なんJネタ年表

Last-modified: 2024-06-14 (金) 01:48:44

なんJネタの年表である。
詳細については、各用語を参照されたし。
不足分、新規発生分、修正については各自で行われたし。編集合戦は(アカン)


以前のものはこちら



2024年

1月

 日付 出来事
1日元西武の張誌家、逝く。
2日リアル野球BAN開催。杉谷、太ったことでパワーがつきポール直撃のホームランを放つ。その杉谷に対し、4学年下の鈴木誠也が「ヒダリデウテヤ」。
9日オリックスの今季のスローガンが「おりふぉーWW」になる
札幌ドーム、前回の年間5億から半値の年間2億5000万でネーミングライツ公募開始。
10日今永昇太、ポスティングでカブスに移籍。
11日日刊スポーツ、「山川の人的補償として和田毅が西武へ」と報道。しかし夕方甲斐野央の指名が公式発表され裏で何かあった疑いがもたれる。
13日上沢直之、ポスティングでレイズにマイナー契約で移籍。なお契約にはレイズ側が春季キャンプの終盤に契約解除ができる条項が存在することが判明
16日内川聖一、週刊ポストにホークス生え抜き扱いされる
17日バウアー、日本で死亡ひき逃げ事件を起こした米兵が帰国したという内容のインスタの投稿に「おかえり」とコメントし炎上。
24日楽天へ移籍した前広島のターリー、メキシカンリーグの球団との二重契約疑惑が浮上。
25日佐々木朗希、選手会を脱退していたことが発覚する
26日佐々木朗希、ようやくロッテと契約合意日刊ゲンダイなソゲを出してからわずか1時間半後の出来事。
27日京都4Rの新馬戦「アレ」という馬名の競走馬が出走(1番人気)。結果は2着。
29日中日ドラ1草加、トミー・ジョン手術を決めキャンプイン前にして今季絶望。

2月

 日付 出来事
1日春季キャンプ開始。
川崎宗則、ドラマ「ナースが婚活」に「一郎」役で出演
3日藤浪晋太郎メッツと1年契約。千賀と同僚に。
4日陽岱鋼オイシックス新潟と契約合意
12日この日の練習試合での中日・駿太のスタメン起用に対し赤味噌氏が苦言を呈したことを契機に雑音騒動勃発。
14日佐々木麟太郎スタンフォード大学に進学発表
15日内川聖一カブスに臨時打撃コーチとして招聘
赤味噌、逝く。
17日サムスン・ライオンズの投手陣、日本ハムの打者に7死球を浴びせる
競走馬「アレ」、キャリア2戦目でアレ(1着)達成。
18日バウアー、招待されていないエンゼルスのキャンプ地で練習をする
21日パワプロ2024-2025発売発表大谷翔平が登場するもカンペがん見が話題に
22日エリック・ホズマー、引退。
23日バウアー、「自分は刑期を終えた」とLAタイムズに報道される。
27日元ソフトバンク伊奈(原田)龍哉、別件での公判中に詐欺罪で6回目の逮捕。
29日札幌ドーム命名権のタイムリミットを迎えても申込無し。無期限延長へ
大谷翔平日本人女性との結婚を発表

3月

 日付 出来事
3日二塁塁審白井ゴロ処理中のショートと激突
5日元楽天安樂、メキシコシティ・レッドデビルズ(メキシカンリーグ)との契約を発表。
7日侍ジャパン、継投での完全試合達成。欧州連合、イタリア代表の投手が登板し話題に。
10日阪神、65年以降球団ワースト記録のオープン戦開幕9連敗
11日京田ルール、MLBに採用される。NPBのルールがMLBに追随されるのは史上初
球場ルール改正。本塁からバックネットまでの距離が14m以上ならOKに。
15日ロッテ-オリックス戦で両チーム先頭打者初球ホームランの珍事が発生。
韓国に到着したドジャース・ロバーツ監督に卵が投げつけられる事件が発生。
19日バウアー安樂所属のメキシコシティ・レッドデビルズと契約。
この日のオープン戦で大スランプに陥っていた中野拓夢が五打席連続空三振というあの丸佳浩なみの成績を残す。
20日MLB開幕(韓国・ソウルで初めての開催)。
ドジャース・大谷翔平らを狙った爆破予告がされる。不審物は見つからず開幕戦は予定通り開催。
ドジャース・大谷翔平、一塁への帰塁の際に二塁ベースの踏み忘れでアウトになってしまう
21日オイシックス新潟、イースタン・リーグ西武戦で参入後初勝利。
水原一平通訳、違法賭博の疑いでドジャースから解雇。
山本由伸がMLBデビュー初登板1回43球で与四球1与死球1暴投1の5失点で降板しノックアウト。その後、11-15の馬鹿試合へと発展する。
22日くふうハヤテ、ウェスタン・リーグ阪神戦で参入後初勝利。
23日ロッテ吉井監督がオーナーのリジン、阪神8レースでJRA転入初戦で勝利
26日NPB&12球団&選手会が声明「SNS等への投稿についてのお願い」誹謗中傷等には法的措置。
巨人・オドーア、二軍開幕が受け入れられず開幕3日前緊急退団
27日安仁屋算、179勝に上方修正。
29日NPB開幕
ばんてふ、現役時代を含めて開幕戦初勝利。
日本ハム、5年ぶりに開幕戦勝利。新庄監督は3年目にして初の貯金生活。
30日広島・黒原、西武・佐々木健以来2人目となる初回先頭打者危険球退場。先発で3球目での危険球退場も最速記録タイ。
上記危険球をもらったDeNA・度会は出場を継続し、プロ初盗塁や史上3人目となるルーキーの開幕2試合連続本塁打を含む4打数4安打を記録。
31日阪神、開幕から25イニング連続無得点で開幕連続イニング無得点記録が今世紀で1位、NPB歴代で2位
巨人・ラモス、開幕3日目で退団。3月中に異例の助っ人外国人退団2人目。

