Top > 刀剣展示情報

刀剣展示情報

Last-modified: 2016-05-23 (月) 23:25:05

はじめに Edit

実際の刀剣の展示情報をまとめたページです。
展示・所蔵している博物館へのリンクは禁止です。
※2016/5/19(木)時点の情報です。随時更新していきます。


※※展示を見に行く際には、他の来館者の迷惑とならないように注意※※

展示中の刀剣 Edit

常設展示 Edit

刀剣名展示会場都道府県展示日程備考
蜻蛉切岡崎城 三河武士のやかた家康館愛知常設写し、模造品
太郎太刀熱田神宮 宝物館愛知常設
日本号福岡市博物館福岡常設真作
広島城 天守閣広島常設写し
御手杵結城蔵美館茨城常設復元品

期間限定 Edit

刀剣名展示会場都道府県展示日程備考
にっかり青江香川県立ミュージアム香川2016/4/8(金)〜2016/5/29(日)常設展示「KATANA−刀剣を楽しむ3つの見方−」
燭台切光忠徳川ミュージアム茨城2016/4/9(土)〜常設展示「水戸徳川家の名宝展」
髭切北野天満宮 宝物殿京都2016/4/16(土)〜2016/5/31(火)宝物殿特別公開「学問の神・驚きの宝刀展」
前田藤四郎石川県立美術館石川2016/5/19(木)〜2016/7/18(月)「名物前田藤四郎と甲冑・陣羽織」

定期公開の刀剣 Edit

刀剣名展示会場都道府県展示日程備考
石切丸石切剣箭神社 宝物館大阪2016/4/15(金)〜2016/4/16(土)
2016/5/3(火)〜2016/5/5(木)
2016/10/21(金)〜2016/10/22(土)
春と秋の大祭中に一般公開
5月は特別公開
小狐丸同上。※石切劔箭神社所蔵の小刀
和泉守兼定土方歳三資料館東京次回は2017年5月予定年に1度、土方歳三の命日に合わせて限定展示
数珠丸恒次大本山 本興寺 宝物殿兵庫2016/11/3(木)毎年11/3(文化の日)に行われる「虫干会」で一般公開

展示予定の刀剣 Edit

刀剣名展示会場都道府県展示日程備考
石切丸奈良県明日香村奈良2016/6/4(土)第5回おもしろ歴史フェスティバル内
「いろはに刀剣 〜古今東西、名刀を識る〜」
小狐丸同上。※石切劔箭神社所蔵の小刀
歌仙兼定永青文庫東京2016/7/9(土)〜2016/10/2(日)夏季展示「歌仙兼定登場」
信濃藤四郎致道博物館山形2016/10/1(土)〜2016/10/30(日)SAMURAIの美 出羽庄内藩酒井家ゆかりの銘品
骨喰藤四郎大阪歴史博物館大阪2016/10/12(水)〜2016/10/24(月)NHK大河ドラマ特別展「真田丸」
*特別展は9/17(土)〜11/6(日)まで
陸奥守吉行京都国立博物館京都2016/10/15(土)〜2016/11/27(日)特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」
長崎歴史文化博物館長崎2016/12/17(土)〜2017/2/5(日)
江戸東京博物館東京2017/4/29(土)〜2017/6/18(日)
静岡市美術館静岡2017/7/1(土)〜2017/8/27(日)
五虎退江戸東京博物館東京2016/11/23(水)〜2017/1/29(日)戦国時代展 -A Century of Dreams-
京都文化博物館京都2017/2/25(土)〜2017/4/16(日)
米沢市上杉博物館山形2017/4/29(土)〜2017/6/18(日)
へし切長谷部福岡市博物館福岡2017/1/5(火)〜2017/2/5(日)黒田家名宝展示―官兵衛ゆかりの資料展示―

展示未定の刀剣 Edit

刀剣名所蔵都道府県展示日程備考
三日月宗近東京国立博物館東京未定
鳴狐
厚藤四郎
獅子王
博多藤四郎刀剣博物館東京未定
明石国行
蜻蛉切佐野美術館静岡未定真作
東京国立博物館東京未定写し
鯰尾藤四郎徳川美術館愛知未定
後藤藤四郎
物吉貞宗
次郎太刀熱田神宮愛知未定主に太郎太刀貸出時に代理で展示
秋田藤四郎京都国立博物館京都未定
宗三左文字
膝丸大本山 大覚寺京都未定
江雪左文字ふくやま美術館広島未定

