ドイツ

Last-modified: 2020-02-29 (土) 18:31:23

目次

 

ドイツ空軍

Luftwaffe:ドイツ空軍
Luftflotte:航空艦隊
JG (Jagtgeschwader):戦闘航空団、戦闘機3~4個飛行隊と司令部小隊(Stab)からなる
ZG ():駆逐機航空団
StG (Stukageschwader):急降下爆撃航空団
KG (Kampfgeschwader):爆撃航空団
Gruppe:飛行隊、3個飛行中隊と本部小隊からなる
Staffel:飛行中隊、9~12機
Schwarm:戦闘機4機小隊、2個のLotte(分隊)からなる
略称
 I./JG52:第52戦闘航空団第1飛行隊
 5/JG52:第52戦闘航空団(第2飛行隊)第5中隊

Bf109E-7

(Battle of Moscow)
 メッサーシュミットBf109はドイツ空軍の主力戦闘機。速度と急降下性能に優れ、垂直面での戦いを得意とした。
 Bf109E型は、エンジンをそれまでのJumo210から本命のDB601に換装した型。愛称はエミール。E-3から武装が機首の7.7mm機銃2門と翼内の20mm機関砲2門となった。WWII開戦からバトルオブブリテンまでの主力戦闘機であり、東部戦線や北アフリカでは戦闘爆撃機(ヤーボ)としても使用された。
 E-7は外部燃料タンク(ゲームには登場せず)を装備可能にした型。エンジンをDB601AからDB601Nに強化したE-7/Nと並行して生産された。エンジン・ラジエータ・燃料タンク下面に装甲板を追加したE-7/U2は、対地攻撃に使用された。

実機データ
 全備重量:kg、全長:8.80m、翼幅:9.90m
 エンジン:ダイムラーベンツDB601A、離昇1100hp
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:152~159km/h(通常時)、147~146km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:477km/h(海面)、564km/h(5000m)
 上昇率:14.0m/s(海面)、13.3m/s(3000m)、7.0m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで20.5s(海面)、270km/hで25.5s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.2h(3000m)
 乾燥重量:2049kg、標準重量:2614kg、最大離陸重量:2893kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2200RPM、1.15ata
 戦闘出力:2300RPM、1.23ata、30分
 緊急出力:2400RPM、1.3ata、5分
 離昇出力:2400RPM、1.4ata、1分
 エンジン始動:スロットル閉、回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(50%)、スタビライザー+1度、140~170km/hで離陸
 上昇:km/h
 巡航:1.0ata、2100RPM
 着陸:フラップ42度(100%)、スタビライザー-4~-5度、180~190km/hで降下、130~140km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー
 フラップ:無段階、0~42度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ、水ラジエータ ※潤滑油:30~75℃(入口)95℃(出口)、冷却水:94℃
 過給器:操作なし
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x7.92mm MG17(2000発、50秒)
2x20mm MG FF/M(120発、6.7秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾

 その他、防弾ガラス風防、ヘッドレスト除去、追加装甲板を選択可能。

  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。

  • 実装されてるメッサーでは一番20mmが少なく一番7.7mmが多い 旋回半径も体感だが一番小さいのでしつこく7.7mmを胴体の真ん中より少し前にお見舞いしてエンジン出火やパイロットキルを狙うと良いかも 20mmは2門と何気にガンポ抜きなら火力あるが弾が少ないのでここ一番か爆撃機に温存するのを勧める -- 2017-03-12 (日) 20:21:00

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

Bf109F-2

(Battle of Moscow)
 F-2は、DB601Eが間に合わないためDB601Nを装備したF-1の、尾部の強度不足を補強した型。モーターカノンは15mmのMG151/15となっている。

実機データ
 全備重量:kg、全長:m、翼幅:m
 エンジン:ダイムラーベンツDB601N、離昇1175hp
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:151~168km/h(通常時)、144~159km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:528km/h(海面)、606km/h(5000m)
 上昇率:16.4m/s(海面)、14.1m/s(3000m)、10.0m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで23.6s(海面)、270km/hで29.0s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.4h(3000m)
 乾燥重量:2171kg、標準重量:2789kg、最大離陸重量:3092kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2400RPM、1.25ata、30分
 緊急出力:2600RPM、1.35ata、3分
 離昇出力:2800RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(50%)、スタビライザー+1度、145~175km/hで離陸
 上昇:260km/h
 巡航:
 着陸:フラップ40度(100%)、スタビライザー-4~-5度、185~195km/hで降下、135~145km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー(+3~-6度、角度表示:左の壁)
 フラップ:無段階、0~40度(角度表示:左翼)
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ、水ラジエータ ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃
  通常は自動だが、手動で全開にすることも可能。
 過給器:操作なし
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x7.92mm MG17(1000発、25秒)
1x15mm MG151/15(200発、17秒)
または
2x7.92mm MG17(1000発、25秒)
1x20mm MG151/20(200発、17秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾

 その他、防弾ガラス風防、ヘッドレスト除去を選択可能。


  • 単発の破壊力こそ無いものの弾速が凄まじい15mmが売り 20mm換装があるが絶対F-4に乗りたくないとかそんな事情でもなければ15mmを極めるのを勧めたい -- 2017-03-12 (日) 20:23:25
  • どうもC3燃料のお陰でハイブーストに対応しておりごく短時間だが凄まじいダッシュ力を誇る 15mmといい玄人向け気味だがうまく扱えば最強のメッサーになりうる機体 -- 2017-07-22 (土) 09:53:09

 

Bf109F-4

(Battle of Stalingrad)
 Bf109F型は、機首をなめらかな曲面に成型し、主翼下のラジエータの張り出しを薄くし、主翼・尾翼の設計を改良するなど空力処理を大幅に見直し、主翼武装を廃してモーターカノンを装備した機体。大改修により、最高速度が600km/hを越えるなど大きな性能向上を果たし、中期の主力機となった。愛称はフリードリヒ、またはフリッツ。
 F-4は、本命のDB601Eエンジンを搭載し、20mmモーターカノンを装備したF-3の、燃料タンクを自動防漏式にするなどした改修型。

実機データ
 全備重量:2890kg、全長:9.02m、翼幅:9.92m
 エンジン:ダイムラーベンツDB601E、離昇1350hp
 最高速度:523km/h(海面)、606km/h(6200m)
 上昇限度:11600m、航続距離:705km

ゲーム内データ
 失速速度:154~171km/h(通常時)、148~161km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:522km/h(海面)、635km/h(6000m)
 上昇率:19.5m/s(海面)、18.8m/s(3000m)、14.9m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで20.3s(海面)、270km/hで26.1s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.6h(3000m)
 乾燥重量:2382kg、標準重量:2890kg、最大離陸重量:3189kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2500RPM、1.3ata、30分
 緊急出力:2700RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ・回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(50%)、スタビライザー+1度、1.3ataまでスロットル開き、150~180km/hで離陸
 上昇:280km/h
 巡航:1.0ata、2200RPM
 着陸:フラップ40度(100%)、スタビライザー-4~-5度、190~200km/hで降下、145~155km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー (+3~-6度、角度表示:左の壁)
 フラップ:無段階、0~40度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:ラジエータ(自動) ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃ 手動操作も可能
 過給器:操作なし
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x7.92mm MG17(1000発、25秒)
1x20mm MG151/20(200発、17秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
2x15mm MG151/15
ガンポッド(270発)
2x20mm MG151/20
ガンポッド(270発)

 その他、防弾ガラス風防、ヘッドレスト除去を選択可能。

  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。

  • メッサーシリーズ全てに言えることだが失速が全機体の中で一番穏やかな上ダッシュ力もかなり高いので一撃離脱だけでなく意外と格闘戦もこなせる万能機 泣き所はShVAK並の威力にされてるMG151一門じゃ火力がちょっと残念なことと着陸に気を使うくらいか -- 2017-01-29 (日) 22:18:06

 

Bf109G-2

(Battle of Stalingrad)
 Bf109G型は、DB 605A-1エンジン(1475馬力)を搭載し、F型をパワーアップした機体。愛称はグスタフ。重量が増加したため運動性は低下した。多数の派生型が開発され、後期の主力機となった。
 G-2は高高度戦闘機のG-1から与圧キャビンとGM-1高高度出力増強装置を除いた型。
 43年6月まで、エンジンの信頼性の問題から出力は1.3ata・2600RPM(1300hp)までに制限されていた。ゲームに登場するのはこのタイプ。

