Top > 慣性ドリフト
HTML convert time to 0.004 sec.


慣性ドリフト

Last-modified: 2017-04-23 (日) 23:42:24

ドリフト走行とは、全て慣性の法則が働いた事で出来る走行方である、
慣性ドリフトとは、ブレーキやアクセルワークによってタイヤのグリップ力を無くしてドリフトをする事ではなく、そのコーナーのタイヤのグリップ力の限界速度で進入してステアリングコントロールのみで車両のスライドコントロールをして素速く綺麗に走行する事である、
限界速度を超えて進入するとステアリングを切った瞬間にスピン又はドアンダーが出てコースアウトし壁等に激突してしまう、
意図的に慣性ドリフトをする方法も有る、コーナーと逆の方向へ一瞬ステアリングを切り直ぐに曲がる方向へ切ると車両の加重移動が激しく行われサスペンションの反力により限界速度速度より下でも慣性ドリフトを行う事が出来る。
因みに、ドリフトせずにコーナーライン道理に曲がることをオンザレールで走行と言う。