キャプテン・ファルコン

Last-modified: 2020-06-01 (月) 21:03:10

目次

開く

キャプテン・ファルコンについて

screen-2.jpg

超高速レースゲーム「F-ZERO」の主人公。北米版のみキャプテン・ダグラス・J・ファルコンという名である。
F-ZEROグランプリの常連で、パイロットとしての腕は超一流。
更に凄腕のバウンティハンターとしても有名である。F-ZERO GX時点で37歳。
その名声と知名度に対し、経歴についてはポートタウン出身である事以外は一切不明。
性格は寡黙…なのだが、アニメ版のおまけコーナーやF-ZERO GXでのムービー、
そしてスマブラではコメディ要素の強いギャグキャラとしての側面を持たされている。
 
元がレースゲームな為、スマブラのファルコンが使う技は全てスマブラオリジナルである。
そして最後に出たF-ZEROが10年前となる為、ファルコンの今の職業はスマブラと言われてしまっている。
但しスマブラでの人気は凄まじく、スマブラにおいてファルコンは欠かせない存在となっている。
 
スマブラではアメコミヒーローの様な体格とデザインから来る強烈なパワーと重量に加え、
超高速レースのレーサーという経歴からか、ソニックの次に速い凄まじいスピードまで持つファイター。
隠しキャラだったり初期キャラだったりするものの、初代からの皆勤賞でもある。
 
初代とDXではパワー、スピード、リーチ、判定と基本性能が全体的に高い強力なファイターだった。
Xではパワーを筆頭に全体的に弱体化し、残念ながら弱キャラにまで堕ちてしまったが、
今作forでは能力の殆どを取り戻し、強下位にまで返り咲いた。
 
特にファルコンナックルとファルコンキックの吹っ飛ばしが凄まじく上昇し、奇襲能力がかなり上がった。
また凄まじいスピードから繰り出される長リーチのつかみ、このつかみ性能+謎の横滑りの仕様により投げコンがお手軽かつ非常に広い%帯で繋がる、近接のゴリ押しや誤魔化しに便利な弱、そして凶悪な詐欺判定技のDA。彼の強さの根幹はこれらのゲロ甘3要素であり、特に掴みとDAの強化と走行速度とのシナジーが非常に強く、彼の強さの8割近くを占めている。

声優は堀川りょうが担当。ダンバンと同じ人が担当している。
キャプテン・ファルコンの過去のスマブラでの経歴についてもっと詳しく知りたい人はこちら

主な代表作

赤文字はこのページのファイターの初登場作品。

  • F-ZERO(1990年11月21日)
  • F-ZERO X(1998年7月14日)
  • F-ZERO GX(2003年7月25日)

出現条件

初めから使用可能

カラーバリエーション

  • (青)ノーマル
  • (黒)F-ZERO X CM風
  • (紫)ブラッド・ファルコン風
  • (緑)
  • (青)初代F-ZERO風・F-ZERO ファルコン伝説風
  • (白)ジョディ・サマー風。通称"愛の戦士"
  • (黄)ある意味"黄金の戦士"?
  • (水)

概要

キャラタイプ

重中量級/パワー・スピードタイプ/タイマン向け

  • タイマンの場合
  • 乱闘の場合

基本性能

火力単発ダメージと基礎DPS★★★★★★★★★☆S+
フィニッシュ力フィニッシュまでの時間、し易さ、リスク★★★★★★★☆☆☆A+
地上スピード地上での全体的な機動力★★★★★★★★★★S++
空中スピード空中での全体的な機動力★★★★★★☆☆☆☆A
回転率発生の早さと隙の小ささ★★★☆☆☆☆☆☆☆D
リーチ技が届く距離★★★★★☆☆☆☆☆B
突破力判定をメインに発生とリーチを加えた打ち勝ち易さ★★★★★★★☆☆☆A+
ジャンプジャンプの合計高度★★★★★☆☆☆☆☆B
重さ純粋な吹っ飛び耐性★★★★★★☆☆☆☆A
防御力重さに加え、着地狩り耐性やコンボ耐性など★★★★☆☆☆☆☆☆C
復帰力復帰距離と復帰阻止耐性★★☆☆☆☆☆☆☆☆E

