Top > ケイ・イガワ
HTML convert time to 0.003 sec.


ケイ・イガワ

Last-modified: 2017-12-07 (木) 17:56:22

井川慶(元阪神→ヤンキース→オリックス)の蔑称の一つ。ニューヨークヤンキース所属時に高年俸を得ながら全く活躍できず、ヤンキースファンに叩かれたことに由来する。
現在でもヤンキースファンはチームに悪い事態が起こった際に井川の名前を持ち出すことがある(詳細は後述)。


概要 Edit

2006年オフ、当時阪神に所属していた井川はポスティングシステムでのメジャーリーグ挑戦を発表、同年中にヤンキースと契約した。
2002年から5年連続二桁勝利、2003年には20勝を挙げ沢村賞獲得、さらには最多奪三振3回と「NPB最強左腕」と言っても過言ではない成績を残していたためヤンキースは井川との契約に4600万ドル*1を注ぎ込む期待ぶり。入団会見では「アイアムケイイガワ」とカタカナ英語で自己紹介など話題性も高まっていたが…。


渡米後 Edit

初年度の2007年には14試合で2勝3敗・防御率6.25と散々な投球で信頼を失うと、以降はマイナーリーグで暮らす羽目になってしまう。マイナー降格後に井川の獲得を打診した日本の球団もあったようだが、井川本人がこれを拒否してヤンキースに留まる。結局在籍した5年間の登板数は16試合のみ*2で、ヤンキースは大きな損害を被ってしまった。

 

この一件はニューヨークのファンに強烈な印象を残したようで、ヤンキースにとって悪い事態が起こるたびに「Igawa」「Kei Igawa」が引き合いに出されている。
なんJでもこれらの記事やファンのSNSでの反応などを翻訳したスレがたびたび立つようになり、特に米国時代の井川を指して「ケイ・イガワ」と呼ぶようになった。

【悲報】井川慶さん、ヤンキース五大厄災になる

http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1502722755

井川がメジャーに与えた影響をまとめてみた

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1377539238/

こうした風潮に対して「井川の件は、かつて阪神が高年俸で獲得したマイク・グリーンウェル(に加えて、今までメジャーからハズレ助っ人を掴まされた分)の仕返しだ」といった趣旨のレスがされることもある*3


その後と余談 Edit

井川がチームに貢献できず大金を得た様子から、沢村賞コピペ内では「詐欺師」扱いされている*4
契約年が満了した2011年オフにオリックスバファローズが獲得。日本球界復帰を果たすが阪神時代のような成績は残せず4年間で僅か7勝にとどまり戦力外通告を受けた。2016年からは国内独立リーグであるBASEBALL FIRST LEAGUE・兵庫ブルーサンダースに所属、翌2017年限りで引退を表明した。

 

井川の失敗はヤンキースにとって尾を引いたようで、2011年にはダルビッシュ有(当時北海道日本ハムファイターズ)の争奪戦から手を引いている。しかしダルビッシュを含めた他チームの日本人選手に加えてロサンゼルスドジャースから移籍した黒田博樹も活躍しており、ヤンキースフロントも井川のトラウマから脱しつつある。
さらに2013年オフは、東北楽天ゴールデンイーグルスからポスティングシステムで田中将大を獲得。入団から4年連続二桁勝利を果たすなど期待通りの活躍を見せている。なお、田中が炎上した際には「ケイ・イガワの再来」「イガワが登板した」などと揶揄するファンも依然いる模様。

田中将大さん、ヤンキース市民から「ケイ・イガワの生まれ変わり」などと侮辱されまくる

http://itest.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1494819473/l50



しかし、2017年オフにはポスティングシステムでメジャー移籍を表明した大谷翔平の獲得に立候補するも早々と入団を拒否されてしまう。Twitter上では「大谷はイガワの再来になるだろう」「大谷はイガワとニシオカを足したようなやつだ」などの書き込みも見られており、未だ井川の残した傷痕は深いようである。


関連項目 Edit



Tag: 阪神






*1 ポスティングの落札金約2600万ドル、年俸400万ドルの5年契約+出来高。
*2 なお、2009年以降の3年間はシーズン中にメジャーに昇格することは一度もなかった。
*3 ただしグリーンウェルはメジャー時代はボストンレッドソックス一筋であり、ヤンキースとは全く関係がない
*4 当然、刑法上の詐欺ではない。