HTML convert time to 0.053 sec.


創作シリーズ/創作キャラクター/VS.シリーズ

Last-modified: 2017-11-22 (水) 07:57:46
目次

X-MEN VS. STREET FIGHTER Edit

MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER Edit

憲磨呂 Edit

「MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER」にてCAPCOMサイドのゲストキャラクターとして登場した憲磨呂(ノリマロ)が参戦。外見は老け顔のメガネ学生だが、破天荒な技を使い格闘家やヒーローたちに混ざり互角に戦う謎の存在。態度が無駄に大きく、女好き。ある芸能人をモデルとした、他のCAPCOM作品には登場しない完全なMSH(国内版)オリジナルキャラクターである。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
3回不可能不可能不可能不可能不可能

飛び道具や対空技が一通り揃っており、見た目と異なり必殺技の性能は意外と正統派。ジャンプ力が平均よりやや高い(三段ジャンプも可能)が、攻撃のリーチはやや短め。

  • 弱攻撃:ヒジ打ち
  • 横強攻撃:あっち行けよ!(両腕を振り払い前方を攻撃)
  • 上強攻撃:あぶねっ!(しゃがみ込むと肩掛けカバンが反動で上に振りあがりアッパー)
  • 下強攻撃:やめてくれよ!(横強のしゃがみ版)
  • ダッシュ攻撃:こっち来んなよ!(両手で突き飛ばす。憲磨呂の通常技の中では比較的リーチが長い)
  • 横スマッシュ:十六文キック
  • 上スマッシュ:バナナサマーソルト
    足元に現れたバナナの皮を踏んで転ぶと共に前方を蹴り上げる。踏んだバナナの皮は一回分だけステージに残り、踏んだ相手を転倒させる効果を持つ。飛ばしたバナナの皮は自分が踏んでも転倒するので注意。
  • 下スマッシュ:おかぁちゃぁん!
    転ぶようなポーズで両足を突き出しキック。ちなみにこの技もバナナの皮が飛ぶ。
  • B:スーパーファンタスティックトレジャー
    「俺が何したんだよぉ!」
    怯えて顔を守るような構えを取りつつ、前方に学生カバンから取り出した様々な物体を投げる飛び道具。投げた物体は放物線軌道を描いてゆっくり飛ぶ。発生は早いが技後モーションの硬直が長いため連射が効かない。連続技の最後にも使えるが距離が近すぎるとヒットさせても反撃を受けることがある。中~遠距離牽制での使用が無難。
  • B(ためて放す):ハイパーストロングミラクルトレジャー
    「これ!これ!これこれーっ!」「時代を先取るニューパワー!」
    B発動時に押しっぱなしにするとこちらの技になる。カバンの中をさぐるモーションが発動するのが合図で、この状態からBを離すことで、後述の「ローリングパワフルアームズ」の動きで腕を振りながら複数の物体を投げ飛ばす(物体の投げる数は溜め時間に依存する)。溜め時間の長さに関わらず技後は上アピールのポーズを取るため隙だらけになる。物体一つ一つのスマッシュ力も低いので、仮に最大まで溜めてもダメージはともかくスマッシュは期待できない。状況によっては当てても反撃を食らうことがあるので迂闊な乱用は控えよう。またチャージ維持は不可能。
  • 横B:ローリングパワフルアームズ
    「ヴぇぇぇぇおぉ!!」
    泣き叫びながら両腕を振り回し連続パンチを浴びせる突進技。スマッシュ入力により突進距離と攻撃回数が増す。技を放った後は勢い余って転倒してしまうが態勢が低くなるので反撃防止に作用する。オーバーアクションの割には発生時や技後の隙は少なく、奇襲や連続技の要として利用できる。
  • 上B:グレードファイティングジャンプ(アルティメットグランドチャンピオンジャンプ)
    「とぶぞー!」「しょーりゅーけん!(威力アップ時)」「ノリマロジャンプ!」
    顔を突き上げて上昇する対空技。発生時無敵は無いが跳躍距離が高く、かつ判定も広いため対空・復帰のどちらにも使える。跳びあがった後は完全無防備のしりもち状態になるため、外した時は注意。
    一定確率で威力がアップ(台詞が変化するのが特徴)し、至近距離で当てると連続ヒットしながら大ダメージを与える「アルティメットグランドチャンピオンジャンプ」に技が強化される。
  • 下B:おかんちょうサービス
    「サービスサービス!」
    お下品なためMSH製品版では削除された幻の必殺技が実装。両手指による突き上げを放ち、ヒットすると相手を連続で吊り上げた後投げ捨てる屈辱技。威力は高いが発生が遅いため連続技にはならず、また判定も狭いので対空に使うのもまず不可能。ほぼ魅せ技に近い。
  • 最後の切りふだ:ウルトラバラエティプライベートメモリーズ
    「よーし!ノリマロアタック!」「だから言っただろう!」
    正面を向いて気合いを入れた後前方に突進、ヒットした相手をロックしつつ高速で連撃を加えて最後は気合いポーズと共に起こる爆発でふっ飛ばす。
    突進距離が短くスピードも通常ダッシュと変わらないため距離が離れていると当てにくいが、近距離なら大抵ヒットさせることが可能。ロック中は様々なコスプレ(?)をして妙なポーズで連続攻撃を浴びせる。

・登場演出
周りの風景をカメラで撮っているが、自分が戦うことに気付き驚く「あれ?あれあれ?俺かよぉ~っおい!?」
対戦相手が全員女性の場合はハートを浮かべながら喜ぶ「ありゃりゃりゃりゃ~!どうも~♪」
・キャラ選択時のボイス
「お前ら、本当の戦いってもんがわかってないな!」
・アピール
上アピール:正面を向き、両握りこぶしを順に掲げた後手を突き出すポーズ。「時代を先取るニューパワー!」
横アピール:カバンから取り出したサイン色紙を前方に突き出す「サインくれよ!」
下アピール:メガネを直しながらもう片方の手で前方を手招きする挑発ポーズ「カモンカモン!」
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:正面を向き、中腰で気合いを入れるポーズ(切りふだの最後と同じ)「だから言っただろう!」
勝利ポーズ2:カメラを取り出して自撮りする「弱すぎるぞ~!」
勝利ポーズ3:上アピールと同じ。「時代を先取るニューパワー!」