特殊性能

  • 三角飛び

使いやすさ&使いこなしやすさ

使いやすさ使いこなしやすさ
★★★★☆★★★☆☆

長所/短所

長所

  • 攻撃力が全体的に高い
  • 動きが全体的に速く、特にダッシュ速度は凄まじい
  • 凄まじいダッシュ速度とかなり長いダッシュつかみを持つにも関わらず、投げコンがマリオ並に狂っている
  • 小技と準フィニッシュ技の命中性能が非常に高く、早期フィニッシュに固執しなければガンガン当てられる
  • 横必殺ワザと下必殺ワザによる奇襲能力とフィニッシュ力が高い
  • 強力な全打点技が多く、長身にも関わらず小型キャラが大して苦にならない
  • 体が重めでやや吹っ飛び難い

短所

  • 一部の技の隙が大きい
  • 体重と落下速度の関係上コンボ耐性が非常に低い
  • 極僅かだが、当て難い技がある(但しそれらは当て難さが欠点と呼べなくなる位のリターンがある)
  • 一部の技は高打点の為、相手が小型キャラだと技が少し制限される(強力な全打点技が多いので何とでもなるが)
  • 復帰力があまり高くなく復帰技の動きが遅い為、阻止されやすい

前作から及びアップデートによる変更点

前作から


  • 弱攻撃3段目から百裂攻撃が出せなくなり、3段目は単発か百裂かの二択になった。
  • ダッシュつかみがよく滑るようになった。
  • 上強攻撃の性質が変更され、空中の相手に当てるとメテオ効果を持つようになった。
  • 下強攻撃のベクトルがほぼ真横になった。
  • 前空中攻撃の着地隙が増加。また、ショートジャンプ(以下SJ)から最速で出しても着地隙が発生するようになった。
  • 下空中攻撃も、前空中攻撃と同様、SJ最速で出しても着地隙が発生する。いわゆるホッピングは不可能になった。
  • 上空中攻撃のベクトルが前作よりも上寄りになった。
  • 横スマッシュ攻撃の威力が上がった。地上ファルコンナックル(横必殺ワザ1)および地上ファルコンキック・下必殺ワザ1が強化され、撃墜が狙えるワザになった。
  • 空中ファルコンナックル(横必殺ワザ1)に非メテオ判定がつき、当てる位置によっては下方向へ落とせなくなった。
  • 空中ファルコンキック(下必殺ワザ1)終了後の下降スピードが速くなった。
  • ファルコンダイブ(上必殺ワザ1)の上昇量が少し落ちた。
  • ファルコンパンチ(通常必殺ワザ1)の威力が下がった。

Ver.1.0.6


  • 横スマッシュ攻撃の下シフトのふっとばし力が下がった。

Ver.1.0.8


  • 上空中攻撃のダメージが減少、吹っ飛ばし力は増加した。

Ver.1.1.0

  • 百裂攻撃フィニッシュの攻撃判定の位置がファルコン側に移動した。
  • 後空中攻撃のダメージが減った。 (14% → 13%)

Ver.1.1.1


  • 横必殺ワザ3「プルバックファルコンナックル」のダメージが増えた。

弱、強攻撃

弱攻撃(単発) ジャブ~ストレート~二―バット

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→2%→5%3F230%

アイクに匹敵する程の異常な強引さを誇り、武器判定を持つ弱攻撃以外では全キャラトップレベルの強さを持つ。
この技を正面から突破出来ないキャラは近接の差し込みがほぼ全てこれで潰されてしまう。
連発もマックやフォックス並であり、崖上に置く技としても非常に効果的。
とは言え、甘え要素があると言えど、剣士相手にまで中距離で壁張りに使うなどという間抜けの極みだけは晒さない様に
(そもそもその距離なら弱以外の選択肢が溢れる程あるので、そういう結論には至り様が無いだろうが)。

