Top > 「アポカリプス・インサイド・テインティッド・ソイル」
HTML convert time to 0.004 sec.


「アポカリプス・インサイド・テインティッド・ソイル」

Last-modified: 2016-10-12 (水) 13:24:13

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:#1
◆再放送まとめ◆:#1
◆再放送実況付き◆#1

各種メディア展開作品において

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

暗黒メガコーポ、ヨロシサン製薬が極秘裏に進めるクローンマッポ大量導入計画。
これが実現するとクローンのバイオ・マッポはソウカイヤの意の趣くままにコントロールされ、ネオサイタマ市民の最低限の安全も確保できなくなってしまう。
この恐るべき事態を防ぐ為、ナンシー・リーニンジャスレイヤーはオカキ工場に偽装されたバイオプラントに潜入。
そこで2人は奇妙なニンジャと遭遇する……。

 

「おれはお前なぞどうでもよい。だが、この美女は連れ帰っておれのヨメにしようと思う。そこをどけ」

 

フォレスト・サワタリ。自らをベトコンだと錯覚しニューロンのベトナム戦争の真っ只中にいる狂った男。
ヨロシサンにもソウカイヤにも所属しないこのニンジャは何者か?そして次いで現れた異形の者達は敵か、味方か!?

 

サイゴン!錯覚なる地獄の黙示録!狂気・婚活・ベトコン・ニンジャリトルウォーズ!


解説 Edit

「汚染土中の黙示録」。野を駆け川を走り地に潜むサヴァイヴァー・ドージョーの初登場話である。
再放送に際し大幅な加筆修正が行われている(比較)。更に物理書籍版でも本放送版では顔見世程度だったサヴァイヴァー達がよりクローズアップされており、マディソンおばあちゃんが「ハードモード」と評すほどの展開に。是非読み比べてみてほしい。

 

物理書籍版では「ネオサイタマ炎上#1」に収録。
キルズでは「ゴー・ストレイト・ワン・ウェイ・ドライブ」のタイトルであの「デイ・オブ・ザ・ロブスター」と結合。それに伴い、残念ながらサヴァイヴァー・ドージョーの出番は割愛されている。
「一方通行の道のりをまっすぐ進め」!ニンジャスレイヤー!



入り口のノレンに書かれた「コメント欄」の文字。