Top > イッキ・ウチコワシ
HTML convert time to 0.110 sec.


イッキ・ウチコワシ

Last-modified: 2017-06-14 (水) 10:45:51

◆忍◆ 組織名鑑#6 【イッキ・ウチコワシ】 ◆殺◆
ネオサイタマ各所で反企業闘争を繰り広げる非合法組織。
デモ支援やエージェント派遣から、非情な無差別テロ、暗殺行為まで、活動内容は多岐にわたる。
上層部はニンジャで固められているらしい。書記長バスター・テツオは謎めいたカリスマ存在。

漢字表記は「一揆打毀」。正式名称は「進歩的革命闘争連帯 一揆打毀」か。
を組織のシンボルカラーとしており、クワとハンマーなどのマークを意匠として持つ者もいる過激革命抵抗運動組織。
要するに共産主義過激派組織である。
メンバーがよく使う用語も「革命闘士」「同志」「決断的闘争」など、完全にそっち寄り。
赤ヘル、洗脳めいたイデオロギー注入、アニメイシヨンにおけるアジトの描写などを考えあわせると、日本の新左翼系セクトがモデルとみていいだろう。
ザ・ヴァーティゴ=サンのインタビューによると、参加者はほぼ全員が共産主義思考であり、違いがあるとすればその程度の大小であるらしい。

 

所属する革命闘士の中にはニンジャも少なからず存在しており、その規模は実際侮れない。


組織概要 Edit

主な敵対組織はオムラなどのブルジョワめいたメガコーポ。
ソウカイヤとは敵対関係にあったが、その後継組織であるアマクダリとは一時的に同盟を組むなど、実際その動向は謎めいている。
堕落的資本家に対する自由革命闘争を掲げているが、その裏で「反オムラ連合」などの企業から活動資金を得ているようだ。
闘争ある所には必ずと言っていいほど現れ、実際神出鬼没であり、報道を駆使したプロパガンダも実際巧妙である。
メガコーポ群が実質的な支配者であり、極端なまでに貧富の差が激しい日本において、その支配を打破し虐げられているマケグミたちの代弁者めいた立場を標榜してはいるが、メガコーポに属しその恩恵を受ける者は、たとえ罪のない子供であっても収奪や殺害の対象とすることを正当化し、何の躊躇もなくテロの標的とする。それは、彼らにとってはメガコーポに属していること自体が罪であり、それが大人だろうと子供だろうと同等に重いと考えているからに他ならない。

 

本拠地はネオサイタマにあるが、各地に多数の構成員を持っており、地元の組織とのコネクションも非常に強い。
上述の共産めいた思想の元に、全ての参加者は全て等しく同志であり、全員が戦士であり全員が指令者とされる。
ただし、これは体裁上のもので、一般の「同志」たちは知らない設備なども存在する。
兵士は装備こそ粗末だがよく訓練されており、実際にオムラの第3コンビナートをドラグーンと連携して攻撃し、陥落させている。
中でもモロトフ・カクテル(火炎瓶)の使用率が高く、ますます共産過激…アバーッ!?

第3部終盤のネタバレ

構成員 Edit


一言コメント

「格納!」「発言!」「展開!」