なんJネタ年表

Last-modified: 2022-05-18 (水) 08:32:28

なんJネタの年表である。
詳細については、各用語を参照されたし。
不足分、新規発生分、修正については、各自で行われたし。編集合戦は(アカン)



以前のものはこちら

2021年

1月

2日 リアル野球BAN開催。杉谷、2本のホームランを打ち、昨季のレギュラーシーズンのホームラン数に並ぶ。不在の山田哲人に代わり後輩・村上宗隆が9歳年上の杉谷に対し「ヒダリデウテヤ」。
8日 ロメロ、僅か1年で古巣オリックスへUターン移籍
11日 なぜ笑うんだい?の少年、山梨学院高校サッカー部の一員として全国高校選手権で優勝。
15日 清田、札幌遠征時に部外者と会食し、球団に虚偽報告していたことが発覚。無期限謹慎処分が下される。
23日 攝津正、白血病と診断されたことを発表。
25日 広島小園、噂の10代バツイチ子持ちTikToker・渡辺リサと結婚。
27日 清田ルールが公示される。
    FA宣言をしていたロッテ松永昂大、他球団からの連絡が無く、ロッテ残留を決断。
28日 田中将大、楽天へ8年ぶりに復帰。

2月

1日 春季キャンプ開始。
    元中日の亀澤、TwitterとInstagramで怪しげな自動売買システムの宣伝をし、一騒動に。
2日 オコエ、キャンプ期間中に手術を敢行。「故障を隠していたのでは」との疑惑が浮上する。
4日 九里亜蓮、たった12時間の間に347球の投げ込みを敢行。
5日 亀澤、1日の一件を友人に頼まれたのを安請け合いしてしまったと明かし謝罪
6日 平野構成員、オリックスへ4年ぶりに復帰。
10日 澤村、レッドソックスと契約合意。
12日 山本由伸、また打撃練習を行う。
28日 相内誠、格闘家デビューも1ラウンド2分5秒TNPでなんJ民歓喜

3月

1日 ヤクルト・廣岡と巨人・田口が交換トレード。
4日(令和3年3月4日) 阪神電鉄公式Twitterが日付を絡めた投稿をするも翌日には即削除・謝罪
15日 井納、練習中に頭を建物にぶつけて翌々日の先発を回避。
16日 日本ハム長谷川凌汰、支配下登録される。
17日 日刊ゲンダイ、巨人・井納の頭を破裂させる痛恨のミス。
26日 プロ野球開幕。
    オリ中嶋監督、「気負わずいけよ。野球は一人でするんじゃないなお試合結果
    広島、松山の痛恨のミスもあり8回だけで5失点し逆転負け。
    田中俊太、古巣相手に6打点の大恩返しを実行。
27日 則本、不倫発覚。
    梶谷、昨日の田中俊に続き古巣相手に満塁ホームランの恩返し。
    ロッテ、2安打で14出塁を達成。なお11残塁
    オリックス、2018年7月23日以来、実に978日振りとなる勝率5割到達。
28日 ロッテ、開幕カードで2度もマスコロ
31日 ヤクルト、特例2021により前日のスタメン6選手が一度に登録抹消。そのヤクルトに敗れたDeNAは開幕4連敗。
   西武 呉念庭、プロ6年目にして初HR。

4月

2日  DeNA、セリーグの借金を全て背負う。
3日(3月34日) 誕生日おめでとう前監督(53)邪悪仏澤村由伸監督上原先輩
4日 レンジャーズ有原、1イニング4連打で被サイクルヒット達成。
    DeNA、開幕9戦目にして遂に初勝利。
7日 楽天辰己「なんか悪いことしたんかな
8日 中田、「転倒した」ため右目が腫れた姿を見せる。
16日 藤浪球審を3度狙撃、打者も狙撃決勝2ランなど存在感を示し、甲子園で4年ぶりの勝利。
17日 田中将大、日本復帰登板も不調の中田に被弾するなど敗戦投手となり、国内公式戦連勝が28でストップ。
18日 ベイス投手、ハーラーダービーで阪神ガンケル投手の後塵を拝する
23日 DeNA、連敗を10で止める。GG佐藤、この試合で後逸した佐藤輝明をTT佐藤と呼びつつ慰める
27日 巨人テームズ、来日初一軍出場試合で負傷交代
28日 ロッテ、1イニング2併殺打。
    日本ハム・伊藤、ようやくプロ初勝利を挙げる

