Top > バッカじゃなかろかルンバ
HTML convert time to 0.002 sec.


バッカじゃなかろかルンバ

Last-modified: 2017-08-19 (土) 18:45:51

試合後の監督インタビューで、東北楽天ゴールデンイーグルス監督(当時)・野村克也が記者団の前で披露した歌*1の一部から。
略して「ルンバ」とも。


概要 Edit

2008年5月29日の読売ジャイアンツ対楽天戦、2-4と巨人の2点ビハインドで迎えた9回裏二死から矢野謙次が四球で出塁。
ここで巨人側は2点差にも関わらず矢野に盗塁させ、際どくもない盗塁死で試合終了という巨人ファンにとっては後味の悪い展開となってしまう。

 

これに対し、野村は記者団の前へ現れるなり

「バッカじゃなかろかルンバ〜」
「巨人は面白い野球をするね 野球は意外性のスポーツ」

などと巨人ベンチを扱き下ろした事が由来*2
これ以降、走塁ミス(特に適切でない場面でのベンチによる走塁指示)に対する蔑称として使われる。

 

ちなみに巨人監督(当時)の原辰徳自身は、終盤のビハインドからの盗塁という戦術を「自らの原点*3」と語り、第1次政権時の2002年から鈴木尚広を抜擢して頻繁に行い続けており、この事件以後も改めなかったりと特別な執着を持っているようである。


動画(ルンバの場面は0:23〜) Edit

&flash(http://www.youtube.com/v/Cz7M4FQinUM,560x340);


関連項目 Edit



Tag: 楽天 巨人






*1 原曲はさくらと一郎の同名曲から。
*2 この他、当時巨人ヘッドコーチを務めていた伊原春樹と野村の阪神タイガース時代からの確執再燃と対立煽りにも注目が集まった。
*3 実父で甲子園優勝経験もある原貢氏が多用していた。