弱攻撃(百裂) ジャブ~ストレート~マッハパンチ~ボディブロー

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
2%→2%→1%・・・→2%F F F300%以上

ボディブローは「ここまで届く訳が無い」と油断して当然の距離まで届くという驚異的なリーチを誇る。
しかしそれ以上に驚異的なのは非常に高いR付加値であり、地続きステージでは悪魔染みた即死技と化す。

横強攻撃 ラウンドキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~10%9F218%

割と平凡な攻撃。シフト対応。脚が長いのでリーチが長く、上シフトならファルコンの苦手な地上からの対空に使える。

上強攻撃 ホイールキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
11%17F↗︎163%

かかと落とし。先端にはメテオ判定があり、地上から一方的にメテオを仕掛けられる(リンク辺りに有効)。

下強攻撃 スプロールキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
10%11F190%

しゃがみから脚を突き出す。真横に吹っ飛ばす為復帰の弱い相手には強力。ただ後隙は割と大きめなので多様は禁物。

スマッシュ攻撃

横スマッシュ攻撃 オーバーヒートエルボー

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
19~20%(最大溜めで1.4倍)19F102%

少し溜めてから肘撃ち。シフト対応。隙が大きいが、パワー・リーチが優秀なのでごり押しもできる。更にモーションの始めは後ろに引くので、相手の攻撃をすかしながら振れる。
実は最大溜めはファルコンパンチより強力。

上スマッシュ攻撃 デュアルエッジ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6%→13%(最大溜めで1.4倍)22F108%

二段蹴りをする。出が遅く、空中の相手だと一段目ですっぽ抜ける事があるので対空には向かない。
しかし、上に浮かす+後隙が少なめなのでコンボとはならずとも追撃は容易。ファルコンのスピードを活かしていこう。
ちなみに世紀末以外の何でもなかった初代では即死コンボが始動+発生3F+後隙がほぼ0といったぶっ壊れ技だった。

下スマッシュ攻撃 フロント&バックキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
14~18%(最大溜めで1.4倍)19F142%

前→後を右足で払う。後方の方がダメージが高い。後隙が少なめで、後ろ側をガードさせると逃げや回避が間に合いやすい。

空中攻撃

通常空中攻撃 ロータリーキック

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→6%7F12F179%

判定は弱いが置き、壁張りに使える。小ジャンプ最速なら着地隙が出ない。
下投げからつながるし、空Nから空Nでコンボもできると下投げコンボの強さに一役買っている。

前空中攻撃 ストライキングニー

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
319%14F30F電撃88%

キャプテン・ファルコンのロマン技の一つ。
出だしの根元の1Fのみ電撃属性の強烈な膝蹴りだが、その後はカス当たりで、着地隙も甚大。
即ち、クリーンヒットしなかった瞬間反確という地獄を見るという面と、
クリーンヒットすると全空中前攻撃中最高の吹っ飛ばしで相手に地獄を見せるという面を併せ持つ、稲妻キックを超えるハイリスクハイリターン技。
ちなみに大Jから最速で出すと着地直前に空上が出せるので、
下投げ膝を最速回避した後隙に空上膝を決めることも可能。

後空中攻撃 バックナックル

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
8~13%10F12F139%

出は普通だが、斜め上の相手から地上の小型キャラまで何でも来いな広範囲、
かなり小さい隙、ファルコン特有の強判定、これだけ揃って威力は何と準フィニッシュととても強力な技。
この威力で脳死ブンブン丸が出来るというのは極めて強く、お手軽に高い効果が得られる。

