわいいポケモンが好きです。
で、次のレギュラーは、ロゼリアのチーです。元はスボミーでした。
いまは40何レベルだったかな?くらいまで育ちました。

で、準レギュラー。
まずはピカチュウのジウとマリルのミュアです。
…オリキャラの名前をつけたら面白いかな…と思って…。(自重
今は30何レベルだったか?くらいです。
次はあの通信交換でもらえるペラップです。
レベルはまだ弱いです。まあ、空を飛ぶ専用のポケモンですからね。

次はボックスにいる準レギュラーです。
まずはピクシーのジェミニです。
…ジェミニはふたご座という意味です。
次はブラッキーのチェンジです。
攻撃はあまり高くないですが…頑張って育てます。
で、次はビーダルのカギヅメです。
…名前が安易なうえに、ひでんわざ専用のポケモンですから育ててもあまり意味が…。でもひでんわざを覚えているので、いざとなったら頼ります。
あとはチェリムのチェッポーです。
…レベルは低いですが気に入ってます。
…こんなもんでしょうか?
では、今日のネタ↓
戦義「貴様はネーミングが安易なんだ。」
アイリス「わかっている!!」
戦義「それに、強いポケモンじゃなくって可愛いポケモンを選んでいるだろう!」
アイリス「ばれた。」
戦義「レギュラー&準レギュラーのポケモンを見る限りそうだろうが!!」
アイリス「あい。でも頑張って育てます。」

これで今日の日記は終わります。
では!

9/25の日記 Edit

『この世界に、「偽物」なんていない。偽物を名乗っていても、その人はその人。本物と同じ存在に、なれはしないんだ。』
どうも、アイリスです。
最近スランプです。うわああああん。(おま
さて、今日のお話。
この小説のトップページ参照回数が7000HITしてました!
やったね!アイリスさん!(ぇえ
とにかく!皆さんには感謝感謝です!!ありがとうございます!
それと…戦義さんから苦情が。
えっと…「私はうしろのしょうめんダァレ?(裏小説の題名)をちゃんと前編は仕上げたぞ!はやくわたしのページを作れ!」
…だそうです。どうしましょう?苦情がある人、今のうちに言っておいてください。
苦情がなかったら、明日、戦義さん専用のページを作りますよ。
…てーか、自分の裏人格にさん付けはおかしいか。
じゃあ戦ちゃんd「戯れ言はよせ。馬ー鹿。」(by,戦義
…馬ー鹿はひどい。
では、今日のネタです。
アイリス「戦義!わたしのクラスの人って変わっているよな?!」
戦義「ああ。貴様も含めてな。」
アイリス「…じゃあわたしのクラスで変わってない人っている?」
戦義「…そういえば…貴様と掃除場所が一緒のやつで、結構冷静な人がいるよな?」
アイリス「ああ、彼ね。結構頼りにしているよ。わたしの掃除場所の男子がふざけてばっかでいる中で、唯一冷静な人だから。」
戦義「唯一って…まだいるだろう?」
アイリス「ん、ま~な。でも、冷戦なのは彼しかいないんだ。はあ~…どっこいどっこい。」

終わりです。そっけないです。その彼は、結構頼りにしてます。好きってわけではないですが。まあ、普通です。
これで日記を終わります。
では!

9/26の日記 Edit

『できるかできないかと、やるかやらないかは全く違うんだ。』
どうも、アイリスです。
今日はなすこと。
えっと…さっきまでスポ教に行ってきてました。
で、そのスポきょうで、「こおりおに」みたいなものをやったんですよね。
で、そのこおりおにの時に…↓
アイリス「やばい…捕まるなってぐべ!!」
思いっきりずっこけたんですよ。かっこ悪いことに。で、そのずっこけた時に足をくじきまして…。
まあ、歩けるんですが。痛いです。おそらくすぐに治ると思いますが…学校行くまでになおんなかったらどうしよう…。
…その思いっきりずっこけたところを、誰にも見られなかったという奇跡。何故。

まあ、そんなこんなで今日のネタ
戦義「貴様、馬鹿か。」
アイリス「…そんなはっきり言わなくっても…。」
戦義「それより!私専用のページ、今日作るんだよな?!」
アイリス「ああ、今からな。」
戦義「そしたら…ジャンルはやはりシリアスか?」
アイリス「ああ。そうだろ?ギャグはわたし専門だから。」
戦義「だよな…。よっし!がんばる!」

これで終わりです。戦義さん、張り切っていますね。
今日の日記はこれで終わり!
では!