5月

1日 ロッテ、清田育宏の謹慎処分を解除。
2日 日本ハム、球団内での感染拡大で活動停止
11日 元ベイスターズ石川雄洋、アメフト選手になる。
14日 DeNA、セ・リーグ史上最速で自力優勝消滅。
15日 阪神梅野、容疑者呼ばわりされる。
    阪神ロハスJr.、ボーアの球団記録を1年で更新
16日 LAD、プホルス筒香を相次いで救済
18日 大谷翔平、本塁打数でMLB両リーグ1位に立つ。
21日 広島のクラスターにより、阪神戦3連戦が中止。
23日 猛不倫賞達成の清田、契約解除。
25日 2年ぶりのセ・パ交流戦開幕も、25日、26日の広島対西武戦の延期が当日の正午に発表。
26日 中日門倉コーチ一身上の都合で退団。15日より失踪・音信不通で捜索願が出ている事も判明。
    ヤクルト、日本ハム相手にプリマハムナイター。
27日 西武、源田の新型コロナ感染により控え野手2人で試合。
25-27日 DeNA対オリックス、馬鹿試合カードになる。
28日 馬鹿試合が多発。全球団計16HR、82点等珍記録続出。
   佐藤輝明、セ新人では長嶋茂雄以来の1試合3HR。
30日 巨人、公式戦での対ソフトバンク戦連敗を11(オープン戦も含めると14)で止める。

6月

7日 行方不明が続いていた門倉、発見される。
8日 巨人、延長戦を含めても球団史上初の1試合9投手が登板。桜井、ワンポイントフォアボーラーになる。
10日 巨人、3Aサクラメントを退団した山口俊を獲得。
11日 中日祖父江、FAを取る
12日 オリックス、11年ぶり2度目の交流戦優勝。
13日 西武平良、開幕無失点日本記録を達成。一方で広島栗林の新人無失点記録が22でストップ。
14日 DeNA国吉佑樹とロッテ有吉優樹、「○○よしゆうき」同士のトレード。
15日 中日加藤匠馬とロッテ加藤翔平、「加藤」同士のトレード。
    セ・リーグ、12年ぶりに交流戦勝ち越し。
16日 ロッテ、3日連続の補強となる元中日・ロメロを獲得。
    広島、交流戦3勝(先発0勝)の最少タイ記録
    侍ジャパン内定メンバー発表。ロッテのみ選出者なし
18日 加藤翔平、両リーグで初打席初球ホームラン。
19日 日本ハム、5者連続四球を与え3失点。
22日 オリックス、7年ぶりのリーグ首位(同率含む)。
28日 日本ハム、単独Bクラスに。

7月

2日 西武佐々木健、史上初となる初回先頭打者危険球退場。なお、先発で3球目での危険球退場も最速記録。
3日 DeNA乙坂、クラブ通い報道により謹慎。同年オフ退団の布石が打たれる。
4日 巨人炭谷、楽天へ金銭トレード。
    DeNA、シーズン12試合目にして巨人戦初勝利。
    中日平田、運転中に緊急搬送される。
6日 あの日
    西武平良の連続無失点記録、39試合で止まる。
7日 松坂、今季限りでの現役引退を発表。
    門倉健、6月23日から再失踪していることが判明
8日 大谷、日本人のMLBシーズン本塁打記録更新。
13日 元西武の野田昇吾がボートレーサー転向を表明。
    巨人保科「野球なんかしてもつまんねえぞ
    大谷、日本人初&投手初のMLBホームランダービー。
14日 大谷、MLBオールスターで1番DHながら先発して勝ち投手に
15日 五輪のためNPB所属全一軍選手が登録抹消
16日 2年ぶりのオールスターゲーム開催。
    近本、前回から奈々打席連続ヒットの新記録。
17日 中日・大島、オールスターでホームスチール未遂。
27日 「2021プロ野球エキシビションマッチ」開幕。(~8月10日、全56試合実施)
28日 侍ジャパン、東京五輪戦開幕。
    雨柳さん、五輪でも雨を降らせる。
    栗林、日本代表でプロ初勝利。
    再失踪していた門倉、再び発見される

