ブロニー

Last-modified: 2020-07-03 (金) 20:38:25

ブロニー

2018年11月21日の「思い出話アップデート」で実装された。
「思い出話」とは「ロナとパン」のチュートリアルから続くマビノギの基本的なシステムをクエスト形式でなじみやすく解説しつつ、
初心者~中級者までの育成をバックアップしてくれる一連のクエスト。
固定クエストである1番目の思い出話、2番目の思い出話を完了すると「新しい思い出話」クエストが開放される。
経験値報酬が非常に多く、累積5000未満であれば1回の達成でレベル123、累積5000以上ではレベル76まで一気に上がり、
続くG22 APOCALYPSE開始の前提である「累積レベル5000」への到達が容易になっている。

ブロニー

  • ダンバートン食料品店前に現れた少女。ほとんどの記憶を失っており、「記憶を取り戻す」ためにミレシアンに様々なお願いをしてくる。
    • 現在のマビノギはアップデートを通じてかなり幅広いコンテンツを保有している。そのためこのようなかたちでシステムを解説しつつ、初心者プレイヤーはもちろん熟練プレイヤーにも「こんなコンテンツがあったのか」と興味を持ってもらうことはとても重要。
      まして、「思い出話」クエストはレベルがガンガン上がるので枯渇しやすいAPも得やすく、育成が容易になるとともに他のコンテンツを知る機会が得られて改めてマビノギの魅力を再確認することもあるかもしれない。
  • 記憶を失ってしまったためか、エリンの様々なことに興味を持っている。妙に詳しすぎるためか「実は記憶失ってないんじゃない?」と思われることもあるらしい。
  • 彼女の正体は様々な解釈があるためここでは多くを扱わないが、「もともとエリンにいた」「ミレシアンと会ったことがある?」「ウルラ大陸のことに詳しい」や、「金髪青眼」といった外見的特徴から、実はアイリではないか?という説もあるとか。
    • とはいえ韓国ではアイリの髪が青いので外見上の共通点は異なっており、可能性としては低い。他国向けのコンテンツが本国に逆輸入されたケースもあるので(ネコ島など)ゼロとは言い切れないが……。
  • ダンバートンのブロニーに「胸」(ナオからもらえるキーワード)で聞いてみました。 ブロニー:ん?む・・・む・・・ブロニーにそんなの聞かないでよ!○○(自分の名前)最低! と両頬を膨らませて怒られました

記憶の精霊ブロニー

  • 連続クエスト「1番目の思い出話」「2番目の思い出話」を完了するとダンバートンのNPCブロニーが出現しなくなり、代わりにアカウントごと最初の1回だけ「ブロニーの笛」がもらえ、その後はペットとしてブロニーを召喚できるようになる(ペットメダル化不可)。
  • 性能はおおむね妖精フローラ互換で、一部モーションは流用されているものの造形は完全新規・専用モーションも用意されているという力の入れよう。
    こんな素晴らしいペットがなんと全員プレゼント
    • 召喚攻撃の催眠スキルは持っているものの、フローラの「妖精の魔法の粉」と「治癒のそよ風」、召喚時のバフスキルは所持していない。そのため若干下位互換気味ではあるが、限定ペットと比較するのはナンセンスか。
    • 妖精タイプのペットは地上と飛行を早く移動できる期間限定販売なのだがその再販もワイバーンなどと違って余りされていない。地上と飛行を早めに移動できる雲系なども再販されにくいのでそう言う点で見てもイベントをこなせばもらえる便利なペットである

新しい思い出クエスト

  • 連続クエストが終了した後は「3番目の思い出」クエストが開始される。これは様々なコンテンツを通じて項目を埋めていくことで経験値と「ブロニーのフラワーボックス」が得られる。このクエストは繰り返し達成可能な物となっている。気がついたら達成しているというレベルのものなので、ちょくちょく確認してみよう。意外と悪くないものも出たりするのでお得感はあるかも。