実機データ
 全備重量:3100kg、全長:9.05m、翼幅:10.6m
 エンジン:ダイムラーベンツDB605A-1、1475hp
 最高速度:535km/h(海面)、666km/h(7000m)
 上昇限度:12000m、航続距離:545km

ゲーム内データ
 失速速度:158~174km/h(通常時)、153~164km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:525km/h(海面)、648km/h(7000m)
 上昇率:22.3m/s(海面)、19.6m/s(3000m)、16.0m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで22.2s(海面)、270km/hで28.3s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.4h(3000m)
 乾燥重量:2486kg、標準重量:2994kg、最大離陸重量:3283kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2600RPM、1.3ata、30分
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ・回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(40%)、スタビライザー+1度、155~180km/hで離陸
 上昇:280km/h
 巡航:1.0ata、1900RPM
 着陸:フラップ40度(80%)、スタビライザー-4~-5度、195~205km/hで降下、150~155km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー (+2~-6度、角度表示:左の壁)
 フラップ:無段階、0~50度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:ラジエータ(自動) ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃ 手動操作も可能
 過給器:自動
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x7.92mm MG17(1000発、25秒)
1x20mm MG151/20(200発、17秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
2x20mm MG151/20
ガンポッド(270発)

 その他、ヘッドレスト除去または防弾ガラスヘッドレストを選択可能。

  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。


 

Bf109G-4

(Battle of Kuban)
 G-4型はG-2の無線をFuG16VHF無線機へ改良し、不整地に対応するべく主脚のタイヤの直径を大きくしたモデル。
 ゲームでは、G-2のエンジン出力制限をなくし、尾輪の引き込みを廃止し、翼にバルジをつけて大径タイヤを装備した型。

実機データ
 全備重量:3100kg、全長:9.05m、翼幅:10.6m
 エンジン:ダイムラーベンツDB605A-1、1475hp
 最高速度:535km/h(海面)、666km/h(7000m)
 上昇限度:12000m、航続距離:545km

ゲーム内データ
 失速速度:165~175km/h(通常時)、154~167km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:540km/h(海面)、640km/h(7000m)
 上昇率:20.1m/s(海面)、18.9m/s(3000m)、15.4m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで21.2s(海面)、270km/hで27.2s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.4h(3000m)
 乾燥重量:2506kg、標準重量:3014kg、最大離陸重量:3303kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2600RPM、1.3ata、30分
 緊急出力:2800RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ・回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(40%)、スタビライザー+1度、155~180km/hで離陸
 上昇:280km/h
 巡航:1.0ata、1900RPM
 着陸:フラップ40度(80%)、スタビライザー-4~-5度、195~205km/hで降下、150~155km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー
 フラップ:無段階、0~50度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:ラジエータ(自動) ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃ 手動操作も可能
 過給器:自動
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x7.92mm MG17(1000発、25秒)
1x20mm MG151/20(200発、17秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
2x20mm MG151/20
ガンポッド(270発)

 その他、ヘッドレスト除去または防弾ガラスヘッドレストを選択可能。

  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。


 

Bf109G-6

(有料機体)
機首の7.92mm機銃を13mm機銃に換装した型。多数の派生型が開発され、後期の主力機となった。
重量増加や13mm機銃を収めるためのカウルのふくらみなどのため、飛行性能は若干低下している。

実機データ
 全備重量:kg、全長:9.02m、翼幅:9.924m
 エンジン:ダイムラーベンツDB605A-1、離昇1475hp
 最高速度:km/h(海面)、630km/h(6600m)
 上昇限度:11200m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:160~177km/h(通常時)、153~169km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:529km/h(海面)、632km/h(7000m)
 上昇率:20.1m/s(海面)、18.8m/s(3000m)、15.2m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで21.5s(海面)、270km/hで28.0s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.2h(3000m)
 乾燥重量:2583kg、標準重量:3100kg、最大離陸重量:3400kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2600RPM、1.3ata、30分
 緊急出力:2800RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ・回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(40%)、スタビライザー+1度、155~180km/hで離陸
 上昇:280km/h
 巡航:1.0ata、1900RPM
 着陸:フラップ40度(80%)、スタビライザー-4~-5度、195~205km/hで降下、150~155km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー
 フラップ:無段階、0~40度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:ラジエータ(自動) ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃ 手動操作も可能
 過給器:自動
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x13mm MG131(600発、20秒)
1x20mm MG151/20(200発、17秒)
または
1x30mm MK108(65発、6秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
2x20mm MG151/20
ガンポッド(270発)

 その他、ヘッドレスト除去、防弾ガラスヘッドレスト、PR16ラジオコンパスを選択可能。

  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。


 

Bf109G-14

(Battle of Bodenplatte)
Bf109KまでのつなぎであるG-10の生産が遅れたのを補うために、G-6系の機体に水メタノール噴射装置を追加し性能向上を図った機体。
エンジンはDB-605AMで、キャノピーは枠の少ないエルラハウベに変更されている。

実機データ
 全備重量:kg、全長:m、翼幅:m
 エンジン:、hp
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:164~181km/h(通常時)、156~172km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:576km/h(海面)、668km/h(5500m)
 上昇率:19.2m/s(海面)、17.5m/s(3000m)、13.1m/s(6000m)(戦闘出力)
 旋回時間:270km/hで23.0s(海面)、270km/hで31.5s(3000m)(戦闘出力)
 飛行時間:350km/hで2.15h(3000m)
 乾燥重量:2680kg、標準重量:3266kg、最大離陸重量:3565kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2600RPM、1.3ata、30分
 緊急出力:2800RPM、1.7ata、10分(高度6000m以下)
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ・回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(40%)、スタビライザー+1度、155~180km/hで離陸
 上昇:280km/h
 巡航:1.0ata、1900RPM
 着陸:フラップ40度(80%)、スタビライザー-4~-5度、195~205km/hで降下、150~155km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー
 フラップ:無段階、0~40度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:ラジエータ(自動) ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃ 手動操作も可能
 過給器:自動
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x13mm MG131(600発、20秒)
1x20mm MG151/20(200発、17秒)
または
1x30mm MK108(65発、6秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
2x20mm MG151/20
ガンポッド(270発)
2xWGr.21ロケット

 その他、FuG-16ZYラジオコンパスを選択可能。

  • Wgr.21は投棄可能。
  • 爆弾の投下は1発ずつ。
  • スロットル最大でMW-50水メタノール噴射装置が作動する。のべ25~30分間の使用が可能だが、連続使用は10分まで。その後は戦闘出力で10分以上間をおくこと。
    水メタノールが切れた後(左の噴射圧計が0.4atm以下)の使用、高度6000m以上での使用は禁止。


 

Bf109K-4

(Battle of Bodenplatte)
Bf109の後継機として開発されたMe309やMe209IIが失敗作だったため、Bf109Gをパワーアップした機体。
K-4は本命のDB605D-1エンジンを搭載した最多生産型。

実機データ
 最大離陸重量:3360kg、全長:9.02m、翼幅:9.92m
 エンジン:DB605DC、1800hp
 最高速度:km/h(海面)、728km/h(6000m)
 上昇限度:12500m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:167~190km/h(通常時)、160~181km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度(DB605DB):599km/h(海面)、702km/h(7500m)
 最高速度(DB605DC):614km/h(海面)、713km/h(6200m)
 上昇率(DB605DB):20.5m/s(海面)、17.5m/s(3000m)、13.4m/s(6000m)(戦闘出力)
 上昇率(DB605DC):19.7m/s(海面)、17.4m/s(3000m)、13.3m/s(6000m)(戦闘出力)
 旋回時間(DB605DB):270km/hで24.0s(海面)、270km/hで32.2s(3000m)(戦闘出力)
 旋回時間(DB605DC):270km/hで24.2s(海面)、270km/hで32.3s(3000m)(戦闘出力)
 飛行時間:350km/hで2.15h(3000m)
 乾燥重量:2754kg、標準重量:3361kg、最大離陸重量:3891kg、燃料搭載量:304kg(400L)

