Top > スマブラ個人小説 > マツノシンの小説 > 今更だけど自己紹介


スマブラ個人小説/マツノシンの小説/今更だけど自己紹介

Last-modified: 2009-12-20 (日) 11:51:16

説明(てかする必要なくね Edit

ここはタイトルどおり自己紹介をするところです。

自己紹介 Edit

マツノシンとウラノシンの共通なところ Edit

本名・・・残念ながら明かせません。
性別・・・男
生年月日・・・1994年10月30日
血液型・・・ORH- -の人って少ないんだよなぁ・・・。(大量出血したらどうしよう。)
年齢・・・(今は)15歳
身長・・・173cm
髪の色・・・黒色
住んでいる都道府県・・・世界遺産で有名なN県
趣味・・・読書(特に推理小説)、ゲーム、妄想
好きなゲーム・・・ポケモン(てかRPG全般)、スマブラ(当たり前だろ)、逆転検事、ぷよぷよ
好きなゲームキャラ・・・ルイージ、ワルイージ、糸鋸圭介(逆転検事)、アミティ(ぷよぷよ)
好きな歌・・・ハレ晴レユカイ、God Knows、エアーマンが倒せない、OK!、GONG、真っ赤な誓い、Stairway Generation、空色デイズ、treasure、まっがーれ↓スペクタクルetc・・・
好きな食べ物・・・チャーハン、チキンカツ、シーザーサラダ
好きなアニメ・・・涼宮ハルヒの憂鬱、ハヤテのごとく!!、化物語、銀魂、ケロロ軍曹、家庭教師ヒットマンリボーン!、とある魔術の禁書目録、とある科学の超電磁砲、生徒会の一存
好きなアニメキャラ・・・初春飾利、姫神秋沙、白井黒子(この3人にいたっては俺の嫁発言します。)、上条当麻、キョン、鶴屋さん、桂小太郎、谷口、桂ヒナギク、戦場ヶ原ひたぎ(それにしても変わった苗字だなぁ・・・。どっちかというと阿良々木君のほうが好きだけど(おぃ 
好きな言葉・・・WAWAWA忘れ物、ごゆっくりぃ!、ヅラじゃない!桂だ!!
ペンネームがマツノシンの理由・・・特になし。(おぃ ・・・強いて言うと、ポケモンで主人公の名前どうしようってなったとき、ふと思いついた名前がこれだったから。それ以来この名前を好んでいます。ちなみにマツノシンを漢字にすると、「松乃神」。松の神様というわけです。

マツノシン Edit

一人称・・・僕、俺
性格(自己判断)・・・不明。というか定まってない。よく言うと多重人格(良いのか?)、悪く言うと情緒不安定。
好きなスマブラキャラ・・・ルイージ、メタナイト、マルスetc・・・
長所・・・優しいところ(自分で言うな)
短所・・・もの凄い飽き性、めんどくさがり、癖が多い、向上心がないなどなど
目の色・・・黒の中に薄い茶
苦手なもの・・・幽霊、しつこい奴、暴力的な奴、フィギュア
好きな色・・・緑(深め)、紫、その他暗めの色
座右の銘・・・明日は明日の風が吹く
喋り方・・・「どうも、マツノシンです。よろしく。」
      「馬鹿だって?人の悪口いうのやめようぜ。」

ウラノシン(かぶってるところ以外書きます。) Edit

一人称・・・俺
性格・・・さばさばしている。
殺しのために使うスマブラキャラ・・・プリン、ガノン、ワリオ
長所・・・いろんなことができる(パシリとパソコン系は不可)、(女性にのみ)気が回る
短所・・・もの凄い薄情、どS、(少し)女たらし
目の色・・・黒色
苦手なもの・・・マツノシンと同じもの、マツノシン
好きな色・・・明るい色
座右の銘・・・油断大敵
喋り方・・・「どうも!ウラノシンや。よろしくやで!」
      「馬鹿やて?馬鹿っていってる奴が馬鹿なんやで!」

親父 Edit

ウラノシンの小説「愚痴のたまり場」に登場する大将。通称親父。別にマツノシンの父親とか言う設定ではない。基本渋い。
性別・・・男(てか漢)
誕生日・・・6月3日
年齢・・・58歳
身長・・・162cm
髪の毛・・・白髪
目の色・・・茶色
好みの曲のジャンル・・・演歌・ジャズ
好みのスマブラキャラ・・・スネーク
長所・・・情に厚い
短所・・・少し融通が利かない
苦手なもの・・・妻
好みのつまみ・・・柿ピー
座右の銘・・・来世に生まれ変われるなら蟻になりたい。何事にもひたすら働く蟻に。(ちょ、座右の銘じゃないし)
喋り方・・・「わしは親父だ。よろしく頼む。」
      「馬鹿だと?フッ若いもんはすぐ馬鹿だといって、他人を下に置いて自分の地位を守ろうとする。
      昔はこんなことをいう奴は少なかったろうに。大体おまえさんm・・・(以下省略)」









































































































































































































































































































































































*1






*1 Эここは裏小説への入り口ではありません。本当の入り口は小説ページのトップにあるのでここをクリックして探してください。