Top > 創作シリーズ > サイト内リレー小説オリジナル要素 > メンバーリレー小説 第1作


創作シリーズ/サイト内リレー小説オリジナル要素/メンバーリレー小説 第1作

Last-modified: 2016-08-30 (火) 21:22:24
目次

キャラクター Edit

タブーの刺客 Edit

タブーがファイターを倒す為に送り込む敵。ロボットに作らせているものも存在する。ダークアースではパワーや知力が格段に上がる。

  • 暴君機械獣ガレオム
    強化されたガレオム。複数の個体が現れた。
    一体目は亜空間に突入しようとするマリオの前に現れた。初戦時はワープスターで逃げられたが、再びファイター達が地上に戻ったところを戦車形態で追い駆けていた。最期はスネークのC4爆弾に敗れた。
    二体目はダークソニックXDに命ぜられ、ほうき星のロゼッタの前に現れた。戦わずに自分を殴り、亜空間爆弾を爆発させた。
    三体目はダークアースで、タブーと共にいた。タブーの考えにより、スネークの思う通りに動かせるようになった。タブーの心臓に向けてスネークと共に巨大ミサイルを発射した。この個体がその後どうなったのかは不明。
    ミサイルマシンガン式のミサイルポッドから発射する。落ちたところに亜空間が広がる。
    巨大ミサイルスネークの指示に従って、タブーに向けて発射した。
    戦車形態スピードに優れた姿に変形する。
    亜空間爆弾内部に仕込まれている。
    • 暴君機械獣ガレオム 戦車形態
      暴君機械獣ガレオムの変形した姿。ワープ機能を搭載している。
      ワープ機能マリオ達を追い駆けている際に発動した。
      突進マリオ達に対して使用した。
  • 暴君邪悪獣クッパSX(スタークロス)
    ソニック達の前に現れた。正体はクッパ。最期はソニックのギガソニックに敗れた。
  • 洗脳機械魔獣レックウザDa(ダークアルファ)
    ソニック達の前に現れた。ソニックとの戦闘中に、ファイターを洗脳したが、世界の異変によってか消滅した。
    逆鱗黒いオーラを放っている。クリスタルに対して使用したが、かわされた。
    つかむソニックを腕で掴んだ。
    洗脳能力黒いオーラを使い、クリスタルとデイジーを洗脳した。
    • 黒いオーラのクリスタル・黒いオーラのデイジー
      洗脳機械魔獣レックウザDaに操られたクリスタルとデイジー。ソニックを睨んでいたが、レックウザと共に消滅した。
  • 管理用ロボット
    ある研究施設を管理しているロボットアタッカー。ボスキャラを無限に作りだす計画を進めていたが、途中でミスをしてしまう。メタナイトに倒された。
  • 鋼鉄翼竜機メタリドリー/未完成のメタリドリー
    研究施設で影虫から作られていたメタリドリー。管理用ロボットの失敗で、電子頭脳が未完成のまま暴走し施設を脱走した。ソニックの前に現れたが、猛スピードスピンアタックに敗れた。
    • ダークソニックXD
      メタリドリーの死骸から溢れた影虫を、ソニックが浴びてしまった姿。研究施設を復活させた後、「無敵機械怪獣大量生産」を計画した。最期はスネークに敗れた。
      闇を放つ研究施設を元の状態に復活させた。
      ダークスピンアタックメタナイトに対して使用したが、かわされた。
  • 量産型リドリー
    研究施設で影虫を使い量産されているリドリー。専用のアタッチメントも製造されている。
    • アサルトリドリー
      母艦級の機体を襲撃するためのアタッチメントを装着したリドリー。頭部、腹部、翼、手、足をアタッチメントで覆っている。難点として、リドリーが本来持つ機動力が奪われてしまう。背中には、長射程のビームキャノンが2基ある。頭部と腹部にはアーマーが装備されている。大型の機械によって操縦されている。
      初めて現れたのは、アタッチメントの実験中に暴走し、ファイター達に戦いを挑んだもの。最後はサムスのミサイルを受けて消滅した。
      続いて亜空間を彷徨うトゥーンリンクとプリンの前に、10体近くが現れた。中央にいる個体は、片目が潰れている。クラッカーランチャーとスマートボムを使った攻撃に敗れた。
      ビームビームキャノンから発射する。ハルバードの右翼を突き破るほどの力がある。
      光子エネルギーブレード両翼で発生させる。振り回すことで様々なものを破壊する。
      火球口から放つ。
      ジャンプ5体のファイターを踏みつぶそうとした。
      翼を振るう翼を攻撃しようとしたポポとナナに反撃した。
      ブースター背中に搭載されており、飛行を補助する。
      尾での攻撃身動きの取れない状態で使用したが、失敗した。
      ミサイルビームキャノンから発射する。
  • 電脳機械烈空獣レックウザ
    色違いで、全身がアーマーで覆われているレックウザ。長射程のビームキャノンやブースターも装備している。最期はポケモントレーナーに敗れた。
    10連発式ビームビームキャノンから発射する。
    逆鱗暗黒の光を放っている。1度目はカービィに命中させ、2度目は多くの相手をフィギュア化させた。
    破壊光線フィギュア自体を破壊しようと、チャージを始めたが、阻止された。
  • 超巨大暴君機械獣リドリー
    プププ星を破壊していた、タブーの刺客。ファイター達の猛攻に敗れた。
  • 強化アーマン
    Mr.ゲーム&ウォッチ達の前に現れた。装甲が強化されている。ネスとリュカに惑わされ、地面に倒れ込んだ。
  • 超巨大デュオン・超巨大ガレオム
    ロゼッタがダークアースの説明をする際に用いた言葉。ダークアースではプリムが1秒に100万台製造できるらしい。実際に製造したかは不明。

