Top > No57 ジュノー

No57 ジュノー

Last-modified: 2017-09-24 (日) 13:01:36

アイコン Edit

icon_57.png

基本データ Edit

画像基本情報
CLジュノー.pngレアリティ☆☆☆
ゲーム内名称朱诺翻訳名称ジュノー
所属/艦級アメリカ海軍/アトランタ級2番艦
本名USS Juneau (CL-52)
進水日1941/10/25
身長165.1m
体重6718英t(6826t)
出力75000shp
(76040PS,55927.5kW)
イラストレーターDr.大吉
艦種軽巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久27火力24/54
装甲19/44雷装0/0
回避31/66対空58/98
搭載0対潜40/80
速力33.6kt索敵12/22
射程5
最大消費量
燃料25弾薬30
艦載装備
0アメリカ5inch両用砲
0-
0-
装備不可
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 12/0/10/68解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
10/17/13/0
改造チャート・必要な核心 種類/数
未実装
 
SD
Ship_girl_57.png
 

セリフ Edit

セリフ
 
 

艦種紹介 Edit

日本版アトランタ級二番艦。就役初期フランス・ヴィシー政権の海上封鎖に参加した。 1942年8月、太平洋戦場に突入し、南太平洋海戦に参加した。 同年11月、ジュノーはアトランタと共に大惨事ソロモン海戦に参加し、その戦役でジュノーの左舷が伏撃され轟沈した。 最後に船員10名だけが生き残った。落命した人物にはサリヴァン五兄弟がいた。以後アメリカ軍では、親類は分散配置する方針が徹底された。
中国版亚特兰大级二号舰,服役初期参加了对维西法国岛屿的封锁,42年8月转入太平洋战场并参与了圣克鲁斯海战。42年11月,朱诺号同亚特兰大号一起参与了瓜岛以北的海战,在海战中朱诺号左舷中雷遭受重创,撤离时又被日军潜艇偷袭,不幸战沉,最终仅有10名船员幸存。阵亡名单中就包括了沙利文五兄弟,从此美军开始把有血缘关系的乘员分开部署。
 

入手手段/ドロップ海域 Edit

中国版:建造[1:15:00]、ドロップ(1-4、第二章~第四章、第六章)
日本版:建造[1:15:00]、ドロップ

 

性能や運用について Edit

  • 初期型のほうのジュノー。なので彼女にも魚雷があるはずなのだが姉ともども雷装0。
  • その分火力と装甲は色を付けてもらっているのでそれで我慢しよう。
  • アトランタ級で最も短命かつ、沈没後の生存者がたった10名という過酷な運命を辿った事が理由か、
    ゲーム内では運がたったの5。
  • アトランタ級の宿命として、強化時に対空のステータス値が伸びやすい。
    対空の強化手段が少ない今ゲームでは拾ったら優先して強化素材として使っておいて損はないだろう。

ゲーム内において Edit

  • 同名の駆逐艦「ジュノー」が存在しているためややこしい。
    さらにサリヴァン兄弟の名前を冠したフレッチャー級駆逐艦「サリバン」も実装されているという混沌ぶり。
    元となった名前の元ネタがゲーム内に存在するという珍しい状態になっている。
  • 因みに元ネタの方もメチャクチャややこしく、「アトランタ級軽巡洋艦」「ジュノー」が2つあったりする。こちらは前述の通り前期型のCL-52ジュノー。尤も、同時に存在はしなかった。
    もう一方は後期型の1隻目、アトランタ級では9番目のCL-119ジュノー。主砲2基と魚雷を降ろした代わりにボフォース40mmをガン積みした。航空機絶対殺すウーマン。
  • ツンデレキャラの1人。2017/5/29のメンテナンス時にセリフも実装された。
    自身のエピソードが艦名の由来となったサリバンに関する言及もある。なお彼女に対してはデレ100%
  • ほかに「サンフランシスコ」に対する言及があるがこれはニューオーリンズ級重巡5番艦サンフランシスコの事。
    史実ではジュノーの最後の瞬間に立ち会った僚艦である。ゲーム内未実装。