上空中攻撃 オーバーヘッドキック

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
9~11%6F9F156%

6Fという優秀な発生、滅茶苦茶な範囲、短い全体F、小さな着地隙と様々な要素が揃っている極めて優秀な技。この技の着地隙はわずか9Fとゼロサム、ルカリオに並び2位(1位はリュウの空Nの6F)であり、これを急降下しながら最低空かつ先端で当てるとジャスガ以外に反確が取れない上、一定の%帯で当てるとほぼ確定で膝が入る。
ファルコンのスピード故に下投げからだけではなく、この技単体でコンボまで出来てしまう上、何と準フィニッシュ技でもあると、この性能のキャラに何故ここまで盛り放題な技を持たせたのか疑問に思わずにはいられない程の性能を誇る。
(ただファルコンにはもっと「何故持たせた?」な技が幾つかあるが)

下空中攻撃 スタンピードボム

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル吹っ飛ばし
14%16F21F116%

真下を両足で踏みつける。オーソドックスなメテオ技。
攻撃判定がかなり下まであり、戦場の崖程度の厚さの床であれば地上から当てる事も可能。
胴体部分で当てると斜め上ベクトルになるが、それでも吹っ飛ばしは十分。

その他の攻撃

ダッシュ攻撃 ターボショルダー

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6~10%7F245%

詐欺そのものな鬼判定を持つ"甘えの権化"。
相手の攻撃そのものを強引に潰して浮かせれらる上にそこにコンボの起点と自身のスピードが加わるので非常に凶悪な技と化している。
この技と掴みの二択はシンプルかつ非常に強力。

つかみ

発生F
(通常)7F (ダッシュ)9F (振り向き)12F

ダッシュつかみは彼の体格と地上スピードで見ておそろしいまでの使いやすさをほこる。
いわば「ガード不可の中距離攻撃」と言い換えてよい。

つかみ打撃 つかみ二―バット

ダメージ発生F属性
2%4F

前投げ ショートボディーブロー

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→4%13F投げ259%

とりあえず場外に出したい時に。ファルコンが崖を向いた状態かつ軽~中量級なら撃墜が狙える。

後投げ ストライキングスルー

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→4%14F投げ208%

前投げと役割は近いが、斜めに吹っ飛ばすので上から復帰されやすい。前投げよりこちらの方が崖際での撃墜に向いている。

上投げ ライジングフラット

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
4%→3%14F投げ207%

ほかほか補正が乗っていればバーストできる。

下投げ ヘッドクラッシュ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6%25F投げ300%以上

ここから空N、空上が入る他、相手の空中スピード次第では空前も入る。

起き上がり・ガケのぼり

あおむけ

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

うつぶせ

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎300%以上

ガケのぼり

ダメージベクトル吹っ飛ばし
7%↗︎×

しりもち

ダメージベクトル吹っ飛ばし
5%↗︎×

必殺技

通常必殺ワザ ファルコンパンチ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
22%(通常) 28%(振り向き)53F(通常) 61F(振り向き)85%

それなりの溜めの後、前方に強烈なパンチを放つ。
スネークさんも大のお気に入り、キャプテン・ファルコンの代名詞であり、初代から続く史上最強のロマン技である ファルコーン、パーンチ!!
入力後に後ろを押すと反転してから放つ。威力がかなり上がる代わりに溜め時間が少し延びる。
 
前作より吹っ飛ばしが大幅に弱体化し、振り向きでもマリオを撃墜するのに71%も必要になってしまった。
…が、今作の着地隙重視のシステムとのシナジーが凄まじく、技そのものの命中性能は殆ど上がっていないにも関わらず、結果的な命中性能は大幅に上昇
弱体化したのに強くなったという稀有な例となった。さすがCF。
因みにどこの部位で当てても威力、吹っ飛ばし力が下がらなくなるという強化も受けている。
 