異世界のキャラクター Edit

  • 虹色に光る竜
    暗黒の渦の穴から現れた、「真実を知るもの」。世界や空間の歪みをソニックに教えた。

オリジナルの設定を持つキャラクター Edit

  • タブー(小説仕様)
    リレー小説1作目登場のタブー。地球とポップスターのちょうど間にある星・ダークアースに、本体の心臓があり、それを破壊しない限り復活する。最期はスネークをだまして不意打ちしようと企んだが、ミュウに阻止されて敗れた。
    光の鎖力尽きたレックウザを無理矢理動かしたり、ファイターを亜空間に引きずり込む為に使った。
    ダークキャノンファイターをフィギュアにする武器。連射可能。
    突進自らを巨大な刃に変えて突進する。
    OFF波動ファイターやマスターハンド達をフィギュアにする。
    謎のバリアマスターハンドの攻撃から身を守った。
    謎の波動マスターハンドを右手に合体させた。
    亜空間真っ黒な亜空間の中で自らを真の姿に変えた。
    • タブー+マスターハンド
      右手から謎の波動を出し、マスターハンドを黒くさせ右手に合体させた姿。結局は逆に乗っ取られた。
      ワープマスターハンドの力に逆らい、何とか発動させた。
    • 真のタブー
      自ら亜空間を作り、それと融合することで生まれた。龍の姿をしている。エインシャント郷の突進に敗れたが、心臓が残っていた為巨大な姿で復活した。
      亜空間色のサンドバッグ口から大量に吐き出す。
      ワープ目を光らせて発動する。
      爆弾ファイターに向けて大量に落とした。
      • 巨大な真のタブー
        真のタブーが復活した巨大な姿。
        稲妻ファイターを洗脳する。
        身代わりスネークを騙す為に作り出した。
        跳ね返す投げられたスマッシュプレートを跳ね返した。
        無数の弾ファイターに向かって投げつけ、殆どをフィギュアにした。
        OFF波動強化されている。ミュウに防がれた。
      • 亜空間色のサンドバッグ
        叩かれる事で、亜空の敵を産みだす。
      • 偽タブー
        スネークを不意打ちする為に、タブーが作った身代わり。
      • ダーク化したピット
        タブーに操られたピット。何かの野望を抱いているように見える。
      • 巨大改造暴君獣軍団
        復活したタブーの近くに大量にいた敵。スネークにより、ガレオムを除いて倒された。
  • エインシャント郷(小説仕様)
    元々は亜空軍の司令塔的存在。「亜空の使者」と同じく正体はロボットだが、その行動には謎が多い。一度暴走した後、何度かファイターに攻撃したり敵を送り込んだりしていた。しかし、ファイターにアイテムを渡し手助けする場面もあった。最終的には、爆発に巻き込まれてから、スマブラにタブーの正体を言い残して死んだ。
    亜空間爆弾スマッシュマウンテンに投下した。
    相手の記憶を消す目を光らせて発動する。ただし、亜空間に入れば思い出す。
    ビーム赤い眼から発射する。
    魔法マスターボールからミュウを出現させた。
    ワープパットビームで作りだした。
    突進タブーに向かって使用した。
  • マスターハンド(小説仕様)
    「創造主」。タブーに戦いを挑むが、フィギュア化された。だがその後復活し、ファイターを支援する。
    再生能力フィギュアの状態から復活した。
    アイテムサンドバックくんやスマッシュボールを取り出した。
  • クレイジーハンド(小説仕様)
    「破壊主」。マスターハンドと共にタブーに戦いを挑むが、フィギュア化された。マスターハンドが復活した後、自らも復活し、影虫を消滅させた。
    再生能力フィギュアの状態から復活した。
    指を鳴らす影虫を消滅させた。
  • サンドバックくん(小説仕様)
    マスターハンドがトゥーンリンクとプリンに渡した、「救世主のサンドバック」。叩くとアイテムが現れる。光っている時に叩くと、パルテナが現れた。

