リンデンドルの稼ぎ方(作成販売編)

Last-modified: 2020-04-02 (木) 00:51:12

※頁製作中なので、今後大幅に変更されるかもしれません※
お客さまぁ [heart]  セカンドライフってぇ石拾ったりお買い物したりするだけじゃなくって
何か作って売ったりも出来るんですよぉ~?
特にこの世界はぁ~ 誰かが作ったもので全部ぅ~! 出来ちゃってるんですぅ~ [heart]
それにぃ~ 誰でも作って売れちゃうんです [tip]

製作の前に

制作する前に…この世界を構成している物についてお話しますぅぅ…

画像、サウンド、アニメーション(アップロード一律10L$

画像

身体のスキンから、スクリーンショットをインワールドに持ち込んだり、自分の絵を見せたり
服や全体的なテクスチャに使ったり…色々なものの基本になってるものゾ。
SLで使える形式は「tga jpg(jpeg) BMP png」最大解像度は 1024x
そして透過対応はpngとtga、ただしアルファチャンネルで正しく描画されるのはtgaのみ…最近は少し怪しいかもだけど
なんか後ろに見えてるものが妙に変な描画されてたりするのはその辺りが正しく設定されてないってのもあるゾ
アルファチャンネルの作り方はアプリにより変わるので、ググって調べよう!(丸投げ)
あ、あと解像度が低くなればなる程ダウンロードにかかる速度が変わるゾ、この辺りは調整するといいゾ^~これ

サウンド

色々なジェスチャーとか、乗り物の音とか、他にも色々な使いどころさん!?
wav形式 10秒以内 44.1kHz
と、かなーり制限は大きいが、10秒以上のものを作りたかったら2つ以上に分けてスクリプトで繋げばいいじゃない!
と、そんな手法で色々と作れたりするゾー 例えば音楽流したりも1分の音楽なら6個に分ければ無問題!と
(その分アップロード費用がかかるのは致し方なし)

アニメーション

色々なポーズやAOのモーション、最近だとBentoの耳や尻尾、表情や手の指の動き等、ある意味この世界を代表する「動き」
実はこれもかなり簡単な方なんでスウゥ…
ポーズ/アニメ世界のデファクトスタンダード「bvh」形式+長さは60秒まで
QavimatorやBlender等で作れたりします、単純なポーズ等は比較的簡単なので試してみるといいゾ

物体

プリム

「製作」から作れる四角とか丸とか円錐とかの形の物体♂
基本的にはこれをブロックみたいに弄って組み上げたりして作っていく
内部のパラメータを弄る事で意外と色々な形になるんで試してみるといいゾ~
あ、あと(故)くっそ汚いくねくね先輩みたいなくねくねしたもの(フレキシ)はこれじゃないと出来ないゾー
本気だすと今でも見れる物が作れるんで色々試すといいんじゃない?
(ちなみに自分で作成したもののみ、「オブジェクト」→「別名で保存」からメッシュと同じdae形式でダウンロード出来るゾ、つまりSLで作った後ソフトで1つに纏めてテクスチャ貼ってメッシュでアップロードすればあんま知識なくてもメッシュ作れるな!)

スカルプテッド

出ちゃった。セカンドライフ内に他のツールで作ったものをアップロードする術。
球体の頂点を無理やりテクスチャで変形させる手法で作られた物体ゾ~
どれだけ弄ろうとも1プリムって事で後述のメッシュが流行っている今でも限定的に使われるゾ。
拡大してもメッシュよりはLi変動がゆるい分アバターの入らない背景や草木等で今でもたまに使われてますねぇ!
セカンドライフ内では作れないんだけど、作る為のキットも売ってますねぇ!(ただし出来上がったもののアップロードは実費)
弱点は…球体を無理やり変形させるって事で使えるのは32頂点まで、そして連続した形状じゃないといけないゾ。
つまりBlender等でも作れるけど、頭おかしなるで…
あと、どれだけ角ばってても当たり判定は球体のままなので、
その辺りを考えて作ったもの以外は見た目どおりの当たり判定にはならないゾ。

メッシュ

ついに出ましたセカンドライフ内に他のツールで作ったものをアップロードする術の本命!
スカルプテッドが相当制約のある製造法だったが、メッシュの場合は寧ろ制約がほぼない!それくらい凄い事になってるゾ!
・頂点数が相当割ける スカルプは32までだったけど、メッシュは(65536と言う上限はあれど)使い放題!(尚使いすぎが良いと言うワケではない事は後述…
・1つのオブジェクトに8面まで面を作れる つまり1つのものに8枚別々のテクスチャを貼り付けれるという事
・UV テクスチャの貼り付ける処をアプリ側で事前に設定しておけば、しっかりそこに貼り付けれるって事
・ボーン SLの身体は専用のホネで動いてるゾ、そのホネをメッシュで作ったものに設定するだけで今まででは出来なかった関節の動き、足を貫かないスカート、身体に埋まらない髪の毛等が再現できるゾ!
・当たり判定 スカルプの当たり判定は見た目通りじゃないけど、メッシュには設定によって見たとおりの当たり判定を持たせる事が出来るんだ!
…と、完璧超人かよ…LVのメッシュだが、弱点も多い
弱点1:作成に少しだけスキル必要 Blenderやメタセコ、MAYA等を扱えるならば大丈夫ですが、新規で1から習得はちょっと大変かも…? コーヒーカップとか作って勉強しよう(マジレス) あ、SL内でメッシュ作れるものもあるけど、凄い高価なのとプリムで説明した手法使えば要らないかも…
弱点2:作成物のプリム数、カメラ引いた時の見た目がガバガバ 頑張って作ったものの、頑張りすぎて出来たもののプリム数が見た目より遥かに恐ろしいプリム数とか言われたり、カメラを引くとなんじゃこりゃあああ!なものになっちゃったり…メッシュ作成って一日にしてならないゾ…
弱点3:アップロード代金 シンプルなものなら意外と安価だが、拘りまくると結構驚くほどアップロードにかかる費用が嵩む
弱点4:功罪 技術とは直接の関係はないが、ネットワーク上で流れているフリーのデータや、ゲーム等から違法リッピングしたデータをSLに持ち込んで販売している輩が増えた、知らずに買ったものが今後UNEI側の摘発により消える可能性もある事を留意しよう。
と、様々な利点欠点はあれど、現在の主流となっている。

作ろう!