8月

1日 バルデスおじさん、五輪で韓国代表相手に6回途中1失点の好投。なおド
2日 アメリカ代表、内野5人シフトを1球で破られる。
3日 大野雄大、名前の綴りをネタにされる
4日 伊藤大海、追いロジンをする。
    甲斐拓也、選手自らブルペンに電話をかける
7日 呉昇桓、ドミニカ代表フランシスコに勝ち越し打を打たれるなど1回5失点の大炎上。
    日本代表、野球五輪正式競技化初の金メダル
11日 中田翔、チームメイトへの暴行が発覚。
13日 クリス・デービス死刑囚、現役引退。
    巨人ビエイラ、NPB史上最速の166km/h。
12~14日 夏の甲子園で雨野3連投。
15日 ソフトバンク、継投ノーノーも0-0の引き分け
17日 筒香、パイレーツとメジャー契約。
    五輪でハマスタが使えないDeNA、この日からの阪神3連戦を東京ドームで開催、サンテレビが東京ドームに乗り込む。
19日 甲子園、5回裏二死満塁フルカウントで雨野緊急登板。
20日 巨人、中田翔を無償トレードで救済
    杉谷帰塁時に2塁ベースを踏み忘れる痛恨のミスで試合終了。
23日 巨人テームズ、自由契約。
25日 西武佐々木健、掟破りの長時間密会で謹慎。
    牧秀悟、公式戦では新人初のサイクルヒット達成。
26日 近本「ちゃんとしたサイクルヒットを打ちたい」
30日 筒香、イチロー以来日本人2人目の逆転サヨナラホームランを打つ。

9月

4日 栗山巧、2000本安打達成。
7日 中日、1試合で16安打放つも全て単打。試合は最終回だけで5点取られサヨナラ負け
    菅野宮國椋丞に投げ負けてしまう。
9日 平野佳寿、セーブ失敗した後の謎笑顔を中継で晒される」。
11日 夕刊フジ江尻良文、逝く。
13日 2塁塁審嶋田、よそ見してフォースアウトの宣告を怠る。
14日 巨人山口、プロ野球史上最多となる4度目の危険球退場。同時刻、ヤクルト スアレスも危険球退場。
15日 西、寝違えで登録抹消
18日 白井一行審判、一軍通算1500試合出場達成。
22日 ゲンダイ、阪神糸井の「去就問題」を「去勢問題」と誤植する。
26日 中日、同一カード3連戦全27イニング無得点。更にこの日は0-16と熱い死体蹴りにあう。
29日 佐藤輝明、野手では日本記録となる1シーズン54打席連続無安打を達成。
    DeNA牧、新人最多安打の球団記録を更新。
30日 巨人、ハイネマン帰国により今季の新外国人猛帰国賞達成。
    T-岡田、9回に7年前を彷彿とさせる逆転3ランホームランを放つ

10月

1日 斎藤佑樹、現役引退を表明。
5日 コチョタク、1年でNPBから撤収。
    佐藤輝明、DeNA坂本から60打席ぶりにヒットを放ち連続無安打記録を59でストップ。
7日 中日、即戦力外ドラフト組が全滅。
    日ハム、フェン直ゲッツー
9日 巨人岡本、帰塁時に2塁ベースを踏み忘れアウト
12日 立浪和義、中日次期監督にオファーされる。
    阪神、巨人戦14年ぶりのカード勝ち越しを決める。
13日 阪神・西、イニング途中に勝手に降板。
14日 ロッテ、51年ぶりとなる優勝マジックが点灯。
16日 日ハム栗山監督、今季限りでの退任を発表。
18日 嶋田審判、またもやらかしてしまう
    雨柳さん、優勝争いの天王山に時間差降臨。
19日 松坂大輔引退登板。日本ハム、横浜高校ストーリー打線で見送る。
20日 巨人の連敗、10で止まる。
24日 巨人、3年振りのシーズン負け越し。
    ソフトバンクも負け越し確定済みで「両リーグの前年優勝チームが共に借金フィニッシュ」は史上初。
26日 ヤクルト、2年連続最下位からの優勝
    阪神、33-4達成記念日にあかん阪神優勝してまう達成。
    DeNA牧、本拠地最終戦で数々の記録を達成。なお、チームは最下位決定
27日 優勝候補オリックス、本当に優勝。「セパ共に前年最下位からの下剋上V」は史上初。
28日 日本ハムの小笠原道大ヘッドコーチ、契約満了で退団。北の侍、再び行方不明になる(15年ぶり2回目)。
30日 西武、42年ぶり最下位。
31日 ロマック、韓国プロ野球の名助っ人として引退。
    鳥谷引退