メカザンギエフ Edit

VSシリーズ(MARVEL SUPER HEROES VS ストリートファイター以降)の隠しキャラ(特殊形態キャラ)として参戦していたザンギエフのコンパチブルプレイヤーキャラクター。
全身が機械化されており、元々パワーファイターだったザンギエフにさらに重さと攻撃力を増した超重量型ファイターとなった。また常時メタル状態のように相手の攻撃に怯みにくい状態となっている。
ただしジャンプ力と移動速度が大幅に低下しており、またシールドを使えないという欠点も持つ。
メカザンギエフ独自技以外の必殺技の内容についてはザンギエフの項目参照。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
1回不可能不可能不可能不可能不可能
  • 下B:戦闘形態切り替え(遠距離型⇔近距離型に相互変換する)
  • チーム最後の切り札(両戦闘モード共通):ダブルファイナルアトミックバスター
    「VS」より導入されたヴァリアブルコンビネーション(合体技)をチーム切り札として導入。発動するとチームの仲間ファイター一人と共に挟むように相手を掴みにかかる。
    相手を掴むと仲間と共に相手を空高く持ち上げ、通常のスクリューパイルドライバーより回転力と高度を増した叩きつけをお見舞いする。
    クッパ、デデデ大王など巨体キャラと同時に行った方が見栄えが良いが、仲間が誰でも(チビキャラでも、美少女キャラでも)行えるので敢えてミスマッチな組み合わせを楽しむのも面白いだろう。

※近距離型使用技

  • B:ダブルラリアット
  • 横B:スクリューパイルドライバー
  • 上B:エリアルロシアンスラム
  • 最後の切り札:ファイナルアトミックバスター

※遠距離型使用技

  • B:バニシングフラット
  • 横B:ウォッカファイヤー
    下アピールのポーズから口を空けると、そこから青白い火炎放射を放つメカザンギエフオリジナル必殺技。
  • 上B:アトミックスープレックス(フライングパワーボム)
    通常版ザンギエフの違いとして、空中で出し相手を掴まなかった場合は「短距離を空を歩くように前方に移動する」という違いがある。
    これで空中での横方向への移動を多少ながら補えるが、あくまでも補助程度。復帰技としての期待はしないように。
  • 最後の切り札:シベリアンブリザード
    ダブルラリアットの体勢で回転速度を増していき、上空に体当たりを放つメカザンギエフオリジナル必殺技。
    空中へ居る相手への対空技として使えばヒット時はほぼ確実に相手を星にできるが、地対地の場合はカス当たりになりやすい。

・登場演出
着ているマントをはぎ取って投げ捨てつつ構える。「この鋼の体なら、勝利はオレのものだ!」
・キャラ選択時のボイス
「ウォォォォッ!!」
・アピール
上アピール:両手を腰に添えて、ふんぞり返るように高笑いをする。「さぁ、この鋼の体を傷付けてみろ!」
横アピール:拳を前方に突き出すが何も起こらず、首をかしげる「なぜだ?ロケットパンチが出ない!」
下アピール:両腕を大きく広げて前のめりになると、口からライターのように火がちょろっと出る。「いかん、ウォッカが切れた!」
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:拳を胸の前で合わせてポーズをする。「生まれ変わった俺のパワーはどうだい?」
勝利ポーズ2:人差し指を突き出した片手を空に掲げて満面の笑み。「君も鋼の身体が欲しくないかね?」
勝利ポーズ3:両拳を腰に当てて爽やかな笑みを浮かべる。「この体をくれたあの人は、俺にとっては神様だぜ!」

日焼けしたさくら Edit

VSシリーズ(MARVEL SUPER HEROES VS ストリートファイターおよびMARVEL VS CAPCOM2)の隠しキャラ(特殊形態キャラ)として参戦していたさくらのコンパチブルプレイヤーキャラクター。
外見上の違いは「肌を日焼けした」だけだが、それにより何故か豪鬼の技を使用できるようになっている。
「MARVEL SUPER HEROES VS ストリートファイター」においてはノーマルさくらと意図的に技性能の違うキャラとして設定されていたため、こちらでも通常さくらとは異なる性能の技を持つファイターとして扱う。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能
  • B:波動拳
    豪鬼の「豪波動拳」と同じ。
    ただしさくらや豪鬼のようにBタメ押しによる技変化や性能変化は起きない。
  • B(空中):斬空波動拳
    豪鬼の「斬空波動拳」と同じ。
  • 横B:阿修羅閃空
    豪鬼および殺意リュウでは緊急回避のモーションとして使用していた移動技が必殺技として実装。ある意味日焼けさくらオリジナルの必殺技と言える。
    腰を落とした構えから、肩と片膝を上げたポーズで残像を残しながら前進・後退する移動技。発生から終わり際まで完全無敵の上、移動中にBを押すことで移動距離の調節も自由自在。
    相手にダメージは与えられないが、回避・移動に非常に優れた技と言える(特にドラグーンや攻撃範囲の狭い切り札の回避には最適である)。
    ただし阿修羅閃空を二回連続で使用すると自動的に硬直が生じるように設定されているため「阿修羅閃空を繰り返して乱戦から逃げ続ける」という消極的な使い方はできない。
    また空中での使用はできないため、復帰技として用いる事もできない。場外に出された時は素直に下B→上Bで復帰しよう。
  • 上B:咲桜拳
    前方に突進し(空中でも前方に突進する)、相手に突進が当たった時拳を振り上げて飛び上がる。相手に当たらなかった時は突進のみで突き上げに移行しないのが日焼け版最大の特徴。
    また通常さくらと異なり地上使用時のアーマーが発生しないので、飛び道具に対しての相殺目的には使えないので注意。
  • 下B:春風脚
    唯一、通常さくらと技性能が大差無い必殺技。
  • 最後の切り札:乱れ桜
    ストシリーズの同名技と異なり「VS」シリーズでの性能の技を切り札として搭載。咲桜拳の突進する動作で前進しヒットするとロックして連続攻撃後に咲桜拳で〆る乱舞技。
  • 最後の切り札2:春獄殺
    ダメージ%150%以上で使用可能。技名の読みこそ異なるが性能は豪鬼の切り札「瞬獄殺」と全く同じ。
    「吹っ飛ばせない技である」「自分の蓄積ダメージ%が高い時でないと使えない」という性質上、上手く技が決まった後も油断しないように。

