Top > スマブラ個人小説 > チャカラの小説 > エインシャントストーリー


スマブラ個人小説/チャカラの小説/エインシャントストーリー

Last-modified: 2012-12-28 (金) 18:39:13

紹介 Edit

ここは、エインシャント卿…ロボットについての物語…それが明かされる場所。
ロボット視点で話が進みます。というかロボットの回想と思って下さい。では、どうぞ!

小説 Edit



さて………





偶には自分の部屋で、昔の事を思い出すのも良いものだ…





あれは…そう、結構昔になるな…





あの日…静かなエインシャント島に亜空軍が攻撃してきた時は、とても慌ただしかったな…






「マスターロボット様!何とかして下さい!」





「くっ…対抗手段が無い…くそっ…皆、良く聞け!我等は、一時期奴らに味方する!」





「ええっ?」





「もっとも、この決定には不満が有る者も多かろう。だがしかし!今は、対抗出来る術はないのだ…」





「解りました。我等、マスターに従います!」






そう…皆、私に従ってくれた。





この、愚かな私に…





用が済んだら開放する、との条件はあった…





それを信じ、私達は悪事に力を貸す事になった…





皆との静かな日々を取り戻す事を誓って…





それから、亜空間爆弾を作り出した…





それで彼方此方に亜空間を作っていった…毎回毎回、2機もの仲間を失った…





皆、生きてエインシャント島の土を踏みたかっただろうに…





皆、私に手を振ってくれたのに…





さらに、世界は「亜空間」という穴だらけになった…





世界が…世界のパーツが…次々と私の手で…闇へ飲み込まれていく…





私は、耐えられなかった…





そして、自分が…抗えない自分が情けなかった…






ある時…ガノントロフが私の同胞を操り…







亜空間爆弾を起爆した…





その時、私は思った…










裏切られた、と





約束は、所詮奴らには屑同然…私は、そう思った…





私は決意した…





今、私一人だが、同胞を失った今は関係無い!亜空軍を裏切る!、と…





だが、決意よりも、同胞を失った悲しみの方が大きく、私は動けなかった…





しかし、スマブラの皆に連れられて、私は今此処に居る…










新たな仲間の傍に





エインシャント島の土は踏めないが、それでも…





仲間が居るのなら、それも問題ない…










そう、が有るから…