関連する刀剣の展示 Edit

ゲーム未実装刀剣、同じ銘で持ち主の違う刀剣、同作者の刀剣、など

刀剣名展示会場都道府県展示日程備考
和泉守兼定土方歳三函館記念館北海道常設土方歳三ら新撰組に関連する、同作者の刀剣
堀川国広
長曽祢虎徹
陸奥守吉行北海道坂本竜馬記念館北海道常設同作者の刀と脇差
高知県立坂本竜馬記念館高知常設坂本竜馬の佩刀と同寸に磨り上げられた同作者の刀
亀山社中記念館長崎常設複製品
同田貫正国玉名市立歴史博物館こころピア熊本常設銘「同田貫上野介」。同田貫正国の一振(同田貫正国は、同名の刀工の打った刀の総称。
刀剣乱舞の同田貫正国は天覧兜割りに用いられたものと思われる)
加州清光さむらい刀剣博物館栃木2015/6/23(火)〜未定加州清光作の脇差。「名匠展 ー鎌倉初期から江戸時代までの名刀ー」内特別企画 二人展。ガラス外展示
大和守安定2015/7/18(土)〜未定大和守安定作の脇差。「名匠展 ー鎌倉初期から江戸時代までの名刀ー」内特別企画 二人展。ガラス外展示
長曽祢虎徹東京富士美術館東京2016/3/29(火)〜2016/7/3(日)長曽祢虎徹(興里・興正)作の刀。展覧会「ザ★刀剣 千年の匠の技と美」
和泉守兼定和泉市いずみの国歴史館大阪2016/4/9(土)〜2016/5/29(日)特別展「刀 ―時代小説に登場する名刀たち―」 他に虎徹、同田貫など
加州清光同上。加州清光作の脇差
大和守安定同上。大和守安定作の脇差
堀川国広鉄の展示館長野2016/4/9(土)〜2016/6/12(日)「高倉健と宮入小左衛門行平の絆」高倉健さんの旧蔵刀 堀川国廣の脇差
骨喰藤四郎江戸東京博物館東京2016/4/29(金)〜2016/6/19(日)写し。2016年NHK大河ドラマ特別展「真田丸」
和泉守兼定福岡市博物館福岡2016/6/7(火)〜2016/7/3(日)黒田長政が愛用した刀。黒田家名宝展示―官兵衛ゆかりの資料展示―
堀川国広東京国立博物館東京未定堀川国広作の刀
長曽祢虎徹京都国立博物館京都未定真作(刀剣乱舞の長曽祢虎徹は近藤勇が所用した贋作)

関連する展示など Edit

刀絵図、鞘、鍔、拵えなど刀剣に関係するが刀ではないもの

刀剣名展示会場都道府県展示日程備考
御手杵の鞘川越城本丸御殿埼玉常設「杵黒熊毛槍鞘」。復元品
へし切長谷部の拵福岡城むかし探訪館福岡常設レプリカ。本家「金霰鮫青漆打刀拵」は福岡市博物館所蔵
歌仙拵熊本城香梅庵熊本常設写し。本家「歌仙拵(腰刻黒漆研出鮫打刀拵)」は永青文庫所蔵
京都刀剣御朱印めぐり 第二弾
宗三左文字三日月宗近一期一振骨喰藤四郎鶴丸国永
粟田神社 藤森神社 建勲神社 豊国神社京都2015/12/15(火)〜2016/5/31(火)展示ではなく左記刀剣に所縁のある4つの神社で、特製朱印帳に特別な御朱印をいただく