・登場演出
阿修羅閃空により、画面外から素早く現れる。「我は拳を極めし者………なぁんてねっ!」
・キャラ選択時のボイス
「滅殺!!………なぁんてねっ!」
・アピール
通常さくらと同じ。
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:画面手前を向いて拳を真上に突き出し、満面の笑顔を浮かべる。「アッハハ!」
勝利ポーズ2:眼前に掲げた拳を握りしめ、画面手前へ向き直りつつポーズ。「これであの人に一歩近付いた…!」
勝利ポーズ3:突きやローキックを空に放ち、最後に蹴り足を高く上げる「はっ!やっ!だぁーっ!」
勝利ポーズ4:(最後の切り札で勝利)豪鬼の真似をして画面手前へ背中を向ける。

シャドウ Edit

かつてMARVEL SUPER HEROES VS ストリートファイターの隠れキャラ、MARVEL VS CAPCOMのアシストキャラとして活躍していた、ナッシュのコンパチブルプレイヤーキャラ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

ナッシュがベガのサイコパワー、アポカリプスのテクノロジーによって、改造と洗脳の手術を受け、改造された姿。どの攻撃と技でも威力がナッシュより高くなり、青い炎が付き、パワーアップ。体のサイズはナッシュと同じく平均レベル。

  • B:シャドウブーム
  • B(連打):シャドウブレイク
  • 上B:シャドウシェル
  • 横B:クロスシャドウブリッツ
  • 下B:シャドウスラッシュ
  • 最後のきりふだ:シャドウジャスティス
  • 最後のきりふだ2:ファイナルミッション
    自身のダメージが150%以上あれば使える。

メカ豪鬼【ボス】 Edit

「MARVEL SUPER HEROES VS ストリートファイター」の最終ボスとして登場したメカ豪鬼がボスとして登場。英語名はCyber-Akuma。豪鬼がアポカリプスによって強化改造手術されて作られたクローンサイボーグ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能可能不可能不可能

通常の豪鬼に比べ、火力と重量・スピードが大幅にアップしている。
また腕がロケットパンチになっており、飛び道具として放つ事が可能。

  • つかみ攻撃:つかみ膝蹴り
  • 前投げ:メカ背負い投げ
  • 後投げ:メカ巴投げ
  • 上投げ:メカ地獄車
  • 下投げ:メカ一件落着(オリジナル)
    ポケットファイターのコマンド投げが、スマブラオリジナルに改造。

※使用技

  • 強攻撃:ロケットパンチ
    正拳orアッパーカットを放つと共に、前方or真上にロケットパンチを飛ばす。パンチには簡易的な追尾機能があり、近くに居る相手を大まかにサーチして飛んでいく。
    防御・回避しにくい技だが、パンチが消失するまでメカ豪鬼本体は動かないので上手く回避できれば反撃のチャンスが生じる。
  • 必殺技1:メカ豪波動拳(空中:空中メカ豪波動拳:※原典での正式名称です)
    空中では斜め下に波動拳を2発放つ
  • 必殺技2:メカ豪昇龍拳
    ケンの昇龍拳とは違い、青い炎が纏っている。後でしりもち落下になる。
  • 必殺技3:メカ灼熱波動拳(オリジナル)
    灼熱波動拳、メカ豪波動拳の強化版。
  • 必殺技4:メカ天魔空刃脚
    斜めに急降下しながら、炎を纏いつつ蹴る。
  • 必殺技5:メカ阿修羅閃空
    前方or後方ダッシュと同じモーションで残像を残しつつ滑るように高速移動する。移動中は完全無敵。
  • 必殺技6:メカ豪波動の構え(オリジナル)
    メカ豪波動拳と同じモーションで、弾を撃たないフェイント。
  • 必殺技7:メカ百鬼襲(オリジナル)
    豪鬼の百鬼襲と同じく、体を丸めて、追加攻撃をぶちかます。追加1~8の技に派生。
  • 追加1:メカ百鬼豪斬
    何もしなかったら自動で派生。炎入りスライディング。
  • 追加2:メカ百鬼豪衝
    斬空波動拳と同じモーションで炎入り掌底を叩き込む。
  • 追加3:メカ百鬼豪砕
    掴んだ後、縦回転しながらバックブリーカーをぶちかます。威力はザンギエフのスクリューパイルドライバー以上。
  • 追加4:メカ百鬼豪尖
    プロレスのセントーンに似た体当たり。
  • 追加5:メカ百鬼豪刃
    天魔空刃脚と同じ炎入り蹴りモーション。
  • 追加6:メカ百鬼豪断
    炎入り浴びせ蹴り。
  • 追加7:メカ百鬼豪墜
    掴んだ後で空中回転しながら地面にたたきつける。威力はアレックスのパワーボム以上。
  • 追加8:メカ百鬼豪砲
    その場で斬空波動拳と同じ弾を2発撃つ。
  • 必殺技9:メカ竜巻斬空脚
    竜巻斬空脚と同じモーションで、電気を纏いながら回転しつつ膝蹴り→蹴る。
  • 最後のきりふだ1:ハイメガ豪ビーム
    灼熱波動拳と同じモーションで、火炎極太ビームを照射する。威力は滅殺豪波動以上。
  • 最後のきりふだ2:スクランブル豪パンチ(Ver.ウルトラコンボ)
    滅殺豪昇龍と同じく、昇龍裂波のように豪昇龍拳を連発する。ヒット後には殺意リュウのウルトラコンボと同じ追加攻撃を叩き込む。
  • 最後のきりふだ3:サンダー豪シャワー
    天魔豪斬空と同じく、斬空波動拳より大きな弾を31連発する。炎入り、電気入り、氷入りのバラバラ。
  • 最後のきりふだ4:シャイニング豪ショック
    瞬獄殺のメカ豪鬼用強化版。スピードと移動速度が増加、シールドガードができないし、威力とヒット数がめちゃ高。
  • 登場演出
    背中から翼を出した状態で空中から舞い降り着地、戦闘開始。
  • アピール
    豪鬼と同じく、片足を踏みながら気合を入れる。
  • 勝利ポーズ
    勝利ポーズ1:背中から3本目~6本目の腕を出し(6本腕の状態になり)、背中に後光を背負いながら輝く「ぬうううん!」
    勝利ポーズ2:手前に背中を向けて立つと、背中に天の文字が光る「笑止!」

MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES Edit

リリス風モリガン Edit

「MARVEL VS CAPCOM」の隠しキャラとして参戦していたモリガンのコンパチブルプレイヤーキャラクター。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能可能不可能不可能

リリスとモリガンが頭をぶつけたことで精神が入れ替わり、体はモリガンだが精神はリリスになっている。
モリガンをベースにリリス風にアレンジした必殺技を使う。
・←←or→→:バーチカルダッシュ
・空中で←←or→→:バーニアダッシュ
・下押してすぐ上:ハイジャンプ
・前or後投げ:ブレストアンギッシュ
・上投げ:ベクタードレイン
・下投げ:ムーントレイサー
・B:ソウルフラッシュ
・上B:シャイニングブレイド
・上B(8分の1の確率で):スプレンダーラブ
「シャイニングブレイド」の体勢で翼を構えたリリス(精神はモリガン)をベクタードレインのポーズで抱えて上昇、上空の相手を斬りつける。
・横B:シェルキック
・下B:ブリリアントシャワー
「フィニッシングシャワー」の体勢で複数発のソウルフィストを飛ばす。
・最後の切りふだ:ルミナスイリュージョン
前方にダッシュで突進し、相手を捕らえると分身で相手を挟み込み連続攻撃を加えてサマーソルトで上空に打ち上げた後回り込み更に真下に蹴り落とす(MVC版モリガンの演出がベースのため乱舞のモーションもそれに追随)。
モリガンの「ダークネスイリュージョン」と違い、地上ヒット・空中ヒットを問わずフィニッシュがメテオになっている。地上ヒット時は一度地面にバウンドさせるため上空へのふっ飛ばし力はダークネスイリュージョンより劣るが地上に足場が無い状態で当てれば撃墜はほぼ確定となる。空中戦を誘って叩き込むのがベター。

マグネティックロックマン Edit

PS版「MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES EX EDITION」の隠しキャラとして登場していたロックマンのコンパチブルプレイヤーキャラクター。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

ロックマンをベースにマグニートーの技を使えるようアレンジ。
・B:チャージショット
・上B:ロックアッパー
・横B:アイテム攻撃
ロックマンが使う3種に加え、以下の3種が追加、計6種のアイテムが使用できるようになる。

  • 「EMディスラプター」:前方に突き出した片手の掌からビームを発射する。
  • 「ハイパーグラビテーション」:前方に磁力の弾を飛ばす飛び道具。ヒットさせた相手を拘束しつつ自分の目の前に引き寄せる。
  • 「マグネティックフォースフィールド」:全身を磁力バリヤーで包む。カウンター技。

・下B:アイテムチェンジ
・最後の切りふだ:マグネティックショックウェーブ
柱状の衝撃波を前方に発生させる、本家と同じ飛び道具。全体的な性能は本家と大差ないが、ダメージ制限が無い分一発の威力は低い。

シャドウレディ Edit

かつてMARVEL VS CAPCOMの隠れキャラとして活躍していた、春麗(チュンリー)のコンパチブルプレイヤーキャラ。
CV:折笠富美子(ストⅣのチュンリーと同じ)

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
3回可能不可能不可能不可能不可能

ベガの魔の手によって、ナッシュ、シャドウと同じようにチュンリーが改造人間にされて作られたクローン人間。ロボットのようにレーザー、ミサイル、ビームのような攻撃ができる。

  • 横スマッシュ攻撃:スカイカウンタークラッシュ
    チュンリーの旋円蹴と同じモーションのシャドウレディ版。
  • B:インフィニティレッグ
    B連打で攻撃を続ける。追加横で突進。
  • 上B:レインボーミサイル
    ミサイルを発射。
    セリフ「いきます。」
  • 横B:ミラクルドリル
    気功拳と同じモーションで突進。
  • 下B:プラズマバリアー
    全身を電気で包み込む。
  • 上B(最大ため):ギャラクシーミサイル
  • 最後のきりふだ:ビッグバンレーザー
    気功掌と同じモーションで極太レーザーを照射する。レバガチャで威力と持続時間が上昇。
  • 最後のきりふだ2:ファイナルミッション
    自身のダメージが150%以上あれば使える。

MARVEL SUPER HEROES性能ハルク Edit

「MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES」に登場するハルクのコンパチブルキャラクター。
破壊神オンスロートにより創られたハルクの複製。MVC1の時のハルクをベースとしているため性格的にもオリジナルのハルクとは大きく異なる。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

