Top > No167 不知火

No167 不知火

Last-modified: 2017-05-07 (日) 19:59:27

アイコン Edit

icon_167.png

基本データ Edit

画像基本情報
Shiranui.pngレアリティ☆☆
ゲーム内名称不知火翻訳名称不知火
所属/艦級大日本帝國海軍/陽炎型2番艦
本名不知火(しらぬい/しらぬひ) Shiranui
進水日1938/6/28
身長118.5m
体重2000英t(2032t)
出力52000shp
(52721PS,38776kW)
イラストレーター神北小毬
艦種駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久16火力10/30
装甲6/21雷装24/74
回避37/77対空11/41
搭載0対潜21/51
速力34.0kt索敵6/16
射程10
最大消費量
燃料15弾薬20
艦載装備
0日本三年式12.7cm連装砲
0なし
装備不可
装備不可
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 0/31/6/0解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
2/4/3/0
改造チャート・必要な核心 種類/数
{{{艦船名}}}艦船名?(Lv) (〜核心×n) 
 
SD
Ship_girl_167.png
 
セリフ
 
 

艦船紹介 Edit

ゲーム中の図鑑の説明内容を写す場合こちらにお願いします

 

入手手段/ドロップ海域 Edit

4/10まで建造限定であったが、5-5突破後に解放される2-5にてドロップするようになった。

 

性能や運用について Edit

レア度不相応の高性能を誇る駆逐艦。艦隊型駆逐艦の完成版として後期に建造されたためか、
火力と雷装が特に高い。改造は未実装だが、十分戦力になりうる。手に入ったら育ててみるのも一興。
一方で対潜と対空は並み程度で、アメリカの駆逐艦に劣る。

 

ゲーム内では Edit

  • 癖が強い陽炎型の中では常識人。極寒のキスカ島にいた経験があるからか、他の陽炎型と違って冬服。
  • 姉の陽炎とは喧嘩が多いらしい。
  • 提督との関係は良好。いつでも助力に駆けつけるという。ポーズが表す通り忍者を意識しているのだろう。
  • 他の陽炎型とは違ってマグロ目をしている。船体が折れる程の重傷を負う、第十八駆逐隊の壊滅、悪化の一途を辿る戦局をつぶさに見てきたためか生気の無い目。
  • マフラーの下には包帯を巻いている。恐らく史実で艦首を損傷したことを反映しているのだろう。
  • マフラーのみかんの絵は品種の一つに「不知火」が存在することと関係があるかもしれない
     

元ネタ解説 Edit

大日本帝國海軍が建造した陽炎型駆逐艦二番艦。1937年8月30日、浦賀工廠で起工。1938年4月15日に不知火と命名され、同年6月28日に進水。1939年12月20日に竣工した。
竣工後、呉鎮守府所属となり第十八駆逐隊に編入された。

 

大東亜戦争開戦時、不知火は機動部隊の護衛として真珠湾攻撃に参加。1942年1月8日に柱島へ帰投する。続いて機動部隊を護衛しながら
ビスマルク諸島攻略作戦やポートダーウィン空襲支援などに従事し、緒戦の快進撃を支えた。3月1日には僚艦の霞とともにオランダ商船を撃沈している。4月には機動部隊によるセイロン攻撃に参加。
6月5日に生起したミッドウェー海戦では船団を護衛していたが、戦闘には参加していない。ミッドウェー海戦が惨敗に終わった後、不知火は一度内地へ帰還。
アリューシャン方面の作戦に参加するべく、輸送船あるぜんちな丸を護衛してキスカ島へ移動。開戦劈頭から連戦をこなしてきた第十八駆逐隊は疲労が極限に達していた。
司令の宮坂大佐は乗員を想い、霧が晴れるまでキスカ島で駆逐隊を休ませようとした。しかしこの事が仇となってしまう。
7月4日、キスカ島占領の目的で湾外に停泊していたところを米潜水艦グロウラーに襲撃され、大破させられる。乗員3名が死亡した。艦体がくの字に折れ曲がる瀕死の重傷を負うも、
駆けつけた工作艦により艦首を爆破切断し、一命を取り留める。近海では米潜水艦が遊弋、2隻の駆潜艇が葬られるなど危機的状況が続いた。
現地での応急修理には限界がある事から内地への回航が決定。何とか僚艦に曳航・護衛されて舞鶴まで帰り着いた。この一件で宮坂大佐は非難を浴び、責任を取って自決してしまった。