11月

2日 ハッセ、育成落ち。
4日 日本ハム新監督新庄、自身をビッグボスと呼ぶよう要請。
    清田、ロッテを提訴していたことが判明。
7日 CS・阪神対巨人戦、9回2死で読売テレビが中継を打ち切る。なお、阪神は2連敗でCS敗退。
8日 夕刊フジ「原巨人は阪神戦で、二塁に相手走者がいる際などはバッテリー間のサイン交換に細心の注意を払っていた。」
10日 山本由伸、CSでスミ1を守り抜き完封するも、「もうちょっと点欲しいな」と発言。
13日 マグヌス中村、メキシカンリーグで最優秀投手賞を受賞。
15日 巨人の小笠原二軍打撃コーチ誕生。
16日 日本ハム秋吉・大田・西川、ノンテンダーとなる。
17日 中日・福敬登が契約更改の場で中日ファンからの自身や妻子への中傷被害訴え
18日 TDN、指導者としてSHINJO政権入閣。
19日 大谷翔平、ア・リーグMVPを満票にて獲得。
20日 日本シリーズ開幕。
    マクガフアウト1つも取れず派手にセーブ失敗。
    解説の片岡と松坂の印象深いシーンとして、片岡の豪快な三振が何度も晒される。
    土曜プレミアム『トップガン』、終了が日曜へとズレ込み
21日 ヤクルト、日本シリーズでのセ・リーグの連敗を13で、パ本拠地での連敗を20で止める。
27日 山本由伸、味方に痛恨の2連続エラーをされつつも9回1失点の大熱投。なお援護
    ヤクルト、セ・リーグとしては9年ぶりとなる日本一。内川、1人5連覇も優勝受取人になる。
    糸井ゲスト解説、迷言を連発。 マクガフ、2回1/3を33球無失点で抑え名誉挽回。
28日 張本勲氏、番組内で引退を宣言。
30日 サファテ本当に引退

12月

1日 「リアル二刀流」が流行語大賞で年間大賞を受賞
2日 栗山、日本代表監督に就任。
3日 杉谷オフのテレビ出演NGを通達されリアル野球BAN出演も断念。
4日 キャプテンシー坂本、本当に阪神のキャプテンに選ばれる。
    楽天、ファン感でうまぴょい伝説を披露。
5日 謎の魚、引退
    選手会、ロッテ球団に対し一律25%減スタートの年俸査定を巡って抗議文を送ったことを明らかに。
6日 選手会、ロッテの他に巨人、日ハムに対しても抗議の声明を発していたことが明らかに
7日 ダルビッシュハリー後継者に立候補する
9日 藤田プロ横浜に戻る喜びを味わう。
10日 さいてょ、自らの名前を冠した株式会社を起業。
11日 ビックボス新庄野村克也を偲ぶ会に故人愛用のヴェルサーチで参列し、献花を遺影に投げ込む。
    平田良介、2年連続で球王のタイトルを獲得。
12日 つば九郎、9年ぶり2度目のFA権行使。
13日 又吉克樹、ソフトバンクに移籍。今年のFA権取得者では唯一の他球団移籍に。
14日 大田泰示DeNAに移籍
15日 セ・リーグ、新人王は栗林良吏が選出。新人特別賞は佐藤ら5人が受賞。
22日 ソフトバンク、武田翔太を札束式プロテクトで保護。
24日 古谷優人、チーム内窃盗が発覚し契約解除。
27日 岩嵜翔、又吉の人的補償で中日へ。
28日 相内誠、SASUKE出演分を放映カットされる。
    TBSの戦力外特番、高野圭佑の台湾における収入面についての演出に、所属球団の中信兄弟からクレームが入る。
31日 アッス、離婚と再婚と妊娠をいっぺんに発表。