オリジナルのハルクより通常技の出が総じて早くなっている。また移動速度も上がっているため典型的パワータイプだったハルクよりも立ち回りは良好。
一方ジャンプ力の低さに関しては変わっておらず、攻撃力も若干ながら下がっている。また必殺技のアーマーも削除されているため相手の攻撃に潰されやすくなっている。
・B:ガンマトルネード
・下B:ガンマスラム
・最後の切りふだ:ガンマクラッシュ
上記三点は通常のハルクから変更なし。
・横B:ガンマチャージ
・上B:対空ガンマチャージ
オリジナルのハルクと異なり突進中のアーマー性能が削除されている。発生の早さはそのままだが相手の攻撃への割り込みにはやや使いづらくなっている。
・登場演出
上空から定位置へ勢いよく落下してきて構える。「俺は…ハルクだ…!」
・キャラ選択時のボイス
「懺悔せよ、神の怒れる時は近い!」
・アピール
上アピール:両腕を大きく掲げて叫ぶ。
横アピール:拳を掲げてポーズ。
下アピール:開いた掌を握りしめてポーズ
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:拳を握りしめて画面手前を睨み付ける。「死ね!神…オンスロートの名の下に!」
勝利ポーズ2:地面を殴りつけて雄叫びを上げてポーズ。「俺の力は神…オンスロートの力だ!」
勝利ポーズ3:横アピールと同じポーズ。「破滅の日よ来たれ!全ての者に滅びを!」

ハイパーアーマーウォーマシン Edit

「MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES」に登場するウォーマシンのコンパチブルキャラクター。
破壊神オンスロートにより創られたウォーマシンの複製であり、金色に輝くアーマーから「ゴールドウォーマシン」とも呼ばれる。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

「メカザンギエフ」同様、常時メタル状態のように重く相手の攻撃に怯まないようになっている。ただし機動力については大幅に制限され、アイアンマン(ウォーマシン)が使用できた「飛行」も使えないため復帰能力も低下している。
反面近距離戦の決定力不足といったデメリットはアーマーと攻撃力増加により解消されているので、硬さと重さを利用したゴリ押し戦法が有効なキャラクターと言える。
・B:ショルダーキャノン
肩からミサイルを発射する飛び道具。アイアンマンの「ユニビーム」と比較するとビームからミサイル弾に変わっているため中距離以降での攻撃発生から到達までの時間が長くなっているが、威力はアップしている。
ダメージ量が溜まっていればこの技だけでもスマッシュが可能で、かつ攻撃に怯まないHAウォーマシンの特性を活かせば近距離でぶっ放す戦法も有効。
・横B:スマートボム
両肩から爆弾を同時に射出し投下する飛び道具。アイアンマンと異なり電撃属性となっている他は性能は大差が無い。
・上B:ウォーデストロイヤー
バックパックを背負い垂直方向に向けてミサイルを放つ飛び道具。原典では超必殺技で複数のミサイルを連射したがこちらでは必殺技扱いのためデフォルトでは単発発射になっている。
B連打でミサイルの発射本数を増やせる他、空中での使用時は滞空&方向キーで短時間浮遊移動が可能となっている。復帰能力が絶望的に低いHAウォーマシンの空中復帰を多少なりとも補うことのできる技だが、それでも復帰距離を大幅に稼げるというほどでは無い。復帰性能については補助的なものと考えておこう。
・下B:しゃがみショルダーキャノン
しゃがみながらBのショルダーキャノンを放つ技。空中での使用時はBと同じモーションになる。
・最後の切りふだ:プロトンキャノン
何も無い空間からキャノン砲を出し、ミサイルを連射する飛び道具型切りふだ。
アイアンマンの同名の切りふだと異なりミサイル弾の連射となっているためこちらも発動から攻撃到達までの時間が遅くなっている。発射弾数の多さからクリーンヒットした時の威力はアイアンマン版を凌駕する。遠距離での狙い撃ちよりもアーマーを活用して目いっぱい接近した上で近距離から叩き込む使い方がベストだろう。
・登場演出
ジェットパックを背負って上空から降下、乗り捨ててステージに着地する。「俺は…ウォーマシン…」
・キャラ選択時のボイス
「全てを滅ぼす…これが神の意思だ…!」
・アピール
上アピール:その場に膝をついて苦しむ
横アピール:片腕を押さえてアーマーからエネルギーを発生させて拳を掲げる
下アピール:画面手前を向いて胸部を光らせる
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:両腕を広げ、ボディーブローを放つように拳を手前に突き出す。「無駄な足掻きは止めろ」
勝利ポーズ2:画面手前を向いて光り輝く拳を掲げる。「人類の滅びは神によって決定している…」
勝利ポーズ3:バックパックを背負いミサイルを乱射する。「俺の武器は人類を滅ぼす神の業火だ!」

ハイスピードベノム Edit

かつてMARVEL VS CAPCOMの隠れキャラとして活躍していたベノムのコンパチブルプレイヤーキャラクター。破壊神オンスロートによって創られたベノムのコピーであり、オンスロートの命令に従いヒーローを抹殺する為に戦っている。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
3回可能可能不可能不可能可能

攻撃力の高さはそれぞれそのままにスピードとジャンプ力が大幅にアップしている。反面キャラの重さがノーマルベノムの半分程度まで下がっている。
・B:ウェブスロー(前)
・上B:ウェブスロー(上)
・最後の切りふだ:ベノムウェブ
上記三つの技はベノム(通常版)と同じ。
・横B:ベノムクラッシュ
自分の上半身を大きな牙に変え、噛み付くように前方に突進する突進技。
放物線軌道で飛び掛るように突進するベノム(通常版)の横Bと異なり、横方向に滑るように突進するという違いがある。
ヒット時B連打で相手に噛み付きダメージを増やすことができるが、相手にシールドで防がれると大きな隙を晒すことになる。
・横B(空中):ベノムチャージ
触手を這わせた腕を突き出しつつ斜め下に突進するハイスピードベノムオリジナル技。
ベノムクラッシュと異なり技の前後に変形を伴わない為非常に始動の隙や技後の硬直が短く、使いやすい打撃技である。
・下B:ベノムストーム
自身の肉体の一部を這わせ、周囲の足元から牙を飛びかからせる。
遠方の地面を攻撃するベノム(通常版)の下Bと異なり、攻撃範囲が自分の周囲に限定されている。
代わりにB連打により攻撃回数を延長することが出来るので、無防備に近寄ってくる相手への牽制として使用できる。
しかし牙は自分の体の一部とみなされる為くらい判定がそのまま残っており、飛び道具に対しては全くの無防備であるという点に注意。
・勝利ポーズ
勝利ポーズ1:マスクが剥がれるようにエディの顔からシンビオートが分離し、相手を嘲笑う「バカめ!この神聖な戦いを邪魔する気か?」
勝利ポーズ2:腕を組み前方を睨みつける「お前らは俺に負けたんじゃない。破壊神オンスロートに負けたのだ!」
勝利ポーズ3:画面手前を指差すようにポージング「貴様の脳味噌食わせろぉっ!!」

MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES Edit

ルビィ・ハート Edit

マヴカプ2の元プレイヤーキャラ。女海賊がモチーフ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

攻撃力、防御力、リーチ、スピード、ジャンプ力、体のサイズはそれぞれ平均レベル。
攻撃と投げモーションは、他の格闘ゲーム作品と同じ。一部スマブラオリジナルあり。

  • B:シュプリマシオン
    波を発生させて、打ち上げる。
  • 上B:ラファールカノン
    イカリを投げ、巻き付け、大砲を発射。スマッシュ入力でイカリを投げる方向が変化。
  • 横B:シュバルツェール
    スティック+Bで方向転換ができるが、後でしりもち落下になる。
  • 横B(スマッシュ):フランメール
    横Bの強化版。
  • 下B:ファントゥーム
    宝箱からお化けが出て、お化けに取りつかれるとスタンバイ状態を吸収させられる。
  • 下B(スマッシュ):ミルファントゥーム
    お化けが出る数が増えた、下Bの強化版。
  • 最後のきりふだ:パルトネール
    巨大海賊船を召還→ヒット後にロックして、大砲を何度も打ち込む。
  • 最後のきりふだ2:トゥール・ド・マジ
    自身のダメージが100%以上あれば使える。相手に樽を閉じ込め、AかBでナイフを投げる。当てた回数が多いほど威力が上がる。外れるか、一定時間経つと爆発で締める。

アミンゴ Edit

マヴカプ2の元プレイヤーキャラ。サボテン男がモチーフ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

攻撃力、防御力、リーチ、スピード、ジャンプ力がそれぞれやや高め。体は平均サイズ。
攻撃と投げモーションは、他の格闘ゲーム作品と同じ。一部スマブラオリジナルあり。

  • B(下Bでも可):大地の子供
    チビサボテン人間を設置。Bで攻撃、下Bで掴み捕縛。
  • 上B:緑の歓喜
    上昇するので復帰技の一つ。
  • 横B:風の叫び
    体を花瓶に包みながら突進。
  • 最後のきりふだ:太陽の恵み
    地面に潜って巨大な蔦を回す。レバガチャで威力上昇。
  • 最後のきりふだ2:植物の掟
    自身のダメージが100%以上あれば使える。ウツボカズラを呼び、ヒット後にロックして、アミンゴがマラカスシェイクをし、吐き出す。

ソンソン Edit

マヴカプ2の元プレイヤーキャラ。孫悟空がモチーフ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能可能不可能不可能不可能

攻撃力、スピード、ジャンプ力、リーチは高いが体はやや小さめだけど体重はやや軽め。

  • つかみ攻撃:つかみ棒殴り
  • 上投げ:金銀之葫蘆
    必殺投げが、上投げに昇格。
  • 下投げ:原作の空中投げ
  • 前投げ:パンチ投げ
  • 後投げ:キック投げ
    それ以外の攻撃モーションは、他の格闘ゲーム作品と同じ。一部スマブラオリジナルあり。
  • B:風切斬
    如意棒を回しながら殴る。B連打で攻撃を続ける。
  • 上B:斎天連撃
    上昇しながら如意棒で殴る。マヴカプ2同様無敵時間は一切ない。技後はしりもち落下に。
  • 横B:子猿舞
    チビソンソンを召還する飛び道具。
  • 下B:天地通貫
    打ち上げ、如意棒を巨大化して、「落ちろッ!!」と言いながら如意棒で下から殴る。
  • 最後のきりふだ:猿王
    一定時間巨大な猿に変身。変身中は攻撃モーションが変化。
  • B(最後のきりふだ中):ビーム発射
    スティック入れでビームを方向転換。
  • 最後のきりふだ2:POW
    自身のダメージが100%以上あれば使える。巨大な「POW」を吐き、ヒット後にロックして、フルーツに変え、ソンソンがフルーツを食べつくし、種を吐き、爆発。

アビス【ボス】 Edit

「MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES」より「アビス」がボスとして登場。「鎧の巨人」「液体人間」「液体巨獣」の3つの形態を持ち、プレイヤーの前に立ちはだかる。

  • [使用技](鎧巨人形態)
    液状の身体を巨大な鎧に封じ込めた巨人。動作は緩慢だが、プレイヤーの攻撃に怯まない。

叩きつけ:手を上段から振り下ろす。接近していなければ当たらない。
突進:少し溜めた後、前方に突進する。地面を滑るように突進するのでオンスロートと異なりしゃがんでも回避できない。溜め中に二段ジャンプ→上Bなどで回り込めば回避可能。
液体の槍:兜から生えた角を引き抜き、前方斜め下に投げつける遠距離攻撃。接近すれば当たらないので、槍を振りかぶり中に接近して回避しよう。
液体弾:前方に手を翳すと、上段から下方向にゆっくりと複数の液体弾が飛んでいく。
オンスロートの「ハイパーグラビテーション」のような軌道だが、当たっても拘束性能は無い。
光線:前方に極太ビームを放つ。オンスロートのメガオプティックブラストとほぼ同等の性能で、こちらもしゃがみで回避できる。
液体槍の雨:手を掲げると、空から前方の地面に液体の槍が降り注ぐ。シールドは削られるので、手を掲げた瞬間に間合いを離して逃げるしかない。

  • [使用技](液体人間形態)
    ある程度ダメージを与えると鎧が破壊され、液体人間の真の姿を現す。
    ステージの地面全体に液体を這わせており、この中を自在に移動してくるため位置を掴みにくい。