エンジン等の設定
 公称出力:2400RPM、1.35ata
 戦闘出力:2600RPM、1.45ata、30分
 緊急出力:2800RPM、1.8ata(DB605DB)/1.98ata(DB605DC)、10分(高度6000m以下)
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ・回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(50%)、スタビライザー+1度、160~190km/hで離陸
 上昇:280km/h
 巡航:1.0ata、1900RPM
 着陸:フラップ40度(100%)、スタビライザー-4~-5度、200~215km/hで降下、155~160km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー (+2~-6度、角度表示:左の壁)
 フラップ:無段階、0~40度 (角度表示:左翼)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:ラジエータ(自動) ※潤滑油:70~80℃、冷却水:100~102℃ 手動操作も可能
 過給器:自動
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x13mm MG131(600発、20秒)
1x30mm MK108(65発、6秒)
1xSC250爆弾
1xSC500爆弾
2x20mm MG151/20
ガンポッド(270発)

 その他、エンジンをDB605DCに換装可能。

  • スロットル最大でMW-50水メタノール噴射装置が作動する。のべ25~30分間の使用が可能だが、連続使用は10分まで。その後は戦闘出力以下で10分以上間をおくこと。
    水メタノールが切れた後(左の噴射圧計が0.4atm以下)の使用、高度6000m以上での使用は禁止。


 

Bf110E-2

(Battle of Moscow)
 Bf110は、ドイツ空軍の双発戦闘機。当初は高速・重武装の長距離戦闘機として開発されたが、バトルオブブリテンでハリケーンやスピットファイアといった単発戦闘機には勝てないことが露呈し、以後は対地攻撃や夜間戦闘に使用された。
 Bf110E型は、爆弾搭載量を増やした戦闘爆撃機型。

実機データ
 全備重量:kg、全長:m、翼幅:m
 エンジン:ダイムラーベンツDB601N、離昇1175hp×2
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:148~182km/h(通常時)、131~162km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:740km/h
 最高速度:456km/h(海面)、529km/h(5000m)
 上昇率:10.3m/s(海面)、9.6m/s(3000m)、6.1m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで27.4s(海面)、270km/hで35.4s(3000m)
 飛行時間:300km/hで3.5h(3000m)
 乾燥重量:5175kg、標準重量:6706kg、最大離陸重量:8398kg、燃料搭載量:965kg(1270L)

エンジン等の設定(DB-601A)
 公称出力:2200RPM、1.15ata
 戦闘出力:2300RPM、1.23ata、30分
 緊急出力:2400RPM、1.3ata、5分
 離昇出力:2400RPM、1.4ata、1分
 エンジン始動:スロットル閉、回転数自動、ラジエータ閉でEキー
 離陸:フラップ20度(40%)、180~220km/hで離陸
 巡航:1.0ata、2100RPM
 着陸:フラップ40度(80%)、200~220km/hで降下、140~160km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ (角度表示器:左の壁)、ラダー (角度表示器:右コンソール)
 フラップ:無段階、0~50度 (角度表示器:左の壁)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ(5段階)、水ラジエータ(9段階) ※潤滑油:30~75℃(入口)95℃(出口)、冷却水:94℃
 過給器:自動
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立
 フェザリング:あり

武装

固定武装追加武装
胴体下翼下
4x7.92mm MG17(4000発、50秒)
2x20mm MG FF/M(360発、6.7秒x3)
1x7.92mm MG15(銃座、825発、49.5秒)
2xSC250爆弾
2xSC250爆弾4xSC50爆弾
8xSC50爆弾4xSC50爆弾
2xSC500爆弾
2xSC500爆弾4xSC50爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC250爆弾
1xSC1000爆弾4xSC50爆弾

 その他、防弾風防&ヘッドレスト、追加装甲板を選択可能。

  • 爆弾投下数は、胴体下1発/2発/全部、翼下1発/2発/全部で切り替わる。
  • 爆弾投下数指示器はパネル中央下にある。上のFlugel/Rumpf切替スイッチが右だと胴体下、左だと翼下から投下。その下のEinzelwurfスイッチが下で4つ並んだ窓のうち1つ/2つが白だと1発/2発、スイッチが上だと全て投下を表す。
  • 固定武装の2x20mm MG FF/Mは、60発ドラムマガジンで給弾されるため120発ごとに弾切れになる。コクピットで再装填キー(デフォルトで左Alt+R)を押すと、約10秒で再装填される。このとき銃座に切り替えて機首側を見ると、マガジン交換がアニメーション表示されている。
  • タキシングでは、左エンジンのスロットルを右エンジンより20%多く開くとよい。


 

Bf110G-2

(Battle of Kuban)
 1475馬力のDB605Bエンジンを搭載した型。Bf110の後継機として開発されたMe210が失敗作だったため、F型と共に発展型として開発された。

実機データ
 全備重量:kg、全長:m、翼幅:m
 エンジン:ダイムラーベンツDB605B、離昇1480hp×2
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:160~190km/h(通常時)、141~168km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:740km/h
 最高速度:489km/h(海面)、581km/h(6500m)
 上昇率:15.6m/s(海面)、14.1m/s(3000m)、10.7m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで23.5s(海面)、270km/hで31.2s(3000m)
 飛行時間:300km/hで4.0h(3000m)
 乾燥重量:5905kg、標準重量:7514kg、最大離陸重量:8928kg、燃料搭載量:1003kg(1270L)

エンジン等の設定(DB-605B)
 公称出力:2300RPM、1.15ata
 戦闘出力:2600RPM、1.3ata、30分
 緊急出力:2800RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル閉、回転数自動、ラジエータ閉でEキー
 離陸:フラップ20度(40%)、190~230km/hで離陸
 巡航:1.0ata、2100RPM
 着陸:フラップ40度(80%)、210~230km/hで降下、150~170km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ (角度表示器:左の壁)、ラダー (角度表示器:右コンソール)
 フラップ:無段階、0~50度 (角度表示器:左の壁)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ(5段階)、水ラジエータ(9段階) ※潤滑油:70~80℃(入口)、冷却水:100~102℃(出口)
 過給器:自動
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立
 フェザリング:あり

武装

固定武装追加武装
胴体下翼下
4x7.92mm MG17(4000発、50秒)
2x20mm MG151/20(750発、34秒)
2x7.92mm MG81(銃座、1500発、28秒)
2xSC250爆弾
2xSC250爆弾4xSC50爆弾
8xSC50爆弾4xSC50爆弾
2xSC500爆弾
2xSC500爆弾4xSC50爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC250爆弾
1xSC1000爆弾4xSC50爆弾
2x20mm MG151/20(400発、17秒)
4xSC50爆弾
4x7.92mm MG17(4000発、50秒)
2x7.92mm MG81(銃座、1500発、28秒)
37mm BK3.7(66発、2.3秒x11)
4xSC50爆弾

 その他、ヘッドレスト除去を選択可能。

  • タキシングではプロペラピッチを手動で最小(回転数最大)とし、左エンジンのスロットルを右より20%増やすとよい。
  • BKは6発ごとに再装填する必要がある。


 

Fw190A-3

(Battle of Stalingradプレミアム機)
 フォッケウルフFw190は、メッサーシュミットBf109とならんで第二次世界大戦におけるドイツ空軍の主力を担った単発のレシプロ戦闘機。
 A-3は、初期型のA-1、武装を強化したA-2に続き、エンジンを換装した型。42年5月から生産された。史実では、東部戦線では42年9月から主に北部戦線に配備が始まった。
火力と高速での操縦性に優れ、特にロールが速いが、旋回性能は悪い。後ろにつかれた時の離脱には、急降下しながらの方向転換が有効。

実機データ
 全備重量:4417kg、全長:8.85m、翼幅:10.50m
 エンジン:BMW801D-2、1700hp
 最高速度:530km/h(海面)、656km/h(4600m)
 上昇限度:10600m、航続距離:800km

ゲーム内データ
 失速速度:166~189km/h(通常時)、166~172km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:560km/h(海面)、662km/h(6400m)
 上昇率:16.0m/s(海面)、12.7m/s(3000m)、10.3m/s(6000m)
 旋回時間:280km/hで23.0s(海面)、280km/hで28.0s(3000m)
 飛行時間:350km/hで3.2h(3000m)
 乾燥重量:3148kg、標準重量:3855kg、最大離陸重量:4385kg、燃料搭載量:409kg(524L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.2ata
 戦闘出力:2400RPM、1.32ata、30分
 緊急出力:2700RPM、1.42ata、3分
 エンジン始動:スロットル0%、回転数自動でEキー
 離陸:フラップ1段下げ、スタビライザー+1.5度(0%)、スティックを引いて尾輪ロック、1.3ataまでスロットル開き、100km/h前後でスティックを戻し、170~210km/hで離陸
 上昇:270km/h
 巡航:1.1ata、2200RPM
 着陸:フラップ2段下げ、スタビライザー+1.5度(0%)、205~215km/hで降下、160~170km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー(+4~-1度、角度表示器:左の壁、目盛の0は+2度)
 フラップ:上げ/1段下げ(13度)/2段下げ(58度)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:自動 ※潤滑油:60~70℃(入口)105℃(出口)、筒温:180℃
 過給器:自動
 尾輪ロック:あり(スティックを引くとロック)
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x7.92mm MG17(1800発、45秒)
2x20mm MG151/20(500発、21秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
1xSC500爆弾
2x20mm MGFF/M(120発、6.7秒)
2x20mm MGFF/M(180発、10秒)
  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。