とは言え、それだったらぶっちゃけ溜めてからの横スマの方がまだ実用性がある上、何故か後隙もXより長い。
つまりXに勝る部分がまるで無いという状態であり、溜め有り横スマの下位互換だということも考えると実質産廃。
勝ち負けに拘らないエンジョイ対戦ならともかく、ガチの上級者同士で勝ちたいなら横スマに任せて、この技は封印確定と考えるしかない。
 
ファルコンの運動性能の高さ故か、空中では威力が少々落ちる。
尚、通常版は放つ瞬間まで空中移動が出来ないが、反転版は空中制動の許す限り移動可能。
 
ちなみにアニメ版「F-ZERO ファルコン伝説」の最終回でファルコンパンチが輸入されている。

横必殺ワザ ファルコンナックル

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
9%(地上) 8%(空中)20F(地上) 19F(空中)129%

横に向かって突撃し、相手をアッパーで打ち上げる。空中では相手を下に叩き落す。
前作と比べ発生が早くなっり威力が大幅に上昇した事で凶悪な突進技に生まれ変わった。つまりファルコンが撃墜において苦労することがほぼ無くなったのである。
相手の小さな隙を狙ったり奇襲をかけたりで大活躍。特にホカホカ補正との相性が良く、OP相殺がかかっていない場合100%未満で撃墜出来ることも。
特にホカホカ補正が最大になる150%以上ではOP相殺が掛かっていなければ終点のマリオを80%未満で撃墜可能。と、とんでもないワンチャン技である。
但しガードで反確なのは変わらないが、被ガード時でも以外にも大技が入りにくく、「とりあえず撃墜に困ったら振っておく」だけで撃墜可能。
また復帰にも使えるが、安易に使うとそれが致命傷になる事が多いので隠し玉程度に。

上必殺ワザ ファルコンダイブ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
5%→12%13F191%

一瞬の溜めの後斜め上に飛び上がる。投げ属性で、相手に当てるともう一度使える様になる。
異常なまでの掴み判定や吸い込みにより、場外では物凄い力を発揮する。反転も可能であり、これで掴むだけで帰ってこれないキャラもいるという極悪技である。MOTHER組はこれだけで詰む。
但し移動速度は遅くあらゆるキャラの置き技の餌食となりやすく、特にガノンドロフとプリンの空Nには注意が必要。
近距離でのガード読みで使えない事も無いが、本当にガードが固い相手への最終手段のみに留める様に。

下必殺ワザ ファルコンキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
7~15%18F(地上) 16F(空中)130%

横に向かって蹴りによる突撃を行う。空中では斜め下に突撃する。
非常に高威力な奇襲技という点はファルコンナックルと同じだが、
あちらは差し込み用なのに対し、こちらは後方回避狩り用と用途が全く違う。
ついでに止まらず突き抜ける点も違う。
空中では技後に着地しない高さから使う事。着地すると反撃の可能性大。

最後の切りふだ ブルーファルコン

ダメージ属性ベクトル吹っ飛ばし
40%14%

愛機ブルーファルコンを呼んで相手を撥ね飛ばす。唯一原作が由来の技。
撥ねられた相手はコース上に放り出され、そこを更にブルーファルコンで撥ね飛ばされる。
前作では威力がかなりしょぼかったが、今作では準即死技にまで跳ね上がった。
ちなみに慣れている人だと平地でも受身を取れるらしい(今作でも出来るかは不明だが)。

カスタマイズ必殺技

通常必殺ワザ2 ダッシュファルコンパンチ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
11~22%58F(通常) 66F(振り向き)%

前進しながら放つファルコンパンチ。
乱闘では複数の敵を巻き込めるが、ガードされるとおもいっきりシールドにめり込むので注意。

通常必殺ワザ3 ビッグファルコンパンチ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
6~25%68F(通常) 76F(振り向き)%

