Top > ドラゴンボーグ
HTML convert time to 0.014 sec.


ドラゴンボーグ

Last-modified: 2007-08-01 (水) 20:32:03

種族別:ドラゴンボーグ Edit

ドラゴンボーグの小攻略集。


ドラゴンボーグ全般 Edit

ウイング系とマシンヘッド系を除いたドラゴンボーグには足にも攻撃判定がある。

上空に居るドラゴンに近づく→足の攻撃判定に引っかかってカウンターなんてこともあるので注意。

ファイヤー系とメカ系、スペース系は通常のダメージ、アイス系は凍結効果、サンダー系には錐もみ&吹っ飛ばしの効果が追加される。

さらにファイヤー、アイス、サンダー系とマシンヘッド系、スペースドラゴンは背中に乗ることができる。(効果はエアボーグの上に乗ったときと多分同じ。)

VSドラゴンボーグ Edit

メタルヒーローサムライショウグンガトリングタンクorガンナーなどの連続でヒットする攻撃力の高い攻撃を持ったボーグが有効。

動きが遅いため状態異常を起こさせるスペルの使えるボーグも有利に戦える。

<ドラゴン単体、または他の種族のボーグと同時に出現した場合の対処>

回避優先で行動し、常にドラゴンの後ろに回りこむように立ち回ることが基本。

正面から突っ込むと簡単にボムやブレスの餌食になる。

小ドラゴンならば攻撃を連続で当てる事でよろけ&吹っ飛び状態にすることが出来るので、慣れるとそれほど苦労せずに倒すことが出来る。

しかし大ドラゴンの方は吹っ飛びもしなければよろける事すらないので、後ろを取ってスキの少ない攻撃で少しずつHPを削る長期戦に持ち込みましょう。

他の種族のボーグと同時に出現したときは出来るだけドラゴンを最優先で倒した方がよい。

無理な場合(放置が難しいボーグが出現したとき)でもロックをこまめに切り替えてドラゴンの様子を確認することが大事です。

後ろを取っているとき、敵ドラゴンがこちらに急旋回してきたときは注意!!

ボムを吐く体勢に入っている可能性が高いので攻撃を中断して敵ドラゴンの旋回方向と同じ向きに逃げましょう。

ある程度逃げきるとボムをあさっての方向に吐くので、確認しだい攻撃を再開しよう。

<ドラゴンが複数で出現した場合の対処>

立ち回りは上と同じでよい。

しかし、同じドラゴンばかりに気を取られていると他のドラゴンのボムやブレスを食らうことがあるので、

ロックをこまめに切り替えて他のドラゴンの様子を確認する事も大事。

また、上手く誘導してドラゴン同士で相打ちさせるのも有効。

味方補正のせいでダメージは下がるものの、ブレスで相打ちさせられれば100近いダメージを稼ぐ事も出来る。

三(六?)属性ドラゴンのうち、倒す優先度は、

プラズマ>ブリザード>フレイム>サンダー>アイス>ファイヤー

が基本だ(と思われる)が、状況によって臨機応変に対処しましょう。


#110:ファイヤードラゴン Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ドラゴンボーグ鬼ボーグロングレンジタイプ基本型/+20-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D10005005611ブーストジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ファイヤーボム(5)--ファイヤーブレス(1)-

フレイムドラゴンの下位互換。

フォースの2番目以降にいるドラゴンは(出現後)着地せず即ブレスを撃つことができます。

空中ブレスのほうが使いやすいので便利?

小ドラゴン系はダウンしてしまうので扱うのが難しい。
ブレス中はダウンしにくいので、低空飛行からのブレスをメインに戦えばある程度はいける…かも。
コストが高くなるものの、大型や戦艦を使ったほうが効率が良くなるけど、コストが500余るのはあまりに魅力的。
小型には小ドラゴンでも十分だしなぁ。でもガトリングタンク等が雑魚で沢山出た場合は死を覚悟した方が良い。

全ての小ドラゴンに当てはまる事だが、移動が遅く、よろけ・吹っ飛び(立ち直りも遅い)もあるため、対人戦だとほとんど何も出来ずにあっさり落ちる。

ボーグネームコンテストで名前が決まった(と思われる)ボーグの一体。
興味のある人はオプション内のスタッフロールを見てみよう。

#111:ウイングドラゴン Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ドラゴンボーグ鬼ボーグスピードタイプ基本型/+2-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D4502503346ブーストジャンプ飛行
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ビームキャノン(15)-ウイングアタックひこう-

ドラゴンボーグの中では一番コストが低い。当然、能力値もそれなり。
全ボーグ中1・2を争う使い勝手の悪さなので軽い気持ちで使うのは難しいが、ウイングアタックを上手く当てる事が出来ればコスト以上の働きは出来る。
要はやられる前にやってしまえ。特攻気分のバクチ的運用が有効。
フェニックスドラゴンのほうが使いやすいので、最初はそっちで感覚を掴んだほうがいい。

通常移動はとても遅く、本当にスピード6なのかと戸惑うほど。よってXでの飛行移動がメインだがこれも十分遅い。ブーストジャンプは無防備落下が怖いので基本的に飛行キャンセル以外には使えない。

Bチャージ攻撃は科学忍法火の鳥(古っ)。フェニックスドラゴンのように敵の上を飛んで行ってしまう事はあまりないが、ウイングアタック中でものけぞることが多いので当てるには慣れが必要となる。
ただしウイングアタックはフェニクスアタックよりも飛距離、速度が高い。どうせ特攻ボーグなのだから、いっそ移動手段として活用してしまうのもアリだ。

Bショットを撃ちながら間合いを詰めてウイングアタックで攻撃するのが一番であるが慣れが必要なので、慣れない間はBショットをメインに戦うと良いが……それじゃ存在意義が……

なぜか、ボーグ入手画面とステータス画面ではウ「ィ」ングドラゴンと表記されている。

#112:サンダードラゴン Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ドラゴンボーグ鬼ボーグロングレンジタイプ基本型/+20-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D11005005611ブーストジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
サンダーボム(5)--サンダーブレス(1)-

プラズマドラゴンの下位互換。小ドラゴンに分類される・・・しか書く事無いね。この子

#113:アイスドラゴン Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
ドラゴンボーグ鬼ボーグロングレンジタイプ基本型/+20-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
D10505005611ブーストジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
アイスボム(5)--アイスブレス(1)-

ブリザードドラゴンの下位互換。

アイスボムは敵を凍らせることが出来る。

敵として出てくるとうざいだけに、自分が使っても便利。アイスボムで倒せなかった敵や動きが速い敵を凍らせて、そこからアイスブレスに繋げるのがお勧め。アイスボム→アイスボムで攻撃して残った相手をブレスで片付けるのも良し。

サンダーロボ同様、2人のコマンダー(メットオロチ)に使われている珍しいボーグ。

#include(): Limit exceeded: フレイムドラゴン

#include(): Limit exceeded: フェニックスドラゴン

#include(): Limit exceeded: プラズマドラゴン

#include(): Limit exceeded: ブリザードドラゴン

#include(): Limit exceeded: スペースドラゴン

#include(): Limit exceeded: マシンヘッド

#include(): Limit exceeded: メカドラゴン

#include(): Limit exceeded: マシンドラゴン

#include(): Limit exceeded: コズミックドラゴン

#include(): Limit exceeded: デスヘッド

#include(): Limit exceeded: サイバードラゴン

#include(): Limit exceeded: サイバーデスドラゴン