  • バージョンアップのたびにフライトモデルが変わる機体。 -- 2015-03-31 (火) 00:37:08
  • 戦闘機と戦う時は馬力と上昇力と火力に物を言わせて一撃離脱以外無理と言っても過言じゃない機体 フラップ展開しないと爆撃機にも置いていかれるレベルの旋回なので(これでもアプデで改善された)格闘戦ばかりしている人にはかなり扱いにくくなりそう -- 2017-01-29 (日) 22:25:36
  • ver2.007で失速しにくくなり、旋回性能がかなり向上した。 -- 2017-02-01 (水) 01:23:38
  • アプデで旋回率がメッサー並に向上 またエネルギー保存率が冗談のように高く縦旋回でフラップを併用すると馬力の高さも相まって旋回能力が売りのYakから逃げおおせることもしばしば -- 2017-02-02 (木) 06:31:45
  • A3の生産開始って41年の秋じゃなかったけ?俺の本にはそう書いてある。 -- AA? 2020-02-29 (土) 18:31:22

 

Fw190A-5

(Battle of Kuban)
 A-5は、エンジンに水メタノール噴射装置を追加したA-4に続き、重心位置修正のため機首を152.5mm延長した型。

実機データ
 全備重量:kg、全長:m、翼幅:m
 エンジン:BMW801D、離床1700hp
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:169~195km/h(通常時)、160~175km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:558km/h(海面)、658km/h(6400m)
 上昇率:15.4m/s(海面)、11.9m/s(3000m)、9.7m/s(6000m)
 旋回時間:280km/hで23.5s(海面)、280km/hで35.5s(3000m)
 飛行時間:350km/hで3.0h(3000m)
 乾燥重量:3219kg、標準重量:3926kg、最大離陸重量:4648kg、燃料搭載量:409kg(524L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.2ata
 戦闘出力:2400RPM、1.32ata、30分
 緊急出力:2700RPM、1.42ata、3分
 C3燃料噴射システム使用時:1.65ata、10分(スロットル100%でブーストon)
 エンジン始動:スロットル0%、回転数自動でEキー
 離陸:フラップ1段下げ、スタビライザー+1.5度(0%)、スティックを引いて尾輪ロック、1.3ataまでスロットル開き、100km/h前後でスティックを戻し、170~210km/hで離陸
 上昇:270km/h
 巡航:1.1ata、2200RPM
 着陸:フラップ2段下げ、スタビライザー+1.5度(0%)、205~215km/hで降下、160~170km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー(+4~-1度)
 フラップ:上げ/1段下げ(13度)/2段下げ(58度)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:カウルフラップ ※潤滑油:60~70℃(入口)105℃(出口)、筒温:180℃
 過給器:自動
 ブースト:U17仕様で、高度1000m以下で回転数自動・スロットル100%・ブーストon
 尾輪ロック:あり(スティックを引くとロック)
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装翼下
2x7.92mm MG17(1800発、45秒)
2x20mm MG151/20(500発、21秒)
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
1xSC500爆弾
2x20mm MGFF/M(180発、10秒)
4x20mm MG151/20ガンポッド(500発、10.7秒)
U17仕様
2x7.92mm MG17(1800発、45秒)
2x20mm MG151/20(500発、21秒)
4xSC50爆弾
4xSC50爆弾
1xSC250爆弾
1xSC500爆弾
  • U17仕様ではエンジンが最大1.65ataとなり、胴体下とエンジンに装甲がつく。
  • 爆弾投下は1発ずつ。残弾はパネル中央下に表示。


 

Fw190A-8

(Battle of Bodenplatte)
外翼のMGFF/MをMG151/20に変えたA-6型、機首の7.92mm機銃をMG131 13mm機銃に換装したA-7型に続き、コクピット直後に115ℓのタンク(燃料・亜酸化窒素・水メタノールのいずれか)を増設した最多生産型。
F-8型は、外翼の機関砲をなくして武器の懸架を可能にし、胴体下面や操縦席背面に装甲を追加した襲撃機仕様。
G-8型は、固定武装を機関砲2門に減らして爆弾搭載量を増やした戦闘爆撃機「ヤーボ・ライ」仕様。
その他、風防を防弾化しコクピット側面に装甲を追加した重爆撃機迎撃用のシュトルムボック仕様がある。

実機データ
 全備重量:kg、全長:m、翼幅:m
 エンジン:BMW801D、離床1700hp
 最高速度:km/h(海面)、km/h(m)
 上昇限度:m、航続距離:km

ゲーム内データ
 失速速度:177~208km/h(通常時)、164~188km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:558km/h(海面)、641km/h(6200m)
 上昇率:13.8m/s(海面)、10.1m/s(3000m)、7.8m/s(6000m)
 旋回時間:280km/hで24.2s(海面)、280km/hで33.0s(3000m)
 飛行時間:350km/hで3.8h(3000m)
 乾燥重量:3504kg、標準重量:4391kg、最大離陸重量:5239kg、燃料搭載量:498kg(639L)

エンジン等の設定
 公称出力:2300RPM、1.2ata
 戦闘出力:2400RPM、1.32ata、30分
 緊急出力:2700RPM、1.42ata、3分
 C3燃料噴射システム使用時:1.58/1.65ata、10分(スロットル100%でブーストon)
    ※過給機1速/2速それそれの全開高度以下で有効
 エンジン始動:スロットル0%、回転数自動でEキー
 離陸:フラップ離陸位置、スタビライザー+1.5度(0%)、スティックを引いて尾輪ロック、1.3ataまでスロットル開き、100km/h前後でスティックを戻し、180~220km/hで離陸
 上昇:270km/h
 巡航:1.1ata、2200RPM
 着陸:フラップ着陸位置、スタビライザー+1.5度(0%)、215~225km/hで降下、160~180km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー(+4~-1度、角度表示器:左の壁、目盛の0は+2度)
 フラップ:上げ/離陸(13度)/着陸(58度)
 回転数制御:自動、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:カウルフラップ ※潤滑油:60~70℃(入口)105℃(出口)、筒温:180℃
 過給器:自動
 ブースト:全開高度以下で回転数自動・スロットル100%・ブーストon
 尾輪ロック:あり(スティックを引くとロック)
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

仕様固定武装追加武装(ETC501ラック)翼下
通常/
Strumjager
2x13mm MG131
(950発、32秒)
2x20mm MG151/20
(500発、21秒)
2x20mm MG151/20
(280発、12秒)
または
2x30mm MK108
(110発、5秒)
4xSD70爆弾
または
1xSC250爆弾
または
1xSC500爆弾
2xWgr.42 21cmロケット
F-8なしなしなし
または
4xSD70爆弾
または
12xPblz.1対戦車ロケット
または
12xM8ロケット
4xSD70爆弾
または
1xSC250爆弾
または
1xSC500爆弾
なし
または
4xSD70爆弾
Strumjager2x20mm MG151/20
(500発、21秒)
2x20mm MG151/20
(280発、12秒)
または
2x30mm MK108
(110発、5秒)
4xSD70爆弾
または
1xSC250爆弾
または
1xSC500爆弾
2xWgr.42 21cmロケット
G-8なしなし
または
2xSC250爆弾
4xSD70爆弾
または
1xSC250爆弾
2xSC250爆弾
1xSC1000爆弾なし
  • 爆弾投下は通常は1発ずつ。F-8仕様では投下間隔・順序を操作可能。
  • 21cmロケットは発射管を投棄可能。


 