9/27の日記 Edit

『青青青…一面に広がる青空』
どうも、アイリスです。
勉強やりながら日記を書きます。(←悪い子
足くじいたの、だいぶ治りましたが、まだ少し痛みます。痛いの痛いの飛んでけー。(をい
そしてremove―リムーヴ―が全く進みません。役割も決まりません。
リムーヴに聖、出すことになるかもしれません。ていうか、なってます。
あ、聖の設定あさらないで。いつかの日記で書いたけども。
まあ、特にはなすことはこれ以外にないんですが。(ぇ
さて、今日のネタ。
アイリス「…戦義、早く小説更新しろよ。」
戦義「貴様に言われる筋合いはないな。勉強も終わってないくせに。」
アイリス「勉強手伝え。そしたらすぐに小説が書ける。」
戦義「…私は貴様だろう?だから無理だ。」
アイリス「そんなこと言っちゃうとお前が男だってことばらしちゃうぞ~。」
戦義「もうばらしてる。というか、男だという設定はリムーヴとオリカビの戦義の設定だろう。今ここにいる私は性別を話してない。」
アイリス「ああ、リムーヴとオリカビの戦義の一人称俺だからな。…じゃあ、お前、性別どっちなの?」
戦義「内緒だ。」
アイリス「む~う。」

これで日記を終わります。
では!勉強やらなくっちゃ~。(←悪い子

9/28の日記 Edit

『そう簡単に変えられるもんか!できたらとっくにそうしてる!』
どうも、アイリスです。
今日は、オリキャラのジウの誕生日です。おめでとう!!
そして、何気にポケモンダイヤモンド・パールの発売日。きゃは!(ぇえ
ちなみに、今日書くことは友達と遊んだことしかありません。スマブラで。
というわけでネタのターン!
アイリス「最近更新ができなくなってるし!」
戦義「貴様が有言実行をしないからだろう!」
アイリス「まあ、その通りだから反論はできないのですが。」
戦義「頑張れよ!」
アイリス「………。」
戦義「………。」
アイリス「………………。」
戦義「お、おい。これでネタは終わりか?」
お粗末さまでした!
これで今日の日記は終わりです!
では!

9/29の日記 Edit

『悲しくって、でも泣けなくって…。』
どうも、アイリスです。
今日は時間がないので、早めに日記を書きます。
でも話すことは特にありません。(ちょ
だからネタだぜ!(ぇえ
アイリス「…眠い…。戦義、早く元ネタのやつ、完成させろよな。」
戦義「私に言うな、馬鹿者。」
アイリス「…好きv」
戦義「?!うわああああああぁぁぁ!冗談でも言うなああああぁぁぁ!!」
アイリス「じゃ、大好き [heart] [heart]
戦義「うわああぁぁああぁぁああぁぁ!!!」
アイリス「(すごい悲鳴…。)」
これで今日の日記は終わりです!
では!

9/30の日記 Edit

『旅に出ようね!』
どうも、アイリスです。
銀色連休投票は今日で終わりですね。明日結果を出します。
さて、今日のお話。
戦義のお話です。
彼(?)は、皆さんわかっている通り、わたしの裏です。性格や考え方は全然違います。
でも、戦義を出すにあたっていろいろ悩んだことがあります。
まずは名前です。候補はたくさんありました。少し上げてみますね。
・アイビー(花の名前。これが一番アイリスに似ている名前。)
・白亜(はくあ。どうしようか悩んだけど没った。)
・白昼夢(…これは…どうしてだろう?)
こんなもんです。後は忘れました。(ぇ
他に悩んだのは、口調です。
さすがにため口はいかがなものなのか…。少しやばいんじゃ?とか考えましたが、意外と好評みたいでホッとしました。

さて、今日のネタ!
アイリス「戦義~。ポーカーしようぜ~。」
戦義「何でポーカーなんだよ。」
アイリス「別にいいじゃん。や ら な い か?」
戦義「そのセリフやめろよ。まあ、やっていいけどさ。」
アイリス「じゃ、早速…。」
―数分後―
アイリス「勝った!」
戦義「…お前、ポーカー強いな。というか、いかさましてないか?」
アイリス「へ?してないよ?」
これでネタは終わりです。アイリスは、無駄なところで勝負運が強いです。
これで今日の日記は終わりです。
では!

10/1の日記 Edit

『魔法の世界に行くの!!え?難しそう?簡単だよう!!』
どうも、アイリスです。
もう10月ですね。小説がんばっていきます。
今日の日記!
日記に書いたとおり、3日前はわたしのキャラのジウの誕生日でした。
で、昨日、親友2人からお誕生日おめでとうの絵をいただきました。
その絵をもらってまず、ジウって幸せ者だな、と思いました。
そして、そんなキャラを作れたわたしも幸せだと。
ジウ!おめぇができて本当良かった!
まあ、これで今日はなすことはないんですが。

ネタ!
アイリス「小説のネタがない!早くremove―リムーヴ―進めたい!」
戦義「じゃあ早く役を決めろよ。」
アイリス「決まんないから困ってるんじゃまいか!一緒に決めろ!」
戦義「嫌だな。だからはよ決めろ。」
アイリス「戦義のいじわる!馬鹿!」
戦義「(…何で私が悪口言われなきゃならんのだろう…。)はぁ…。」
これで今日の日記は終わりです!
では!