4月

 日付 出来事
2日巨人阿部監督、バントを失敗した大城卓三に対し、「野球の神様が怒ったな」と発言。
今永、メジャー初登板を6回9奪三振無失点で抑え勝利投手になる。
3日
(3月34日)
誕生日おめでとう(56)邪悪仏澤村由伸監督上原先輩レジェンド武田
中日・大野雄大、左肘手術から556日ぶりの白星。
7日山本由伸、初回UZGSを含む5回8奪三振無失点でメジャー初勝利。
8日スポーツニッポン、マイナーFAの筒香を「巨人入り決定的」と報道。
広島、セリーグワーストタイ記録に並ぶ4試合連続完封負け。
中日が2891日ぶりに単独首位となる。
12日水原一平元通訳、24億円を大谷翔平の口座から不正送金していた新事実が報道される。さらに偽名で5000万円分の野球カード購入していたことも発覚。なお、使用した偽名は「ジェイ・ミン」。
13日大谷、日本人最多に並ぶMLB通算175号と日米通算1000安打を達成。
山川穂高、NPB史上2人目の2打席連続満塁ホームラン。
紅林弘太郎、3失策を記録し、試合後丸刈りにする。
15日カルビー、『2024 プロ野球チップス』で伊藤大海の身長を176mと誤記していたとして、謝罪
16日巨人入り決断の筒香嘉智、DeNAへの入団を午後2時25分に発表。5年ぶりの日本球界&古巣復帰。
元オリックスのベタンコート、保険金詐欺で逮捕
18日春の選抜高校野球で話題になった新基準の低反発バットで5社のバットが不適合品であることが発覚。
村上宗隆、NPB使用球の飛びづらさに関して「打球速度と飛距離が比例していない」と発言。
大谷翔平の活躍を描く絵本、第3刷から水原一平と思われる人物が消されたことが発覚。
19日ミズノ社オンラインストアの2024年シーズン使用球販売ページが削除される。更に、セ・パ両リーグで村上が打ったものも含む合計13本のHRが記録された。
楽天・辰己、走塁でアウトカウントを間違えるボーンヘッドをやらかし、この日の夜に嫁のYouTubeの動画で「洗脳ビーム」のホームランパフォーマンスを発表、5月1日に初お披露目。
23日ヤンキース・ブーン監督、球審にファンの文句をブーンの発言と勘違いされ退場させられる。
25日みずほ銀行がダブル命名権を取得。「みずほPayPayドーム福岡」に改称
27日ヤクルト・塩見、福留(99~01年)以来、史上2人目の3年連続の初回表の初球先頭打者弾を放つも、直後に即交代。
28日日本ハム、NPB史上初となる「チーム安打数1で4得点」を達成。なお試合は3失策で逆転負け。
27~29日西武、ソフトバンクに3試合連続サヨナラ負け。うち2試合が延長戦であり、前年からの延長戦の連敗が15になりNPBワースト記録を更新。*1

