Top > スマブラ個人小説 > 烈火の小説 > スマブラ物語ー光と闇の大決戦ー


スマブラ個人小説/烈火の小説/スマブラ物語ー光と闇の大決戦ー

Last-modified: 2014-01-17 (金) 20:53:22

キャラ紹介 Edit

スマブラ物語ー光と闇の大決戦ー登場キャラクター紹介

第1話「英雄達の集結」 Edit

君達は知っているか、スマッシュブラザーズvsタブーの戦いを・・・。

マスターハンドに作り出されしこの世界は、別名ニンテンドー。

なお、この世界には死は存在しない。

何故ならこの世界の住民はフィギュアなのだ。

この世界、ニンテンドーはそれぞれの世界に別れていた。

ところが、亜空軍と名乗る軍団が現れた事により、世界は一つになってしまった。

首領タブーはマスターハンドを利用し、フィギュア界に次々と刺客を送り込み恐怖のどん底に陥れた。

さらには、ニンテンドーの世界の悪役を配下にしていた。

しかし、スマッシュブラザーズ達の活躍で、タブーの野望は打ち砕かれた。

こうして、世界は平和を取り戻すことができた。

―――――――――

???

???「亜空軍は全滅した…だが、この時を待っていた…。」

ある島の地下に潜む謎の影…。

スマッシュブラザーズの知らぬ合間に新たな悪の軍団が動きだそうとしていた・・・。

ースマブラ宿寮ー

マリオ「うー暇だ・・・。」

フォックス「そう言われると余計に暇になるだろ。」

スマブラ宿寮にて、マリオ達はメインルームでぐったりしていた。

リンク「なにこのスマッシュブラザーズ…。」

リンクは今のスマッシュブラザーズのだらしなさにドン引きした。

アイク「暇だからTVでも見るか…。」

そう言うと、アイクはTVをつけた。

アナウンサー「臨時ニュースです。今、世界各地で謎の軍団による攻撃が起きています!」

一同「えっ!?」

突然のニュースに驚くスマッシュブラザーズ。

なんと、謎の軍団が世界各国を襲撃しているのだ。

ルイージ「兄さん、これは…。」

マリオ「まさか…亜空軍!?」

マスターハンド「いや、謎の軍団は亜空軍ではない。」

一同「マスターハンド!」

ネス「マスターハンド、一体何が!?」

マスターハンド「奴らの目的は不明だが、それどころではない。東京が大変な事になっている。」

アイク「東京がピンチ?」

マスターハンド「なので、スマッシュブラザーズ、君達は今から東京に向かって欲しい。」

フォックス「東京か…。」

マリオ「よし、分かった。東京へ向かおう。」

第2話「」 Edit