Top > 「アンダー・ザ・ブラック・サン」
HTML convert time to 0.154 sec.


「アンダー・ザ・ブラック・サン」

Last-modified: 2017-02-08 (水) 12:43:31

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3#4#5#6
◆実況付◆#1/#2()/#3()/#4()/#5()/#6

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

岡山県。セイシンテキの深淵を湛えるこの辺境を、西へ西へとひた走る一台のビークルがあった。
同乗者は四人。否、四忍である。

 

欠けた記憶とカラテ、リアルニンジャとしての思いに揺れながら、かつての岡山行クエストで見出した「重大な懸念」を見据えるユカノ。
ニューロンの同居人という立場と、見上げる空の「それ」に悩むエーリアス。
そして、先のキョートでの動乱によって平穏な隠遁生活を破られ、ユカノに同行することとなったディプロマットとアンバサダー。

 

敵となり味方となり、救い救われ、奇異なる運命を経てここに今また相乗る四ニンジャ。
各々が秘める思いを交錯させ、「黒い太陽の下」旅路は続いてゆく。
岡山の果てを目指す彼らの目的とは?いかなる運命がそこで待ち受けているのであろうか?
そして、世を覆う戦端と、その向こうに迫るマッポー黙示に、このクエストは何をもたらすのであろうか?


解説 Edit

「マスター・オブ・カブキ・イントリーグ」から続き、過去を求める二忍(三忍)と、新たな成長を迎える双子の新たな試練が語られることとなる。可能であれば、彼らが駆け抜けてきた運命に触れておくのもよいだろう。
彼ら四忍、そしてクライマックスで出現するの活躍は第2部の本筋に深く関わっている(「ディフュージョン・アキュミュレイション・リボーン・ディストラクション」「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」「キョート・ヘル・オン・アース」等)。この他にもいろいろなんか絡んでくるため、更に詳しく楽しむならばキャラ毎の個別記事とエピソード一覧/第2部を参照されたい。
過去の岡山探索記やエーリアスの来歴を見直すのもオモシロイ。無論各自のニンジャアトモスフィア摂取スタイルを重点だ。

 

また、#1終盤のフジキドとユカノのやりとりが「ドラゴン・ドージョーにて」というタイトルで、エピローグとして物理書籍版「不滅のニンジャソウル#4:ケオスの狂騒曲」に掲載されている。

 
実況2前半の醜聞◆奥ゆかしさを忘れずに


コメント欄の上空には、今も変わらず、黒いネタバレが在り続ける。誰もそれを気に留めはしない。リージョン以外の誰一人として。