と、長々とお話してきたけど、後は色々自分が作りたい!て思ったものを作ってみるだけ!
例えば筒に色塗って腕にはめて「腕輪!」と言ってもそれは腕輪なんだ!
自分に足りない!とか自分はこれが欲しいの!てものを作っていこう!(丸投げ)

アップロード

メッシュのアップロードには支払情報の登録と知的財産権に関するチュートリアルをクリアする必要があるゾ
・支払情報の登録→https://secondlife.com/my/account/billing.php
・知的財産権に関するチュートリアル→https://secondlife.com/my/account/mesh.php
めんどくさいけどいたずらアップロードとか不正行為を防ぐ為に必要やねんな・・・

知的財産権について・・・お話します・・・

  • Q1:セカンドライフのコンテンツを作る時に本・映画・テレビ番組から複製したものをアップロードしてはいけない(戒め)
    • 例えば映画の登場人物のアバターを作って使うのはしては: してはいけない(戒め)
  • Q2:著名人そっくりなアバターを作ったりするのは肖像権に抵触するからやめようね!
    • 例えば本人にそっくりなアバターを作ってアップロードしてもいい時は: 本人に許諾を得た時
  • Q3:制作した物を売る時に権利のないブランド名に言及するのは・・・やめようね!
    • 例えばメルセデスみたいな車を作ってメルセデスとして売るのは: してはいけない(戒め)
  • Q4:スポーツチームのロゴやユニフォームは商標登録されてるから気をつけよう!(ゆ注換)
    • 例えばひいきのスポーツチームのヘルメットを作った時、SLで使えるのは: そもそも使ってはいけない(戒め)
  • Q5:素材サイトやその他のコンテンツには利用許諾があるからSLにアップロードする時にはそれに従って、どうぞ
    • 例えば他の3D素材サイトの「作品の一部として含めるのは可、そのままの販売はNG」な物をそのまま売るのは: してはいけない(戒め)
  • Q6:SLの中で有名ブランドのロゴや、そのパチモンなロゴを使うのは・・・やめようね!
    • 例えば自分の作ったメッシュ商品に「N1ke」というブランド名を付けるのは: してはいけない(戒め)
  • Q7:SL内のパーミッション設定=その商品の利用許諾じゃないゾ ノートカードetcに従って、どうぞ
    • 例えば「制作物の一部としてなら販売OK」という許諾の物を使って何か作ったら: 自分が作った物の一部としてなら販売してもOK
  • Q8:作った商品に音声を含める場合はちゃんとすべて許諾をとって、どうぞ
    • 例えば自分の作ったテディベアをクリックすると有名なラブソング集が流れるようにするのは: NGィ・・・
  • Q9:SLには無数のアイテムがあるからすべてを監視する事はできないゾ 権利者削除に関しては権利者にゆだねてまスゥゥゥ
    • 例えばある人のコンテンツは削除されたけど、似たような他の人のものが削除されない場合は: リンデンラボor権利者が気付いてないだけ
  • Q10:これが!知的財産権だ わかったか 返事ィ!

以上の2つを済ませるとメッシュをアップロードする権利を得まスゥゥゥ
ただ、現状では割りとなあなあの状態で運用されていたり、そこにつけこんで上で述べたように
「抜き出したモデルをそのままアップロード」とか「人の作ったメッシュを自作として出品」とかしてる悪質な輩も居るゾ・・・

 

例えばあるメーカーのクルルァが好きだから再現したのを作った!とかいう場合は現状わりと黙認されてるけど、
これは権利者が黙認or気付いてないだけなので、権利者から訴えがあれば知的財産権を侵害するアイテムとして
出品停止・削除されたり警告を受ける時もありますあります
他の物に関しても同様で、みんなやってるから全面的にOKってわけじゃあない所は念頭においておいてくれよな~頼むよ~
後者に関しては論外なので†悔い改めて†

製作の裏技

やっぱ俺には作れないゾ…て人でも便利なものがあるんですぅぅ
例えばフリービーの色々なものから流用できるものは流用したり(テクスチャとか結構ありますあります)
クリエイター兄貴/姉貴によっては「ビルダーズキット」と言って自分の作ったものをフルパームで販売している人も居ます。
キット等記載していなくてもフルパームでの販売品はだいたいそんな感じという事を覚えておくといいかもしれません。
ただ、そういうフルパーム品に関しては「作者の利用許諾やプライバシーポリシー等をしっかりと読んだ上で」使用しましょう。
手を入れずの転売はどのクリエイターも許可を出しません、それどころか著作物としての侵害等で、運営からの当該アカウントへの警告や凍結、BAN等もありえます。
…あとビルダーズキットによっては「別ゲームからリッピングして販売している違法品」も稀に含まれます(特に銃器等武器関連や乗り物等に多い)
そのような商品って後でわかったら凄く面倒(あとSLで活用しにくい分割だったりもするんで結構あれ

販売だ!

…文章製作中、纏め次第追記します。