Top > ウイングボーグ
HTML convert time to 0.014 sec.


ウイングボーグ

Last-modified: 2008-01-02 (水) 15:12:16

種族別:ウイングボーグ Edit

ウイングボーグ小攻略集。イは大きく。


ウイングボーグ全般 Edit

空中を自由自在に飛び回るその姿はある意味エアボーグよりもタチが悪い。(力説

ひこう Edit

Xボタンに「ひこう」が割り当てられているボーグが利用できる移動方法。

以下の2機種は「ジャンプがブーストジャンプ(ブーストゲージも消費する)」なのと「ステップ、空中ダッシュが出来ない」点が他と異なる。

地上を歩くことはなく、地表付近は低空飛行になる(着地動作はある)。そのため地上格闘と空中格闘、ステップ格闘と空中ダッシュ格闘の区別が無い。

常時飛行のため地上でも動作が速めだが、のけぞりやすいという弱点もある。

Aボタンでジャンプ。エアジャンプタイプと似たようなジャンプをするが、下降速度はゆっくりでジャンプ回数の制限も無い。

また、上昇後Aボタンを押したままにしていると下降しない。

Xボタンで「ひこう」と呼ばれる高速移動状態に移行し、降下してから上昇という逆アーチ型の軌道で飛ぶ。飛行中はコントロールスティックの操作で軌道の微調整が可能。

ひこうにはブーストゲージを消費。飛行状態は、

  • ブーストゲージが無くなる
  • 再度Xボタンを押す
  • Aでジャンプする
  • Bで攻撃する

と中断される。

中断時に何もしなければ、ゲージが回復する一瞬のあいだ動きが止まってしまう。

飛行ゲージは、ステップやジャンプで強制回復させることができる。

「飛行 → ジャンプ → 飛行」か「飛行 → Xで停止 → ステップ → 飛行」のいずれかの操作を繰り返すことで、ゲージを気にせず高速移動を維持できる。

状況によっては「Xで停止 → ゲージ回復を待たず飛行」や、「一瞬待ってゲージを回復させる」のもよい。

急停止からの逆方向移動や鋭角にターンなど使い方によっては面白い動きも可能。

飛行中に射撃を行うと撃ちながらの水平高速移動に移行し、スティックで自在に滑ることができる*1

このときはブーストゲージは停止し、射撃後はその場で飛行終了。

またこの状態はジャンプではなく、単なる飛行終了状態なのでステップでキャンセルできる。

よって「飛行 → 射撃 → ステップ → 飛行」という操作が有効。ボーグによってはバースト時に射撃を続けることでいつまでも高速移動し続ける。

水平飛行中の格闘は飛行格闘となる。

飛行格闘が強いボーグなら射撃から直接格闘に持ち込むのもよいが、逆に弱いボーグでは暴発する場合もあるので慎重に。

ひこうによる高度低下を避けたい場合は「ジャンプ → 空中ステップ → ジャンプ」が繋がるのでこっちもオススメ。


#010:ガルダ Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ウイングボーグパートナーオールマイティタイプ基本型/+10-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
A7504505648ブーストジャンプ飛行
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ファイヤーボール(9-12)ガルダブレードファイヤーボムひこう-

ショウのパートナーボーグ。ベースはアヌビスウイング。HPが+50アップしている。

詳細はアヌビスウイングをご覧あれ。


実は、アヌビスウイングの単純な色違いではなく、頭部はブレードウイングのものである。

じゃあブレードウイングの色違いかと思うとそうではなく、ブレードウイングと違って体中に模様があったりする。

さらに言うとブレードウイングアヌビスウイングのブレードの形状は少し違いがあり、ガルダブレードはアヌビスのものである。

vsガルダ Edit

ファイアーボムの爆風が脅威なので地上付近で戦うのは避けたい、ある程度空中戦の出来るボーグをチョイスしたい。そのため、空中が維持しにくいブーストタイプはやや分が悪い。
それ以外にも貫通性能のある攻撃を持たないのでGレッドのGバスターなど貫通性能のある射撃を持つボーグで一方的に攻撃できる。
エアボーグ(ブルーandオレンジ)でのチキンプレイも有効。*2

デスボーグ・オメガIIハンマーロボなどのような横方向当たり判定の広い射撃を持つボーグも有効。特にハンマーロボはガルダの格闘をマインで迎撃できるため、圧倒的に優位。

デスボーグ・オミクロンでデスアイ地獄を味あわせることもできる。

射撃の性能に比べて格闘性能は緩慢で避けやすく、1度撃ち落としてしまえば復帰されにくく意外と脆いので、上級者なら間合いに入って近接を誘いカウンターを狙う戦法が手っ取り早くて良い。タイムボマーリモコンボマーシャドウガールなどがやりやすい。

ゴーストナイトプラネットヒーローで転倒させてハメ殺すのもアリアリ。

#052:ウイングソルジャー Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ウイングボーグ弱ボーグスピードタイプ基本型/+5
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D2001502228ブーストジャンプ飛行
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
アローショット(10)ウイングソード-ひこう-