過去に展示のあった刀剣 Edit

2016年展示
2015年展示
2014年展示
2013年以前

情報提供 Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここまでの情報を反映しました。 -- 2016-04-06 (水) 23:45:00
  • 薬師寺大宝蔵殿・聚宝館の大宝蔵殿 特別開扉「仏教と刀」 特別展示「噂の刀展」にて妖刀 村正(初代・二代・三代)、正宗、虎徹(初代・二代)、十一代兼定 和泉守兼定、同田貫正国(初代・後代)、加州清光、国俊、堀川国広、大和安定、陸奥守吉行、長谷部、左文字 他 が展示されております。2016/3/1(火)〜2016/5/8(日) -- 2016-04-10 (日) 00:28:53
  • 北海道の土方歳三函館記念館に、和泉守兼定(美濃二代長刀・短刀、美濃三代長刀・短刀、会津十一代長刀・脇差)、堀川国広、長曾根虎徹、長曾根虎徹太刀拵(復元)、加州清光(館内では藤原清光の表記でした)、その他新撰組関連の刀剣がいくつか展示されていました。行ったのは一年ほど前ですがおそらく常設。 -- 2016-04-11 (月) 12:29:27
  • 2016/11/12〜12/18までふくやま美術館(広島)にて明石国行展示予定とのことです -- 2016-04-11 (月) 14:05:05
  • 2016/4/9(土)〜2016/5/29(日) 大阪 和泉市いずみの国歴史館の特別展「刀 ―時代小説に登場する名刀たち―」にて、加州清光・和泉守兼定・大和守安定・同田貫・虎徹 他が展示されています。 -- 2016-04-12 (火) 03:58:54
  • /歌仙兼定(永青文庫)の展示期間は7/9〜10/2です。 -- 2016-04-12 (火) 13:44:57
    • 歌仙の展示期間は展示場所の公式サイトに一時期掲載されていましたが、現在は消されているようです。はっきりするまでは空欄のままでいいのではないでしょうか -- 2016-04-12 (火) 15:25:22
  • 陸奥守吉行(京都国立博物館)、次回展示が16/10/15〜11/27に決まりました。特別展覧会「没後150年坂本竜馬」関連書簡などと共に登場だそうです。 -- 2016-04-12 (火) 13:47:22
    • ソースは、キョーハク年パス所持者に送られる年間スケジュールより。 -- 2016-04-12 (火) 13:48:11
  • 信濃藤四郎(致道博物館/山形県)は10/1〜10/30、SAMURAIの美「出羽荘内藩酒井家ゆかりの名品」展がすでに決定しています。このころには実装もされているかと思われます。 -- 2016-04-12 (火) 14:26:24
  • ふくやま美術館で展示されるのは、明石国行ではなく当麻の国行だと思います。 -- 2016-04-15 (金) 19:14:56
    • 確認したら、阿部家ゆかりの国行は確かに「当麻」の方でした。失礼しました、修正します。 -- 2016-04-15 (金) 20:21:11
  • 10/12〜10/24に骨喰藤四郎が大阪歴史博物館で大河ドラマ特別展真田丸にて展示されます。 -- 2016-04-26 (火) 17:24:40
  • 福岡市博物館での和泉守兼定の展示ですが、長政愛用ならば之定では?前回、孫六兼元と展示された際は之定の方の和泉守兼定だったと思うのですが… -- 2016-04-28 (木) 22:39:04
    • 過去の展示(2015年)には同様の展示内容が記載されていたので、「関連する刀の展示」欄に追加しました。たしかにキャラページにリンクされているので誤解される元ですかね。現状、このページは『展示場所での表記がキャラ名に一致』しているなら、リンク張られているようだったので、過去の記載方法に揃えてます。 -- 2016-04-29 (金) 00:15:46
      • 続き)最近になって展示ページをちょくちょく編集するようになったのですが、「関連する刀の展示」の扱いは少し困るところがあります。刀工名=キャラ名だと、実際は別物(一応さっぱりとした注意書きはありますが、ゲーム的に言うなら刀種が違うとか、指摘されたように作者名一緒でも代が違うとか)でも、キャラクター名と一致していれば個別ページへのリンクを張ってます。展示される刀剣によってリンクを張る張らないを判断するのは難しいですし、今までの編集を変えるような代案が私には思いつきません……。 -- 2016-04-29 (金) 00:18:24
