Top > Disableと状態効果の種類

Disableと状態効果の種類

Last-modified: 2016-12-23 (金) 10:31:19

Blind Edit

Blind(ブラインド/盲目)は影響を受けた対象に通常攻撃がミスする確率を与える状態効果。
ヒーローが回避能力を得るアビリティを習得している場合や、アイテムで回避能力を得ている場合、その両方を同時に得ている場合このBlindの効果はそれらの回避能力と重なる。
Monkey King BarによってTrue Strikeを得ている場合は全てのBlind効果を完全に無力化する。

 

Break Edit

Break(ブレイク)は、対象のパッシブスキルを無効化する状態効果。アイテムによるパッシブ効果は無効化しない。
どのスキルが無効化されるのかは英Wikiを参照のこと。

 
  • Breakアビリティ一覧
    • DoomDoom - Doom (Aghanim's Scepter所持時)
    • Shadow DemonShadow Demon - Demonic Purge (Aghanim's Scepter所持時)
  • Breakアイテム一覧

Cyclone Edit

Cyclone(サイクロン/竜巻)は影響を受けた対象の攻撃や移動をできなくさせるが、無敵状態にする状態効果。
Cyclone状態では通常攻撃やほとんどのアビリティの対象にならず、一部のAoE効果やPudgeのMeat HookはCyclone状態の対象に影響を与えるがダメージを与えることはない。
CycloneはBasic dispelも同時に与える

 

Disarm Edit

Disarm(ディスアーム/武装解除)は影響を受けた対象から通常攻撃能力を失わせる状態効果。
スペルは使用できる。

 

Ethereal Edit

Ethereal(エシーリアル/エーテル化)とは通常攻撃できない且つ通常攻撃されないようにする状態効果。効果中はあらゆるPhysicalダメージを無効化する。
この効果を受けたユニットはスペルの使用はできるが、Magicalダメージを増幅して受ける
EtherealUrsaAnti-Mageのようなオートアタックによるダメージに依存しているヒーロに対して非常に有効である。また、特定の対象に最大限Magicalダメージを与えるためにも使うことができる。

 

Forced Movement Edit

Forced Movement (強制移動)とは強制的に移動させる状態効果。移動のスピード、距離はそれを与えるスキルに依存し、対象のユニットの移動速度は全く影響しない。
ほとんどは対象を行動不能(スタン)にする。
またほとんどの場合、後から与えられたForced Movementが優先され、先のものはキャンセルされる。
Forced MovementはそのBuffまたはDebuffがかかっているときのみ働き、それがDispelされると止まる。
上方向(鉛直方向)にユニットを動かす場合、追跡するタイプの弾が到達するまでの時間に影響する。

 

Hex Edit

Hex(ヘックス/呪い)は影響を受けたユニットを無害な生物に変化させる状態効果。
Hexを受けている間、そのユニットの基礎移動速度は140(Shadow Shamanのみ100)に減少
アイテムの使用や通常攻撃、スペルの使用などヒーローのできる行動ができなくなる。
トグル式スキルを切り替えることをできなくさせられるがOFFにする効果はない(ON状態のままなら発動しっぱなしになる)。
6.84よりBreakを失ったため、パッシブスキルを防ぐことはできない。
靴を含めた移動速度を140(100)にするため、Yasha、Thirstのような移動速度ボーナスのアイテムやスキルがある場合、移動速度を若干上げることができる。またヘイスト状態やShapeshift使用中は、元々の速度が維持される。
アーマーや魔法耐性によるダメージ軽減率は本来の値をそのまま引き継ぐ。

 

Hide Edit

Hide(ハイド/潜伏)はユニットを一時的に消し去る状態効果。
対象は移動、詠唱、アイテムの使用を阻害される。Hideでスキルや投擲物を避けることが可能。
ほとんどの場合、Invulnerable状態もつく。
例外的にDisruptionは効果中でもSoul CatcherやShadow Poisonの対象となり、Astral Imprisonmentは効果中でもSanity's Eclipseの対象となる。
また、Hide状態中でも経験値やゴールドを得る事が可能。