飛行タイプの基本。飛行タイプが自分に合ってるかどうか、まずはこのボーグで試してみるべきか*3

地味に可愛いのに強さのせいか人気は今ひとつ。

  • 通常格闘
    剣による最大2段の連続攻撃。
  • ステップ格闘
    剣による最大3段の連続攻撃。
  • 飛行格闘
    回転しながら突っ込む。転ばせやすいが多段ヒットはしないので無駄に隙が多い。威力だけは高め。

    格闘の威力はあるがどれも隙が大きいので、基本的には控えたほうがいい。特に飛行格闘は相手に当てても即座に反撃されることがある。

アローショットはわりと高性能の専用弾(クルクル回る矢状のショット)。ボタンひとつで連射されるのがポイント。

不人気の理由はいろいろ考えられるが、一番大きいのは互換機種のデスボーグ・シグマの存在だろう。

ボーグネームコンテストで名前が決まった(と思われる)ボーグの一体。

#130:ビームウイングブルー Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ウイングボーグ並ボーグスピードタイプ基本型/+5
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
C3502003448ブーストジャンプ飛行
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ツインビーム(5)ミライソードアクセルフィールドひこう-

飛行時に体当たりが攻撃になる。体当たりがヒットしたら、そのまま連続で格闘攻撃を出すのが基本です。

格闘自体もウイングソルジャーよりは使いやすい。

  • 通常格闘

    斬り上げ→袈裟斬り→突きの3段攻撃。
  • ステップ格闘

    斬り上げ→横薙ぎ→縦斬りの3段攻撃。
  • 飛行格闘

    ソードを構えて突進。突進前に隙があるので、飛行中の体当たりからキャンセルして出すのが良い。

    「飛行→ショット→ステップ→飛行」を繰り返す事で、ゴールドヒーロー並の性能を発揮可能。

アクセルフィールドで作った緑の空間を通った射撃攻撃はすべて早くなる。だからどうしたって気もするが…。

本人のビームはもともと速いのでアクセルフィールドを通してもスピードは大して変わらない。他の速いビーム系も同様。

連続ヒットする飛び道具は一気に速くなるが、速くなる分ヒット数が落ちてしまう。

なので、威力の高い単発飛び道具(チャージショットやメガトンハンマーなど)を持つ味方のサポートに使うと有効。実はこのフィールド、使い方によっては変わった運用法も・・・。じゅうじぎりの真空波やヘキサボム、リモコンボマーのボムセットをフィールド内で出すとびっくりすることが・・・。

メガトン先生の頭が高速ですっとんで来るのは中々笑える。もちろん喰らうのはビームウイングブルーなのだが。

メガトン先生の頭やブレードウイングの餃子など、地面に落ちたり手元に戻ったりする射撃の場合、アクセルフィールドを通しても滞空時間は変わらないようだ。早く戻ってきたりはしないってこと。

むしろスピードが上がっているぶん遠くまですっ飛ぶ。そういった射撃を持つボーグにとってはこれ以上ないイヤガラセなので、敵として出てきた場合はフィールドをあちこちに張りまくってみよう(かわす技術がないと危険だが…)。

ガンガン攻めたい人には飛行体当たりを推奨。

クリーンヒットすれば通常50ヒットまで当たり、その後はきりもみダウン。ノーマルニンジャ程度なら瀕死に追い込めるほどダメージが高い。

飛行体当たり後は飛行格闘で追撃が基本と上にはあるが、必ず追撃すべしというわけでもない。

追撃せずとも相手はよろけており、そのままターン飛行して続けて当てることができるのだ。

CPU相手ならダウンしようがおかまいなしで起き上がりに重ねて当てるといい。

スティック上を入力したままX→A、X→Aと繰り返すだけで戦えてしまう。

やってる事が「飛行」(轢こう?)なので隙は全くなく、高速移動を繰り返すわけで別の敵からのショットなどもほぼ当たらないぞ。

このとき飛行格闘を出すと攻撃前後に一瞬立ち止まるため、ダメージは稼げるが横槍を食らう恐れが…

なので混戦状態だと格闘は出さずに飛行だけでいいかもしれない。

翼の部分にも攻撃判定があるため多数を巻き込める。

飛行の逆アーチの昇り始めを引っ掛けるように当てるとうまく数十ヒットしてくれる。

正確に狙っていくには少し慣れが必要だが、覚えておいて損はない。

飛行体当たりで相手の上を飛び越した場合や下をくぐってしまった時、または当てながら相手が上へ吹き飛んだ場合は飛行格闘を出せばホーミングして自動的に攻撃してくれる。

格闘間合いがとても広く、飛行格闘はホーミング性能優秀で攻撃持続時間も見た目より長い。

体当たり時に左右にすれ違った場合は、スティックを前に入力しながらジャンプキャンセルし、もう一度飛行を出せば勝手に相手のほうを向いて体当たりしてくれる。楽。

上下にズレたら飛行格闘、左右にズレたらまた飛行と意識しておけば戦いやすいと思う。

#include(): Limit exceeded: ビームウイングレッド

#include(): Limit exceeded: ブレードウイング

#include(): Limit exceeded: アヌビスウイング






*1 ジャンプもステップもどっちにしろキャンセルしてしまうので隙は少ないが、ジャンプのほうが簡単だろう。
*2 ファイヤーボールをしっかり回避できないとあっさり落ちたりするので注意。
*3 ウイングソルジャーは格闘が扱いにくいので、初心者にはリングワルキューレあたりのほうがいいかも