      • ご対応有難うございます。現状のリンク方針了解しました。同銘異工の扱いの線引きは確かに悩ましいですね… -- 2016-04-29 (金) 10:48:43
  • 【関連する刀剣】2016/3/23〜2016/5/8茨城県立歴史館 一橋徳川家記念室「武具・刀剣」 -- 2016-04-29 (金) 00:14:16
    • 途中送信してしまいました,すみません。長船光忠作太刀「光忠」,来国行作太刀「国行」,長曾弥乕徹作脇差などが展示されています -- 2016-04-29 (金) 00:18:27
  • 展示予定の刀剣に「京都国立博物館所蔵の陸奥守吉行」が追加されていますが、関連する刀剣の展示にも同一の記載があります。どちらの記載を残すのが良いでしょうか?「伝坂本龍馬佩刀」をどうとるかによると思いますが、以前は「京都国立博物館所蔵の陸奥守吉行」は’関連する刀剣’の欄に記載されていました。 -- 2016-04-29 (金) 00:45:50
    • 京博の陸奥守って実際に龍馬が所持していたものだと思っていたのですが違うのですか? 残っている資料と所蔵の刀身の姿が違う?みたいな話があるからでしょうか… -- 2016-04-29 (金) 02:54:54
      • 京博の -- 2016-04-29 (金) 10:23:51
      • 京博の陸奥守吉行は龍馬が死ぬ際に所持していたものとして紹介されています。刀身の形が違うのは火事で焼けたため -- 2016-04-29 (金) 10:24:43
      • 途中送信失礼…火事で焼けたため反りが無くなって伸びてしまったのとその後の研ぎ直しのせいです。 -- 2016-04-29 (金) 10:25:55
    • 4つ上の枝の者です。ご回答ありがとうございます。ちょっと混乱して質問してしまいました。ということは京博の陸奥守=ゲームの陸奥守…という認識でいいのでしょうかね。一応、特集陳列「刀剣を楽しむ」では【展示予定の刀剣】に記載されていたようですので、自分は【展示予定の刀剣】を残した方がいいかと思います。 -- 2016-04-29 (金) 20:44:11
    • 木です。京都国立博物館所蔵の陸奥守吉行のこのページにおける扱いをバックアップで確認してみると次のような変遷でした。《2015/2/27に’展示予定の刀剣’の欄に『佩刀?復元品』で追加される2015/7/8に記載の欄は変わらず、佩刀?復元品から『伝坂本龍馬佩用』に修正される2016/2/24に【’関連する刀剣’の欄に移動される】2016/4/12に’関連する刀剣’の欄で展示日程が明記される2016/4/26に「い琶埆犬気譴疹霾鵑残ったまま」’展示予定の刀剣’に追加される。》京都国立博物館の展示で同じく展示されていた骨喰藤四郎などは展示終了後に、’展示未定の刀剣’の欄に戻っていたのですが、何故かこのタイミングで陸奥守吉行のみ’関連する刀剣’の欄に移動されていました。 -- 2016-04-29 (金) 22:59:57
      • →私は3月ごろから(このページをよく見るようになったので、’関連する刀剣’の欄にあるので本物ではないのかな?と思ってました。当時ネットでちょろっと調べた時は「坂本家にあった吉行だけど龍馬が死の間際に所持した吉行かはわからない」みたいな意見が目について余計に混乱してました。2月の編集で移動したことの理由をご存じある方がいれば教えてほしいですが、2月の編集が単純にミスで訂正されずにいたのでしょうか? -- 2016-04-29 (金) 23:28:13
      • あ、ちなみに△鉢の展示期間中は’展示中の刀剣 期間限定’の欄に記載がありました。 -- 2016-04-29 (金) 23:31:00
      • 京博での扱いについて書いたものです。編集経緯については分かっていないのですが、京博の解説について補足です。部分的にしか解説のメモを取っていない為うろ覚えなのですが、「坂本家にあったものを兄に頼んで譲り受けた」「龍馬の最期をみとった刀がまさにこれ」「大火の後、暗殺の際に出来た切り込み跡ごと研磨にかけられた」というような感じの解説がありました。取り敢えず京博はゲームの陸奥守吉行の元ネタの刀(龍馬佩用の陸奥守吉行、龍馬が暗殺された際に側に置いていた刀)として扱っています。また他に一緒に展示された秋田、宗三、骨喰と共に刀剣乱舞とのコラボ(ポストカード・声優による音声解説)もしているので、ゲーム側もこれが元ネタという認識ではないかと思います。単に同じ刀工というだけなら虎徹も展示されていましたがこちらはコラボをしてませんので、同じ刀工の刀というよりも特定の刀としてコラボしているものと思われます。ので、展示予定の刀剣として扱っても良いのではと個人的には思います。 -- 2016-04-30 (土) 00:33:03
