Top > 【ガンガンいこうぜ】
HTML convert time to 0.004 sec.


【ガンガンいこうぜ】

Last-modified: 2017-09-21 (木) 11:20:06

概要 Edit

MP消費を全く考慮に入れずにひたすら強力な攻撃を使いまくる【作戦】
リメイク版DQ4、アプリ版DQ3、DQ10では、男主人公の場合は記事名通り「ガンガンいこうぜ」、女主人公の場合は「ガンガンいくわよ」になる。
ほんとに何も考えずに【MP】を消費していくため、使いどころを選ばないとあっという間にMPが切れる。
近年の作品では、敵を一掃するためならオーバーキルも全く厭わない傾向がある。
また、後期の作品ほど味方のピンチにも全く目を向けないため、その意味でも注意すべき。
 
独特の語感からか、DQの作戦の中ではかなり知名度が高く、【月刊少年ガンガン】はこの作戦名が由来になっている。
また、DQ4の事前情報が各誌で発表されていた頃にも、【モンスター物語】【マドハンド】の話でこの作戦がセリフとして登場している。

本編 Edit

【AI】が登場以降、皆勤且つ一切文言が変わっていない(女性版アレンジ除く)唯一の作戦。
DQ5〜DQ8にかけては【みんながんばれ】【バッチリがんばれ】の劣化版に近い仕様で存在意義が怪しかったが、数度のモデルチェンジを経て、それなりに意味のある差別化をされるようになってきた。

DQ4 Edit

AI戦闘初登場と共に実装。
FC版DQ4ではこの作戦にしないと【マーニャ】【ブライ】が雑魚戦で本気を出してくれない事もあり、魔法使い系(特にマーニャ)をメインで使っていきたければ、必然的にこの作戦を選ばざるをえないと言える。
ただし、ブライも【メダパニ】を習得してしまうと場合によっては、攻撃呪文よりメダパニを優先してしまう事がある。
一方、この作戦にすると【クリフト】【ザラキ】を連発する困ったちゃんと化してしまう事も…。
 
というのも、この作戦では『敵の無力化』が第一に優先されており、【HP】の高い敵がノーダメージでいる場合は、攻撃呪文よりも補助呪文による行動妨害(即効性の高い無力化)を狙おうとAIが判断するためである。
マーニャは敵の行動を妨害可能な補助呪文を習得せず、【マホトーン】【マヌーサ】では行動そのものを妨害できないため、マーニャは最大火力による速攻殲滅、クリフトは【ザキ系】による【即死】を狙う頻度が必然的に高くなる。
ブライ・ミネアも敵の最大HPが高くない時や仲間が敵にダメージを与えた後ならば補助呪文より攻撃呪文を優先するうえ、学習レベルが最高まで上がれば、完全耐性持ちにまで効かない呪文を使うような事はないため、味方の行動順や敵の【耐性】をプレイヤーが把握できていれば、比較的仲間の行動を調整しやすく使いやすい作戦と言える。
 
回復については他の作戦よりも始めるタイミングが遅く、大抵は【瀕死】になってから行う。
とはいえAI戦闘ならではのターン内回復はちゃんと行うので、よほど火力の高い相手でなければそれほど問題はない。
これを逆手に取ってクリフトに回復よりも蘇生を行わせたい時にこの作戦を使ってみるのもいいだろう。
本作は【主人公】【ベホマズン】を覚える上に、前作より消費MPも大幅に軽くなっているため、いっそ主人公が回復役を専任してもいいだろう。

リメイク版 Edit

補助や回復すら全く行わずに攻撃一辺倒になるという脳筋作戦へと生まれ変わる。
緊急時への対応が全くできなくなってしまうが、補助魔法の無駄撃ちをしなくなったので雑魚散らし用としては有用になったとも言える。
またメンバー個別に作戦を指定できるようになったので、僧侶系などガンガンいくのに不向きなキャラは他の作戦でサポートに回ることもできる。
戦士系メンバーは回復アイテムを持たせない限りはこれ固定でもいいだろう。

DQ5 Edit

前作と異なり【みんながんばれ】でもわりとガンガンいくので、この作戦の存在意義がやや薄れた。
少しでも補助行動の無駄撃ちを減らしたいという時に指示するくらいか。

PS2版 Edit

基本仕様はリメイク版4と同じ。
しかしながらお馬鹿で有名な本作AIの例に漏れず、【メラゾーマ】を使えるのに【メラ】を撃ったりなど謎の手加減がしばしば行われる。
それでも攻撃以外の無駄な行動はしないというだけで、他の作戦よりはマシではあるが。

DS版以降 Edit

PS2版よりはガンガンいってくれるようにはなったが、それでも敵が多い状態でブレスを使えるのに打撃を優先したりなど、まだ若干お馬鹿。

DQ9 Edit

MPを全く考えずに行動するが、味方のHPが10%前後になると回復する。蘇生はしない。

DQ10 Edit

蘇生も行うようになった。詳細はDQ10大辞典を参照。

少年ヤンガス Edit

仲間モンスターの作戦の一つとして登場。
基本的にトルネコ3での【かってにしてね】と全く同じ。
強力な仲間にこの命令を出して一歩先に行かせれば、通路における危険性がぐっと下がる。

モンスターズ Edit

モンスターズでは、単純な攻撃系の作戦が「ガンガンいこうぜ」か【とくぎつかうな】の二択になっている。
オール・オア・ナッシングな味方の思考回路がAI派の頭を悩ませている。