Fw190D-9

(Battle of Bodenplatteプレミアム機)
高高度性能を向上させるため、エンジンを液冷のJumo213に換装した型。

実機データ
 最大離陸重量:4270kg、全長:10.192m、翼幅:10.5m
 エンジン:Jumo213A-1、離床1770hp
 最高速度:580km/h(海面)、686km/h(6600m)
 上昇限度:11100m、航続距離:810km

ゲーム内データ
 失速速度:174~197km/h(通常時)、160~181km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:607km/h(海面)、694km/h(5200m)
 上昇率:19.0m/s(海面)、17.3m/s(3000m)、14.6m/s(6000m)
 旋回時間:300km/hで20.0s(海面)、300km/hで29.0s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.5h(3000m)
 乾燥重量:3443kg、標準重量:4289kg、最大離陸重量:4832kg、燃料搭載量:388kg(524L)

エンジン等の設定
 公称出力:3000RPM、1.42ata
 戦闘出力:3250RPM、1.51ata、30分
 緊急出力:3250RPM、1.7ata、3分
 緊急出力+MW-50:3250RPM、1.8ata、ブーストon、10分
 エンジン始動:スロットル0%、回転数自動でEキー
 離陸:フラップ離陸位置、スタビライザー+1.5度(0%)、スティックを引いて尾輪ロック、100km/h前後でスティックを戻し、180~220km/hで離陸
 上昇:km/h
 巡航:ata、RPM
 着陸:フラップ着陸位置、スタビライザー+1.5度(0%)、215~225km/hで降下、160~180km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー(+4~-1度、角度表示器:左の壁、目盛の0は+2度)
 フラップ:上げ/離陸(13度)/着陸(58度)
 回転数制御:自動
 燃料混合比:自動
 温度制御:自動 ※潤滑油:40~110℃、冷却水:55~100℃
 過給器:自動
 ブースト:あり(噴射圧計:計器盤の下、燃料計の左)
      噴射圧0.4kg/cm2以下になったら戦闘出力以下で10分間待つ、合計30分まで使用可能
 尾輪ロック:あり(スティックを引くとロック)
 ホイールブレーキ:左右独立

武装

固定武装追加武装
2x13mm MG131
(950発、32秒)
2x20mm MG151/20
(500発、21秒)
4xSD70爆弾
1xSC250爆弾
1xSC500爆弾
2xWgr.42 21cmロケット
26xR4M 5.5cmロケット

その他、EZ42ジャイロ照準器、バブルキャノピーを装備可能。

  • 爆弾投下は1発ずつ。
  • Wgr.42ロケットは2発ずつ発射。信管は接触/800m/1000m/1200m。左Shift+Dで発射管を投棄可能。
  • R4Mロケットは6発/斉射。接触信管のみ。
  • 燃料計は水平飛行中に10秒ごとに前方タンクと後方タンクに切り替わる。100L以下で警告灯が点灯する。
  • 水ラジエータ開閉で、自動ラジエータの設定水温を変える(0%で100℃、開くと下がる)。
  • ジャイロ照準器は、固定レチクル、ジャイロの2モードがある。

  • 史実では「A型系より力強く旋回する」という評もあるがIL-2ではかなり曲がらない 同じ年式の機体と比べると速度の優位性も若干薄れつつあるので持ち前のロールレートや翼の付け根で狙いやすい機関砲などを活かすといいかも -- 2019-12-17 (火) 14:49:14

 

He111H-6

(Battle of Stalingrad)
 ハインケルHe111は、開戦時から主力爆撃機として使用された、ドイツ軍の双発爆撃機。Do17より爆弾搭載量で勝り、新型機Ju88には劣ったが、終戦まで使用された。
 H-6は、Jumo211F-1を搭載し爆弾倉下面にETC2000爆弾架、下部ゴンドラ前下方銃座に艦船攻撃用20mm機関砲を装備した最多生産型。魚雷2本を搭載できるため、船団攻撃に威力を発揮した。
 総生産数は1941年5月から42年末まで約1800機。

実機データ
 全備重量:8700kg、全長:16.4m、翼幅:22.6m
 エンジン:ユンカースJumo211F-1、1350hp x2
 最高速度:372km/h(海面)、420km/h(6000m)
 上昇限度:8700m、航続距離:2500km

ゲーム内データ
 失速速度:150~184km/h(通常時)、123~151km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:560km/h
 最高速度:369km/h(海面)、405km/h(5000m)
 上昇率:4.5m/s(海面)、3.6m/s(3000m)、1.8m/s(6000m)
 旋回時間:250km/hで30.8s(海面)、250km/hで45.2s(3000m)
 飛行時間:300km/hで8.5h(3000m)
 乾燥重量:8963kg、標準重量:13727kg、最大離陸重量:15239kg、燃料搭載量:3214kg(4285L)

エンジン等の設定
 公称出力:2250RPM、1.15ata
 上昇出力:2400RPM、1.25ata、30分
 離昇出力:2600RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル10%、ラジエータ閉、回転数最高でEキー
 離陸:フラップ20度(33%)、1.35ataまでスロットル開き、170~210km/hで離陸
 上昇:1.15ata、2300RPM、280km/h (30分まで)
 巡航:1.10ata、2200RPM
 戦闘:1.15ata、2300RPM (30分まで)
 緊急出力:1.35ata、2400RPM (1分まで)
 着陸:フラップ60度(100%)、180~200km/hで降下、125~150km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ、エルロン、ラダー
 フラップ:無段階、0~60度
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ(5段階)、水ラジエータ ※潤滑油:90℃、冷却水:80℃
 過給器:手動2速(低空/自動)、通常は自動
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立
 フェザリング:あり
 爆弾倉開閉:あり(閉じたままでも胴体下の爆弾は投下可能)

武装

固定武装追加武装
爆弾倉胴体下
機首:1x7.92mm MG15(600発)または1x20mm MGFF(240発)
上部:1x7.92mm MG15(1125発)
下部前方:1x7.92mm MG15(675発)または1x20mm MGFF(330発)
下部後方:1x7.92mm MG15(1200発)
左:1x7.92mm MG15(1000発)
右:1x7.92mm MG15(1000発)
16xSC50爆弾
1xSC500爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
4xSC250爆弾
1xSC500爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
2xSC1000爆弾
2xSC1800爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC2500爆弾
1xSC2500爆弾
  • 下部の前後の銃座、および胴体左右の銃座は、それぞれ左Shift+Cで操作する機銃を切り替える。
    MG-FFは30発ごとにリロードする必要がある。
  • 爆弾投下は、胴体内1発/2発/4発/8発/全て、および胴体下から選択する。投下間隔は0.05/0.1/0.25/0.5秒。


 

He111H-16

(Battle of Kuban)
 H-16は、H-6の防御武装・装甲を強化したH-11をベースに航法機器・無線機を更新した後期の主力型。
 総生産数は1942年末から43年末まで1155機。この他にH-6やH-11から改修された機体もある。
実機データ
 全備重量:kg、全長:16.4m、翼幅:22.6m
 エンジン:ユンカースJumo211F-2、1340hp x2
 最高速度:440km/h(海面)、405km/h(6000m)
 上昇限度:6700m、航続距離:2900km

ゲーム内データ
 失速速度:150~194km/h(通常時)、123~156km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:560km/h
 最高速度:370km/h(海面)、410km/h(5000m)
 上昇率:5.3m/s(海面)、4.1m/s(3000m)、2.3m/s(6000m)
 旋回時間:250km/hで30.8s(海面)、250km/hで45.2s(3000m)
 飛行時間:300km/hで6.7h(3000m)
 乾燥重量:8698kg、標準重量:13017kg、最大離陸重量:15689kg、燃料搭載量:2553kg(3450L)

エンジン等の設定
 公称出力:2250RPM、1.15ata
 上昇出力:2400RPM、1.25ata、30分
 離昇出力:2600RPM、1.40ata、1分
 エンジン始動:スロットル10%、ラジエータ閉、回転数最高でEキー
 離陸:フラップ20度(33%)、離昇出力、170~210km/hで離陸
 上昇:1.25ata、2400RPM、280km/h (30分まで)
 巡航:1.10ata、2200RPM
 着陸:フラップ60度(100%)、180~200km/hで降下、125~150km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ、エルロン、ラダー
 フラップ:無段階、0~60度
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ(5段階)、水ラジエータ ※潤滑油:90℃、冷却水:80℃
 過給器:手動2速(低空/自動)、通常は自動
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立
 フェザリング:あり
 爆弾倉開閉:あり(閉じたままでも胴体下の爆弾は投下可能)