火炎放射:前方に火炎を放つ。
ビーム:前方に射程無限の光線を放つ。「細くて低威力だが出が早い」「太くて高威力だが出が遅い」二種の光線が存在。
泡:地面の液体から数個の泡を放つ。泡はゆっくりとステージ上を飛び回り、触れた相手を長時間拘束する(シールド不可能)。飛び道具で相殺もできないため、とにかく逃げるしかない。一定時間捕まらないと泡は自然に割れる。
液体散布:全身を回転させ、周囲に液体を飛び散らせる。一発の威力は低いが大量に飛ぶので厄介。なるべく間合いを離してシールドで防ごう。

  • [使用技](液体巨獣形態)
    アビスの最終形態。アポカリプス・オンスロート第二形態より更に一回り大きいマグマのような巨人に変貌する。
    身体は液体状のためプレイヤーの攻撃を通さない。頭部と、身体部に浮遊する黒い球(アビスの本体)に食らい判定があるのでここを狙おう。

叩きつけ:前方に手を叩きつけると共に、火柱を発生させる。
体当たり:前方にダイブし、地面に潜る。この時本体の黒い球だけが少しの間ステージ上に残るため反撃のチャンス。
液体放射(横方向):背中を向け、前方に液体を連続で飛ばす。しゃがめば回避可能だが、空中に居ると狙い撃ちにされるので迂闊にジャンプしないこと。
液体放射(縦方向):体当たりで地面に潜った後に使用してくる。地面から空中に垂直に昇る液体を複数箇所から飛ばす。一発でも当たると打ち上げられ追撃される。「体当たり」でアビスが潜った地面の位置から離れていれば回避可能。

アダマンチウムを失ったウルヴァリン Edit

「MARVEL VS CAPCOM2」の隠しキャラクターとして登場した、ウルヴァリンのコンパチブルプレイヤーキャラ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

本名はジェームズ・ハウレット(ローガン)。マグニートーに爪から特殊金属アダマンチウムを抜き取られてしまった姿(爪は骨がむき出しになっており、通常ウルヴァリンより少し長い)。
普通のウルヴァリンに比べたら攻撃力と防御力が下がっている代わりに爪のリーチが少し伸びる、一部必殺技の性能が上がるなど攻めに特化した能力となっている。
・空中で下A:流星キック
空中からの急降下キック。斜め下に放つ。
・B:バーサーカーバレッジ
通常版と違いフィニッシュにふっ飛ばし能力が追加されている。相手の蓄積ダメージ%が高い場合はフィニッシュ技としても活用できる。
・横B:バーサーカースラッシュ
・上B:トルネードクロー
空中で使用した時の上昇距離が通常版より若干強化されている。
・下B:ドリルクロー
・最後の切りふだ:バーサーカーバレッジX
・最後の切りふだ2:ウェポンX

CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001 Edit

神人豪鬼(真豪鬼)【ボス】 Edit

カプエス2からCAPCOM側の最終ボスとして初登場し、カプコンファイティングジャムから再登場していた。かつて真豪鬼にはストリートファイターZEROシリーズ(2以降)、Ⅲ(2nd以降)、SVCCHAOS SNK VS CAPCOMの隠しボスと最終ボスとしてプレイヤーの前に立ちはだかっていた。スマブラでは再び大ボスとして待ち構えている!!プレイヤーキャラとしての使用ができない豪鬼のコンパチブルボスキャラ。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

殺意の波動と暗黒パワーを一体化し、パワーアップし、殺意の波動が活性化して、生まれ変わった。普通の豪鬼に比べたら、リーチが短いことも、リュウ、ケンとは変わらない。体のサイズは平均レベル。攻撃力と防御力とスピードの速さ、ジャンプ力の高さが大幅アップ。どの攻撃でも炎と電気が付く。初心者じゃあ苦戦しやすい。

  • 特殊能力:怒髪衝天
    どの攻撃と技が強化される。
  • つかみ攻撃:つかみ膝蹴り
  • 前投げ:背負い投げ
  • 後投げ:地獄車
  • 上投げ:天魔巴投げ
  • 下投げ:一件落着
    攻撃モーションは、他の格闘ゲーム作品と同じ。一部スマブラオリジナルあり。
  • 必殺技1:豪波動拳
  • 必殺技2:灼熱波動拳
  • 必殺技3:豪昇龍拳
  • 必殺技4:竜巻斬空脚
  • 必殺技5:阿修羅閃空
  • 必殺技6:天魔空刃脚
  • 必殺技7:昇龍煉獄
    X-MENから再実装。中段当て身技。
  • 必殺技8:天魔朱裂刀(てんましゅれっとう)
    上段と下段の当て身攻撃。
  • 必殺技9:豪波動の構え
  • 必殺技10:百鬼襲
    追加1~8に派生。
  • 追加1:百鬼豪斬
  • 追加2:百鬼豪砕
  • 追加3:百鬼豪墜
  • 追加4:百鬼豪衝
  • 追加5:百鬼豪尖
  • 追加6:百鬼豪刃
  • 追加7:百鬼豪断
  • 追加8:百鬼豪砲
  • 必殺技11:獄炎竜巻斬空脚
    竜巻斬空脚の超強化版。リュウの真・竜巻旋風脚以上の高威力。
  • 必殺技12:斬空波動拳
    空中しか出せないが、一度に火炎弾を2連発する。
  • 最後のきりふだ1:瞬獄殺
  • 最後のきりふだ2:金剛國裂斬(こんごうこくれつざん)
  • 最後のきりふだ3:滅殺豪波動
    灼熱波動拳と同じモーションで、火炎ビームを照射する。威力はリュウの真空波動拳以上。
  • 最後のきりふだ4:滅殺豪昇龍(Ver.ウルトラコンボ)
    炎を纏いながらケンの昇龍裂波のように豪昇龍拳を連発した後に、追加攻撃を叩き込む。
  • 最後のきりふだ5:天魔豪斬空
    斬空波動拳を連発した後、巨大な球を2連発する。空中しか出せない。
  • 最後のきりふだ6:天衝海礫刃(てんしょうかいれきじん)
    ストⅣから再実装。上段回し蹴りのヒット後、電気入り滅殺豪旋風を浴びせる。
  • 最後のきりふだ7~8:滅殺豪螺旋(空中では滅殺豪旋風)
    電気入り竜巻斬空脚と同じモーションで、上昇回転しながら攻撃。(空中版では上昇しないが停滞回転しながら攻撃。)
  • 最後のきりふだ9:禊(みそぎ)
    テレポートした後で、急降下しながら手刀を振り下ろす。威力が超激高。喰らったら星になりかねない。
  • 最後のきりふだ10:真・瞬獄殺
    瞬獄殺のウルトラコンボ風強化版。自身のダメージが150%以上たまってくると使ってくる。瞬獄殺よりスピードが激早、威力が超激高。ヒット後は「一瞬閃撃」の後、ズタズタに叩き込む。
  • 最後のきりふだ11:赤鴉空裂波(せきあくうれつは)
    ストⅤから使い始める。
  • 登場演出
    「真の力、見せてみよ!!」
  • アピール
    豪鬼と同じく、片足を踏みながら気合を入れる。
  • 勝利ポーズ
    勝利ポーズ1:背を向ける。「恥を知れい!!」「笑止!!」
    勝利ポーズ2:「ぬうううん!!!」