 

1943年2月、ガダルカナル島撤退のケ号作戦に参加。4日、第二次撤退作戦に従事するためガダルカナル島へ接岸したが連合軍の空襲を受けて損傷する。この作戦で4978名を収容した。
5月8日、姉でありネームシップである陽炎が沈没。これに伴って残余の陽炎型は、全て不知火型へと改名される。
同年10月15日、修理が終わった不知火は再就役。パラオやウエワク、ホーランジアといった南方方面への輸送船団護衛に従事した。
1944年3月、第九駆逐隊に移籍。霞、白雲、薄雲、不知火の4隻体制で任務に臨むが、たったの二週間で白雲が沈没。これに伴って第十八駆逐隊に改名し、3隻体制となる。
水中探信儀や機銃の増設、電探の装備を受けながら転戦する不知火であったが、同年6月に薄雲が沈没。稼働する艦が2隻にまで減少してしまう。
生き残った僚艦、霞とともに8月から10月にかけて硫黄島への輸送任務に従事した。

 

1944年10月、フィリピンに米軍が襲来。資源地帯と本土の中間に位置する要衝を死守するべく、不知火も迎撃戦力に組み込まれ、馬公を出撃。
同月24日、志摩艦隊の一員としてスリガオ海峡海戦に参加。他の駆逐艦とともに敵が張った煙幕の中へ突入したが、敵を発見する事は出来なかった。
米艦隊もまたレーダーで探知する事が出来ず、反撃も受けなかった。連携不足で西村艦隊が壊滅する被害を受けたが、不知火は生き残った。
だが無慈悲な死神は、不知火をレイテの戦場から帰さなかった。1944年10月27日、軽巡鬼怒と駆逐艦浦波を捜索するためコロン島を出撃。
既に二隻は沈められていたが、そんな事は知る由もなく捜索する不知火。その道中、セミララ島に座礁した味方の駆逐艦、早霜を発見。
早霜は空襲の危険があるからと退避を要請したが、それに構わず救助活動を始めた。しかし早霜の予想通り、敵の空襲が始まってしまう。
救助活動のため機関を停止していた不知火は逃げる事も出来ずに爆沈。一瞬で沈んでいったという。艦長含め、乗員が全員死亡した。レイテ沖海戦で戦没した最後の艦だった。

 

1944年12月10日、除籍。

国別艦種一覧表

国別艦種一覧表

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この不知火欲しいぃぃぃ -- 2016-12-30 (金) 14:52:10
  • 建造イベで狙えるぅぅぅ -- 2016-12-30 (金) 19:37:08
  • レア駆逐レシピを回せぇぇぇ -- 2016-12-30 (金) 21:52:13
  • あかんこの娘めっちゃ可愛いぃいい -- 2017-01-01 (日) 20:52:44
  • 陽炎型随一の常識人やでぇぇぇ -- 2017-01-02 (月) 16:42:05
  • 史実に詳しくないんだけど猫の面とかマフラーのみかんっぽいのには何か意味があるんだろうか。 -- 2017-02-05 (日) 01:46:45
    • ないんじゃないか、不知火って名前のみかんはあるが -- 2017-02-24 (金) 00:24:19
    • 中華WIKIを無理やり翻訳してみたところ、一度描き終えたんだがその絵を見た中国当局が怒り出した(日の丸でも入っていたのだろうか)ため、デザインの変更を強いられたんだけど絵師のスケジュールに余裕が無かったため、適当に髪飾りを付けたらしい。 -- 2017-02-24 (金) 21:05:19
      • 旧日本軍の軍艦には文句言わないのに国旗には文句言うんか・・・ -- 2017-03-04 (土) 04:24:41
      • 一式陸攻の日の丸を武田菱にするだけでセーフになる基準だし、多少はね -- 2017-03-04 (土) 05:02:30
      • ちなみに現在は日の丸を付けてもセーフらしい。基準ガバガバじゃないか -- 2017-03-24 (金) 08:20:27
  • この不知火なら落ち度があってもゆるす! -- 2017-04-20 (木) 08:00:49
    • 人間の鑑 -- 2017-04-20 (木) 11:42:20
  • 耐久が4の倍数だから思いの外打たれ強いぞ!改じゃなくてもがんばれる! -- 2017-04-22 (土) 10:47:15
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White