ステージ Edit

世界観 Edit

第1話で、「スマブラの世界」と説明されている。第24話では、ファイター達がそこを「地球」と呼んでおり、他にも天体がある。また、第19話で「向こうの世界」という表現が使われており、亜空間とも別の異世界があると分かる。
全編を通して"亜空の使者"の続編のように語られるが、オリジナルの真実が加えられており、同じものかは不明。

スマブラの世界/地球/スマブラ星 Edit

ファイター達が住む星。

スマッシュマウンテン Edit

スマブラの世界にある、闘いが好きなものが集う山。序盤でマリオとリンクが戦った。亜空間爆弾により、亜空間に飲み込まれてしまった。

暗黒の渦の穴 Edit

スマブラの世界の南にある、謎の穴。かつての戦乱の中、時空の歪みによって生まれたらしく、異世界と繋がっている。

研究施設第一 Edit

強大な闇の力を発している、亜空軍の研究施設。ダークソニックXDとの戦闘に巻き込まれ、破壊された。

研究施設第二 Edit

スマブラの世界に東にある、亜空軍の研究施設。黒い煙を吹き続けている。ワリオとガノンドロフが、復活ブローチや転送装置を作っていた。

異世界/もう一つの世界 Edit

スマブラの世界とは別の世界。虹色に光る龍や、デイジー、クリスタルなどが住んでいる。

ダークアース Edit

「地球」とポップスターのちょうど間にある星。ここにいる亜空軍は、地球に存在しているときと比べ物にならないほど強い。本当の亜空軍の基地はここにあり、タブーの心臓もある。

プププ星 Edit

星型の星で、デデデが住んでいる。尚、原典である星のカービィシリーズでは「ポップスター」という星が登場するが、それとは別の天体である。

アイテム Edit

レインボークリスタル Edit

ロゼッタから貰ったクリスタル。行きたい星を言うと、レインボーロードが現れ、そこに行くことができる。

ピットへの届け物 Edit

マリオ達がパルテナからピットは届けるように頼まれたもの。詳細は不明。

特殊な亜空間爆弾 Edit

内部で泡が立っている亜空間爆弾。亜空間を作り出さずに爆発による衝撃を繰り出す。

連射可能なダークキャノン Edit

タブーが使う武器。

ゲームモード Edit

Edit

ソニック Edit

  • ギガソニック
    ソニックの隠れた力。クッパSXをも破壊できる力を持っている。
  • 猛スピードスピンアタック
    強化されたスピンアタック。体力を大きく消費する。

協力技 Edit

  • インフィニティスマッシュクラッシュ
    スマッシュボールの力で、ファイター全員のパワーを集めた必殺技。時空が歪むほどの衝撃が走り、宇宙が割れるほどの大音響が鳴り響き、タブーを粉砕する。

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/創作シリーズ/サイト内リレー小説オリジナル要素/メンバーリレー小説 第1作?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White