隼のエフェクトが巨大化して当てやすくなった。
しかしエフェクト部分では威力が低く、拳部分もファルコンの通常必殺ワザの中では最低。

横必殺ワザ2 ヘビーファルコンナックル

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
12%29F(地上) 32F(空中)%

動きが遅くなった代わりにアーマーがついて威力も上昇。

横必殺ワザ3 プルバックファルコンナックル

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
8~9%34F(地上) 39F(空中)%

一度スウェーバックしてから攻撃。
相手の攻撃をかわしてから攻撃を叩き込めるが、威力・吹っ飛ばしは今一つ。

上必殺ワザ2 ファルコンアッパー

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%16F%

相手を掴まずにアッパーで攻撃。威力は低いが復帰距離では勝る。

上必殺ワザ3 バーストファルコンダイブ

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%33F%

こちらは復帰力を犠牲に撃墜が狙えるほどのパワーを手に入れた。

下必殺ワザ2 ゴリ押しファルコンキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%23F(地上) 16F(空中)%

連続ヒットしながら強引に突き進むキック。隙が大きい。全段ヒットは20%近くにもなる。

下必殺ワザ3 ライトニングファルコンキック

ダメージ発生F属性ベクトル吹っ飛ばし
%26F(地上) 27F(空中)電撃%

少し溜めた後に高速でキック。着地攻撃に相手を痺れさせる効果がある。

立ち回り

コンボ

・前投げ→DA→J空上→J空上→上強
(30%~81%バースト)
・下投げ→J空上→空上→上強→J空上→J空下
(35%~99%バースト)
・下投げ→空N→空前
(40%~75%バースト)

フィニッシュ

  • 横スマ
  • 上スマ
  • 空前
  • 空後
  • 空下
  • 横B

復帰

  • 空中ジャンプ→ファルコンダイブ(ファルコンナックル)

サドンデス

キャプテンファルコンはサドンデスの鬼である。
その理由は言わずもがな、驚異的な地上スピードからなる掴みとDAの択の強制力である。
今作のファルコンは地上スピードに加え異常な掴みとDAの性能が驚異的。一瞬でも迷った瞬間死が確定する。
そしてファルコンのダッシュは後ろへの緊急回避を潰す事に長けている為、
読み通せば返り討ちを狙い距離を開けようとした相手を確実に葬り去る事が出来る。
更に根本的に足が非常に速く、上に逃げた相手には超性能の空中上があるので、
ファルコン相手にサドンデスというだけで相手を震え上がらせる事が出来るだろう。
但しサムスなどの撃墜出来るタイプの飛び道具持ちには要注意。

苦手な相手について

体が大きく直線的な攻撃が多い為、弾幕系は厳しいものがある。
圧倒的な機動力があるので掻い潜るだけなら可能だが、
そのまま仕留めるにはファルコンの直線的な攻撃を柔軟に操らなければならない。
ステップフェイントも面制圧で無意味と化す為、反応速度で相手を大きく上回らなければ勝てないだろう。

また長リーチの武器判定持ちも厳しい。
長リーチの技はこちらも持っているが、流石に武器判定に突っ込んで無事でいられる程では無い。
発生が遅い相手ならフェイントを多用する事で差し込む事も可能だが、
発生までそれなりにある相手の場合、置く様に出される事でファルコン側のリスクが急上昇してしまう。
とは言うものの、それでもステップフェイントなどが有効な点は変わらない為、弾幕系よりはマシである。

トゥーンリンク、リンク、パックマン、ダックハント

トゥーンリンク、リンク、パックマン、ダックハント
弾幕組(リンクのみ準弾幕)の中でも、飛道具が変則的な動きをするタイプであるため直線的な動き・攻撃が中心のファルコンには辛い。
とくにダックハントとパックマンのNBは軌道が読みにくくスピードが高いことが仇となって被弾しやすい。
また疾風のブーメランや消火栓による押し出し効果もファルコンにとっては意外に厄介だが、状況次第では利用できることも覚えておくと良い。