10/2の日記 Edit

『もう迷わないで。あなたが行くべき道は、みんながいるあの場所だから。』
どうも、アイリスです。
さて、日記。
最近、友達に絵のリクエストをしてもらっています。オリキャラ(リムーヴキャラ)で。
まあ、楽しいです。
で、昨日、こんなリクエストをされました。
親友2「マイクにメイド!ねえ、描いてみて!」
…え?(^p^)
待てよ…マイクは男だぞ…。それってつまり…。
女装をさせろと?
アッー!(え?
そして、さらにわたしは、親友1(相棒)に、絵の実力にとどめを刺すようなことを言われました。
相棒「ゲンにへタレ!描いて!」
ちょっと待ってよ。まさかへタレが来るとは思わなかったぞ?
しかも…冷静の頭にクソがつくようなゲン指定?!
…で、描きましたよ!メイドは!ヘタレはまだ途中です。
…頑張れ!わたしのキャラ!((
で、ネタ!
アイリス「まあ、↑のようなことがあった。」
戦義「…貴様の問題だろう?がんばれよ!」
アイリス「いや、わたしだけの問題じゃない。お前にとっても問題だ。」
戦義「?何でだ?」
アイリス「もしかしたら、わたしとお前にも指定が来るかもしれないぞ?
戦義「………かもな;;;;」
これで日記は終わりです!
では!

10/3の日記 Edit

『月が照らす明かり。とってもきれい。暖かい感じがする。だから私は、月が大好き。』
どうも、アイリスです。
月が丸い日みたいですね。今日は。
綺麗です。窓から見えます。
さて、日記。
昨日書いたとおり、友達から絵のリクエストを受けました。
で、全部がんばりました☆(やったのか?!
何か寝顔とかあった…。でもやった。ヘタレも当然やりました。きゃは☆な出来になりましたが。(ぇ
今日やったやつの中に、「聖に正義の味方」っていうリクエストがありました。
で、何描いたと思います?
ヒント・月に代わってお仕置きよ!(わかりやすい!
まあ、せえらあむうんですがね。ひらがなで表記すればいいってもんじゃありませんがね。(ぉぃ
で、ネタ!
アイリス「また別の漫画をやろうと思う。」
戦義「ちょっとまてよ。まだため込んでいるやつがにい、しい…5,6あるんだろ?!」
アイリス「…はい。でも今回やろうとしてる漫画、スマブラでもできそうだよ!」
戦義「…どういうのだ?」
アイリス「2つある。」
戦義「2つかよ。両方とも話してみろよ。」
アイリス「1つめは、ごくごく普通の青年が、突然「バグ処理部」っていう部に入らされて、ゲーム世界にバグを退治しに行く羽目になるってやつ。で、もう1つが、わたしが通っているスポ教の様子をだいぶ大げさに描いたやつ。」
戦義「…キャラの名前は決まってるのか?」
アイリス「前者はだいぶ…。後者も一部は…。ちなみに、主人公の名前は、前者が青海(あおうみ)で後者が命斗(めいと)。」
戦義「後者のやつ、貴様のほn「あーあー聞こえない~。」(←アイリス
アイリス「どうだ!」
戦義「ストーリーが相変わらずおかしいな。前者は非現実寄りで、後者はほぼ実話だろ?それと、前者の方の人物の名前、かな~りシンプルだろ?おかしい読みの名もあるわけだろ?」
アイリス「まあ、確かに。赤空(あかそら)とか、黄明(きあかり)とか…。色を使って訓読みにするようにしてるんだ。」
戦義「…まあ、まず…他の漫画と小説進めろ。
アイリス「サーセン!」
これで終わりです!日記もネタも!
では!

10/4の日記 Edit

『ここの自然は宝物。だから、ここをずうっと守っていこう。』
どうも、アイリスです。
今日の日記!
今日、午前中に映画会らしき物がありました。
映画はウォーリーでした。よかったです。
そのあと、抽選会っていうのがありました。まあ、早い話くじですが。
お菓子セットが当たりました。DSiは当たりませんでしたよ!ほしかった!(嗚呼
じゃあ、ネタ。
アイリス「友達からの絵のリクエスト全部消化!万歳!」
戦義「でも、また来るんだろう?リク。それに、小説のリクだって…。」
アイリス「わかっている。今週中にはやるよ!でも、それより!小説のネタがあああ!」
戦義「馬鹿か。私は私で頑張っているというのに。貴様は…。はぁ…。」
アイリス「すみませえぇ~ん。」
これで日記は終わり!
では!

10/5の日記 Edit

『きゃははははははは!君はとっても愉快な人。面白いね。』
どうも、アイリスです。
今日の日記!
今日、また絵のリクエストを受けました。そしたら、アイリスと戦義にもリクエストが来ました。
内容は、アイリスに子供化と…
戦義にマジカル☆ステッキでした!(ぇえ
…どうすりゃあいいんでしょうか?
とりあえず今日のネタ。
戦義「おい。↑のこと本当か?」
アイリス「本当です。友達からちゃーんとリクエストを受けましたよ。」
戦義「ま、マジカル…。ぐは!」(倒れる
アイリス「Σえ?!ちょ…平気?!」
戦義「私、死んでもそんなもの持ちたくない。」
アイリス「死ぬな!だから持て!」
戦義「何この仕打ち。」

これで今日の日記は終わりです。
では!

次のページ! Edit

こっから4ページめ突入だとよ。by,フォックス