武装

固定武装追加武装
爆弾倉胴体下
機首:1x20mm MGFF(240発)
上部:1x13mm MG131(1000発)
下部:2x7.92mm MG81(850発)
左:1x7.92mm MG81(500発)
右:1x7.92mm MG81(500発)
16xSC50爆弾
1xSC500爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
1xSC2500爆弾
4xSC250爆弾
1xSC500爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
1xSC2500爆弾
32xSC50爆弾
8xSC250爆弾
16xSC50爆弾
4xSC250爆弾
2xSC500爆弾
2xSC1000爆弾
2xSC1800爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC2500爆弾
1xSC2500爆弾
  • 胴体左右の銃座は、左Shift+Cで操作する機銃を切り替える。
    機首のMG-FFは、30発ごとにリロードする必要がある。
  • 爆弾投下は、胴体内1発/2発/4発/8発/全て、および胴体下から選択する。投下間隔は0.05/0.1/0.25/0.5秒。


 

Hs129B-2

(Battle of Kubanプレミアム機)
 ヘンシェルHs129は、複葉機Hs123の後継機として開発された重装甲の双発単座地上攻撃機。地上攻撃航空団の対戦車中隊に配備された。防弾ガラスと三角の断面形状のためコクピット内が異常に狭く(腰の位置で幅70cm、頭頂部で30cm)、一部計器と照準器はコクピットの外に設置されている。
 B型はエンジンを、非力すぎた485馬力のアルグスAs-410Aから695馬力のノームローン14Mに換装した型。

実機データ
 離陸重量:5250kg、全長:9.75m、翼幅:14.2m
 エンジン:ノームローン 14M 4/5、740hp×2
 最高速度:380km/h(海面)、407km/h(3810m)
 上昇限度:9000m、航続距離:688km

ゲーム内データ
 失速速度:143~159km/h(通常時)、136~150km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:670km/h
 最高速度:349km/h(海面)、396km/h(3000m)
 上昇率:8.4m/s(海面)、8.1m/s(3000m)、2.6m/s(6000m)
 旋回時間:255km/hで30.0s(海面)、270km/hで46.0s(3000m)
 飛行時間:300km/hで2.1h(3000m)
 乾燥重量:3992kg、標準重量:4756kg、最大離陸重量:5170kg、燃料搭載量:451kg(610L)

エンジン等の設定
 公称出力:2350RPM、1.1ata、混合比33%、回転数手動でピッチ上げ
 戦闘出力:2750RPM、1.25ata、混合比66%、30分
 離昇出力:3030RPM、1.5ata、混合比66%、ブーストON、回転数手動でピッチ下げ、1分
 エンジン始動:スロットル10%、混合比100%、回転数自動でEキー、始動後混合比33%
 離陸:フラップ離陸位置(35%)、混合比66%、回転数手動でピッチ最低、ブーストon
    1.5ata、145~155km/hで離陸
    離陸後は車輪上げ、ブーストoff、回転数自動、フラップ上げ、1.25ataで加速・上昇
 巡航:混合比33%、1.1ata、回転数手動、2350RPMまでピッチ上げ
 着陸:フラップ40度(100%)、180~200km/hで降下、135~145km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ、ラダー
 フラップ:0~40度、0%から下げキーを押しすぐ放すと離陸位置(35%)
 回転数制御:自動だと2750RPMに固定、または手動プロペラピッチ
 フェザリング:あり(回転数手動にしてから)、回転数自動でフェザリングoff
 燃料混合比:100%=始動、66%(Reich)=離陸・戦闘、33%(Normal)=巡航・タキシング
 温度制御:油ラジエータ(自動) ※潤滑油:60~75℃
 過給器:操作なし
 ブースト:あり(スロットルは通常1.25ataまで、ブーストonで1.5ataまで上がる)
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立

武装(編集中)

固定武装追加武装
胴体下翼下
2x7.92mm MG17(2000発、50秒)
2x15mm MG151/15(500発、21秒)
または
2x7.92mm MG17(2000発、50秒)
2x20mm MG151/20(500発、21秒)
なし
または
2xSC50爆弾
4xSC50爆弾
SC250爆弾
4x7.92mm MG17ガンポッド(4000発、50秒)
30mm MK101ガンポッド(30発、7秒)
30mm MK103ガンポッド(80発、12秒)

その他、ラジオコンパス、バックミラーを装備可能。
照準器の詳細は、リンクの公式サイトから、フォーラムのデベロッパーダイアリー169を参照すること。

  • 照準器の左に突き出た4枚の板は、低空水平爆撃照準器。
    上から高度10m・50m・100m・200mでの、300km/hで水平飛行したときの着弾位置を示す。
  • 爆弾投下は1発ずつ。
  • 回転計、油温計、燃料計(翼内タンク)、油圧・燃料圧計はエンジンカウルにある。
    胴体燃料タンクの燃料計はない。
  • 酸素ボンベがないため、高度4000m以上で飛ばないこと。


 

Ju52/3m g4e

(有料機体)
 ユンカースJu52/3mはドイツ空軍の三発輸送機。単発のJu52/1を三発化した機体で、優れた離着陸特性を持ち実用性に優れていた。ドイツ軍将兵からは「タンテ・ユー(ユーおばさん)」と呼ばれて親しまれた。
 g4eは最多生産型g3eの小改良型。

実機データ
 全備重量:kg、全長:18.9m、翼幅:29.25m
 エンジン:BMW132A-3、725hp x3
 最高速度:265km/h(海面)、275km/h(高度900m)

ゲーム内データ
 失速速度:105~117km/h(通常時)、92~109km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:330km/h
 最高速度:260km/h(海面)、241km/h(6000m)
 上昇率:6.9m/s(海面)、4.2m/s(3000m)、1.4m/s(6000m)
 旋回時間:165km/hで24.0s(海面)、165km/hで35.4s(3000m)
 飛行時間:205km/hで5.3h(3000m)
 乾燥重量:6305kg、標準重量:10003kg、最大離陸重量:11333kg、燃料搭載量:1824kg(2400L)

エンジン等の設定
 公称出力:1925RPM
 上昇出力:1975RPM(30分)
 離昇出力:2050RPM(5分)
 エンジン始動:スロットル35%、混合比フルリッチ、油ラジエータ閉じてEキー
    始動したらラジエータ全開
 離陸:混合比フルリッチ、ラジエータ・カウルシャッター全開、ラダートリム中央
    スタビライザー+2度(-49%)でフラップ下げキーを押し連動状態にする
    スタビライザー0度(+15%)=フラップ25度(55%)
    スロットル全開、100~120km/hで離陸
    離陸後スタビライザー+2度(-49%)=フラップ0度(0%)にしてフラップ上げキーで連動解除
 上昇:1975RPM、140km/h
 巡航:1800RPM?
 着陸:高度200~500m、170km/h以下、混合比フルリッチ、ラダートリム中央でダウンウィンドレグに入る
    スタビライザー+2度(-49%)でフラップ下げキーを押し連動状態にする
    スタビライザー0度(+15%)=フラップ25度(55%)
    スタビライザー-1.5度(+60%)=フラップ40度(95%)
    140~155km/hで降下、95~110km/h・スロットル25%で着陸
    着陸後ある程度減速したらスロットルを閉じてブレーキ
    スタビライザー+2度(-49%)=フラップ0度(0%)にしてフラップ上げキーで連動解除、タキシングへ

操作
 トリム:スタビライザー(+3.5~-2.5度、角度表示:フラップと共通)、ラダー(ラダーの間のレバー)
 フラップ:無段階、0~40度 (角度表示:左の壁)
    フラップ下げキーを押すと、スタビライザー操作でフラップも操作されるようになる。フラップ上げキーで解除。
 回転数制御:固定プロペラピッチ、スロットル25~100%で出力変更(25%でアイドル)
 燃料混合比:手動、高度1000m以上で下げる
    ※夏・冬とも、高度2000mで90%、3000mで80%・・・6000mで50%とすればよい。
 温度制御:油ラジエータ、カウルシャッター ※潤滑油:入口60℃、出口80℃
    油ラジエータは入口温度、カウルシャッターは出口温度を調整する
    油ラジエータは開閉でなく流量を操作する
 過給器:操作なし
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:エンジン1/2/3のスロットルを20%以下に下げると左/両方/右のブレーキがかかる
    (ゲーム中では他の機体と同様にブレーキ+ラダーや左右ブレーキで操作可能、この場合スロットルは自動で閉じる)
 その他:パーキングブレーキあり、固定脚