むらびと、ロックマン、ロボット

むらびと、ロックマン、ロボット
残りの弾幕組。上記4キャラに比べれば飛道具の軌道自体は直線的。ただし「だから上の4キャラより楽」ということはない。
3キャラとも殴り合い適正があり、接近自体は容易でもすぐ離されてしまう(空中時のロボット除く)。強引に接近しても効果が薄いので要注意。

クラウド

クラウド
武器判定+長リーチ+スピード+飛び道具持ちといろいろ泣きたくなる組み合わせである。
こちらが勝る突進技持ち+つかみの性能ということを活かすのがよい。

番外編:ネス

番外編:ネス
復帰阻止がしやすいのでキャプテンファルコン側が有利なのだが上強お手玉や詐欺判定がある空上などがキャプテンファルコンの落下速度が相まって当たりやすい。
また、復帰阻止に失敗するとネスの場合は即死の可能性があるのでしっかりと受け身をとって反撃しよう。ネスは全体的に動きが鈍いので、キャプテンファルコンの機動力を活かそう。

対キャプテン・ファルコン

徹頭徹尾のDつかみ及び序盤はDAを含めたコンボを狙ってくるので、拒否は徹底。
D掴みと思わせておいて横Bと下Bの場合もあるので、回避する場合は前回避が良い。勿論後回避は厳禁。

また、今作のファルコンは弱とDAの判定がおかしいので短リーチだと理不尽な打ち負けを起こしやすく、優秀な飛び道具やファルコンに並ぶ機動力を持たないキャラはほぼ全員彼の下位互換となってしまう。ファルコンには無い大きな強み(強判定、長リーチ、武器判定、優秀な飛び道具など)を持たない場合は読み合いでどうにかするしかない。

演出

入場

ブルーファルコンから降りて登場。

アピール

気合を入れて炎のオーラを出す。
悔しがっているようにも見えたりするので、うまくいかなかった時に使われることも。くやCF

腕を出して"Come on!"(「来い!」)

「Show me your moves!(おまえの動きをみせてみろ!)」と言いながら決めポーズ。   
ある意味特殊なアピールで、左側を向いてアピールをすると後ろ向きになり、「moves」をいう頃には行動可能になる。
初代からあるアピールで、そのときからある聞き間違いが、「醤油ムース」。
おそらくmeとmovesのveが聞こえなかったため。

フィナーレ

勝利BGM

「F-ZERO GX/AX」のゴールBGM「Finish to Go」のイントロ

ポーズ1

自分の筋肉を見せつけ、炎が湧き出る。

ポーズ2

回し蹴りからの立て膝構え。

ポーズ3

左右に大きく蹴りを出した後、ポージング。

敗北ポーズ

口を曲げながら悔しそうに拍手を送る。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ガチ部屋のCF、DAかダッシュ掴みで突っ込んできて外れたら弱連打する奴多すぎ -- 2018-05-13 (日) 15:58:39
  • 多分今ガチ1on1で一番蔓延してるのCF クラウドより多い -- 2018-05-13 (日) 16:59:38
  • コイツとガノンに当たることが多すぎる -- 2018-07-17 (火) 17:59:13
  • 空前のストライキングニーを一部分加筆しました。 -- 2018-07-17 (火) 18:13:13
  • 当たるとテンションが持ってかれ勝つと通報され負ければ通報されもうこれわかんねえな -- 2018-08-29 (水) 10:12:35
  • サウザーに憧れてCF使ってるサウザーキッズが今多いんやろうね -- 2018-08-29 (水) 18:15:02
  • 膝の快感でモチベーションが維持できる良キャラ -- 2018-10-28 (日) 19:29:41
  • ガチ部屋に蔓延しすぎてて(しかもほとんどがDAかダッシュ掴みばかりする初心者)当たると正直猿ベヨクラより萎える -- 2018-11-26 (月) 23:40:26
  • マッククラウドと並んで低民度御用達のキャラ ステステ出来ますアピール率も異常 -- 2018-11-30 (金) 20:24:16
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White