Invisibility Edit

Invisibility(インビジビリティ/不可視状態)は透明になることで敵の画面やミニマップに現れなくなり、直接対象指定することもできなくなる状態効果。
その状態であっても範囲攻撃など対象指定でない一部のアビリティによる影響は受ける
しかし、EarthshakerのEcho Slamなど特定のアビリティは不可視ユニットに効果を与えない。
ヒーローはアビリティ、Shadow BladeSmoke of Deceitなどのアイテム、インヴィジビリティ・ルーンの使用によって不可視になることができる。
基本的にヒーローは効果時間の終了や敵に対する攻撃やアイテムの使用などの行動を取るまで不可視状態を維持する。
不可視ユニットはTrue Sightによって看破される(SlarkのShadow DanceとSmoke of Deceitを除く)。
Rangedによる全ての攻撃と多くの投擲物アビリティは不可視状態によって避けられる。ヒーローがRanged攻撃で対象に攻撃し、その攻撃が当たる前に不可視になるとダメージや効果を受けなくなる。一部の投擲物アビリティは不可視ヒーローに対しても効果があり、そのアビリティの効果も与える。
不可視効果にはFade Timeも含まれている。Fade Timeとはアビリティを使用してから不可視になるまでにかかる時間のことである。Cloak and DaggarにもFade Timeはあり、攻撃や他の行動を行ったあとその時間経過後に不可視となる。この時間の間そのヒーローは対象指定可能であるが半透明である。

 

Invulnerability Edit

Invulnerability(インバルナラビリティ/無敵)はHP Removalを除く全てのdisableやダメージを受けなくなる状態効果。
Invulnerable状態のユニットは通常攻撃やアビリティの対象にならず、ほとんどの場合HPバーが非表示になる。
直接的なアビリティや効果ではなく、一部のアビリティの副次的な効果であり、ほとんどの場合非常に短い間だけ付与される。
Ancient ApparitionのIce BlastはInvulnerable状態でも回避することはできない。

 

Mute Edit

Mute(ミュート)は対象のアイテムのアクティブ効果を使用できなくする状態効果。
アイテムのパッシブ効果は無効化しない。
Town Portal Scrollのようなアイテムの起動に伴うチャネリングもキャンセルする。
また、Power TreadsのようなToggle型のアイテムの切り替えもできなくなる。

 

Purge Edit

Purge(パージ/浄化)とは移動速度に強烈なスローを与え、さらに相手のバフを取り除くアビリティ。
効果時間中低下した移動速度はゆっくりと回復する。
味方ヒーローをPurgeすると即座にデバフを取り除くことができる
敵ユニットをPurgeした場合、即座にバフを取り除き、一定時間移動速度スローを与える
アビリティによっては攻撃速度スローも与えるものもある。
例外としてOracleのFortune's Endは移動不可を与える
ヒーローに対するPurgeのほとんどはそのユニットの移動速度を最初100にし、多くの場合その後徐々に回復する。回復する速度は効果時間の長さによって決定される。これは更新頻度と呼ばれ、移動速度が回復していく段階数のことを表している。この値は1から5の範囲を持つ。
例えば、Diffusal BladeのPurgeは5段階の更新頻度となっている。ユニットが350の移動速度を持っていてPurgeを受けた場合、100/140/210/280/350という段階を追って移動速度が徐々に回復して行く。この各段階の移動速度は1段階ごとに回復する元の移動速度の割合から計算される。更新頻度が5段階であれば1段階ごとに20%、3段階であれば1段階ごとに33%回復する。
Demonic Purge, Stone Gaze, Unstable Currentは移動速度に加えて攻撃速度も100まで低下させ、これも移動速度と同様に段階を追って回復していく。Diffusal BladeのPurge, Stone Gaze, Demonic Purgeを非ヒーローユニットに使用することで最初の3秒間Pause状態にすることができる。Diffusal BladeのPurgeは召喚されたユニットやイリュージョンを即座に消し去り、Satyr TricksterのPurgeはそれらに対して400ダメージを与える。

 

Root Edit

Root(ルート)は対象を移動できなくさせる状態効果。
効果時間中はBlinkを含む移動スキルを使用することができない
多くのスキルは透明状態を看破する。
一部のスキルは詠唱中のチャネリングを止めることができるが、効果時間中にチャネリングを開始することは可能である。
一部のスキルはキャストアニメーションを中断する。
※以前EnsnareとEntangleに分けて呼ばれていたものがRootに統一された。

 

Silence Edit

Silence(サイレンス/沈黙)とは効果時間中対象のスペル使用を妨げる状態効果。
Silenceは他の無力化アビリティよりも効果時間が長い傾向があり、敵を倒すのに十分な時間を稼げるのでBlinkやInvisibilityのスペルを持っているヒーローをgankする時役立つ。
アビリティを組み合わせて使用することを妨害するので集団戦でのサイレンスは短時間であっても非常に効果的である。
詠唱中のチャネリングスペルも止めることができる
全てのアイテムとほとんどのパッシブアビリティを封じるDoomによる影響を除いて、Silenceを受けたユニットはアイテムの使用ができパッシブアビリティも発動することに注意。

