Top > グレイウィルム
HTML convert time to 0.004 sec.


グレイウィルム

Last-modified: 2017-07-14 (金) 20:07:10

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0012 【グレイウィルム】 ◆殺◆
南太平洋を支配する謎めいたボロブドゥール王、シャン・ロアに仕えるニンジャ。ムカデニンジャ・クランのソウルを持つ。人間離れした長いリーチのカラテに加え、体内に無数のムカデの怪物を飼い、カナシバリ拘束や毒攻撃に用いる。

登場エピソード Edit

 

「うん、充分だ」


人物 Edit

  • 謎の国家「ボロブドゥール」の高官。ムカデニンジャ・クランのソウル憑依者である。
    • ボロブドゥール王シャン・ロアとも直接の目通りが許されている。
  • 交渉の場においては立場が上であることを示すためか口数少ないが、イクサでは俄然饒舌になる。

外見 Edit

  • 裾の長い僧服めいた風変わりな衣装に身を包み、顔を覆う薄緑のヴェールにはロウ・ワンの印と呼ばれる魔術的意匠が刺繍されている。
  • 舌の表面には焼き鏝めいた百足の印がある。

元ネタ・考察 Edit

  • グレイウィルム(gray wyrm)は「灰色の龍」の意味。
  • ただし「wyrm」は古英語であり、これを現代の英語にすると「worm」で「蠕虫」の意味にもとれる。
    • グレイウィルムに憑依したソウルのクランを考えるとこちらの方が意味的には近いか。

ワザ・ジツ Edit

  • カラテのワザマエは高い。ロウ・ワンの呪いを受けているとはいえ、サツバツナイト相手にイクサの主導権を握る立ち回りは油断ならない。
  • 憑依したソウルの影響か蠕虫めいた奇妙な軟体性を得ており、その腕は関節が三つあるかのような長いリーチを誇る。

ムカデ・カナシバリ・ジツ Edit

  • 人の腕ほどに大きい自律した意志を持つムカデの怪物を袖口やから放ち、相手を拘束するジツ。相手に巻き付くスピードは目を見張るものがあるが、耐久力はニンジャ筋肉で破壊可能なレベルである。
    • 名鑑によると、体内に無数のムカデの怪物を飼っているとのこと。口数が少ないのはこのせいかもしれない。

ストーリー中での活躍 Edit

「貴方にネタバレを」「嗚呼!」

一言コメント

「うん、ええと……コメ……出てこない」