Top > ストーリーモード


ストーリーモード

Last-modified: 2013-06-11 (火) 19:29:34

キャラクターごとのストーリーに沿って進行していく。
初期は霊夢・魔理沙のみ選択可能。その時点で選択可能な全てのキャラクターでクリアすることで、新たに使用キャラクターが追加される。
敵キャラクターのスペルカードは自機と異なり、一定時間の間パターンと短い通常行動を繰り返す。
パターン動作中は仰け反り無しのため、ガンガン行くだけでは被害が大きい。

基本対策 Edit

普通に攻略する場合、射撃戦をメインにする方が安全かつ確実。スキルも遠距離に対応できる物を揃えよう。
アイテムカードは宝塔によるレーザー、あるいは信仰を神or道にするためにお守りや飾り剣を。
スロットが余るのならフォースシールドあたりか。

 

敵はスペル中仰け反り無し、かつ特定の動作を繰り返す。そのため通常対戦とはスキルの使い勝手が異なる点に注意。
特に、特定位置への設置技と相手を捕まえるロック技は顕著。
前者は動きの緩慢な(あるいは静止する)スペルに対する速攻として有効。
逆に後者はそもそも仰け反りやロックが不可能なため、カス当たりやミスになってしまう。

自機別簡易攻略 Edit

・博麗 霊夢
 妖怪バスターが強い。霊力に注意しつつ適宜撃っていれば問題ないだろう。
 二種のスペルでは夢想封印の方が使いやすいか。

 

・霧雨 魔理沙
 通常射撃にウィッチングブラストとパワフルドラッグ、グレイズ突進のレイラインと、使いやすい物が多い。
 特にパワフルドラッグは遠目に投げるつもりでセットしておくと細かなスキに投げ込めてダメージを稼ぎやすい。
 無敵突進のブレイジングスターも有用。

 

・雲居 一輪
 聖と異なり、信仰を仏にでもしない限りそこそこやりやすい。
 スキルも垂雲の鉄槌を4・2or8・6と三つ入れておけば動き回るスキル以外は安定、嶺雲のご来光も有り。
 スペルも仏罰の野分雲が非常に強い。上手く当てればラスボスの最終スペルも一気に押し切れる。

 

・聖 白蓮
 もともと接近戦キャラということもあり、射撃だけでは少々厳しい戦いを強いられる。
 インドラの雷、ヴィルーダガの剣を中心に。必要なら宝塔なども視野に。
 信仰チャートを神か道にしておくと撃ち合いで多少マシになるが、仏に傾けて通常行動中に殴り倒すのも有りか。
 スペルカードを使用するなら、タイミングに注意。

 

・物部 布都
 皿を飛ばしつつ六壬神火でまとめて破壊が安定。皿のコントロールに自信があるなら抱水皿も使える。

 

・豊聡耳 神子
 Y射撃と十七条のレーザーが超性能。避けながら撃っていれば大半のスペルは問題ないはず。
 ラストワードの攻撃箇所がステージ中央固定、かつノーロックのためラスボスの最終スペルに使える。
 発動前の隙が大きいためタイミングには注意。

 

・河城 にとり
 射撃戦の性能自体は良いが当りづらく連射もできない。問題はステージ中一切回復しない水妖エネルギー。
 燃費の良いX射撃を上手く使い、菊一文字などの強いが燃費の悪いスキルは苦手スペルの速攻用に。
 スペルを使用するならバブルドラゴンを。三平ファイトは無敵もなく、あっさり撃墜される。
 ラストワードがストーリーでは全キャラ中最高。安全な画面外から思う存分撃ちまくろう。

 

・古明地 こいし
 4スロットのスティンギングマインドが極めて強力。ストーリーモードでは爆発的な火力に化ける。
 これだけでも簡単に相手は沈むが、補助としてリフレクスレーダーや宝塔も有用だろう。
 問題は、仕込んだ行動がグレイズ中でも容赦なく(グレイズを止めて)発動する点。
 迂闊な仕込みは自爆の元。自信が無ければB打撃とY射撃は使わないくらいの気持ちで。

 

・二ッ岩マミゾウ

・秦 こころ