 

Sleep Edit

Sleep(スリープ/睡眠)とは効果時間中連続して影響を受けている対象が完全に無力化される状態効果。
Sleep状態のユニットにダメージを与えることによってこの状態を終わらせることができる。
Nightmareはスリープ状態のユニットに対して物理攻撃でダメージを与えたユニットを無力化するという追加効果を持つ。
ユニットが無敵状態で眠っている場合このSleep状態を終わらせることはできない。
BaneのNightmareは対象を1秒間無敵状態にし、Naga SirenのSong of the Sirenは効果時間中対象を無敵状態にする。
無敵状態のユニットのSleep状態を終わらせる方法はPurgeのみである。

 

Slow Edit

Slow(スロー/速度低下)は効果を受けた対象の対象の現在の移動速度を一定割合減少させたり、対象の攻撃速度を一定値減少させる状態効果。
単に「スロー」という場合、移動速度のみの減少を指すことが多い。
Unique Attack ModifierでないSlowは相加的に重なり、移動速度の計算式や攻撃速度の計算式に従う。
(移動速度低下の最大値は移動速度の最低値である100、攻撃速度の最低値は-80)
全てのHexアビリティはヒーローの移動速度を100または140にする。
ヘイスト・ルーンのような一部の効果はSlowの効果に関係なくヒーローの移動速度を最大にする。
Purgeアビリティはユニットの移動速度を100にするが、Slowの効果時間中に徐々に回復していく。

 

Spell Immunity Edit

Spell Immunity(スペル・イミュニティー/魔法免疫 旧:Magic Immunity)は多くのスキルの影響を受けないかつMagic Resistance(魔法耐性)100%を得る状態効果。ゲーム内の各スキルの説明欄にSpell Immunityを貫通するかどうかが明記されている。

  • Magicalダメージを全く受けない
    魔法耐性100%になるために、たとえSpell Immunity貫通のスキルであってもMagicalダメージは0になる。また、「魔法耐性低下」と書かれたスキルでも、実際にはMagicalダメージ増加効果であり、Spell Immunityの魔法耐性100%を減らすことは出来ない。
  • PureダメージやPhysicalダメージは、そのスキルがSpell Immunity貫通であればダメージを受ける。そうでなければ受けない。
    PhysicalダメージのスキルはSpell Immunity貫通であることが多い。
    Pureダメージは貫通しないものが多い。貫通するものはEnigmaのMidnight PulseやPudgeのMeat Hookなどである。
  • Spell Immunityの効果を受けているユニットはほとんどのスペルの対象にされない
    Spell Immunity貫通の対象指定スキルのみ、Spell Immunityを持つユニットを対象指定できる。
  • Spell Immunityを与えるアクティブスキルはデバフを解除する効果がある。
  • Ultimateスキルの多くはSpell Immunityを持つユニットを対象指定することができる。
  • 対象指定でないヒールは全て機能する。
  • 通常攻撃はSpell Immunityによる影響を受けず、クリティカルのようなほとんどの攻撃付加効果も影響を受けない
  • Vengeful SpiritMagic Missileのような投擲アビリティを避けるために使うこともできる
     
  • Spell Immunityアビリティ一覧
  • Spell Immunityアイテム一覧

Stun Edit

Stun(スタン/気絶)とは移動、詠唱などあらゆる行動を妨げる状態効果。
Stunはチャネリングスペルも妨害する
多くのStunスペルは敵を停止させ殺すのに効果的なStunを引きおこす。
Stunは追いかけてくる敵を一時的に妨害するので容易に逃げることが可能になる。

 

Mini-Stun Edit

Mini-StunはStunと全く同じ効果を持つが、1秒よりも短い時間しか効果時間が無い。
Stunのようにチャネリングスペルを妨害する

 

Shackle Edit

ShackleはStunと同じ効果を与えるが、違いは詠唱者が何らかの不利益を被ることである。
Bane, Enigma, Pudge, Shadow Shamanはチャネリングスキルであり、自身は動けず、また詠唱を阻害されると対象のShackleは解けてしまう。
Batriderは自身がDisarmになってしまう。Storm Spiritは自身に強力なスローが掛かってしまう。

Teleport Edit

Teleport(テレポート/瞬間移動)はある場所から別の場所へ移動するDotaでの移動方法の1つ。
Teleportには基本的にTeleportとTrue BlinkとPseudo-Blinkの3種類がある。