ゴッドルガール【ボス】 Edit

かつてカプエス2のSNK側最終ボスとして立ちはだかっていたが、スマブラでも大ボスとして再登場。英語名はUltimate-Rugal。プレイヤーキャラとしての使用ができない。
CV:新居利光、若本則夫
キャラボイスチェンジシステムで、声優の切り替えが可能。

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

ルガールが、豪鬼を倒した後で殺意の波動と暗黒パワーが融合し、取り込んで、パワーアップしている。オメガルガールと同じく、髪の色が白、肌の色がグレー。使える技は普通とオメガの2タイプのルガールの攻撃と技が使える(一部スマブラオリジナルを含む)。オメガと同じく普通のルガールに比べたら、体のサイズは普通と同じくやや大きめ、リーチは普通、攻撃力と防御力にスピードとジャンプ力が大きく上回っている。一部豪鬼の技が使える。

  • 必殺技1:烈風拳
    セリフ「烈風拳!!」
  • 必殺技2:ダブル烈風拳(オリジナル)
    ギースと同じく、烈風拳を2連発する。
    セリフ「ダブル烈風拳!!」
  • 必殺技3:疾風拳(オリジナル)
    セリフ「疾風拳!!」
  • 必殺技4:ダブル疾風拳(オリジナル)
    セリフ「ダブル疾風拳!!」
  • 必殺技5:ダークバリア
    かつて下段しかバリアを発生していなかったが、スマブラでは上段、対空でもバリアを発生することがる。
  • 必殺技6:ジェノサイドカッター
    通常のルガールに比べたら無敵時間が強化されている。
    セリフ「Genoside Cutter.」
  • 必殺技7:ダークジェノサイド(オリジナル)
    オメガルガール、KOF2002と同じ連続蹴りモーション。
  • 必殺技8:ゴッドプレス
    ヒット後には髑髏(どくろ)の柱と共に相手を打ち上げる。またガード時に後方に跳ね返るので後隙が無い。
  • 必殺技9:ダークスマッシュ
    地上ではカイザーウェイブと同じモーションで、電気を纏いながら突進する。空中では斜め下に降下しながら攻撃。
  • 必殺技10:グラビティスマッシュ(オリジナル)
    カイザーウェイブと同じモーションで、重力の球体を飛ばす。
  • 必殺技11:ルガール・エクスキュージョン
    構えた後で突進。密着すれば掴んで炎を纏って爆発させる。シールドガードができない。
  • 必殺技12:バニシングラッシュ(オリジナル)
    オメガルガールと同じく、突進しながらすれ違いざまに攻撃。
  • 必殺技13:ビース・ディストラクション(オリジナル)
    オメガルガールと同じく、突進しながら連続蹴りを叩き込んで、浮かせる。
  • 必殺技14:ゴッドレーン
    神人豪鬼(しんごうき)の阿修羅閃空と同じく、テレポート移動をする。前と後ろ、長距離と短距離の4パターンあり。
  • 最後のきりふだ1:カイザーウェイブ
    マリオのマリオファイナルの強化版のように改造されている飛び道具。
  • 最後のきりふだ2:ギガンティックプレッシャー
    性能はオメガルガールとほぼ同じだが、ゴッドプレス同様ヒット後には髑髏(どくろ)の柱と共に相手を打ち上げる。
  • 最後のきりふだ3:ジェノサイドヘブン
    刃のような連打蹴りを叩き込んだ後で、ダークジェノサイド→追加攻撃で締める。後でしりもち落下になる。
  • 最後のきりふだ4:デッドエンドスクリーマー(オリジナル)
    相手を踏みつけて押し倒し、MAX版と同じダウン前に相手の首をへし折った後、相手を高速回転しながら体をえぐる。
  • 最後のきりふだ5:デストラクション・オメガ(オリジナル)
  • 最後のきりふだ6:カイザーフェニックス(オリジナル)
    カイザーウェイブの強化連発版。自身のダメージ%が多くたまると使ってくる。
    セリフ「チリに帰るがいい。」「跡形もなく散れい!!!」「Kizer Phoenix.」
  • 最後のきりふだ7:ラストジャッジメント
    豪鬼の瞬獄殺と同じく、阿修羅閃空と同じ移動モーションで、密着すると掴み、暗闇の中で素早い打撃を叩き込む。威力がめちゃ高。シールドガードができない。
  • 最後のきりふだ8:G・エンド
    手刀で突き、ヒット後には頭上に持ち上げ、暗黒パワーを放出する。
  • 登場演出
    持ち上げた豪鬼を放り上げ、戦闘開始。
    手を掲げ、握った後で血が出る。
  • アピール
    指をさす。
  • 勝利ポーズ
    勝利ポーズ1:上着を破って、バンザイ。「勝利などたやすい。」
    勝利ポーズ2:マッスルポーズをとる。「勝利などたやすい。」

タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES Edit

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/創作シリーズ/創作キャラクター/VS.シリーズ?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White