2022年

1月

2日 リアル野球BAN開催。杉谷、いないのに煽られる。オリックス杉本フェン直ゲッツー含む猛併殺賞達成。
3日 元日本ハム谷口、ネットでの戦力外予想に苦言を呈す。
5日 金正恩選手、今シーズン第1号ホームラン。
8日 上原浩治、ハリーの後継として新たなサンモニご意見番に就任。
    橋本信治審判、引退。
9日 超プロ野球ULTRA開催。丸、原監督から「バットよりグラブの方が弾きがいいな」と言われたことを明かす。
    広島栗林「(ドラゴンズより)カープの方がまだバッティングがいいのでカープでよかった。」
10日 水島新司、逝く。
14日 山本昌、高津臣吾、松前重義の3名が野球殿堂入り。
21日 新型コロナ、複数選手の自主トレ先に襲来し12球団制覇。
    日本ハム、新規ロゴ&ユニフォーム解禁も新庄監督「自分のイメージしたものではなかった」。
22日 三ツ間卓也引退。   
23日 バレンティン、NPB復帰を断念。
24日 前田幸長、うっかり秋吉亮の福井入団をバラしてしまう
27日 松田宣浩らの自主トレクラスター、キャバクラ豪遊によるものとポストセブンに報じられる。
31日 日本ハムからノンテンダーの秋吉亮、NPB移籍を諦め日本海オセアンリーグ福井へ。
    ヤノキ、キャンプインを待たずして今季限りでの退任表明。

2月

1日 春季キャンプ開始。
    中日応援団、サウスポーを解禁。
19日 マグヌス中村、オリックスキャンプに参加。
23日 ■■、中日キャンプに行く途中に人命救助。
    阪神、予祝を開催。開幕後に「桐敷構文」が流行するきっかけに。
24日 ドアラ、7回裏開始前のジャンプ引退。
26日 日本ハム、新庄監督がオープン戦ベンチ外で「上沢監督」が爆誕。
    ヤクルト、楽天とのオープン戦で継投ノーノー。

3月

1日 マグヌス中村、オリックスに育成選手として入団しNPB復帰。
8日 元中日三ツ間あの事件の舞台裏について語る
15日 広島野間、練習中に他選手と衝突して倒れ救急搬送。
17日 パドレス入り決断の鈴木誠也、カブス入りが報じられる。
21日 なんJ、逝く。住民はなんGに避難。
    山梨学院、内野5人シフトを行うもサヨナラ負け。
22日 ソフトバンク松本、鍼治療中の施術ミスで体内に折れた鍼が残ったままになり開幕絶望。
    MLB、大谷ルールの導入で暫定合意。
23日 広島商、22得点の猛攻。
    なんJ、復活。swallow鯖からeagle鯖へ移転。
24日 日本ハム新庄監督、登録名を「BIGBOSS」に変更。
25日 プロ野球開幕。
    オリックス、12年ぶり開幕戦勝利。
    日本ハム、先発投手をリリーフにつぎ込み、果ては明日予告先発の堀瑞輝まで登板させるも逆転負け。
    阪神、火ヤク庫に火をつけてしまい最大7点差から逆転負け。
27日 椎野、12球連続ボールで勝ち越しを許す。
29日 會澤、を出してデッドボールを訴えるも失敗。
    阪神ケラー、開幕戦に続き2度目のセーブ失敗で守護神剥奪。
    オリックス2軍、大阪商業大学との練習試合で0-2の完全試合を喫する。
30日 山川、2年連続で3月30日に札幌ドームで負傷。   
31日 ソフトバンク、開幕6連勝も栗原が靭帯断裂し今季絶望。  