武装

武装積荷
なし
または
7.92mm MG15(1125発)
積荷2300kg
10xMAB250コンテナ
空挺部隊12人
  • 地上で積荷を降ろすには、完全に停止してキャノピーを開き(ドアが開く)、爆弾キー
    テクノチャットで進み具合が表示される。
    • 輸送ミッションで再離陸する場合、離陸前に閉めるのを忘れないこと。
  • コンテナや空挺部隊の投下は爆弾キー
    高度120m以上で投下する。160km/h程度だと散らばりにくい。

  • 左右のブレーキをかけるとそちらのスロットルも0になるので、急に曲がりやすい。 -- 2016-12-30 (金) 01:20:30
  • 飛行中はラジエータ全開。閉じているとすぐオーバーヒートする。 -- 2017-04-03 (月) 20:52:08

 

Ju87D-3

(Battle of Stalingrad)
 ユンカースJu87「スツーカ」は、スペイン内戦時代からBf-109シリーズと並ぶドイツ空軍の花形急降下爆撃機。ポーランドやフランスでの電撃戦で大活躍したが、バトルオブブリテンでは戦闘機に対する脆弱性を露呈した。以後は主に東部戦線で使用された。
 D型はポーランド戦の戦訓から後方機銃や装甲を強化し、エンジンを高出力のものに換装し機体も空力的洗練を考慮し大改修をした型。D-3型では急降下爆撃機よりも襲撃機としての運用が増えたため装甲板を追加し、類別も襲撃機に変更されている。
 D-3の翼下に37mmガンポッドを搭載した対戦車攻撃機型がG-1型「カノーネンフォーゲル」である。

実機データ
 全備重量:5850kg、全長:11.5m、翼幅:13.8m
 エンジン:Jumo211J、1420hp
 最高速度:334km/h(海面)、382km/h(4350m)
 上昇限度:6500m、航続距離:1500km

ゲーム内データ
 失速速度:137~176km/h(通常時)、123~155km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:650km/h
 最高速度:367km/h(海面)、422km/h(6000m)
 上昇率:8.0m/s(海面)、7.0m/s(3000m)、2.5m/s(6000m)
 旋回時間:230km/hで22.2s(海面)、230km/hで31.3s(3000m)
 飛行時間:300km/hで3.4h(3000m)
 乾燥重量:3930kg、標準重量:4835kg、最大離陸重量:6684kg、燃料搭載量:626kg(840L)

エンジン等の設定
 公称出力:2250RPM、1.15ata
 上昇出力:2400RPM、1.25ata、30分
 離昇出力:2600RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル15%、回転数最低でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ1段下げ、1.3ata・2500RPMまでスロットル開き、140~170km/hで離陸
 上昇:240km/h
 巡航:1.1ata、2100RPM
 着陸:フラップ1段下げ、180~195km/hで降下、125~145km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ、エルロン
 フラップ:上げ/1段下げ(25度)/2段下げ(40度)
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ、水ラジエータ ※潤滑油:90℃、冷却水:80℃
 過給器:手動2速(低空/自動) ※急降下時に低空に切替
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右独立
 爆弾倉開閉:下方向のぞき窓が開閉
 ダイブブレーキ:あり

武装

固定武装追加武装
胴体下翼下
機首:2x7.92mm MG17(2000発、50秒)
銃座:2x7.92mm MG81(1000発、18秒)
1xSC250爆弾4xSD70爆弾
1xSC500爆弾
4xSD70爆弾
2xSC250爆弾
1xSC250爆弾2xSC250爆弾
1xSC1000爆弾
1xSC1800爆弾
2x7.92mm MG81Zx3
ガンポッド(3000発、9秒)
2x37mm BK
ガンポッド(24発、4秒)

 その他、急降下サイレン(左Alt+Sで使用)、操縦席側面装甲を装備可能。
 SD70は半徹甲爆弾。SC○○は通常爆弾。

  • 爆弾投下数は、翼下1発/2発/4発、胴体下、全て投下で切り替わる。SD70小型爆弾を装備している時は「全て投下」が選べず、大型爆弾と同時に投下することはできない。
  • 爆弾投下数指示器はパネル右下および右端にある。右端のスイッチが大型爆弾/小型爆弾投下モードを表し、右下の4つ並んだ窓のうち白が投下する爆弾を表す。
    小型爆弾投下モードでは、左の2つの窓が外側、右の2つの窓が内側の爆弾を表す。大型爆弾投下モードでは、左端が胴体下、中央の2つが翼下の爆弾を表す。

  • RPM93%で、離陸時の回転数2500RPMになる。 -- 2015-01-31 (土) 03:44:21

 

Ju88A-4

(Battle of Moscow)
 ユンカースJu88は、ドイツ空軍の主力双発爆撃機。最初は高速爆撃機、後には急降下爆撃も可能な機体として開発された(急降下は角度60度・640km/hで、高度1000mで投下とされた)。
 A-4は、Jumo211J-1を搭載し、翼幅を20.08mに拡大して爆弾搭載量を増やした最多生産型。様々な派生型のベースとなった。

実機データ
 全備重量:14000kg、全長:14.45m、翼幅:20.08m
 エンジン:Jumo211J、離昇1410hp×2
 最高速度:km/h(海面)、475km/h(m)
 上昇限度:8500m、航続距離:2500km

ゲーム内データ
 失速速度:188~205km/h(通常時)、158~185km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:670km/h
 最高速度:424km/h(海面)、486km/h(5000m)
 上昇率:7.0m/s(海面)、5.1m/s(3000m)、3.4m/s(6000m)
 旋回時間:250km/hで33.0s(海面)、250km/hで50.5s(3000m)
 飛行時間:300km/hで3.8h(3000m)
 乾燥重量:8619kg、標準重量:12110kg、最大離陸重量:13655kg、燃料搭載量:1277kg(1680L)

エンジン等の設定
 公称出力:2250RPM、1.15ata
 上昇出力:2400RPM、1.25ata、30分
 離昇出力:2600RPM、1.42ata、1分
 エンジン始動:スロットル0%、ラジエータ閉、回転数最低でEキー
 離陸:フラップ1段下げ、170~210km/hで離陸
 上昇:km/h
 着陸:フラップ2段下げ、210~220km/hで降下、150~160km/hで着陸

操作
 トリム:エレベータ、エルロン、ラダー
 フラップ:上げ/1段下げ(25度)/2段下げ(50度)
 燃料混合比:自動
 温度制御:カウルフラップ ※潤滑油:100℃、冷却水:80℃
 過給器:低空/自動 ※通常は自動
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立
 ダイブブレーキ:あり
 フェザリング:あり

武装

固定武装追加武装
爆弾倉内翼下外翼下
機首:1x7.92mm MG81(750発)
上部:1x7.92mm MG81(1000発)
下部:2x7.92mm MG81(950発)
4xSC250爆弾
4xSC250爆弾2xSC250爆弾
28xSC50爆弾
28xSC50爆弾4xSC250爆弾
28xSC50爆弾4xSC250爆弾2xSC250爆弾
28xSC50爆弾16xSC50爆弾
4xSC500爆弾
18xSC50爆弾4xSC500爆弾
4xSC500爆弾2xSC250爆弾
2xSC1000爆弾
SC1800爆弾
SC1000爆弾
SC1800爆弾


 

Me262A

(Battle of Bodenplatte)
双発のジェット戦闘機。A-1は戦闘機型、A-2は戦闘爆撃機型。

実機データ
 全備重量:6775kg、全長:10.60m、翼幅:12.65m
 エンジン:2x Jumo-004 B1、推力910kg
 最高速度:km/h(海面)、870km/h(6000m)
 上昇限度:m、航続距離:1050km

ゲーム内データ
 失速速度:165~200km/h(通常時)、139~154km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:1000km/hTAS
 最高速度(公称出力):759km/hTAS(海面)、780km/hTAS(6000m)、739km/hTAS(9000m)
 最高速度(最大出力):837km/hTAS(海面)、871km/hTAS(6000m)、838km/hTAS(9000m)
 上昇率:19.3m/s(海面)、9.7m/s(6000m)、5.4m/s(9000m)
 旋回時間:450km/hで32~35s(海面)、380km/hで43~48s(6000m)
 飛行時間:475km/hで2h20min(6000m)
 乾燥重量:4146kg、標準重量:6400kg、最大離陸重量:7100kg、燃料搭載量:2161kg(2570L)