5月

 日付 出来事
1日チェイス・フィールドでが大量発生し、Dバックス対ドジャースの試合開始が遅延。なお、駆除を行った業者がその日の始球式に招かれる。
DET前田・CHC今永・LAD山本、それぞれ先発で勝ち投手に。同日に3人の日本人投手が先発で白星を挙げるのはMLB史上初。
中日・巨人が共に敗れ、阪神がセリーグの貯金を丸抱え。
3日西武-ソフトバンク戦で西武・佐藤龍世走塁でボーンヘッドをやらかし「8-8」のゲッツーが爆誕する
4日広島、この日までのチーム投手打率(.234)が野手打率(.233)を上回る
5日元広島・近鉄の清川栄治、逝く。
6日DeNA筒香、日本復帰戦で決勝打となる逆転3ランを放ち、ヤクルト石川の23年連続勝利記録を消す
7日元オリックスの伊原正樹、窃盗の容疑で逮捕
8日元巨人の松本竜也、窃盗の容疑で逮捕。
9日水原一平が司法取引に応じる。同時に歯の治療という名目で大谷から6万ドルをネコババしていたという余罪も発覚。
2月に逮捕された元ソフトバンク伊奈(原田)龍哉、檻と4年6ケ月契約
10日アメリカの映画会社「ライオンズゲート」が水原一平による一連の事件をテレビドラマ化することを発表
阪神・井上、外野からベンチに帰宅未遂、更に島本もリリーフカーで帰宅
12日パイレーツ、1イニングに4者連続を含む6つの押し出し四球を記録。なお試合はカブスに再逆転勝ち。
13日Kの方のクリス・デービス、引退。
巨人・坂本勇人が「1億円申告漏れ」税務当局が指摘するも修正に応じず、巨人球団広報も協議中と回答。
プロ野球選手会 SNS誹謗中傷で裁判所に発信者情報開示命令申立て「許容されない内容の侮辱や脅迫」
15日日本ハム・郡司のホームランがエスコンフィールドブルペンの投球チェック用カメラを直撃*2
ヤクルト・村上宗隆、史上最年少記録を更新する24歳3ヶ月での通算200号本塁打を達成。
ヤクルト・松本健吾、NPB史上初となるプロ初登板での無四球2桁奪三振完封勝利。
17日広島・新井良太コーチ、元RCCアナウンサーとの結婚を発表。
ロサンゼルス市議会が5月17日を「大谷翔平の日」に制定する。
18日西武、対ソフトバンク戦で逆転負けを喫し球団最速の39試合目で自力優勝消滅。5月中に自力優勝が消滅するチームが出るのは4年連続且つ歴代5位の記録。
19日パ・リーグ、10年ぶり3度目となる全試合サヨナラ決着。ヒーローインタビューは全員元日本ハムの選手が登壇。
20日ダルビッシュ有、日米通算200勝達成。
21日ソフトバンク、楽天相手に21-0で勝利。
22日巨人・坂本、歴代単独2位となる450二塁打を達成。
ソフトバンク、2夜続けて楽天相手に2桁得点で完封勝ち。合計得点は33-0となる。
24日巨人・戸郷翔征、阪神戦にてノーヒットノーラン達成。甲子園球場にて巨人の投手がノーノーを達成するのは沢村栄治以来88年ぶり。
26日西武・松井稼頭央監督、休養に入る。監督代行として渡辺久信GMが11年ぶりに現場復帰。
28日セ・パ交流戦開幕。
31日交流戦3試合でパ・リーグ球団がサヨナラ勝ち。交流戦において3試合が同日サヨナラ決着するのは11年ぶり。パ・リーグ3球団による同日サヨナラ勝ちは17年ぶり。

6月

 日付 出来事
2日ヤクルト・石川、23年連続勝利投手のNPBタイ記録。新人年からの継続での到達は史上初。
4日巨人、シングルヒットのみで球団タイ記録の9者連続安打・セ・リーグタイ記録の1イニング12安打。
MLBパドレス・トゥクピータ・マルカーノ、前所属のパイレーツで387回の野球賭博を行い、禁止事項である自チームに25回賭けを行っていた事が発覚してMLBから永久追放処分。現役選手の追放は100年ぶり。
7日広島・大瀬良大地、ロッテ戦にてノーヒットノーラン達成。マツダスタジアムでの達成は初。
11日阪神佐藤輝明が11日阪神対オリックス(京セラ)で1760打数にして通算500三振を達成。尚宮崎敏郎(3948打数)は同日現在363三振であった。
ベルーナドームのスコアボードから打率・本塁打の表示が消える
西武栗山、最多記録を更新する交流戦通算334本目の安打。なお前任者は阪神OBの鳥谷敬氏。
12日日本テレビフジテレビ、大谷翔平の豪邸に関しての報道でドジャース側から取材パスを凍結され、出禁を喰らったことが明らかになる*3
日本ハム伊藤大海と西武隅田、同日にマダックス達成。

*1 その後5月4日に延長10回でサヨナラ勝ちしソフトバンクに雪辱、延長戦の連敗記録に終止符を打った。
*2 このカメラはその後本人の謝罪文付きでエスコンフィールドのスタジアムツアーのコースに期間限定で晒され展示された。
*3 試合映像は使えるが、本人への取材禁止&過去映像も使用禁止に。