Top > いそD
HTML convert time to 0.002 sec.


いそD

Last-modified: 2017-11-21 (火) 23:17:11

セイバーメトリクスで用いられる指標・IsoD(アイエスオーディー)のこと。
既に定着している「おはD」と字面や語感が似ている事から、こう略されたようである。


IsoDとは Edit

IsoDは「出塁率−打率」で算出される、四死球のみでの出塁率。
好打者の指標の一つとされ、基本的に0.07以上であれば合格点、0.10以上であれば一流の選球眼を持つと判断される*1

(参考・通算IsoD)

アレックス・ラミレス 0.038

高木守道 0.040

篠塚和典 0.048

今岡誠 0.049

しかし四死球が少なくても打率そのもので出塁を稼ぐ好打者も存在するため、数値の優劣では計れない部分もある。


余談 Edit

ちなみに4000打席以上のワーストは鎌田実(阪神タイガース→近鉄バファローズ)の0.028。
現役では岩本貴裕(広島東洋カープ)*2の、2009〜2012年に叩き出した数値がネタになった。

2009 打率.152(33-5) 出塁率.152 四球0 IsoD 0.000

2010 打率.259(212-55) 出塁率.279 四球6
IsoD 0.020

2011 打率.223(179-40) 出塁率.252 四球8 IsoD 0.029

2012 打率.268(239-64) 出塁率.274 四球2 IsoD 0.006


関連項目 Edit



Tag: なんJ






*1 例として2016年のIsoDトップはセが山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)の0.122、パが柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)の0.140。なお4000打席以上のNPB通算1位は王貞治(読売ジャイアンツ)の0.149。
*2 通算500打席以上の野手でワースト。初四球は242打席目と野手では最遅記録。