Top > サブロ老人
HTML convert time to 0.005 sec.


サブロ老人

Last-modified: 2017-07-22 (土) 00:35:51

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【サブロ老人】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「いずれ私の体も思うようにいかなくなるでしょう。仕方の無い事です。ドウグ社は私の代で終わりだ」
「ウチのやり方はもう、時代遅れなんでしょう。どこを見ても、サイバネ、ロボット、バリキにズバリだ。弟子もろくに取れなかった私は、ジゴクで先祖に詫びねばなりません」


人物 Edit

  • ニンジャスレイヤーをして「奥ゆかしく、素晴らしい」と評されるワザマエを持つ、ドウグ社の社長にしてたった一人の職人。
  • ニンジャスレイヤーの使用する「巻き取り機構付きフックロープ」「マキビシ」「ブレーサー」は彼の手になる逸品である。
  • また、ソウカイ・ニンジャの何人かもこの道具者の顧客であるようだ。一方でサブロ本人は、過去にニンジャに両親と兄弟を殺されているらしい。
     
  • 昔ながらの製法にこだわっており、人間を顧みずにハイテク化を押し進めるオムラ・インダストリを目の仇にしている。
  • 物騒な道具を作らされているにも関わらず、一切それらに言及しない生粋の職人気質。顧客情報は完全に頭の中に叩き込み、物理情報は残さない徹底ぶりである。
  • 一方で悪い意味でも仕事一筋であり、妻は息子のマノキノが10歳になった時に愛想を尽かし、マノキノを連れて家を出て行ってしまった。

ストーリー中での活躍 Edit

「哀れなネタバレめ!ならばワシを斬ってみよ!」

一言コメント

「これも好き勝手やってきた私への、ブッダのコメントなんでしょうねえ」