エンジン等の設定
 公称出力:8400RPM
 最大出力:8700RPM、15分
 排気温度:600℃(公称出力)/650℃(最大出力)(温度計:回転計の下)
 排気圧:0.2~0.38kg/s^2(計器:排気温度計の外側)
 燃料圧:40~80kg/s^2(計器:排気温度計の下)
 滑油圧:2~5kg/s^2(計器:燃料圧計の外側)
 エンジン始動(スロットルレバー1本の場合):
        エンジン1,2選択状態で、スロットル0%でEキー
        1キーでエンジン1を選択
        エンジン1が1000RPMになったらエンジン点火ボタン(右Shift+E)を押し続ける
        エンジン1が2000RPMになったらスロットルをゆっくり15%開く
        エンジン1が3000RPMになったらエンジン点火ボタンを放し、スロットルを閉じる(15%より下には下がらない)
        1キーでエンジン1選択解除、2キーでエンジン2を選択
        エンジン2が1000RPMになったらエンジン点火ボタン(右Shift+E)を押し続ける
        エンジン2が2000RPMになったらスロットルをゆっくり15%開く
        エンジン2が3000RPMになったらエンジン点火ボタンを放す
        0キーでエンジン1,2を選択
 エンジン始動:(スロットルレバー2本の場合):
        エンジン選択は使わず、エンジン1/2のスロットルおよび点火ボタン(右Shift+1/2)を使う
 タキシング:6500RPMでタキシング開始、6000RPMでタキシング
        スロットルはゆっくり操作する
        ラダーがきかないので、左右ブレーキで進路を調整する
 離陸:フラップ20度、スタビライザーを0~+3度(-33~+33%) ※後部燃料タンクの量や武装による
    ブレーキをかけながら7000RPMまでスロットル開き、ブレーキを解除してゆっくりスロットル全開
    低速ではブレーキ、約50km/hからラダーで進路を調整し、200~220km/hで離陸
 上昇:475~500km/h
 巡航:
 着陸:350km/h以下で脚を下げ、300km/h以下でフラップ55度、6000RPM・250km/hで降下、165~185km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー(-3~+6度、表示器:左の壁)、ラダートリム(表示器:左の壁)
 フラップ:0~55度(角度表示:左の翼)
 尾輪ロック:なし
 ホイールブレーキ:左右独立+首脚

  • スロットルはタービンRPMを操作する。エンジン始動後は15%より下にはならない。
    6000RPM以下で急に開くと過熱やエンジン火災を引き起こす。排気温度が900℃を越えないようゆっくり開くこと。
    高高度で急に閉じるとエンジン停止を引き起こす。6000~8000RPM以上(高度による)を維持すること。
  • エンジンが飛行中に停止したときの再始動は以下のように行う。
    ・停止したエンジンのスロットルを0%まで閉じ、約300km/hまで速度を下げる
    ・エンジン点火ボタンを押しっぱなしにする
    ・排気温度が上がったら、排気温度が900℃を超えないようゆっくりスロットルを開く(急に開くとエンジン火災が発生)
    ・スロットルを15%まで開いたらエンジン点火ボタンを放す
    高度4000m以上ではエンジンの再始動は出来ない。
  • マッハ0.84以上ではマッハタックの恐れがある。
  • 着陸脚とフラップは同時に操作できない。
  • 速度計は400km/h以下ではIAS、それ以上ではTASを表示する。
  • 回転計(計器盤の右上)は、エンジン始動時は内側の目盛で0~3000RPM、飛行中は外側の目盛で2000RPM以上を表示する。
  • 主燃料タンクは900L x2、後方補助タンクは600Lと170L。主燃料タンクの残量が600L(燃料77%)以下になると補助タンクの燃料が主タンクに送られる。
    補助タンクが空(燃料47%)になると主タンクの残量が再び減り始める。

武装

固定武装追加武装
2x30mm MK108(160発、7秒)
2x30mm MK108(200発、9秒)
または
2x30mm MK108(160発、秒)
24xR4Mロケット
1xSC250爆弾
2xSC250爆弾
1xSC500爆弾

その他、EZ42ジャイロ照準器、装甲ヘッドレスト、背面装甲、自動燃料バルブを装備可能。前面装甲を取り外し可能。
自動燃料バルブはスロットルを急に開いたときのエンジン火災を防止する。

  • 照準器は右Alt+Fで横に倒せる。

  • 燃費が極悪 レシプロと同じ感覚で燃料300Lくらいしか入れないとサンボル程度なら格闘できなくもないほど戦闘力は跳ね上がるが片道切符不可避になる 迎撃戦でも600か700は入れたほうが安全か -- 2019-12-17 (火) 14:52:08

 

MC.202 ser.VIII

(Battle of Moscowプレミアム機)
 マッキMC.202はイタリア空軍の戦闘機。愛称はフォルゴーレ。Bf109EのエンジンDB601A(後にはライセンス生産したRA1000RC-41)を用いて、MC.200を再設計した機体。初飛行は1940年8月で、生産数は約1300機。液冷エンジン搭載のため胴体は新設計の機首部をはじめ大幅な改修を受け、風防も密閉式となった。これによりMC.200に比べ速度は100km近く向上し、しかも良好な運動性を持つ機体に生まれ変わった。P40を装備した英空軍のMC.202に対する評価は高く、Bf109Fよりも空戦性能に優る手強い機体と受け取られていた様子である。
 初期型の武装はMC.200と同じく、機首の2門のブレダ12.7mm機銃のみ。後に翼内機銃や防弾装備が追加された。
 史実では、東部戦線には主にMC.200が配備され、MC.202はごく少数だった。

実機データ
 全備重量:2940kg、全長:8.85m、翼幅:10.58m
 エンジン:アルファロメオRA1000RC-41-1、離昇1175hp
 最高速度:492km/h(海面)、600km/h(5500m)
 上昇限度:11500m、航続距離:760km

ゲーム内データ
 失速速度:151~166km/h(通常時)、139~152km/h(離着陸時)
 急降下限界速度:850km/h
 最高速度:500km/h(海面)、604km/h(m)
 上昇率:17.3m/s(海面)、15.1m/s(3000m)、10.6m/s(6000m)
 旋回時間:270km/hで22.6s(海面)、270km/hで28.2s(3000m)
 飛行時間:350km/hで2.2h(3000m)
 乾燥重量:2448kg、標準重量:2967kg、最大離陸重量:3197kg、燃料搭載量:307kg(430L)

エンジン等の設定
 公称出力:2200RPM、1.23ata
 戦闘出力:2400RPM、1.35ata、ブーストON、5分
 緊急出力:2500RPM、1.45ata、ブーストON、1分
 エンジン始動:スロットル閉、ラジエータ閉、回転数自動でEキー
 離陸:尾輪ロック、フラップ20度(45%)、スタビライザー0度、160~190km/hで離陸
 上昇:km/h
 巡航:0.8ata、1900RPM(手動)
 着陸:フラップ45度(100%)、スタビライザー0度、190~200km/hで降下、140~150km/hで着陸

操作
 トリム:スタビライザー
 フラップ:無段階、0~45度 (角度表示器:パネル左下)
 回転数制御:自動(2200/2400~2500RPMに固定)、または手動プロペラピッチ
 燃料混合比:自動
 温度制御:油ラジエータ、水ラジエータ ※潤滑油:60~75℃(入口)90~100℃(出口)、冷却水:70~80℃(入口)94℃(出口)
 過給器:操作なし
 尾輪ロック:あり
 ホイールブレーキ:左右ラダーと連動

武装

固定武装追加武装
ブレダ12.7mm機銃×2
(800発、34秒)
50-T爆弾×2
100-T爆弾×2
ブレダ7.7mm翼内機銃×2(1000発、33秒)
20mm MG151/20ガンポッド×2(270発、12秒)

 その他、防弾ガラス風防を装備可能。

  • プロペラピッチ自動だと、2200RPMまたは2400RPM(ブーストon時)に固定。
  • 爆弾投下は1発ずつ。
  • 油温計・水温計の針は、Eが流入温度、Uが流出温度。

  • 旋回能力はソ連機並 エンジンと武装の性能はドイツ軍機並とバランスがいいだが失速の急さがFw並なので旋回の際は速度に余裕を持ってやるといいかも -- 2020-02-02 (日) 06:39:50