Top > 「マシン・オブ・ヴェンジェンス」
HTML convert time to 0.099 sec.


「マシン・オブ・ヴェンジェンス」

Last-modified: 2017-04-13 (木) 00:22:23

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3
◆実況付◆#1#2#3
◆再放送(1回目)まとめ◆#1#2#3
◆再放送(1回目)実況付◆#1#2#3
◆再放送(2回目)まとめ◆#1#2#3
◆再放送(2回目)実況付◆#1#2#3

各種メディア展開作品において

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

「安い、安い、実際安い」「この飛行船は広告目的であり、怪しくは無い。安心です」
欺瞞の言葉を盾に殺戮の現場から標的を探す飛行船が近づくと、立っていた人影は消えた。
ニンジャスレイヤー。文字通りニンジャを殺す者である。違法薬物メン・タイの取引現場を押さえたニンジャスレイヤーは、今日もまたニンジャ殺戮へ向かう……。

 

「行き先は地獄ですよ」
キキィー!

 

「ソウカイヤを」

 

「Wasshoi!」

 

「ナメてはいけない。」
......シューッ

 

「ニンジャ」

 

「ワカリマシタカ」

 

「ハイ、ゴメンナサイ」

 

「インダストリ!」
チュン!チュンチュン!
カブーンカブーン!

 

「ニンジャ...」

 

「言うーよー!アイエエエー!」

 

「ニンジャ」

 

「ニンジャ。殺すべし」

 

ワッザ?漆黒なる、8時間残業・ゴメンナサイ・インダストリ・ニンジャ短編。


解説 Edit

「フォロワー4643記念秋のニンジャスレイヤーまつり」にて、ニュービーでも読みやすい初期の短編エピソードとして翻訳された作品。
ニンジャスレイヤーが「復讐の機械」めいてニンジャを狩る第1部の基本的なエピソード展開でありながら、フジキドと邪悪なニンジャソウル「ナラク・ニンジャ」の性格の違いなどが端的に描かれており、実際分かりやすい。
入門向けとされるエピソードの中でも、例えば『ニンジャスレイヤー』という作品のアトモスフィア重点な「ゼロ・トレラント・サンスイ」などと比較すると、ニンジャの戦闘能力及びそれらと対比しての主人公ニンジャスレイヤー(ナラク・ニンジャに乗っ取られた場合を含めて)の強さ、そして日本を実質的に支配しているのがオムラ等の暗黒メガコーポであり、更にそれらを影から支配するのがニンジャ組織であるソウカイヤであること、そしてクローンヤクザの存在……といった、物語設定面の解説重点な内容となっている。

 

物理書籍版では「ネオサイタマ炎上#4」に収録。
コンプティーク・コンプエースの2誌で連載中のコミカライズ版ニンジャスレイヤーの記念すべきファースト・エピソードでもある。



スミスは失禁しながら膝をつき、キーに指を擦り付けた。コメントである!