Top > キャプテンジェネラル
HTML convert time to 0.044 sec.


キャプテンジェネラル

Last-modified: 2017-03-17 (金) 16:13:19

◆忍◆ニンジャ名鑑#376【キャプテンジェネラル】◆殺◆
南北戦争風ニンジャ装束に身を包んだ、初老の隠遁ニンジャ。
ダンジョンめいた地下下水道に潜み、がらくた同然の窃盗品や収集品をバータートレードする怪しい商店を営む。
時々かんしゃくを起こして人を殺す。

登場エピソード Edit

 

「ワシは、地上の連中に様々な物を盗まれ、奪われた。哀れじゃ。だから若い奴らは絶対に許さん。それをわかってほしい。そして今後も、困ったことがあれば……きっとそれはワシから盗んだ奴らのせいゆえ、ワシに相談しなさい」


人物 Edit

  • ネオサイタマの地下下水道に棲む老ニンジャ。地の文=サンには単に「キャプテン」と名前を略されることも。
    • ニンジャ名鑑には「初老」とあるが、本文中では「老人」と記述されている。
  • 名鑑にある通り、下水道内の隠し部屋めいた一角で店を営んでいる。その売り物は常人から見ればガラクタ同然の代物ばかりだが、少なくともキャプテンにとっては価値あるものらしい。
  • 彼の許を訪れたジェノサイドに対しては比較的穏便に接していたが、他方で地上で暮らす人間、特に若者に対しては異常な憎悪を燃やしている。会話の途中で突発的な怒りに襲われ、顔色を紫に染めながら地上の人間を「殺してやる!」と罵倒し始める一幕も見られた。
    • 本人の語るところによると「地上の連中に様々な物を盗まれ、奪われた」ことが怒りの理由らしい。ただしキャプテンの言動には実際支離滅裂な部分も多く、この言い分が事実に基づくものなのか被害妄想の類なのかははっきりしない。
    • ジェノサイド曰く「耄碌ジジイ」「狂人」。
  • 「フームフーム」が口癖のようだ。

外見 Edit

  • ニンジャ名鑑の記載通り、南北戦争風のニンジャ装束を纏う。
  • ヒゲモジャの顔に、ガラス玉めいた狂的な目。
  • 背中にはカンテラをくくり付けたリュックサックや斧を背負っている。

元ネタ・考察 Edit

  • キャプテンジェネラル(Captain general)とは、18世紀頃まで主にヨーロッパで用いられていた軍の官職名。国によってその位置づけはまちまちだが、陸軍の最高司令官に位置する官職とされることが多い。
    • 日本では中国・清朝における同名の官職になぞらえて「提督」と訳される。

ワザ・ジツ Edit

  • ユニーク・ジツの類の有無は(現時点では)不明。
  • 武器としてポンプアクション式ショットガンや斧を所持している。

一言コメント

「ヘッズどもめ。目にもの見せてやったろうな?ワシの、ワシのコメントがな……許せんのじゃ!やつらが書きよった!」