元ネタ解説 Edit

艦型アトランタ級軽巡洋艦2番艦
名前の由来City of Juneau, Alaska(アラスカ州ジュノー)初代
建造所Federal Shipbuilding and Drydock Company,Kearny, New Jersey
(フェデラル・シップリング・アンド・ドライドック社 ニュージャージー州カーニー)
  • アメリカ海軍に所属するアトランタ級防空巡洋艦二番艦。艦籍番号はCL-52。
    竣工後、太平洋戦線に投入され高い防空能力を発揮。たった1隻で30機近い日本軍機を叩き落とした。
  • 進水は1941年10月25日、その後太平洋戦争が勃発してすぐの1942年2月に就役。
    太平洋戦争開戦時のアメリカ海軍が誇る新鋭巡洋艦であった。
  • 当初はカリブ海や大西洋で活動していたジュノーは、対日戦へと参加。
    ガタルカナル島への戦闘機輸送の護衛中、伊19に撃破されたワスプの乗員救出などに活躍。
    さらにタラワに停泊中の日本艦への艦砲射撃などを行った。
    南太平洋海戦では襲い掛かる日本艦載機を次々と撃墜し、この時だけで18機の日本機を叩き落とした。
  • だが、彼女は短命だった。第三次ソロモン海戦に参加した際、駆逐艦天津風が放った魚雷が直撃し大破。
    応急修理で自力航行が可能になったものの、忍び寄ってきた伊26潜に雷撃され弾薬庫が引火。炎を上げて沈没した。それは1942年11月13日の事だった。
  • 悲劇はこれだけでは終わらなかった。
    同伴だった巡洋艦サンフランシスコやヘレナと駆逐艦たちが追撃を恐れ海域を早々に離脱してしまう。
    撃沈時に100名ほど波間に漂っていた生存者は救助もされず、サメが出没する海域に取り残された。
    捜索にきた飛行艇に救助されるまでの8日間でサメの襲撃や疲労・衰弱により命を落とし、わずか10名のみが救助されている。
    • 沈没時に艦と運命を共にした者と合わせて683名の兵士が戦死。艦長のライマン・K・スウェンドン大佐も漂流中に落命した。
      また、後述のサリヴァン兄弟のフランシス、ジョゼフ、マディソンの3名は沈没に巻き込まれ戦死。
      アルバートとジョージも漂流中に亡くなった。
  • この際に5人兄弟でジュノーへ乗り込んでいたサリヴァン兄弟が全員戦死するという痛ましい事件が発生。
    以降、アメリカ軍では兄弟や親類は分散配置されるという方針に切り替えられた。
    また、兄弟が戦死し1人のみになった場合は強制的に内地へと帰還させるソウル・サバイバー・ポリシーが制定されたのもこの事件が理由のひとつ。
    映画「プライベート・ライアン」の元ネタとしてもお馴染みである。
  • この沈没時、軽巡洋艦ヘレナの艦長であり艦隊の指揮官であったギルバート・C・フーバー大佐の判断により、沈没時には生存者は居ないと判断された。
    これにより艦隊は潜水艦の攻撃を恐れ海域を離脱、残された生存者が多数犠牲になるという悲劇に発展した。
    この事実は南太平洋軍司令官のハルゼー大将の不興を買い、フーバー大佐が艦長から下ろされる事態に発展している。
    後にチェスター・ニミッツ大将がこの判断に疑問を呈した事でハルゼー大将は謝罪しフーバー大佐の名誉は回復されている。
  • 「ジュノー」の艦名はアトランタ級軽巡洋艦(CL-119)に引き継がれている。
    また、時は流れ1966年にはクリーヴランド級ドック型輸送揚陸艦「ジュノー」が進水している。
    2008年に行われた輸送揚陸艦ジュノーの退役式典には、漂流を生き延びた10名の生存者の1人、オーレル・セシルが招待されたという。

国別艦種一覧表

国別艦種一覧表

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「あなた方の息子に関して、知らせることがある」「どの息子が死んだのか」「全員です」 辛いな… -- 2016-12-04 (日) 01:24:59
  • いやーキツイっす -- 2016-12-04 (日) 10:25:42
  • やっと誓約したのでセリフを(反転) なによ、ツンデレじゃないことの証明が欲しいって?ふんっいいわよ、よ〜く聞きなさい!…す…好き…だ…ょ。 -- 2017-03-24 (金) 15:53:16
  • 武勲艦も味方を変えりゃ悪魔。「どっちも」やってるとそれはもう面白い。 -- 2017-08-10 (木) 21:27:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White