4月

2日 中日、投手を使い切り根尾をブルペンで準備させる。
    森友哉、ロッカーでマスクを投げつけ骨折
3日(3月34日) 阪神、セリーグ新記録の開幕9連敗達成。
5日 楽天・ギッテンス、デビュー戦でいきなり負傷交代
    阪神、爆弾処理班により連敗を9で止め、ようやく今季初勝利。
6日 西武長谷川のネットナンパ・山村の未成年喫煙・飲酒が発覚。
    阪神、2試合連続完封まであと一球から延長逆転負けし、再び連敗街道に突入。
7日 オランダプロ野球の開幕戦で17点リードの最終回に23点取られて逆転負け。
   DeNAチーム内でコロナ感染者多発。一軍野手の半数以上が離脱となり10日までの4試合が中止。
8日 阪神、セの借金を独占。
9日 西武とソフトバンク、たこ焼き24個完成
10日 ロッテ佐々木朗希、槙原寛己以来334ヶ月23日(約28年)ぶりの完全試合達成
    ソフトバンク、65年ぶりとなる完全試合と同日にトリプルプレーを献上。
    阪神の勝率、.077(1勝12敗1分)になる。
11日 オリックス、一軍捕手全員がコロナ陽性と判断され、試合出場可能な捕手が3人となる。
12日 清田、突如埼玉武蔵ヒートベアーズの公式解説者に就任する。
13日 阪神2軍、コロナの影響でスタメン捕手・一塁・三塁・左翼・DHが全部キャッチャーの異常事態に。
    なお1軍は1勝14敗1分で「1勝以上した状態での勝率のNPB史上最低記録」を更新。
14日 ヤクルト2軍が茨城・守谷市移転に向けて協議検討していることが判明。
15日 阪神、あと一球から1075球かけてようやく勝利。
    矢野監督、勝利インタビューでなんの脈絡もなく友達の文字職人に書いてもらった色紙を紹介。
16日 エンゼルス、満塁から申告敬遠を行う。なお、その後2失点し、合計3失点。
17日 佐々木朗希、2試合連続完全試合ペースも、ムエンゴにより9回に降板させられる。
19日 デイリー、一面で横浜銀行を取り上げる。なお阪神
   山本由伸、野手陣の打線沈黙守備のミスに足を引っ張られ前年からの連勝が18でストップ。
21日 つば九郎、コロナ濃厚接触鳥と判定されログボが2000日目前で無に帰す。
    ベイスターズ15年ぶりのハマスタ阪神戦三タテ。阪神、4月にしてセ5球団からの被スイープ達成。
22日 オリックス杉本、打率が背番号(99)と同じ(.099)になる。
    阪神、ようやくビジター初勝利。なお2軍はオリックスに継投ノーノーを喫する。
24日 パイレーツ、カブスに0-21で負ける。
    球審白井、佐々木朗希の態度が悪いとインプレー中に詰め寄る。
26日 日ハム北山、誰もいない一塁に牽制してしまう
    平野構成員、史上7人目の日米通算200S達成。
27日 阪神、65年ぶりにトリプルプレーを喫しながら勝利する。
29日 G.G.佐藤、BCリーグ・武蔵で8年ぶり4度目の(1日限定)現役復帰し3安打1打点。

5月

1日 ロッテ・ロメロ、三木の2エラー起因で1イニング自責1で8失点。
2日 前楽天牧田、台湾・中信兄弟入り。
4日 立浪監督、京田に強制帰宅を命じる。更に、冷蔵庫を殴った福も即日降格となる。
    巨人元木大介コーチ、三塁コーチとして猛憤死賞達成。
6日 大野雄大、9回パーフェクトも援護無く延長に突入し、10回にヒットを打たれ西口の再来になる。
    日本ハム、33試合目にして自力優勝が消滅。
    ロッテ、左中間真っ二つゲッツー。
7日 村上宗隆、NPB史上9人目となる2試合連続満塁ホームラン。
    中村剛也、長嶋茂雄に並ぶ通算444号ホームラン。
    なおエ、「ワースポ×MLB」で取り上げられる。
8日 中日根尾昂、2軍戦で投手として登板。
    山崎晃大朗、母の日仕様のピンク用具をヒロインで盛大に皮肉る
11日 NHKBS、エンゼルスのデトマーズ、ソフトバンクの東浜巨と、昼夜続けてノーヒッターを中継。
    エンゼルスの右打者レンドーン、野手登板に対し左打席に立つも、うっかり本塁打を打ってしまう。
14日 井口監督、試合終了後に退場処分。
15日 杉谷、活躍してもいないのにヒーローインタビューに出る。
16日 レッズ、ノーヒットワンランで敗戦。
    プホルス、42歳でMLB初登板。
    日テレ河村アナ、逝く。
17日 坂本勇人への文春砲で何故か菅野の評判が下がる。