Top > No335 ヴォルタ

No335 ヴォルタ

Last-modified: 2018-01-16 (火) 03:34:06

アイコン Edit

icon_335.png

基本データ Edit

画像基本情報
L_NORMAL_335.pngレアリティ☆☆☆☆
ゲーム内名称伏尔塔翻訳名称ヴォルタ
所属/艦級フランス海軍/モガドール級2番艦
本名Volta
イラストレーター深渊NorthAbyssor
艦種駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久24火力17/42
装甲10/25雷装25/75
回避48/88対空18/48
搭載0対潜22/52
速力42kt索敵9/19
射程10
最大消費量
燃料10弾薬20
艦載装備
0フランスM1934 138mm連装砲
0-
装備不可
装備不可
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 0/0/0/0解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/ボーキ)
0/0/0/0
建造時間-
改造チャート・ 改造に必要な物資(燃料/弾薬/鋼材/ボーキ) 必要な改造コア 種類/数
未実装
 
SD
File not found: "xxxSD.png" at page "No335 ヴォルタ"[添付]
 

セリフ Edit

セリフ
 
 
 

艦種紹介 Edit

日本版モガドール級大型駆逐艦は仮想敵に対抗するために作られた高速艦船。そのたえ、40ノットの高い速力と軽巡洋艦並みの火力を出せる138mm連装砲を備えている。ヴォルタはその二番艦で、戦いの初期にドイツの襲撃間の追跡任務に参加した。独仏休戦後、英国艦隊の襲撃を受け、ヴォルタは他の軍艦とともに戦艦を援護しながら本土へ帰還した。そして最期は、トゥーロンで自沈した。
中国版莫加多尔级超级驱逐舰是一级大型强力驱逐舰,用以对抗假想敌的轻型高速舰艇。为此她有着40节的高速,同时装备了四座双联138毫米炮,有着近似轻巡的火力。伏尔塔是该级2号舰,在战争早期曾经参加过搜捕G国袭击舰的任务。在F国停战后,E国舰队曾发动对F国舰队的袭击,伏尔塔和其他军舰一起掩护战巡返回了本土。最终在土伦自沉。

入手手段/ドロップ海域 Edit

中国版:DB建造
日本版:建造[0:50:00]建造解放2017/12/22

 

性能や運用について Edit

〜未記入〜

ゲーム内において Edit

元ネタ解説 Edit

所属Marine nationale
艦種・艦型モガドール級駆逐艦
正式名称Volta
名前の由来Volta River アフリカのブルキナファソ共和国とガーナ共和国を流れる川 下流のガーナにはアソコンボダムが建設され巨大な人造湖ヴォルタ湖を形成している
起工日1931.11.15
進水日1934.3.15
就役日1936.5.1
除籍日(除籍理由)不明(1942.4.5自沈 1943.4.5浮揚されるが放棄 1949解体)
全長(身長)137.4m
基準排水量(体重)2950英t(2997t)
出力ボイラー4基蒸気タービン2基2軸 92000PS(72987.7shp)
最高速度39.0kt(72.22km/h)
航続距離15.0kt(27.78km/h)/4345海里(8046.94km)
装備(建造時)138mm50口径M1934連装砲4基8門
37mm対空機関砲x2(2x1)
オチキス13.2mm対空機関銃x4(2x2)
550mm魚雷発射管三連装2基連装2基10門
爆雷投射機2基
装甲なし
  • モガドール級駆逐艦はフランス海軍がル・ファンタスク級駆逐艦の次に開発した大型駆逐艦である。
    基準排水量2997tはもはや立派に巡洋艦と呼んでも良い怪物駆逐艦だった。(軽巡洋艦夕張が2890tである)
  • 1920年代から配備を進めていた一連の大型巡洋艦の流れを汲むモガドール級は、前級ル・ファンタスク級からさらに武装を拡大し、航続距離も増大している。
  • 前級までの装備だった138mm砲は単装砲から連装砲になり、これを4基合計8門も装備している。
    他に三連装と連装の魚雷発射管を両舷に一基ずつ装備して片側五射線を確保していた。
    対空砲は余り重視せず37mm連装機関砲二基と13mm連装機銃二基のみである。
    本級はダンケルク級の護衛として高速で水上艦に打撃を与えることが主要な目的とされていたため、対潜装備は余り充実していない。
    ソナーも搭載しておらず、爆雷は2本の投下軌条からの投下のみであった。(必要に応じて機雷に交換できる)
  • 他に射撃管制装置も電気機械式の最新型が組み込まれており、主砲の旋回・昇降も電動など最新式の機構が盛り込まれたのだが、
    あまりにも盛りすぎたため主機関の発電機のみでは電力不足に陥り、ディーゼルの補助発電機が積み込まれている。
    (実はこれでもあんまり解消しておらず、特に主砲周りの電動装置はごっそり更新する予定だった)
  • モガドール級はそれまでの大型駆逐艦と同様に全部で6隻が建造される予定であったが、世界恐慌後の社会不安も相まってフランスの重工業は混乱しており、
    開戦までには1番艦モガドールと2番艦のヴォルタが間に合っただけだった。
    基本的に同型艦でグループを組むため、ヴォルタはモガドールと共にフランス北西の要所ブレストに配備されて開戦を迎える。
    1939年10月にはドイツのポケット戦艦ドイッチュラントが通商破壊を始めたため、船団護送に出撃、無事任務を完了する。
    翌月、今度はドイツの誇る巡洋戦艦シャルンホルスト級の2隻が出撃したとの報告を受けた。
    フェロー諸島沖海戦により補助巡洋艦ラワルピンディが命と引き換えに2隻の存在を知らせたのである。
    イギリス海軍はブチ切れて戦艦ネルソンロドニーウォースパイトレパルスフッド、さらに空母フューリアスまでもが出撃し、捜索に当たる。
    フランス艦隊も戦艦ダンケルク以下が出撃し、ヴォルタもこれの護衛として随伴したが成果はなかった。
  • 1940年の春先にはそれまでの出撃経験などから必要な装備の改修が行われ、ソナーも装備されたがこれは直後に欠陥が発覚している。
    6月にフランスが降伏した後、モガドールとヴォルタはメルセルケビール軍港に停泊していたが、ここでドイツにこの艦隊が渡ることを恐れたイギリスとの間で交渉が決裂したため
    メルセルケビール海戦が勃発。モガドールは艦尾損傷の被害を受け、ヴォルタは戦艦ストラスブールとともに脱出してトゥーロンへ向かった。
    その後損傷したモガドールもトゥーロンに曳航され修理を受けていたが、1942年11月、北アフリカ戦線が悪化するとドイツはフランス艦隊の強制的な接収に乗り出す。
    これに抵抗してフランス艦隊はトゥーロン港で一斉に自沈した。
    翌年イタリア軍が浮揚させ修理を行おうとしたが損傷が激しかったため放置したところ、今度は連合軍の爆撃により沈没。
    1948年に再び浮揚され解体された。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おおっ!z31の人かぁー -- 2017-11-13 (月) 21:38:56
  • ついにヴォルタが日本版にも来るんだ、心が躍るな -- 2017-12-19 (火) 20:34:03
  • 服の上からでも分かる欧派。流石は大型駆逐 -- 2018-01-03 (水) 15:02:51
  • たしかペナルティ無しの駆逐砲としては最強だよな+5って -- 2018-01-11 (木) 04:28:58
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White