      • 枝質問者です。バックアップの確認お疲れ様です。個人的には2月の項目移動は単にミスのような気がします。また、自分は京博のコラボを見に行けなかったので、↑の情報はありがたいです。その話を踏まえると、やっぱり2月の編集の理由が出ない限りは【展示予定の刀剣】かな、と思います。 -- 2016-04-30 (土) 11:46:35
      • 何度もすみません。展示の解説については上で記憶を基にお伝えしましたが、音声解説のメモが出て来たので追記します。やはり坂本家代々の家宝を兄に頼んで送って貰ったとあります。また「坂本龍馬の愛刀であり、彼の死を見取った唯一の目撃者です」とはっきり述べられています。京博へ渡るまでの経緯は私には分かりませんが、龍馬死後の経歴は、他の遺品と共に北海道へ移住した坂本家に伝わり、大正2年の釧路の火事で焼け身になったとあります。 -- 2016-05-02 (月) 00:58:10
    • 木です。情報たくさんありがとうございました。陸奥守吉行は’関連する刀剣’に分類するには不適当なようなので編集しました。(コメントアウトした状態で’展示未定の刀剣’にも記載しましたので、展示終了後の書き換え事故も防げるかと思います。) -- 2016-05-02 (月) 21:33:12
    • 京博の陸奥守は龍馬が所持していた本物と見て間違いないと判断されたそうですね。ニュース見てびっくりしました。 -- 2016-05-11 (水) 10:35:00
  • 「映画 日本刀 〜刀剣の世界〜」(ナレーション:鳥海浩輔) が5月下旬にTOHOシネマズ日本橋にて公開されるそうです。明石国行、三日月宗近、へし切長谷部、義元左文字(宗三左文字)、一期一振、虎徹、他。映画史上初の刀剣ドキュメンタリーとのことです。刀剣そのものの展示ではありませんが、一応情報としてこちらに書き込みしました。 -- 2016-05-02 (月) 01:07:32
    • 名古屋、大阪、福岡でも上映があるそうです。 -- 2016-05-18 (水) 02:15:42
  • 江戸東京博物館の真田丸展で骨喰藤四郎の写しが展示されています。音声ガイドの解説によれば本科が焼ける前に作られた忠実な写しとのことです。ブックマーカーなどのグッズもありました。 -- 2016-05-11 (水) 23:24:24
  • 2016/6/4 (土) 「いろはに刀剣〜古今東西、名刀を識る〜」で、石切丸(石切劔箭神社)、小狐丸(石切劔箭神社)が展示されるそうです -- 2016-05-14 (土) 20:01:02
  • 2016/5/15〜22まで、埼玉県東松山市の箭弓神社にて御手杵(結城のとはまた別の復元品)が展示されるそうです。 -- 2016-05-15 (日) 17:51:50
  • メモ取ってる人で、他の人は展示品と解説文の正面は避けて後から来た人が見れるようにスペース空けながら取ってるのに、一人展示品の真正面陣取って列が出来ちゃっても動かない人がいて一般来館者に「進んで貰えます?」て苦情言われてるのいたよ。他の人が見れない状態作るのはやめようず。 -- 2016-05-20 (金) 19:04:47 New
    • 注意書きを足してみました。こんなことは書かなくていいように行動するのが当たり前なんですけどね… -- 2016-05-20 (金) 20:02:46 New
  • 青森県立郷土館で「刀剣魂」という展示会が開催されるそうです。青江貞次も展示との情報あり。 -- 2016-05-21 (土) 10:52:47 New
  • 永青文庫がTwitterを始め、「7月9日(土)〜10月2日(日)まで、夏季展「歌仙兼定登場」を予定しています。」とツイートしています。日程確定のようですね。 -- 2016-05-21 (土) 23:06:49 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White