Top > 【おしゃれなかじや】
HTML convert time to 0.009 sec.


【おしゃれなかじや】

Last-modified: 2017-05-12 (金) 12:49:45

概要 Edit

DQ6に登場する施設。
【フォーン城】の遥か南方、【グレイス城】の南東にある井戸の中にあるほか、【ロンガデセオ】の裏手にもある。
井戸に居るほうは【詩人】、ロンガデセオに居るほうは【あらくれ】
見た目が全然違うが腕前に差は無く、口調も全く同じである。
 
どちらも【ルーラ】で移動することができるが、ロンガデセオの方は入り組んだ町の片隅にあるため少々訪問が面倒。
一方、井戸の方はそれそのものが鍛冶屋になっているので使い勝手も良く、ほとんどは井戸の方を使うだろう。

装備品をたたき直して、その装備品の【かっこよさ】の上昇値を上げてくれるほか、一部の装備品に限り攻撃力や守備力も上昇する。
かっこよさの低い装備品をたたき直してもらおうとすると「センスのカケラもない」などと物凄く罵られるが、そういった装備品は見違えるほどかっこよくなるケースが多い。
かっこよさはちゃんと上がっているため腕は確かなようだが、「鍛冶屋」であるため強化できるのは金属製の武具のみである。
一般的な武具はもちろん、修復に相当な手間のかかる伝説の武具すらも容易く鍛えて強化してしまうことから、この鍛冶屋一門は相当に高い技術を持っていると推察されている。
 
冒険の進行上、必ず参加しなければならない【ベストドレッサーコンテスト】を勝ち抜くためにこの施設を利用することになるだろう。

強化可能な装備品と価格一覧 Edit

強化可能な武具と価格。備考欄に追記があるものは強化後に性能が変化する。

種類装備品強化費用
(G)
かっこよさ強化後売値
(G)
備考
強化前強化後
武器【ウォーハンマー】1,000+19+509,787
【カルベロビュート】4,000+45+7010,500
【きせきのつるぎ】1,600+38+51売却不可
【グラコスのヤリ】3,200−10+40売却不可
【ゾンビキラー】3,200+5+6214,100
【たいようのおうぎ】16,000+49+67売却不可
【デーモンスピア】15,000+19+6121,562
【ドラゴンキラー】2,000+35+5511,625
【のこぎりがたな】8,000−2+337,500
【はかいのてっきゅう】10,000+26+68売却不可
【はやぶさのけん】4,800+32+6019,650
【ビッグボウガン】20,000+25+6031,500
【ほのおのつるぎ】8,000+33+3618,375
【ほのおのブーメラン】2,000+25+5210,125
【らいめいのけん】12,000+40+65売却不可
【ラミアスのつるぎ】1回目10,000+32+52売却不可強化後攻撃力+135
2回目24,000+52+70売却不可強化後攻撃力+145
【あつでのよろい】1,200−30+433,975
【エンデのよろい】10,000+17+66売却不可
【オルゴーのよろい】20,000+32+80売却不可強化後守備力+100
SFC版のみ耐性消滅
【ギガントアーマー】20,000+15+7721,000
【シルバーメイル】4,000+40+705,475
【ドラゴンメイル】2,000+37+729,375
【ほのおのよろい】16,000+33+5514,250
【まほうのよろい】2,000+38+616,000
【エンデのたて】10,000+8+42売却不可
【オーガシールド】16,000−10+5018,000強化後守備力+65
【ドラゴンシールド】2,000+25+475,700
【ふうじんのたて】4,000+18+449,000
【ほのおのたて】6,000+22+4513,875
【まほうのたて】1,000+21+383,937
【エンデのかぶと】10,000+15+40売却不可
【グレートヘルム】20,000+30+4722,500
【セバスのかぶと】16,000+30+45売却不可強化後守備力+50
【てつかぶと】400+15+26900
【てっかめん】1,200−10+352,850

リメイク版 Edit

鍛えてもらったアイテムはアイコンにキラキラマークが付加されるので、鍛える前なのか後なのかが一目でわかるようになった。
また、鍛えた武器で攻撃した際のエフェクトにも、キラキラが付くようになる。

余談 Edit

かっこよさは戦闘では何の影響も及ぼさないため、戦うためのものに見た目を良くするためだけに高いお金をかけるというのはふざけた発想にも思えるが、現実でも士気を高めたり敵を威圧するために、必要以上に派手な甲冑に身を包んだ例は多い。
例えば、奇抜なデザインが多く見られた戦国時代の日本の兜はその代表と言えるだろう。
華美な装備品が当たり前のように登場するDQシリーズの世界観ならなおさらのことかも知れない。