東浜巨

Last-modified: 2020-12-01 (火) 22:12:53

1.(ひがしはま・なお)福岡ソフトバンクホークス所属の投手(沖縄尚学→亜大→ソフトバンク)。2008年春のセンバツ優勝投手。2017年パ・リーグ最多勝。球界における「亜細亜ボール」の元祖と言える存在。後輩に現横浜の山崎康晃、現広島の九里亜蓮、薮田和樹などがおり、東浜が4年時にはこの4名で寮の4人部屋で暮らしていた

 

2.関東に本拠地を置く東のセリーグ3球団(いわゆる「在京セ」)、「東京ヤクルトスワローズ」「横浜DeNAベイスターズ」「読売ジャイアンツ」の総称。京ヤクルト、横DeNA、読売人軍とそれぞれのチームから一文字ずつ取ると偶然1の投手の名前と一致したことから、この3球団が何かしら揃い踏みすると東浜巨と言われることがある*1。なお1の東浜巨投手とは特に関係ない

関連項目


*1 実際、2019年シーズンの序盤は、ヤクルトとDeNAが大型連敗を喫する前は、この並びの順位があった。