Teleport Edit

Teleportは基本的に詠唱の後ある場所から別の場所へ一瞬で移動するアビリティ。
通常長距離の移動ができる。

 

True Blink Edit

True Blinkは基本的にある場所から別の場所へ瞬時に移動するアビリティ。Rootで無効化される。
通常短距離の地点指定で自身のみ移動し(Teleportationは例外)、通常攻撃や一部アビリティの投擲物を避ける効果(Disjoint)がある。

 

Pseudo-Blink Edit

Pseudo-Blinkはある場所から別の場所へ瞬時に移動する点はTrue Blinkと同一だが、Disjoint効果がなかったり地点指定でないなどの点で異なる。また移動するユニットが自身であるとは限らない。Rootで無効化される。

 

Trap Edit

Trap(トラップ/罠)とはユニットの周囲を完全または部分的に囲い、移動できなくさせたり逃げることをできなくさせる状態効果。
Trapは攻撃やアビリティ・アイテムの使用のような対象の行動を妨げることはない。

 

Taunt Edit

Taunt(タウント/挑発)は対象を強制的に特定のユニットに通常攻撃させる効果。
Tauntの効果を受けたユニットは効果時間中操作を受け付けなくなり、アイテムやアビリティも使用できない
また、Tauntでチャネリングスペルを妨害することができる

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Ensnare追加しました。内容に不確実な部分が多いと思うのでお気づきの点は補足・修正・指摘頂けるとありがたいです。 -- 2013-09-18 (水) 13:43:11
  • LunaのミニスタンとDisruptorのサイレンス載ってないです -- 2013-09-18 (水) 17:39:39
  • viperのCorrosive Skinの記載が無いです。 -- 2013-09-18 (水) 17:41:30
  • 公式Wikiの日本語ページを参考にスキル一覧を書いていたため、かなり抜けていた部分があったようです。先ほど英語ページを参考に書き足しましたのでだいぶマシになったと思います。 -- 2013-09-18 (水) 22:16:49
  • stun ministun はpassive もとめられるんですか? -- 2014-08-05 (火) 21:49:39
    • 行動不能になるだけでパッシブスキルを解除したり自動発動のスキルを止めたりとかそういうことはできないよ -- 2014-08-05 (火) 22:20:14
  • Hexの説明部分にトルグ式と記述してあります。トグル式ではないでしょうか? -- 2014-12-10 (水) 06:51:52
    • 直したついでに古い名称を変更したり新しいヒーローのスキルとか追加しておきました。追記漏れや間違いなどがありましたらごめんなさい。 -- 2014-12-10 (水) 08:33:20
      • Emberの1番がensnareに無いのと、IOの一番がスタンになってます。 -- 2014-12-10 (水) 11:55:42
  • BreakMuteを追加。英Wikiに従いEntangleとEnsnareをRootに統合。 -- 2015-05-17 (日) 02:51:35
  • Ethereal状態の敵ってスペルのピュアダメージも増幅するんですか -- 2015-05-17 (日) 09:25:35
    • 魔法ダメージを増幅だから無理。スペルダメージじゃないよ -- 2015-05-17 (日) 11:34:01
      • なるほど、ありがとう -- 2015-05-17 (日) 18:10:55
  • Tuskのsigilってpurgeじゃないでしょうか? -- 2015-06-04 (木) 20:44:08
    • あいつにバフ/デバフ解除なんてついてたっけ -- 2015-06-04 (木) 22:02:21
    • 移動速度と攻撃速度に強烈なスローを与えるアビリティかつ味方のデバフ、相手のバフを取り除くものをPurgeと言います。TuskのFrozen Sigilは移動速度と攻撃速度にスローを与えるのみなのでSlowにあたります。 -- 2015-06-04 (木) 22:17:11
    • たぶん強めのスローがあるから勘違いしたんだろうけど、↑でも言ってる通り、デバフやバフを取り除く働きもないとpurgeとは呼ばない。ただのスロー。ちなみに英語でpurgeは「清める、一掃する」という意味。 -- 2015-06-04 (木) 22:27:33
    • ちなみに広義のpurgeはスロー関係なくNormal Dispel全般を指す。 -- 2015-06-04 (木) 22:43:25
    • ああー、勘違いしてました。みなさんありがとう;) -- 2015-06-06 (土) 21:35:11
  • Windrangerの名前がWindrunnerのままになっていたので変更しました -- 2015-08-19 (水) 18:54:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White